Amazonプライムデースタート!おすすめ商品はこちら

ARM版Windows 10とは?特徴をざっくり解説

Windows イメージガジェット・パソコン

2017年の終わりごろから「ARM版Windows 10」という言葉をよく聞くようになりました。

なんとなくどういったものか分かっていたのですが、正直詳しくは知りませんでした。

 

そこで、自分なりにARM版Windows 10について調べ、まとめてみました。

スポンサーリンク

ARM版Windows 10とはモバイル用CPUで動作するWindowsのこと

ARM版Windows 10を一言で言うと「モバイル用CPUで動作するWindows」のことです。

モバイル用とは、スマホやタブレットで利用されるCPUのことを言います。

 

厳密なことを言うとアーキテクチャがどうとか出てきますが、そんな難しいことはどうでもいいです(良くないけど)。

とりあえず、「スマホとかタブレットで使われているCPUが搭載されたWindowsマシン」ってことです。

ARM版Windows 10の特徴

ARM版Windows 10の特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 使い勝手は通常のWindows 10に近い
  • バッテリーの持ちが良い
  • スマホのように常にネットに接続できる

使い勝手は通常のWindows 10に近い

これまでもARM版と呼ばれるWindowsはいくつかありましたが、通常のWindowsとは使い勝手が異なるというデメリットがありました。

最近だとWindows 8時代に登場した「Windows RT」がそうですね。

 

Windowsストアからしかアプリをインストールできず、普段使っているWindows用のアプリが利用できませんでした。

そんな中途半端なものが人気になるはずがありませんよね。

Windows RTはすぐさま消えていきました。

 

それに対し、今回のARM版Windows 10はWindows用アプリが動くため、基本的な使い勝手は通常のWindows 10に近いです。

 

本来、通常のWindows用のアプリはARMプロセッサでは動きません。

しかし、ARM版Windows 10ではエミュレータが動作してWindows 10用アプリをARMプロセッサで動かせるようにしているようです。

 

ただ「使えるのは32bitのプログラムのみ」とのこと。

64bitのプログラムは動かないようです。

うーむ、これはちょっと痛い。

バッテリーの持ちが良い

f:id:happy-applications-maker:20180111213852j:plain

ARM版Windows 10は、通常のWindows 10よりもバッテリーの持ちが非常に良いようです。

パソコン用のCPUと比べると、スマホ用のCPUは消費電力が非常に少ないからです。

 

確かに、スマホは(使い方にもよるが)一度充電すれば1日くらいは軽く持ちます。

最近のノートパソコンはバッテリー持ちが良いものもありますが、それでも長くて12時間くらい。

基本的には毎日充電が必要です。

 

ARM版Windows 10の場合はバッテリー持ちがかなり良く、機種によっては稼働時間が22時間もあるそう。

これなら2~3日くらい充電しなくても良さそうですね。

スマホのように常にネットに接続できる

f:id:happy-applications-maker:20180111213812j:plain

個人的にARM版Windows 10最大の特徴ともいえるのが「スマホのように常にネットに接続できる」ことです。

ARM版Windows 10はスリープ中も常にインターネットに接続され、通知やメールなどを受け取れるようです。

 

しかもLTEに対応しているので、外出先でもテザリングやポケットWi-Fiなどを使わなくてもインターネットができます。

マイクロソフトはこれを「Always Connected PC」と呼んでいます。

 

バッテリーが長持ちして、常にインターネットに接続されている。

「スマホのように使えるパソコン」と言っていましたが、まさにその通りですね。

現時点ではほとんど製品は出回っていない

最初にこの記事を執筆して1年程経ちました。

その後ARM版windows 10はどうなったかというと、ほとんど製品が出ていません。 

 

ASUSやHPが先行して製品を出したみたいですが、あまり話題にもならず。

2019年10月現在は調べてもレノボのYoga C630くらいしか見当たりません。

やはり、64bitのプログラムがダメなことや、処理速度が遅いことが原因でしょう。

コンセプト自体は悪くないと思うんですけどね。

追記:現在はSurface Pro Xが発売済み

記事執筆からさらに時間が経ちました。

現在はマイクロソフトからSurface Pro Xが発売されています。

64ビット版アプリが使えないのはやはり痛いですが、それ以外は高評価ですね。

 

薄くて軽く、バッテリー持ちもかなり良好。

OfficeやChromeなどは使えるみたいなので、ビジネス用途なら問題ないでしょう。

他のSurfaceシリーズ同様、2 in 1でペン入力にも対応していますよ。

 

今ARM版Windows 10を使うなら、Surface Pro Xが一番おすすめですね。

プレビュー版で64ビットアプリへ対応

2020年12月に公開されたWindows 10のプレビュー版で、ついに64ビットアプリに対応しました。

あくまでもプレビュー版であり、64ビットアプリへの正式対応はまだ先でしょう。

それでも、ARM版Windows 10にとっては大きな進歩ですね。

まとめ

というわけで、僕なりにARM版Windows 10についてまとめてみました。

ざっくり言えば電池持ちが良くて常にネットにつながっているWindowsパソコンということですね。

64ビットアプリが使えないなどデメリットもありますが、面白い試みだと僕は思います。

 

まだまだ対応機種は少ないですが、Surface Pro Xの出来は悪くなさそうです。

これを機に、ARM版Windows 10が盛り上がってほしいですね。

この記事を書いた人
吾妻和希

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻和希をフォローする
ガジェット・パソコン
スポンサーリンク
吾妻和希をフォローする
スマホメーション
タイトルとURLをコピーしました