nuroモバイル「お試しプラン」レビュー。MNP弾には最適だが、サービス内容はやはりイマイチ

nuro お試し格安SIM

nuroモバイルの「お試しプラン」月額料金が300円からと安く、しかも最低利用期間がなくていつでも解約できます。

名前の通り、格安SIMを試しに使ってみたい人向けのプランですね。

 

ただ、nuroモバイル自体は格安SIMの中でもマイナーで、あまり評判も良くありません。

果たして「お試しプラン」は契約する価値のあるプランなのでしょうか?

今回は実際にnuroモバイルのお試しプランを契約し、使い勝手を検証してみました。

スポンサーリンク

nuroモバイルの「お試しプラン」の概要

nuroモバイルのお試しプランはその名の通り格安SIM・格安スマホを試しに使いたい人向けのプランです。

1ヶ月のデータ通信量は200MBと少なめですが、月額料金が300円~とかなり安いです。

 

nuroモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアすべてに対応しており、回線によって月額料金が異なります。

データSIMデータ+SMS音声通話SIM
ドコモ300円450円1,000円
au500円650円1,200円
ソフトバンク500円1,200円

ドコモ回線の1,000円は音声通話SIMとしてはかなり安いです。

au回線とソフトバンク回線は1,200円なのでやや割高。

 

お試しプランは最低利用期間が一切なく、いつ解約しても違約金がかかりません。

MNPで他社に乗り換える場合も、もちろん違約金は一切なし。

契約して合わなかった場合は即解約できるので安心ですね。

nuroモバイルのお試しプランを実際に使ってみた

ここからはnuroモバイルのお試しプランを実際に使ってみて感じた良いところやイマイチなところを見ていきます。

通信速度は普通

格安SIMを使う上で気になるのが通信速度ですよね。

nuroモバイルの口コミ調べると、どちらかというと悪い印象が目立ちます。

 

ただ、実際に使ってみると「いたって普通」というのが正直な感想です。

回線が比較的空いている早朝や深夜、お昼の中途半端な時間(15時など)は15~20Mbpsくらいの速度が出ていました。

動画視聴とかゲームもできそうです。

 

逆に回線が混みやすい平日12時台や18時台は速度が遅くなりますね。

とくに12時台は1Mbpsを上回ることはありませんでした。

 

混雑時は遅く、空いている時は速い。

良くも悪くも格安SIMとしては標準的ですね。

nuroモバイルの速度に満足できるかどうかで、格安SIMに耐えられるかどうか判別できそう。

容量が少なすぎて十分に使い勝手を試すことができない

お試しプランは名前の通り試しに格安SIMを使ってみたい人向けなのですが、ぶっちゃけあんまり試すことができません。

 

というのも、容量が200MBと少なすぎて使い勝手が分かる前に速度制限にかかるためです。

僕は先月末に契約したのですが、先月はSpeedtest.netアプリで速度測定を4~5回やったら容量を使い切ってしまい、それ以外何もできませんでした…w

 

ドコモ回線は600円、au/ソフトバンク回線は900円で1GBの容量を追加チャージすることもできます。

ただ、せっかく安いお試しプランなのに割高なチャージをしたら意味ないです。

月額料金の安さを考えるとしょうがないですが、せめて500MBは使えるようにしてほしいですね。

容量が少ないのに速度切り替えがないのは不便

nuroモバイルがさらに不便なのは「速度切り替え」がない点です。

 

速度切り替えは高速通信と低速通信を任意のタイミングで切り替えられる機能。

低速にすると速度が200kbpsに制限されますが、データ通信量を消費しなくなります。

お試しプランのように容量が少ないプランでは普段低速にしておき、いざという時だけ高速通信を使うのが賢い節約法です。

 

しかし、nuroモバイルは速度切り替えに対応していません。

いい加減、機能追加してほしいところ。

やる気のないnuroモバイルじゃあ期待するだけ無駄ですがね。

よくも悪くもシンプルなマイページ

nuroモバイルの手続きは基本的にマイページから行います。

これは他の格安SIMと同じですね。

ただ、nuroモバイルのマイページは他社と比べるとめちゃくちゃシンプルで見やすいです。

広告は一切なく、項目も少ないです。

今まで15社以上の格安SIMを使ってきたが、ここまでシンプルなのは初めてかも。

シンプルで見やすいのは素直に高評価です。

楽天モバイルも見習ってほしい。

 

ただ、逆に言えばそれだけサービスが乏しいとも言えます。

例えばmineoのマイページは情報が多くごちゃごちゃしていますが、それはサービスが充実している証拠でもあります。

いつでも解約できるのでMNP弾に最適!!

どちらかと言うとネガティブなことばかり書いてしまいましたが、nuroモバイルのお試しプランにもメリットがあります。

それは「MNP弾に最適なこと」です。

 

MNP弾とは、他社にMNPで乗り換えるために一時的に契約する回線ことを言います。

キャリアや格安SIMの中にはMNPで乗り換えた人にだけが割引などを受けられる特典が用意されていることが多いです。

そういった特典を受けるために「一時的に契約してすぐ解約(MNP転出)する回線」、それがMNP弾です。

 

nuroモバイルのお試しプランは月額料金が安く、しかもいつ解約(MNP転出)しても違約金がかかりません。

加えて、nuroモバイルは3,000円の初期費用が0円になる「エントリーコード」を108円で購入可能です。

 

nuroモバイルのエントリーコードはスマホ関連のアイテムを取り扱う通販サイト「モバレコ」で購入できます。

仮にエントリーコードを購入し、nuroモバイルを1カ月契約してMNP転入すると税込み4,863円で済みます。

エントリーコード108円
SIMカード準備料432円
月額料金(ドコモ回線)1,080円
ユニバーサルサービス料3円※
MNP転出手数料3,240円
合計4,863円

※ユニバーサルサービス料は変動する可能性があります

 

ちなみに最低利用期間がないお試しプランはb-mobileとmineo(マイネオ)にもあります。

しかし、初期費用を含めて一番安いのはnuroモバイルです。

3社のお試しプランの総費用をまとめてみました。

こちらも価格はすべて税込みです。

nuroモバイルb-mobilemineo
エントリーコード108円2,975円540円※
SIMカード準備料432円0円432円
月額料金(ドコモ回線)1,080円1,490円1,080円
ユニバーサルサービス料3円3円3円
MNP転出手数料3,240円3,240円3,240円
合計4,863円7,708円5,295円

※mineoのお試しコースはパッケージ利用不可。代わりに手数料は500円

nuroモバイルがもっとも安いですね。

まさに、MNP弾に最適と言えます。

まとめ

以上、お試しプランのレビューでした。

  • 月額300円~利用できる
  • いつ解約・MNP転出しても違約金なし
  • エントリーコードが108円で買えるのでMNP弾に最適
  • 200MBなのですぐに制限がかかる
  • nuroモバイル自体はサービス内容が乏しい

お試しプランは月額300円から利用でき、最低利用期間もありません。

しかもnuroモバイルはエントリーコードが108円で買えるので、MNP弾に最適ですね。

 

一方、肝心な使い勝手はイマイチ。

格安SIMを真剣に検討していて使い勝手を試したい場合はmineoのお試しコースがおすすめです。

 

というかnuroモバイル自体は他社と比べてわざわざ契約するメリットはありません。

今では契約縛りが一切ない格安SIMも増えましたし、ぶっちゃけMNP弾以外で契約するメリットは薄いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました