JCOMモバイル レビュー。実際に使って分かったメリット・デメリット

JCOMモバイル アイキャッチ格安SIM

JCOMモバイルケーブルテレビ最大手であるJCOMの格安SIMです。

以前はJCOMのテレビ・ネットのオプション的な扱いで、申し込める人が限られていました。

そのため、大手が運営している割に知名度は低めです。

 

しかし、2021年2月にスタートした新プランはエリアに関係なく申し込めます。

料金プランもシンプルかつ安価になるなど、サービス内容も大きく変更されました。

 

そんなJCOMモバイルを実際に契約・利用してみたので、良かった点やイマイチな点をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

JCOMモバイルの料金プラン

まずはJCOMモバイルの料金プランをチェックしましょう。

データ通信量月額料金
1GB1,078円
5GB1,628円
10GB2,178円
20GB2,728円

データ通信量は1/5/10/20GBの4種類のみとシンプルです。

 

SIMタイプは音声通話SIMのみ用意されています。

以前はドコモ回線のデータSIMがありましたが、現在は申し込みを終了したみたいですね。

 

データSIMを利用するならOCNモバイルONEやIIJmio、LinksMateあたりがおすすめです。

JCOMモバイルのメリット

JCOMモバイルのメリットは以下の通りです。

  • 縛りや違約金のないシンプルなプラン
  • 下り速度は早く安定している
  • 直近3日間の速度制限なし
  • 長電話する人向けの60分かけ放題あり
  • オンライン申し込みで初期費用0円
  • 契約月・解約月どちらも日割りあり
  • 公衆無線LANが無料
  • 「JCOMオンデマンド」がカウントフリー

縛りや違約金のないシンプルなプラン

JCOMモバイルの新プランはとにかくシンプルなのがメリットです。

 

以前は複雑な割引制度や契約縛りがあり、かなりごちゃごちゃしていました。

現在はスタート割と学割があるくらいで、プラン内容はシンプルそのものです。

JCOMモバイル プラン表

公式サイトのプラン表もずいぶんスッキリしました

 

料金プランは4種類しかありませんが、逆に言えば迷わず選びやすいとも言えます。

 

また、新プランでは最低利用期間などの契約縛りが撤廃されました。

違約金・MNP転出手数料もかからないので、いつでも好きなタイミングで解約可能です。

 

契約期間や手数料を気にしなくていいので、気楽に契約できます。

下り速度は早く安定している

格安SIMを使う上で気になるのが通信速度です。

JCOMモバイルもあまり速い印象はなかったのですが、測定してみると下り速度が速く安定していました。

 

測定日は2021年5月6日、利用機種はRedmi 9Tです。

測定にはGoogleスピードテストを利用しています。

Speedtest - インターネット速度

Speedtest - インターネット速度

Ookla無料posted withアプリーチ

 

測定結果はこちら。

時間帯下り速度上り速度
9:0089.4Mbps1.05Mbps
12:0040.4Mbps1.03Mbps
18:0058.2Mbps1.04Mbps
21:0060.1Mbps0.43Mbps

下り速度はどの時間帯も40Mbps以上をキープしていました。

お昼と夕方は若干遅くなりますが、それでも十分すぎる速度ですね。

コロナで人出が少ないからかもしれませんが、それでもこれだけ速いとは思いませんでした。

 

同じKDDI系列であるUQモバイルには敵いませんが、この速度ならスマホを使っていて困ることはないでしょう。

 

ただ、上りはどの時間帯も1Mbps前後しか出ませんでした。

Twitterへの投稿など軽い用途は問題なくできましたが、YouTubeへの動画投稿などはWi-Fi環境下で実施したほうが良さそうです。

直近3日間の速度制限なし

JCOMモバイルはau回線の格安SIMですが、直近3日間の速度制限がありません。

以前はあったのですが、2021年2月以降は撤廃されています。

2021年1月1日、回線提供元KDDIの方針にて「直近3日間の通信量に応じた通信速度制限」は適用されなくなりました。

引用元:【J:COM MOBILE】通信速度制限(ヘビーユーザー規制)について | JCOMサポート

実際に筆者も速度テストやらなんやらで1日に10GBくらい使ったことがあるのですが、速度制限はかかりませんでした。

 

旅行や出張などで一時的に大容量のデータ通信を利用しても大丈夫ですよ。

(今はそんな機会もあまりないかもしれませんが)

長電話する人向けの60分かけ放題あり

JCOMモバイルは2つのかけ放題が用意されています。

  • 5分かけ放題:月額935円
  • 60分かけ放題:月額1,650円

1回5分または60分までなら何度でも無料で電話をかけられます。

一般的な格安SIMでは5分または10分かけ放題しかないので、60分かけ放題は珍しいですね。

長電話する人にもおすすめです。

 

JCOMモバイルのかけ放題は専用アプリがいらないというメリットもあります。

他の格安SIMのように専用アプリからかける必要はありません。

 

なお、60分かけ放題でも足りないくらい長電話するなら時間も回数も無制限の完全かけ放題があるところを選びましょう。

とくに安いのがOCNモバイルONEです。

月1GBなら完全かけ放題ありでも月額2,200円で済みます。

月3GBでも2,420円ですね。

 

また、完全かけ放題が標準で付属する日本通信SIMもあります。

3GBのデータ通信+完全かけ放題で2,728円と、OCNモバイルONEほどではありませんが安価です。

オンライン申し込みで初期費用0円

JCOMモバイルはオンラインから申し込むと初期費用が0円です。

 

通常であれば他の格安SIM同様、3,300円の初期費用がかかります。

オンライン(公式サイト)から申し込むと、その初期費用が0円に割引されます。

 

僕が申し込んだ際も0円でした。

JCOMモバイル 初期費用

 

最初の1回だけですが、3,300円が0円になるのはうれしいですね。

ちなみに他の格安SIMで初期費用がかからないのはY!mobileLinksMateなどがあります。

(LinksMateは送料とかいう謎の手数料がかかりますが。)

 

その他、一部の格安SIMではエントリーパッケージを活用することでも初期費用を抑えられます。

契約月・解約月どちらも日割りあり

JCOMモバイルは契約月・解約月のどちらも利用料金が日割りされます。

月の途中で契約・解約した場合、実際に利用した日数のみ支払うので無駄がありません。

 

格安SIMの多くは日割りがなく、契約・解約のタイミングにかかわらず1ヶ月分の月額料金を満額請求されます。

日割りがあるJCOMモバイルなら、いつ契約・解約しても損をしませんね。

公衆無線LANが無料

JCOMモバイル ギガぞう

JCOMモバイルユーザーは公衆無線LANサービス「ギガぞう」を無料で使えます。

 

ギガぞうは全国10万ヶ所以上で使えるWi-Fiスポットサービスです。

通常では月額200円の利用料がかかりますが、JCOMモバイルユーザーは無料で利用できます。

 

公衆無線LANを無料で使える格安SIMは少ないので貴重ですよ。

ギガぞう for J:COM MOBILEの使い方や実際に使った感想はこちらの記事にまとめています。

「JCOMオンデマンド」がカウントフリー

JCOMモバイル カウントフリー

(出典:https://www.jcom.co.jp/service/mobile/option/packet_free/)

 

JCOMモバイルではJCOMの動画アプリ「JCOMオンデマンド」がカウントフリーです。

アプリを経由すればドラマやスポーツ中継など、JCOMのテレビ番組がデータ通信量を消費することなく見放題になります。

 

JCOMのケーブルテレビ契約者限定ですが、すでに契約している人にはうれしい特典ですね。

 

JCOMオンデマンドだけでなく、JCOMの音楽アプリ「JCOMミュージック」も対象のようです。

J:COMオンデマンド - プロ野球ライブ見るならJ:COM

J:COMオンデマンド – プロ野球ライブ見るならJ:COM

Jupiter Telecommunications Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

J:COMミュージック powered by うたパス

J:COMミュージック powered by うたパス

Jupiter Telecommunications Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

JCOMモバイルのデメリット

JCOMモバイルのデメリットは以下の通りです。

  • 月額料金は最安ではない
  • 速度切り替えができない
  • プラン変更の手順が面倒くさい
  • アプリの使い勝手がイマイチ
  • LINEの年齢確認ができない
  • 端末セットのラインナップが微妙

月額料金は最安ではない

JCOMモバイルの月額料金は最安ではありません。

確かに、旧プランと比べるとシンプルで安くなりました。

 

しかし、他の格安SIMがJCOMモバイルより後出しで新料金を続々と発表。

それにより、むしろ新料金の中ではやや割高な部類になってしまいました。

 

実際に、主要な格安SIMの新料金プラン(すべて音声通話SIM)と月額料金を比較してみましょう。

1~2GB
格安SIMデータ通信量月額料金
JCOMモバイル1GB1,078円
BIGLOBEモバイル1GB1,078円
IIJmio2GB858円
LIBMO1GB1,078円
LinksMate1GB737円
2GB770円
mineo1GB1,298円
OCNモバイルONE1GB770円
5~8GB
格安SIMデータ通信量月額料金
JCOMモバイル5GB1,628円
BIGLOBEモバイル6GB1,870円
IIJmio8GB1,518円
LIBMO5GB1,518円
LinksMate5GB1,210円
8GB1,606円
mineo5GB1,518円
nuroモバイル5GB990円
8GB1,485円
OCNモバイルONE6GB1,320円
y.u mobile5GB1,639円
10GB
格安SIM月額料金
JCOMモバイル2,178円
LinksMate1,870円
mineo1,958円
OCNモバイルONE1,760円
20GB
格安SIM月額料金
JCOMモバイル2,728円
BIGLOBEモバイル※5,720円
IIJmio2,068円
LIBMO1,991円
LinksMate2,970円
mineo2,178円
y.u mobile4,378円

※BIGLOBEモバイルの20GBは新料金が未発表

どのデータ通信量で比較しても、JCOMモバイルより安い格安SIMがありますね。

 

JCOMモバイルも大手キャリアと比べると安いのは事実です。

ただ、とにかく安く使うなら他の格安SIMを選びましょう。

 

とくにIIJmio、LinksMateOCNモバイルONEあたりがおすすめです。

 

なお、10/20GBプランはスタート割により1年間は月額料金が安くなります。

1年間だけ割安で利用し、2年目以降は他社に乗り換える、という使い方ならアリですね。

速度切り替えができない

JCOMモバイルは速度切り替えに対応していません。

 

10/20GBプランは低速通信が1Mbpsと速く、SNSや動画視聴(標準画質)もこなせます。

データ通信量を使い切っても、そこまで不便になりません。

 

低速が速いだけに速度切り替えができないのは非常にもったいないと感じます。

 

UQモバイルのように、速度切り替えで自由に1Mbpsの通信を使えるようになると良いですね。

プラン変更の手順が面倒くさい

JCOMモバイルは契約後のプラン変更に対応していますが、その手順がとても面倒くさいです。

  1. 問い合わせフォームから問い合わせ
  2. サポートからの折り返し電話で手続き完了

JCOMモバイルのマイページにアクセスすると「ご加入中プラン」の横に[変更]というボタンがあります。

ここからプラン変更ができそうですね。

JCOMモバイル プラン変更

 

しかし[変更]をタップするとなぜか郵便番号を入力します。

JCOMモバイル プラン変更

 

そして郵便番号を入力すると問い合わせフォームに飛ばされ、名前や住所といった契約情報を入力することになります。

プランを変更するだけなのに、わざわざ問い合わせフォームから連絡しないといけないわけですね。

JCOMモバイル プラン変更

 

いちいち情報を入力するのが面倒くさいですね。

マイページにログインしているわけですから、契約情報の反映くらいしてほしいと思いました。

 

さらにこれで終わりではなく、後日サポートから電話による連絡があります。

その電話を持って、ようやくプラン変更手続きが完了です。

 

今時、プラン変更でこれだけ手間がかかるのはJCOMモバイルだけではないでしょうか。

 

追記:実際にプラン変更してみました

実際にJCOMモバイルでプラン変更(10GB→1GB)を申し込んでみました。

  1. 2021年5月14日11時45分:プラン変更申し込み
  2. 2021年5月14日11時45分:受付メールが届く
  3. 2021年5月14日16時42分:サポートから電話

午前中にプラン変更申し込みをしたところ、その日の夕方にサポートから電話がかかってきました。

思ったより早かったですね。

 

電話の内容は以下の通り。

  • 問い合わせ内容の確認(今回はプラン変更)
  • 注意事項の確認(スタート割がなくなること、繰り越しが最大1GBになること)
  • プラン変更のキャンセルは28日まで
  • 最後に電話番号(JCOMモバイルの電話番号)を答えて終わり

特に理由を聞かれたりはしませんでした。

最後にJCOMモバイルの電話番号を聞かれましたが、それ以外はとくに本人確認などもなし。

意外とスムーズでしたね。

 

ただ、電話がかかってくるのを待たないといけないのはやっぱり面倒だと感じました。

注意事項も大して難しいものではないですし、マイページでサクッとプラン変更できるようにしてほしいですね。

アプリの使い勝手がイマイチ

JCOMモバイルは公式アプリが用意されていますが、使い勝手はイマイチ(というか不親切)です。

厳密に言うと「MY J:COM」というJCOM会員向けのアプリがあり、その中でJCOMモバイルの契約内容確認や通信量の確認ができます。

MY J:COM

MY J:COM

Jupiter Telecommunications Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

アプリが用意されていることはありがたいです。

ただ、アプリを起動してすぐにJCOMモバイルのページにアクセスできません。

 

具体的な流れは以下の通り。

  • STEP 1
    [ご契約情報]をタップします。

    MY JCOM

  • STEP 2
    [モバイル]をタップしてください。

    MY JCOM

  • STEP 3
    ようやくJCOMモバイルのページへアクセスできました。

    MY JCOM

このように、JCOMモバイルしか契約していない場合でも毎回サービス一覧から選択しないといけません。

例えば設定とかでトップに表示するページを指定できれば、もっと使いやすくなりますね。

 

ちなみに「JCOMモバイルアプリ」というアプリもあるのですが、こちらは端末セットで購入したスマホでしか使えないようです。

J:COM MOBILEアプリ

J:COM MOBILEアプリ

Jupiter Telecommunications Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

試しに別途用意した端末(Redmi 9T)で試したところ、エラーで全く起動しませんでした。

JCOMモバイルアプリ

LINEの年齢確認ができない

JCOMモバイルではLINEの年齢確認ができません。

LINEの年齢確認ができないので、ID検索による友だち追加も不可能です。

 

JCOMモバイルというより、格安SIM共通のデメリットとも言えますね。

SMS・メールアドレスによる招待やQRコードなど、他の方法で友だち追加をしてください。

 

なお、最近では一部の格安SIMでもLINEの年齢確認ができるようになっています。

2021年5月現在、LINEのID検索ができる格安SIMは以下の通りです。

JCOMモバイルも、いずれは年齢確認に対応するかもしれませんね。

端末セットのラインナップが微妙

JCOMモバイルでは端末セットも取り扱っていますが、ラインナップは微妙です。

取り扱っている機種(21年5月現在)
iPhoneiPhone SE(第2世代)
iPhone 7
iPhone XR(認定中古品)
iPhone XS/XS Max(認定中古品)
AndroidGalaxy A21
Galaxy A20
AQUOS sense5G(8月発売予定)
BASIO4

iPhoneに関してはiPhone SE(第2世代)を取り扱っている他、中古のiPhoneもあるなどラインアップはそれなりです。

ただ割引があまりなく、お得感はありません。

iPhone SE(第2世代)にいたってはAppleストアで買った方が5,000~9,000円ほど安いです。

 

Androidはエントリークラスと型落ちモデルのみ。

ライトユーザーならこれで十分でしょうが、もう少し人気モデルも取り扱ってほしいですね。

 

端末セットを買うならラインナップが豊富かつ割引があるBIGLOBEモバイルOCNモバイルONE、IIJmioあたりがおすすめです。

 

追記:

5G対応開始と同時にAQUOS sense5Gの取り扱いをスタートすることが判明しました。

これを機に、もう少し端末ラインナップを充実させてほしいですね。

JCOMモバイルの口コミ・評判

ここではJCOMモバイルの口コミ・評判をTwitterから集めてみました。

新プランが開始した2021年2月18日以降に絞っています。

格安SIMでは知名度が低いのか、口コミはあまりありませんでした。

ただ、通信速度は思ったより速いというツイートが多かったですね。

 

悪い口コミだとWEB申し込みでも電話がかかってくる、書類の送付が必要といった口コミがいくつか見られました。

JCOMのエリア外はWEB完結しないとのツイートも。

 

ただ、僕はJCOMエリア外ですが申し込みからSIMが届くまですべてWEBで完結しました。

たまたまだったのか、現在はWEBで手続きできるようになったのか。

 

どちらにせよ、口コミが少なすぎて情報を集めづらいですね。

JCOMモバイルのキャンペーン

JCOMモバイル キャンペーン

(出典:https://www.jcom.co.jp/service/mobile/campaign/u26_gakuwari/)

現在実施されているJCOMモバイルのキャンペーンは以下の通りです。

  • 26歳以下は学割で月額料金が割引※21年5月31日(月)まで
  • 10/20GBプランは月額料金が1年間割引※終了日未定
  • 60歳以上は5分かけ放題が1年無料※21年5月31日(月)まで
  • 5分かけ放題がずっと385円割引※21年5月31日(月)まで

26歳以下の人は学割により、月額料金が1年間割引されます。

データ通信量通常価格学割適用価格
5GB1,628円1,078円
10GB2,178円1,408円
20GB2,728円1,848円

26歳以下の人だけでなく、その家族も割引が適用されます。

学割適用後の価格はかなり安いので、26歳以下の人はJCOMモバイルもおすすめですよ。

まとめ



以上、JCOMモバイルのレビューでした。

  • 縛りや違約金のないシンプルなプラン
  • 下り速度は早く安定している
  • 直近3日間の速度制限なし
  • 長電話する人向けの60分かけ放題あり
  • オンライン申し込みで初期費用0円
  • 契約月・解約月どちらも日割りあり
  • 公衆無線LANが無料
  • 「JCOMオンデマンド」がカウントフリー
  • 月額料金は最安ではない
  • 速度切り替えができない
  • プラン変更の手順が面倒くさい
  • アプリの使い勝手がイマイチ
  • LINEの年齢確認ができない
  • 端末セットのラインナップが微妙

JCOMモバイルはシンプルな料金プランと1Mbpsの低速通信を安く使えるのがメリットですね。

最安ではないものの、大手キャリアから乗り換えればスマホ代を大幅に節約できます。

 

一方でプラン変更が面倒、端末セットが微妙などサービス面ではイマイチな部分も多いです。

JCOMという大手がやっている割には知名度が少なく、口コミも多くありません。

 

すでにJCOMを利用している人や学割を利用できる人、1Mbpsの低速通信を安く使いたい人にはおすすめですね。

決して悪くはないのですが、それ以外の人はあえてJCOMモバイルを選ぶメリットは薄いと感じました。

この記事を書いた人
吾妻和希

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻和希をフォローする
格安SIM
スポンサーリンク
吾妻和希をフォローする
スマホメーション
タイトルとURLをコピーしました