IIJmioに乗り換えでスマホが一括1円から!おすすめはこちら

日本版「moto g64/g64y 5G」正式発表!スペック・特徴・価格まとめ

moto g64 Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

モトローラが日本向けの「moto g64 5G」を正式発表しました。

Dimensity 7025、8GBメモリ、128GBストレージなどを備えたミドル機で、直売価格は34,800円です。

メモリが4GBに減らされたワイモバイル限定の廉価版「moto g64y 5G」も発売されます。

本記事ではmoto g64/g64y 5Gのスペック・特徴と、過去モデルとの違いをざっくり解説します。

追記

ワイモバイル専売モデル「moto g64y 5G」を実際に購入し、レビューしました。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

moto g64/g64y 5Gのスペック概要

moto g64のスペック

moto g64 5Gのスペック概要は以下の通りです(参考:モトローラ公式)。

スペックmoto g64/g64y 5G
販売価格(定価)g64:34,800円
g64y:21,996円
カラースペースブラック
シルバーブルー
バニラクリーム※g64yのみ
サイズ幅約73.82mm
高さ約161.56mm
厚さ約7.99mm
重さ約177g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
FHD+(2,400×1,080)
リフレッシュレート120Hz
OSAndroid 14
SoCMediaTek Dimensity 7025
メモリ8GB※g64yは4GB
ストレージ128GB
アウトカメラ①5000万画素(f/1.8、メイン、OIS)
②200万画素(f/2.4、マクロ)
インカメラ1600万画素(f/2.4)
スピーカーステレオ
バッテリー5,000mAh(30W)
対応SIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.3
防水・防塵IP52
おサイフケータイ

SoCにはMediaTek製のDimensity 7025を採用しています。

最近はDimensity搭載機が本当に増えてきました。

Dimensity 7025はDimensity 7020のマイナーチェンジ版で、Antutuスコアは48~49万です。

moto g64y 5GのAntutuスコア
筆者が購入した実機で計測

参考:Antutuスコアの目安

  • 20万未満:動作はモッサリ
  • 20~30万:最低限の性能、軽いアプリはOK
  • 30~50万:普段使いなら十分
  • 50万~80万:ゲーム以外はサクサク動く
  • 80万以上:多くのゲームが快適

3Dゲームは厳しそうですが、普段使いなら問題ないでしょう。

ストレージは128GB、メモリはg64が8GB、g64y(ワイモバイル版)が4GBです。

コスト削減のためでしょうが、さすがに4GBは厳しいかもしれません。

6.5インチのディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応するほか、解像度もFHD+です。

吾妻かずき
吾妻かずき

moto g53j/53yの弱点だった解像度の低さが解消されましたね。

バッテリー容量は5,000mAhで据え置きですが、充電速度が30Wにアップしました。

edge 40 Neoの68Wには及びませんが、必要十分以上です。

moto g64は30W充電に対応

筆者は30W充電のrazr 40sを使っていますが、30~40分ほどで満充電になるので30Wでもとくに困りません。

ステレオスピーカー搭載やDolby Atmos対応など、オーディオ周りは従来機とほぼ同じです。

イヤホンジャックも継続して搭載されているので、有線イヤホンも使えます。

moto g64 5Gとg52/g53の違い

moto g53y 5G
筆者が所有しているmoto g53y 5G

moto g64 5Gは昨年発売されたmoto g53j/53y 5Gの後継モデルです。

しかし、moto g53j/53y 5Gはさらに1つ古いmoto g52j 5Gよりスペックが下がっているため、g64はg52の後継という声もあります。

そこで、ここではmoto g64をg52/g53と比較してみました。

なお、moto g52シリーズはベースモデルのg52jを含めて3種類があります。

moto g52jシリーズ
  • moto g52j 5G:ベースモデル
  • moto g52j 5G II:メモリが8GBにアップ
  • moto g52j 5G SPECIAL:ストレージが256GBにアップ

メモリ・ストレージ以外のスペックは変わらないので、2023年に発売されたIIおよびSPECIALのみ表中に掲載しています。

スペックmoto g64moto g53moto g52
価格(直売)g64:34,800円
g64y:21,996円
g53j:34,800円
g53y:21,996円
41,800円
カラースペースブラック
シルバーブルー
バニラクリーム※g64yのみ
インクブラック
アークティックシルバー
ペールピンク※g53yのみ
インクブラック
パールホワイト
サイズ幅約73.82mm
高さ約161.56mm
厚さ約7.99mm
幅約74.66mm
高さ約162.7mm
厚さ約8.19mm
幅約76.8mm
高さ約171.0mm
厚さ約9.1mm
重さ約177g約183g約206g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
FHD+(2,400×1,080)
約6.5インチ, LCD
HD+(1,600×720)
約6.8インチ, LCD
FHD+(2,460×1,080)
リフレッシュレート120Hz120Hz120Hz
OSAndroid 14Android 14Android 12
SoCDimensity 7025Snapdragon 480+ 5GSnapdragon 695 5G
メモリg64:8GB
g64y:4GB
g53j:8GB
g53y:4GB
8GB
ストレージ128GB128GBII:128GB
SPECIAL:256GB
アウトカメラ①5000万画素(f/1.8、メイン、OIS)
②200万画素(f/2.4、マクロ)
①5000万画素(f/1.8、メイン)
②200万画素(f/2.4、マクロ)
①5000万画素(f/1.8、メイン)
②800万画素(f/2.2、超広角+深度)
③200万画素(f/2.4、マクロ)
インカメラ1600万画素(f/2.4)800万画素(f/2.0)1,300万画素(f/2.2)
スピーカーステレオステレオモノラル
バッテリー5,000mAh(30W)5,000mAh(18W)5,000mAh(15W)
対応SIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.35.15.1
防水・防塵IP52IP52IP68
おサイフケータイ

moto g64は、moto g53j/g53y 5Gから着実に進化しているのが分かります。

とくにディスプレイ解像度がFHD+に戻ったのは大きなポイントです。

メインカメラにOIS(光学式手ぶれ補正)が付いたのも、地味ながらうれしい進化でしょう。

筆者
筆者

処理性能や充電速度なども、軒並み改善されていますね。

moto g52j 5G II/SPECIALと比べても、処理性能や本体重量、充電速度などでリード。

超広角カメラがない点や、防水等級では負けていますが、全体的なコスパではmoto g64 5Gが上じゃないかな?と筆者は思います。

価格は約3.5万円、IIJmioなら一括7,980円から

moto g64 5Gは6月28日、moto g64y 5Gは7月上旬に発売されます。

価格はmoto g64 5Gが34,800円、moto g64y 5Gは21,996円です。

筆者
筆者

メモリが少ない分、moto g64y 5Gは価格が安めに設定されていますね。

moto g64 5Gは格安SIM(MVNO)でも取り扱いがあります。

例えばIIJmioなら、MNPで乗り換えると一括7,980円です。

SIMフリー版を安く買いたいなら、IIJmioの契約も検討しましょう。

お得な端末セール実施中!

moto g64y 5Gの場合、MNPなら一括3,996円から買えます。

メモリが4GBでも良いなら、こちらもおすすめです。