NUROモバイル「バリュープラス」レビュー。とにかく安いです

格安SIM

NUROモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズが手掛ける格安SIMです。

 

格安SIMの中ではマイナーな部類ですが、2021年4月にスタートさせた新料金プラン「バリュープラス」で話題になりました。

 

月額料金の安さが最大のメリットです。

地味で使いにくい所もありますが、とにかくスマホ代を安くしたいなら検討の余地があります。

 

本記事ではそんなNUROモバイルを実際に利用して感じた良かったところやイマイチなところを解説します。

スポンサーリンク

NUROモバイルの料金プラン

まずはNUROモバイルの料金プランをチェックしていきましょう。

プラン名/通信量データデータ+SMS音声通話
VSプラン/3GB627円792円792円
VMプラン/5GB825円990円990円
VLプラン/10GB1,320円1,485円1,485円
お試しプラン/0.2GB330円495円
NEOプラン/20GB2,699円

メインプランはVS/VM/VLプラン

NUROモバイルの主流プランがVS/VM/VLプランの3つです。

 

いずれもドコモ/au/ソフトバンクの3つの回線に対応しています。

データ+SMSはドコモ/au回線のみでソフトバンクはありません。

 

2021年4月の料金改定により、従来プランから月額料金が大幅に安くなりました。

のちほど詳しく解説しますが、月額料金の安さでは格安SIMの中でもトップクラスです。

お試しプランは安いが容量は少なめ

お試しプランは名前の通りNUROモバイルを試したい人向けのプランです。

 

筆者もかなり前に利用しましたが、容量200MBでは少なすぎてほとんど何もできませんでした。

現在は3GBのVSプランが792円で利用できます。

違約金が撤廃されたので短期解約してもOKですし、キャンペーンで初期費用も無料です。

 

これから契約するならお試しでも通常プランをおすすめします。

20GBの「NEOプラン」もスタート

NEOプランは2021年11月からスタートした新プランです。

 

月額2,699円で20GBのデータ通信を使えます。

ドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMOへ対抗したプランですね。

 

主な特徴は以下の通り。

  • 対応回線はドコモのみ
  • LINE、Twitter、Instagramがデータフリー
  • 制限後も1Mbpsの通信を使える
  • Gigaプラスで3ヶ月ごとに15GBのデータ通信量をもらえる
  • 初期費用0円
  • データ繰り越し対応
  • 専用アプリなしで通話料が半額

 

NUROモバイルのプランではありますが、既存のバリュープラスとは大きく異なります。

今回筆者が契約したのはバリュープラスなので、本記事ではバリュープラスのみをレビューしていきます。

NUROモバイルのメリット・良かったところ

さっそくNUROモバイルのメリットや、使ってみてよかったところを解説していきます。

  • 月額料金がとにかく安い
  • 5/10GBプランはGigaプラスでさらにお得
  • 端末やエリアに合わせて回線を選べる
  • 無料で5Gオプションを利用できる
  • パケットギフトでデータ通信量を分け合える

月額料金がとにかく安い

NUROモバイル最大のメリットは月額料金の安さです。

格安SIMなので大手キャリアと比べて安いのは当たり前ですが、その格安SIMの中でもトップクラスの安さを誇ります。

 

実際に主要な格安SIMと月額料金を比較してみましょう。

まずは3GB前後のプランです。

格安SIM2GB3GB4GB
NUROモバイル792円
BIGLOBEモバイル1,320円
H.I.Sモバイル790円
IIJmio858円1,078円
LinksMate770円902円1,078円
OCNモバイルONE990円
UQモバイル1,628円
Y!mobile2,178円
イオンモバイル968円1,078円1,188円

3GBプランは他社だと安くても900円ほどかかります。

今回比較した中での最安はH.I.Sモバイルの790円です。

NUROモバイルはそのH.I.Sモバイルとほぼ同額で3GBプランを使えます。

 

続いて5~6GBのプランです。

格安SIM5GB6GB
NUROモバイル990円
BIGLOBEモバイル1,870円
H.I.Sモバイル1,190円
J:COMモバイル1,628円
LinksMate1,210円1,342円
mineo1,518円
OCNモバイルONE1,320円
イオンモバイル1,298円1,408円

5~6GBではNUROモバイルが最安です。

他社は1,000円以上しますが、NUROモバイルのみ1,000円を下回っています。

 

最後に10GBプランです。

格安SIM10GB
NUROモバイル1,485円
H.I.Sモバイル1,790円
J:COMモバイル2,178円
LinksMate1,870円
mineo1,958円
OCNモバイルONE1,760円
イオンモバイル1,848円

10GBプランも今回比較した中では最安でした。

税込み1,500円以下はNUROモバイルしかありません。

 

とにかく安くしたい、という人には魅力的ですね。

5/10GBプランはGigaプラスでさらにお得

Gigaプラスは継続利用で通信量をもらえるサービスです。

3ヶ月に1度、以下のデータ通信量をもらえます。

  • 5GB(VM)プラン:3GB
  • 10GB(VL)プラン:6GB

音声通話SIMはもちろん、データSIMも対象です。

手数料等もかかりません。

 

もらったデータ通信量は翌々月まで使えます。

Gigaプラスの特典を含めると、VMプランは実質毎月6GB、VLプランは実質毎月12GBのデータ通信が利用可能です。

お得なサービスですが、自動付与ではなく毎回マイページから手続きが必要です。

忘れずに受け取りましょう。

端末やエリアに合わせて回線を選べる

NUROモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアに対応しています。

 

どの回線でも月額料金は同じです。

料金差を気にせず、端末やエリアに合わせて回線を選べます。

NUROモバイル プラン

筆者はソフトバンク回線の格安SIMが手元に少ないという理由でソフトバンク回線をチョイス

 

とくに大手キャリアのAndroidスマホで使う場合は回線を合わせた方が何かと好都合です。

NUROモバイルなら、端末を購入したキャリアに合った回線を利用できます。

無料で5Gオプションを利用できる

NUROモバイルは無料で5Gオプションを利用できます。

追加料金は一切かかりません。

 

正直、格安SIMで5Gを使う意味はまだないかもしれませんが、無料で使えるのはありがたいですね。

 

NUROモバイルの5Gオプションはマイページから申し込みます。

  • STEP 1
    NUROモバイルの利用者向けページにログインする
  • STEP 2
    [オプションサービス][5Gオプション]を押す

    nuroモバイル 5G

  • STEP 3
    [申し込む]にチェックれを入れ[登録内容を変更する]を押すnuroモバイル 5G

  • STEP 4
    内容を確認し[登録内容を変更する]を押す

    nuroモバイル 5G

申し込まないと5Gオプションを利用できません。

忘れずに申し込みましょう。

パケットギフトでデータ通信量を分け合える

 

NUROモバイルでは他のユーザーにデータ通信量をプレゼントする「パケットギフト」が使えます。

パケットギフトの主な仕様は以下の通りです。

  • データ容量の単位は10MB以上1MB単位
  • 回線種別に関係なくプレゼント可能
  • プレゼントできるのは毎月末の最終日前日まで
  • ギフトで受け取った容量はギフト不可
  • 繰り越し容量、チャージ容量、Gigaプラスの容量も対象外

家族や友人にNUROモバイルユーザーがいるなら便利な機能ですね。

ギフトおよび受取り手続きはマイページからサクッとできます。

 

注意点としては、パケットギフトでもらった容量を他のユーザーにギフトすることはできません。

似たようなサービスがmineoにもありますが、あちらはデータ通信量を送りあうことで期限の延長が可能です。

NUROモバイルのパケットギフトではmineoのような使い方はできません。

NUROモバイルのデメリット・イマイチなところ

続いてはNUROモバイルのデメリットや使ってイマイチと感じた点です。

  • 混雑時は通信速度が遅くなる
  • 専用アプリなし
  • 端末セットは割引があまりなくイマイチ
  • 無制限のかけ放題なし
  • 安さ以外の特徴がなく決め手に欠ける

混雑時は通信速度が遅くなる

nuroモバイルは混雑時に通信速度が遅くなります。

格安SIM共通のデメリットですね。

 

実際に以下の条件で通信速度を計測してもました。

  • 測定日:2021年9月8日(水)
  • 利用端末:iPhone 12 Pro
  • 測定アプリ:Speedtest.net
  • 回線:ソフトバンク回線
  • プラン:VSプラン

結果はこちらです。

時間帯下り上り
9:0027.5Mbps2.48Mbps
12:002.81Mbps16.6Mbps
18:008.14Mbps4.31Mbps
21:0026.9Mbps9.94Mbps

お昼・夕方は通信速度が落ちていますね。

今回の計測では1Mbpsを下回ることはなく、ちょっとした調べものやSNSはなんとかできました。

一方、高画質な動画の視聴やアプリのダウンロードは厳しめです。

 

通信速度を重視する人は注意が必要です。

 

ドコモ回線・au回線は参考までに格安SIMの通信速度計測さんのデータを引用します。

やはりお昼は速度が落ちていますね。

 

通信速度重視ならUQモバイルY!mobileOCNモバイルONEあたりがおすすめです。

UQモバイルはとくに速度が速く安定しています。

専用アプリなし

NUROモバイルは専用アプリがありません。

データ通信量の確認もブラウザからマイページにアクセスする必要があり面倒です。

 

頻繁にアクセスする場合はブックマークするかホーム画面に配置しておきましょう。

僕もホーム画面にマイページへのリンクを配置しています。

nuroモバイル マイページ

端末セットは割引があまりなくイマイチ

NUROモバイルの端末セットは割引がほとんどありません。

Xperiaに関してはキャッシュバックなどのキャンペーンを実施していることがあります。

 

それ以外の端末はほぼ定価なので、他の格安SIMと比べると割高です。

型落ちモデルの安売りなどもあまり実施されていません。

 

端末はAmazonや家電量販店などで別途買うのがおすすめです。

 

端末セットを安く買いたいなら、端末割引がお得な格安SIMを選びましょう。

OCNモバイルONE、IIJmioあたりがおすすめです。

無制限のかけ放題なし

NUROモバイルには無制限のかけ放題オプションはありません。

 

月額880円で1回10分までの通話が無料の「10分かけ放題」のみ用意されています。

1回の電話が短い人ならこれで十分でしょう。

 

長電話する人だと、10分かけ放題では足りません。

OCNモバイルONEUQモバイルY!mobileなど無制限かけ放題のある格安SIMを検討してください。

安さ以外の特徴がなく決め手に欠ける

NUROモバイルは月額料金の安さが最大の魅力です。

しかし、それ以外にはこれといった特徴がなく決め手に欠けます。

 

一方、人気の高い格安SIMはいずれも他社にはない独自の強みを複数持っていることがほとんどです。

  • IIJmio:eSIM対応、端末セットが安い、IIJグループの信頼感
  • mineo:ユーザーフレンドリーな運営、他社にはない独自路線
  • OCNモバイルONE:端末セットが激安、ドコモ回線では速度が安定
  • UQ/ワイモバ:サブブランドならではの充実サービス

NUROモバイルも悪い格安SIMではありません。

しかし、サブならともかくメインの回線として使っていくだけの強みがあまりないと感じました。

NUROモバイルのキャンペーン

2021年12月現在、NUROモバイルで実施されているキャンペーンは以下の通りです。

  • NEOプランにMNPで月額料金が12ヶ月間550円割引
  • NEOプラン+Xeria 10 III Lite契約で20,000円キャッシュバック
  • バリュープラスの音声通話SIM申し込みで登録事務手数料無料
  • バリュープラス+Xperia 10 III Lite契約で4,000キャッシュバック

※いずれも終了日は未定

音声通話SIMならバリュープラスの登録事務手数料3,300円が0円です。

試しにNUROモバイルを使うなら音声通話SIMを契約しましょう。

まとめ

以上、NUROモバイルのバリュープラスを中心にレビューしました。

 

NUROモバイルのバリュープラスは良くも悪くも月額料金の安さが最大の売りです。

主要な格安SIMの中でも最安クラスなので、とにかくスマホ代を抑えたい人に向いています。

サブ端末やタブレット用にもありですね。

 

一方で安さ以外の特徴はあまりなく、大手の格安SIMと比べると決め手に欠けます。

「月額料金の安さ」にどれだけ価値を見出すかで評価が変わる格安SIMですね。



タイトルとURLをコピーしました