motorola edge 20レビュー!薄くて軽いミドルハイモデル

motorola edge 20Android

motorola edge 20はモトローラから発売されているミドルハイクラスのスマホです。

 

モトローラ史上、最薄・最軽量をうたうスリムボディを売りにしています。

本体サイズは大きいですが、軽くて薄いので長時間利用しても手が疲れません。

 

144Hzのリフレッシュレート対応や光学3倍ズーム対応のトリプルカメラなど、スペック面も充実しています。

 

そんなmotorola edge 20をTwitterのRTキャンペーンでいただきました。

本記事ではmotorola edge 20を実際に使って良かったところやイマイチなところを本音でレビューしていきます。

スポンサーリンク

薄くて軽いスタイリッシュボディ

さっそくmotorola edge 20の特徴でもあるボディからチェックしていきましょう。

motorola edge 20 外観

 

カラーは黒系統の「フロストオニキス」のみです。

本体はアクリル素材ですが、ガラスボディと見間違うほど質感は良好です。

スタイリッシュでかっこいいですね。

 

最大の特徴は薄さ。

最薄部分は厚みが6.99mmしかありません。

横から見るとその薄さが分かります。

motorola edge 20 薄さ

 

サイドフレームはフラットなデザインに仕上がっています。

好みは分かれそうですが、僕はiPhone 13シリーズのようなフラットデザインが好きなので大歓迎です。

 

重量は163gです。

ディスプレイサイズ(6.7インチ)を考慮すると軽めに抑えられています。

 

本体側面右側のボタンは上から音量ボタンと電源ボタンです。

電源ボタンは指紋認証センサーも兼ねています。

motorola edge 20 側面

 

反対側にはGoogleアシスタント呼び出しボタンが配置されています。

僕はGoogleアシスタントをほとんど使いませんが、音量・電源ボタンと逆側にあるので邪魔になりません。

motorola edge 20 アシスタントボタン

 

同じモトローラのスマホでもmoto g9 playは電源ボタンとGoogleアシスタント呼び出しボタンが近くてよく押し間違えていました。

motorola edge 20ならその心配は不要です。

 

背面左上にはトリプルレンズカメラが配置されています。

結構出っ張っており、存在感もなかなかです。

motorola edge 20 カメラ

 

底面にはスピーカー、USB-Cポート、SIMトレイがあります。

イヤホンジャックはありません。

motorola edge 20 底部

 

スピーカーはステレオではなくモノラルです。

正直、音質はあまり良くありません。

 

普通に動画を見る分には問題ありませんが、音楽鑑賞や音ゲーのプレイはイヤホン推奨です。

6.7インチの大型有機ELを採用

ディスプレイは6.7インチの有機ELディスプレイです。

パンチホール採用でノッチレスなので、かなり迫力があります。

motorola edge 20 ディスプレイ

motorola edge 20

中央にパンチホール。ノッチより目立ちません。

 

発色も良く、動画視聴や電子書籍の閲覧にも最適です。

重量が軽くて手が疲れにくいのも◎

 

本体サイズはかなり大きく、片手での操作は厳しめです。

motorola edge 20 片手

 

基本的には両手で操作したほうが良いでしょう。

専用のクリアケースが付属

motorola edge 20の付属品は以下の通りです。

  • 専用ケース
  • ACアダプタ
  • USB-Cケーブル
  • イヤホン
  • USB-C-イヤホン変換ケーブル
  • SIMピン
  • マニュアル

motorola edge 20 付属品

 

専用のソフトケースが付属しています。

サイズはもちろんぴったりです。

motorola edge 20 ケース

 

電源ボタン部分はくりぬかれているので、指紋認証もばっちりです。

ケースを付けても厚みを感じないのは驚きました。

motorola edge 20 ケース

 

クリアケースを付けてもやはりカメラ部分は出っ張っています。

motorola edge 20 ケース

 

ケースを付けても机に置くとガタガタする点には注意が必要ですね。

motorola edge 20 ケースGIF

 

ちなみに保護フィルムはついてません。

気になる人は別途用意しましょう。

 

僕はミヤビックスさんの保護フィルムを貼っています。

SDM778Gで動作はスムーズ

motorola edge 20のスペックをまとめました。

価格(公式ストア)54,800円
カラーフロストオニキス
サイズ幅約76mm
高さ約163mm
厚さ約6.99mm
重さ約163g
ディスプレイ約6.7インチ, 2400×1080
リフレッシュレート144Hz
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 778G
メモリ6GB
ストレージ128GB
カメラアウト:1億800万画素+1600万画素+800万画素
イン:3200万画素
バンド5G: n1/3/5/7/8/28/38/41/66/77/78
4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41/42/43/66
3G:B1/2/4/5/8
バッテリー4000mAh
SIMサイズnanoSIM + nanoSIM
DSDS〇(DSDV)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)
Bluetooth5.2
防水・防塵IP52(生活防水)
Felica×

SoCにはミドルハイクラスのSnapdragon 778Gを採用しています。

700番台でも比較的上位のSoCで、少し前のハイエンドSoCであるSnapdragon 855/855 Plusに迫る性能です。

メモリ6GB、ストレージ128GBも申し分なし。

 

加えてディスプレイは144Hzの高リフレッシュレートに対応しています。

国内向けモデルだとハイエンドでも120Hzが多く、ミドルハイクラスで144Hzはかなり珍しいでしょう。

 

一方でFelicaは搭載していないため、おサイフケータイは使えません。

防水もIP52と生活防水レベルで、IP68レベルのスマホと比べるとやや不安です。

 

価格は定価54,800円、実売49,000円前後とミドルハイクラスでは少し高めに感じます。

近い性能で実売3万円台のMi 11 Lite 5Gと比べるとインパクトは薄いかもしれません。

Antutuスコアは約47万

ベンチマークソフト、Antutuを走らせてみたところスコアは約47万でした。

ハイエンドクラスには一歩及ばないものの、比較的高いスコアと言えます。

 

Geekbenchはマルチコアスコアが2674でした。

motorola edge 20 Geek

3Dゲームもそれなりにプレイ可能

motorola edge 20でいくつかゲームも試してみました。

ゲーム名動作備考
モンスト快適に動作
FGO快適に動作
アズールレーン60FPSで快適、全画面対応
PUBGモバイルHDR+ウルトラでプレイ可、やや発熱
ウマ娘標準画質で快適
原神最高設定でも動作するが発熱あり

2Dゲームはもちろん、動作が重い3Dゲームもそれなりにプレイできました。

 

PUBGモバイルはクオリティ設定「HDR」、フレーム設定「ウルトラ」でプレイ可能です。

カクつくことなく、スムーズに動作しますね。

motorola edge 20 PUBG

motorola edge 20 PUBG

 

負荷が大きい原神もプレイしてみました。

起動した際のデフォルト設定は「低」です。

motorola edge 20 原神

 

その後、最高設定にしてプレイしてみましたが思っていたよりも軽快でした。

フレームレートも60で安定します。

 

ただ、PUBGでも原神でも長時間プレイしていると本体が発熱しました。

PUBGはほんのりって感じですが、原神を最高設定でやると結構発熱します。

 

3Dゲームも動作はしますが、やはり負荷は大きいようです。

長時間、最高設定でプレイするならやはりSnapdragon 800番台搭載のハイスペックモデルを選びましょう。

144Hzの高リフレッシュレート対応

motorola edge 20の特徴の1つがリフレッシュレートです。

ミドルハイクラスながら最大144Hzのリフレッシュレートに対応しています。

 

 

高リフレッシュレートのスマホを初めて使いましたが、とにかくヌルヌルで驚きました。

「ゲームしないならリフレッシュレートは高くなくていいかな」と思っていました。

実際使ってみると、Twitterやブラウジングなどの普段使いも快適ですね。

 

高リフレッシュレートの恩恵についてはなかなか画像や動画では伝わりません。

可能であれば家電量販店などで実機を確認してみてください。

 

注意点としては、常時144Hzにするとバッテリーの消費が激しくなります。

motorola edge 20ではリフレッシュレートを「自動」「60Hz」「144Hz」から選択可能です。

motorola edge 20 リフレッシュレート

 

基本的にはデフォルト設定の「自動」にしておけば良いでしょう。

ピュアAndroidでプリインストールアプリは最低限

motorola edge 20は他のモトローラ機同様、ほぼカスタマイズされていないピュアAndroidを搭載しています。

 

プリインストールアプリはGoogleアプリが中心で最低限です。

 

Androidスマホを買ったらまず不要なアプリを大量にアンインストールする筆者。

モトローラ機はアンインストールするアプリが少ないので助かります(笑)

 

設定画面もシンプルでクセがありません。

motorola edge 20 設定画面

 

XiaomiやOPPOなどのカスタムOSが苦手な人でも使いやすいでしょう。

スポンサーリンク

ズームや夜景など多彩な写真を撮れるカメラ

続いてはmotorola edge 20のカメラ性能をチェックしましょう。

motorola edge 20は背面にトリプルレンズカメラを搭載しています。

  • 1億800万画素 メイン (f/1.9)
  • 1,600万画素 超広角 119.2°/マクロ (f/2.2)
  • 800万画素 望遠 3倍光学ズーム(f/2.4)

最大の特徴は1億800万画素のメインカメラです。

画素数が高ければ良いと言うわけではありませんが、やはり1億と言われるとインパクトがありますね。

 

いくつかメインカメラの作例をどうぞ。

画像はいずれも容量を抑えるためにサイズのみ変更、人が映っている画像のみ念のため顔にモザイクをしています。

motorola edge 20 作例

motorola edge 20

motorola edge 20

motorola edge 20 作例

motorola edge 20 作例

明るいところでは比較的キレイな写真が撮影できます。

AIがオンになっていますが、不自然すぎる加工もありません。

 

1億800万画素で撮影する際は「Ultra-Res」モードで撮影します。

通常モードとUltra-Resモードの違いを比較したいのですが、Ultra-Resモードの画像はそのままだと容量が大きすぎてブログに掲載できません。

 

とりあえずアップロードできるサイズまで下げてみましたが、これだとさほど違いは分かりませんね。

 

 

無加工の状態で比較しても、素人の僕にはあまり違いが分かりませんでした。

拡大すると、確かにUltra-Resモードの方が高精細なのが分かります。

ただ、通常モードでも十分キレイです。

 

通常モードだと1枚3~5MBくらいですが、Ultra-Resモードだと1枚20~30MB前後の容量になります。

基本的には通常モードでの撮影で大丈夫でしょう。

 

背景をぼかすポートレートも対応しています。

境目も結構キレイにボケてくれますよ。

motorola ege 20 ポートレート

 

motorola edge 20 ポートレート

セカンドカメラは超広角とマクロ対応

1600慢画素のセカンドカメラは超広角の撮影に対応しています。

通常よりも広い範囲を含めたダイナミックな写真が撮影可能です。

 

超広角カメラだと画面の端が歪むことがありますが、あまり歪んでいませんね。

色合いも自然です。

 

また、セカンドカメラはマクロカメラも兼ねています。

被写体に近づいて迫力のある写真の撮影が可能です。

motorola edge 20 マクロ

光学3倍ズームに対応

メイン・超広角に加えて800万画素の望遠レンズも搭載しています。

最大3倍の光学ズームが可能です。

 

 

デジタルズームと違って画質があまり劣化していません。

被写体に近づくことなく、キレイな写真を撮れますよ。

ナイトビジョンで夜景もキレイ

motorola edge 20は夜景用の撮影モードである「ナイトビジョン」を搭載しています。

motorola edge 20 ナイトビジョン

暗い所でカメラを起動するとAIが案内してくれます

 

ナイトビジョンを利用することで、暗い所でも明るい写真を撮れます。

 

夜景はスマホが苦手なシチュエーションの1つです。

motorola edge 20のナイトビジョンなら夜景もそれなりにキレイに撮れます。

motorola edge 20 夜景

 

明るい看板を撮影しても、白飛びが抑えられています。

motorola edge 20 夜景

バッテリー持ち・充電速度をチェック

motorola edge 20は本体が薄いこともあり、バッテリー容量は4,000mAhとやや控えめです。

となると、電池持ちが悪くないか気になりますね。

 

結論から言うとバッテリー持ちは意外に良好です。

充電速度もかなり早く、なくなってもすぐ充電できます。

 

ただし、電池持ちはリフレッシュレートの設定にも左右されます。

電池持ちはまずまずだが144Hz時は消耗が早い

まずは以下の条件で電池持ちのテストを実施しました。

  • 電池100%
  • 明るさMAX
  • Wi-Fi接続
  • 画面のスリープオフ
  • YouTubeを全画面で再生

motorola edge 20は144Hzのリフレッシュレートに対応していますが、高リフレッシュレートにすると電池持ちが悪くなる傾向にあります、

そこで、リフレッシュレート「自動」と「144Hz」の2パターンでテストしてみました。

 

その結果がこちらです。

経過時間自動144Hz
1時間94%92%
2時間87%83%
3時間80%73%
4時間72%65%
5時間64%55%
6時間54%46%

6時間動画を見続けた結果、自動の時は54%、144Hzの時は46%でした。

やはりリフレッシュレートを高くすると電池の消耗が激しくなりますね。

 

最終的にバッテリーが0%になるまでは自動で12時間49分、144Hzで10時間39分でした。

 

バッテリー容量が4,000mAhであることを考えると、想定よりよく持ちました。

とくにリフレッシュレート「自動」なら、動画を長時間見ても丸1日は持つでしょう。

 

144Hzの時はやはり電池の消耗が早くなります。

基本的には「自動」での運用が良さそうです。

約1時間で満充電可能

続いては充電速度のテストです。

 

motorola edge 20は独自の急速充電「TurboPower」に対応しています。

付属の30W充電器を使うことで高速充電が可能です。

motorola edge 20 TurboPower

急速充電器に接続するとこのような表示が出ます

 

さきほどのテストが終わって0%になった状態から充電にかかる時間を計測しました。

ACアダプタとUSBケーブルは付属品を利用しています。

 

充電速度テストの結果はこちら。

バッテリー残量充電にかかった時間
50%20分
80%33分
90%44分
100%1時間1分

なんと20分で50%まで充電できました。

朝起きて電池がなくても、家を出るまでに50%くらいまでは充電が可能です。

 

最終的に1時間1分で満充電できました。

充電速度は早く、かなり実用的ですね。

 

ちなみに付属のACアダプタ以外に、PD対応充電器でも急速充電できます。

僕が愛用しているAnkerのACアダプタでも急速充電できました。

Motoアクションが便利

motorola edge 20にはモトローラ独自の機能も多数搭載されています。

  • Motoアクション:ジェスチャーでスマホを操作
  • ゲームタイム:ゲームプレイに役立つ機能が満載
  • Ready For:動画やゲームをディスプレイで楽しめる

個人的にとくに便利なのが「Motoアクション」です。

簡単なジェスチャーでスマホを操作できます。

motorola edge 20 ジェスチャー

 

筆者がよく利用する機能は以下の3つ。

  • クイックキャプチャー
  • 3本指でのスクリーンショット
  • 簡易ライト

もっとも使うのは「3本指でのスクリーンショット」ですね。

スマホが大きいと電源ボタン+音量ボタンの同時押しが辛いですが、このジェスチャーなら片手でパッとスクショが撮れます。

通常なら3本指でスマホを操作することがあまりないので、誤動作が起きにくいのも◎

 

「ゲームタイム」はゲームを快適にプレイできる機能です。

ゲーム中にアイコンをタップするか、Motoアプリからアクセスできます。

motorola edge 20 ゲームタイム

 

通知をブロックしてゲームに集中したり、ゲームをしながら他のアプリを起動したりできます。

motorola edge 20 ゲームタイム

たとえばゲーム中に攻略情報を見ることも可能

 

Ready Forはmotorola edge 20をディスプレイにつなげる機能です。

大画面で動画やゲームを楽しめます。

 

motorola edge 20はMiracast対応ディスプレイとのワイヤレス接続、およびPC接続のみ利用が可能です。

ケーブルでの接続には対応していません。

Ready for

引用元:モトローラ

 

ケーブルで手軽に接続したい場合はmoto g100を購入しましょう。

 

筆者はMiracast対応ディスプレイを持っていないためPC接続を試しました。

 

手順は簡単で、PC側にアプリを入れてQRコードをスマホ側で読み取るだけ。

遅延も少なくて驚きました。

 

ただワイヤレス接続だと4Kに対応していないのか、全画面表示ができません。

ちょっと残念ですね。

Ready For

真ん中のウィンドウがReady For。4Kだとこれが最大でした

DSDV対応だがmicroSD非対応

motorola edge 20は2枚のSIMカードで同時に待ち受けできるDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しています。

 

SIMトレイは表裏に1枚ずつSIMを装着するタイプです。

一見装着しにくそうですが、カチッとハマるので意外に簡単に挿入できました。

motorola edge 20 SIMトレイ

 

DSDVには対応しているものの、microSDカードは使えません。

 

ストレージは128GBと大容量なのでたいていの人は大丈夫でしょう。

ただ、画像やゲームをたくさん保存する人だと足りないかもしれません。

格安SIMとのセットでさらにお得

motorola edge 20は一部の格安SIMでも購入できます。

格安SIM販売価格
IIJmio45,800円
OCNモバイルONE33,192円
QTモバイル52,800円

通常価格はOCNモバイルONEの33,192円が最安です。

このスペックで3万円台なら破格の安さと言えます。

IIJmioではMNPで乗り換えると端末代が割引されるセールを頻繁に実施中です。

セールを利用できれば、OCNモバイルONEより安くなることもあります。

例えば2022年1月31日まではMNP乗り換えで一括29,980円です。

IIJmioで購入する際はセールが実施されていないかもチェックしましょう。

まとめ

以上、motorola edge 20のレビューでした。

  • 薄くて軽いボディ
  • ハイエンドに迫る高いスペック
  • 144Hzのリフレッシュレート
  • カメラは光学3倍ズームが便利
  • 夜景もまずまず
  • スリムボディの割には電池持ちが良い
  • 急速充電対応で充電がかなり早い
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水は最低限のレベル
  • microSDカードも使えない
  • イヤホンジャックなし
  • スピーカーはモノラルでイマイチ

 

薄くて軽いボディは想像以上に快適でした。

重いスマホが苦手でiPhone 13 miniを使っている筆者ですが、motorola edge 20は問題なく使えます。

なんだかんだ、画面が大きいのは良いですね。

 

スペックも比較的高く、144Hzのリフレッシュレートも相まってゲームも快適にプレイできます。

3倍光学ズーム対応のカメラも便利です。

 

一方でおサイフケータイには対応していません。

microSDカードや有線イヤホンが使えないのも人によっては痛いですね。

 

デメリットもありますが、それさえ気にならないのであればメインスマホとしても十分おすすめできる1台だと感じました。

タイトルとURLをコピーしました