UQモバイル本音レビュー!実際に使った感想とメリット・デメリット徹底まとめ

UQモバイル アイキャッチUQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドとして知られる格安SIMです。

 

他の格安SIMと比べ、通信速度が速く安定しています。

通信速度を重視するならまず検討したい格安SIMですね。

1Mbpsの低速通信が使える点も見逃せません。

 

以前は月額料金が高い、2年縛りがあるなどデメリットも多くありました。

現在は月額料金がシンプルになり、2年縛りも撤廃されてかなり使いやすいです。

 

今回はそんなUQモバイルのレビューです。

実際に使ってよかったところやイマイチなところを本音で解説しています。

スポンサーリンク

UQモバイルのメリット・良かったところ

UQモバイルのメリット、および実際に使ってみてよかったと感じたところは以下の通りです。

  1. 通信速度がとにかく速い
  2. 低速通信の使い勝手も◎
  3. データ繰り越し対応で無駄がない
  4. 電話の無制限かけ放題が使える
  5. 契約縛り&違約金なし
  6. ほぼすべてのiPhoneで使える
  7. 直営店舗がある
  8. 契約前に無料で試せる

通信速度がとにかく速い

UQモバイル最大の特徴はなんといっても通信速度の速さです。

 

一般的な格安SIMは大手キャリアより速度が遅く、回線が混雑する時間帯になるとさらに低下します。

とくに平日お昼は使い物にならない速度まで落ちてしまう格安SIMがほとんどです。

 

UQモバイルならそういった心配はありません。

通信速度が大手キャリアに劣らないほど速く、安定感も抜群です。

 

論より証拠。

実際にUQモバイルで通信速度を計測してみました。

 

計測日は2020年6月17日です。

計測にはGoogleのスピードテストを利用しています。

時間帯下り速度上り速度
朝(9:00)98.9Mbps13.9Mbps
昼(12:30)63.2Mbps1.04Mbps
夕方(18:00)85.6Mbps2.09Mbps
夜(22:00)75.6Mbps1.32Mbps

注目すべきは下り速度です。

一番遅いお昼時でも60Mbpsオーバーという速度を記録しています。

実際に動画視聴やアプリのダウンロードなども試しましたが、快適そのものでした。

 

UQモバイルは1日を通して通信速度が安定しており、いつでも快適にスマホを使えます。

低速通信の使い勝手も◎

UQモバイルは高速通信だけでなく低速通信の使い勝手も良いです。

 

大手キャリアでも格安SIMでも、データ通信量を使い切ると低速通信になります。

一般的に低速通信は128~200kbpsと特措が遅く、使い勝手は悪いです。

 

UQモバイルはそんな低速通信の速度も速く、機能も充実しています。

低速通信を活用したい人にもピッタリです。

くりこしプランM/Lは1Mbpsの低速通信が使い放題!

UQモバイルの「くりこしプランM/L」は低速通信の速度が1Mbpsと速いのが特徴です。

一般的な格安SIMの低速通信は200kbpsなので、単純に5倍の速度が出る計算になります。

 

1Mbpsの速度が出れば、

  • LINE
  • SNS
  • ブラウジング
  • 動画視聴(標準画質)
  • 音楽ストリーミング
  • 地図アプリ
  • ゲーム(プレイのみ)

といった用途は快適に使えます。

 

とくに動画視聴がデータ通信量を気にせず使えるのは大きいですね。

スマホの場合は画面がそこまで大きくないため、標準画質でも全く問題なし。

 

UQモバイルの低速1Mbpsについては以下の記事でもまとめているので、参考にして下さい。

 

ちなみにくりこしプランSの低速通信は300kbpsです。

スマホプランRと比べると遅いですが、他社より1.5倍速い計算になります。

 

動画視聴は難しいですが、LINEやSNSならスマホプランSの低速通信でも十分可能です。

速度切り替え・バースト転送対応

UQモバイルは速度切り替えバースト転送に対応しています。

 

速度切り替えはいつでも高速通信と低速通信を切り替えられる機能です。

低速通信に切り替えている間はデータ通信量を消費しません。

 

普段は低速通信にしておき、いざというときだけ高速通信に戻すことでデータ通信量を賢く節約できます。

UQモバイルは低速通信の速度が速いので、上記の節約方法が使いやすいです。

 

速度切り替えは専用アプリ「UQ mobile ポータル」からできます。

UQ mobile ポータルアプリ

 

いちいちマイページにアクセスしなくていいので楽ですね。

UQ mobile ポータル

UQ mobile ポータル

UQ Communications Inc.無料posted withアプリーチ

 

バースト転送は低速でも最初の読み込みだけ高速通信が利用できる機能です。

 

実際に低速通信の速度を計測してみると、確かに最初は2~3Mbps出ていることが分かります。

 

バースト転送により、WEBページやSNSなら素早く読み込んでくれます。

データ繰り越し対応で無駄がない

UQモバイルはデータ通信量の繰り越しに対応しています。

 

月末にデータ通信量が余った場合は、翌月に繰り越すことが可能です。

余ったデータ通信量を無駄なく使えますね。

UQ mobile ポータルアプリ

10GBのプランRを契約しているが、繰り越しにより10GB以上のデータ通信が使える状態に

 

ちなみに、ライバルであるY!mobileはデータ繰り越しに対応していません。

何かと比較されるUQモバイルとY!mobileですが、データ繰り越しが使えるのは大きなアドバンテージですね。

電話の無制限かけ放題が使える

UQモバイルでは電話の無制限かけ放題が使えます。

月額1,700円プラスすれば、電話が回数・時間とも無制限にかけ放題です。

 

他の格安SIMだと「10分かけ放題」のように制限があるかけ放題が一般的。

時間・回数ともに無制限にかけ放題はほとんどありません。

 

電話をたくさんする人にはありがたいですね。

 

ただし、無制限かけ放題込みなら楽天モバイルの方が安く済みます。

電話をたくさん掛ける人は楽天モバイルも検討してください。

契約縛り&違約金なし

2年縛りなし

UQモバイルは契約縛りも違約金もありません。

 

以前は大手キャリアのような2年縛りと高額な違約金がありました。

他の格安SIMと比べて解約しづらかったです。

 

しかし、2019年10月に施行された総務省のルール改正により、現在は契約縛りがなくなりました。

いつ解約しても、違約金もかかりません。

 

利用してみて、もし気に入らなかったらいつでも解約が可能です。

初めて格安SIMを利用する人でも気軽に試せますね。

ほぼすべてのiPhoneで使える

UQモバイル iPhone

UQモバイルはもちろんiPhoneでも利用が可能です。

 

SIMフリーモデルはもちろん、大手キャリアのiPhoneもほぼすべての機種が使えます。

大手キャリアのiPhoneはSIMロック解除が必要なケースが多いですが、解除さえすればSIMフリーモデルと使い勝手はほぼ同じです。

 

以前はiPhoneでテザリングができない問題がありましたが、現在はテザリングも使えます。

手持ちのiPhoneで格安SIMを使いたい人も安心ですね。

直営店舗がある

UQモバイルは直営ショップ「UQスポット」が全国に用意されています。

 

他の格安SIMはコスト削減のため、家電量販店などに契約カウンターだけを用意しているケースが多いです。

中には店舗での取り扱いが全くない格安SIMもあります。

 

そういった格安SIMのサポートはメールや電話がメインです。

対面によるサポートは限定的で、スマホ初心者だと不安かもしれません。

 

対して、UQモバイルは直営店舗のUQスポットで対面によるサポートを受けることが可能です。

契約・乗り換えはもちろん、

  • 機種変更
  • 修理受付
  • 契約情報変更(契約住所・連絡先、料金プラン、オプション)

といったアフターサポートも受けられます。

初心者でも安心ですね。

 

UQスポットは全国に約180店舗あります。

大手キャリアと比べると、とくに地方では店舗数が少ないですね。

 

UQモバイルは正式にauのサブブランドになることが発表されました。

ソフトバンクの正式なサブブランドであるY!mobileは、ソフトバンクショップにY!mobileショップが併設されているケースが多いです。

 

今後、auショップに併設される形でUQスポットが増える可能性が高いでしょう。

契約前に無料で試せる

UQモバイルでは2週間無料で試せる「Try UQ mobile」というサービスを利用可能です。

 

SIMカードまたは端末セットをレンタルし、UQモバイルを完全無料で2週間試せます。

UQモバイルの通信速度や対応エリアが心配という人も、契約前に試せるので安心ですね。

 

Try UQ mobileについてはこちらの記事を参考にしてください。

UQモバイルのデメリット・イマイチなところ

UQモバイルのデメリット・使ってみてイマイチと感じたところは以下の通りです。

  1. 解約手続きは電話のみ
  2. 大容量プランなし
  3. LINEのID検索ができない

解約手続きは電話のみ

UQモバイルの解約は電話でのみ可能です。

マイページから手続きはできません。

 

WEBからサクッと解約できる他の格安SIMと比べると手間がかかりますね。

2年縛り・違約金が撤廃されて解約しやすくなったのに、手続きが面倒なのはもったいないです。

 

ちなみにMNP転出についてはいつの間にかマイページからできるようになってました。

[契約 確認・内容]→「ご契約中の料金プラン」の[詳細を確認・変更する]→[MNP予約]から手続き可能です。

LINEのID検索ができない

UQモバイルではLINEのID検索ができません。

 

LINEのID検索を使うには、事前にLINEの年齢認証が必要です。

しかし、年齢認証はMy docomoなど大手キャリアのシステムを利用します。

あくまでも格安SIMに過ぎないUQモバイルでは年齢認証ができないため、ID検索もできません。

 

大手キャリア以外でLINEのID検索ができるのはLINEモバイルとY!mobileだけです。

LINEモバイル

LINEモバイルは特別な年齢確認方式が用意されている

 

ID検索以外でも友だち追加はできますが、ID検索が一番楽なのも事実です。

どうしてもID検索を使いたいなら、LINEモバイルかY!mobileも検討してみましょう。

 

UQモバイルはauの正式なサブブランドになりました。

今後、Y!mobileのようにMy au経由で本人確認ができるようになることを期待しましょう。

最大10,000円のキャッシュバックを実施中

UQモバイルでは最大10,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です。

  • MNPで乗り換え:10,000円のキャッシュバック
  • MNPなしで新規契約:3,000円のキャッシュバック

条件はオンラインショップからSIMのみで契約することだけ。

オプションへの加入など、複雑な条件は一切ありません。

 

UQモバイルは店舗からも申し込めますが、店舗から申し込むとキャッシュバックはもらえません。

最大10,000円ものキャッシュバックがもらえないのはもったいないです。

 

 

手続きも簡単なので、UQモバイルはUQモバイルオンラインショップから申し込みましょう。

まとめ

以上、UQモバイルのレビューでした。

  1. 通信速度がとにかく速い
  2. 低速通信の使い勝手も◎
  3. データ繰り越し対応で無駄がない
  4. 電話の無制限かけ放題が使える
  5. 契約縛り&違約金なし
  6. ほぼすべてのiPhoneで使える
  7. 直営店舗がある
  8. 契約前に無料で試せる
  1. 解約の手続きは電話のみ
  2. LINEのID検索ができない

UQモバイル通信速度の速さが最大の特徴です。

1日を通して安定しており、平日お昼や夕方などの混雑時も速い速度が出ます。

 

さらにプランM/Lは低速通信の最大速度が1Mbpsと速いです。

データ通信量を気にすることなく、動画視聴やSNSを思う存分使えます。

 

その他にも無制限かけ放題や直営店舗でのサポートなど大手キャリアのサブブランドならではの充実したサービス内容が魅力です。

 

以前はデメリットが多かった印象ですが、現在は2年縛りや違約金がなくなってデメリットは少なくなりました。

 

強いて言えば解約手続きが電話のみで面倒なくらいでしょうか。

あとはデメリットらしいデメリットはありません。

 

月額料金を節約しつつ、大手キャリアと変わらない快適な使い勝手を維持したい人にはUQモバイルがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました