mineoの「マイそく」レビュー。最大1.5Mbpsでどこまで使える?

マイそくイメージmineo

「マイそく」は独自路線が人気の格安SIMであるmineo(マイネオ)が提供している料金プランです。

 

一般的なプランと違い、高速通信は原則使えません。

その代わりに最大300kbps~3Mbpsのデータ通信が使い放題です。

 

例によって完全に無制限というわけではなく、平日お昼は32Mbpsに制限されます。

それさえ気を付ければそこそこの速度かつ格安でデータ通信を好きなだけ使える魅力的なプランです。

 

筆者も実際にマイそくの「スタンダードコース」を利用しています。

本記事では1.5Mbpsのスタンダードコースを中心に、マイそくをレビューしていきます。

スポンサーリンク

mineo「マイそく」の概要

マイそくには月額料金・速度が異なる3つのコースが用意されています。

マイそくの概要ライト※スタンダードプレミアム
月額料金660円990円2,200円
最大通信速度300kbps1.5Mbps3Mbps
24時間データ使い放題330円

※ライトは2022年8月下旬開始予定

いずれのコースも通常プランである「マイピタ」よりも通信速度が制限されています。

その代わりに平日12~13時の制限などを除き、原則データ通信が使い放題です。

 

「速度はそこそこで良いので、データ通信量を気にせず使いたい」という人に向いてます。

デュアルもシングルも月額料金が同じ

マイそくには機能が異なる2つのSIMタイプが用意されています。

  • 音声通話機能付きの「デュアルタイプ」
  • データ通信のみの「シングルタイプ」

デュアルタイプはデータ通信だけでなくSMSも音声通話も使えます。

一般的な格安SIMでは、音声通話機能が付いているSIMの月額料金がデータ通信のみのSIMより高めです。

 

しかし、マイそくではどちらを選んでも月額料金が同じです。

基本的には音声通話機能が付いているデュアルタイプを選びましょう。

音声通話機能を付けても解約時に契約解除料はかかりません。

24時間データ使い放題オプションあり

マイそく専用オプションとして「24時間データ使い放題オプション」も用意されています。

 

1回330円でマイピタと同じ高速通信が24時間使い放題です。

auの格安プランであるpovo2.0のオプションに似ていますね。

 

どうしても高速通信を使いたい場合は24時間データ使い放題オプションを使いましょう。

 

24時間データ使い放題オプションはmineoアプリからオンにできます。

使いたいときにワンタッチで利用できるのは便利ですね。

mineoアプリ

 

mineoアプリ

mineoアプリ

OPTAGE Inc.無料posted withアプリーチ

マイそくのスタンダードを実際に使ってみた

筆者はマイそくのスタンダードコースを契約しています。

 

最大1.5Mbpsという速度でどこまで利用できるのか?

実際に試してみました。

実速度もおおむね1.5Mbps

まずはマイそくの通信速度を計測してみました。

  • 利用端末:iPhone 13 mini
  • 利用アプリ:Speedtest.net
  • 測定場所:千葉県某所

平日12~13時以外のさまざまな時間帯に計測しました。

実速度は理論値通り、おおむね1.5Mbpsです。

 

速度制限にかからない限りは1.5Mbpsの速度が安定して出ていますね。

ちなみに12~13時の制限は平日のみです。

土日は該当する時間でも速度制限されません。

マイそくの実測値(土日昼)

土日は12~13時台でも通常通り

 

標準画質の動画はスムーズに再生、テザリングも〇

マイそくでいろんな用途を試してみました。

その結果を簡単にまとめています。

用途使った感想
WEBブラウジング◎:ストレスなく使える
スマートニュース〇:快適だが画像の読み込みはやや遅い
Twitter〇:画像はやや読み込みが遅いが快適
Instagram〇:やや読み込みが遅いが許容範囲内
YouTube(480p)◎:止まることなくスムーズに再生
YouTube(720p)△:基本スムーズだが、たまに止まる
YouTube(1080p)×:頻繁に再生が止まる
Apple Music◎:止まることなくスムーズに再生
radiko〇:読み込みが終わればスムーズに再生
Google Map◎:拡大・縮小時もスムーズに表示
アプリダウンロード△:数十MBの軽いアプリならOK
Box(クラウドストレージ)〇:画像数枚程度のアップロードはすぐ完了
テザリング〇:ドキュメント作成など軽い用途は問題なし

ブラウジングやSNSなどの軽い用途は快適です。

画像の読み込みはやや時間がかかりますが、テキストの閲覧に支障はありません。

 

TwitterやInstagramも快適でした。

 

動画視聴は標準画質であれば止まることなくスムーズに再生されます。

高画質な動画は厳しいですが、スマホの画面なら標準画質でも気になりません。

何より、通信量を気にせずストレスフリーで動画を見られるのがありがたいです。

 

アプリのダウンロードは容量が少ないものなら大丈夫ですが、100MB以上になると時間がかかりますね。

参考までに、27MBのGoogle Authenticatorをダウンロードするのにかかった時間は約32秒でした。

マイそくでアプリをダウンロード

 

マイそくはテザリングももちろんOKです。

ブラウジングやGoogleドキュメントによる書類作成、チャットアプリでのやりとりなど軽い用途なら全く問題ありません。

 

この記事も半分くらいはマイそくのテザリング経由でパソコンをネットに接続し、執筆しました。

スポンサーリンク

マイそくの注意点

マイそくを利用する際は以下の点に注意してください。

  • 平日の12~13時は最大32kbpsに制限される
  • 直近3日間で10GB以上利用すると速度制限の可能性あり
  • ゆずるね。は利用できない

平日の12~13時は最大32kbpsに制限される

平日の12~13時はマイそくの最大通信速度が32kbpsに制限されます。

マイそくの実測値(平日お昼)

実際には20kbps前後しかでないことも

 

一般的な格安SIMでは速度制限にかかっても最大200kbpsで通信できます。

大手キャリアの一部プランはもっと遅いですが、それでも128kbpsです。

 

それを考慮すると、32kbpsはかなり厳しい制限と言えます。

OCNモバイルONEの低速制限とほぼ同じです。

 

平日お昼にマイそくだけで過ごそうと思いましたが、無理でした。

動画視聴やSNSどころか、Yahoo!のトップ画面すらまともに表示されません。

 

平日のお昼にスマホを使う場合、マイそくだけだと不便ですね。

直近3日間で10GB以上利用すると速度制限の可能性あり

マイそくでは直近3日間に10GB以上のデータ通信を利用した場合も一時的に速度制限がかかります。

制限中の速度は平日お昼と同じ32kbpsです。

 

マイそくでも無制限に使い放題というわけではない点には注意してください。

とは言え、よほどヘビーな使い方でなければ制限にかかることはありません。

 

例えば動画再生(標準画質)なら、10GBで約20時間利用できます。

10GBでできること(引用元:mineo公式サイト)
Webサイト閲覧約30,000ページ
音楽ストリーミング約115時間
動画再生(標準画質)約20時間
データ通信約15時間(1.5Mbpsの場合)

筆者も音楽ストリーミングを長時間利用することがありますが、今のところ速度制限にかかったことはありません。

ゆずるね。は利用できない

マイそくでは「ゆずるね。」が利用できません。

 

ゆずるね。は平日お昼にデータ通信を控えることで特典を受けられるサービスです。

深夜に使い放題になる「夜間フリー」や1日使い放題の「プレミアム1DAYパス」といった特典があります。

 

平日に32kbpsの速度しかでないマイそくなら容易に条件を達成できそうです。

しかし、残念ながらマイそくユーザーはゆずるね。を使えません。

マイそくの口コミ

マイそくを利用している他のユーザーの口コミも集めてみました。

速度が制限されるとはいえ、格安でデータ通信使い放題はやはり好評ですね。

筆者もWi-Fi環境がない義祖母の家へ行った際にマイそくを利用しました。

 

一方で「遅い」「急いでいるときは間に合わない」という口コミも。

速度重視ならマイそくを使うべきではありませんね。

32kbpsはもはや速度制限ではなく使い物にならないという意見もあります。

これについては筆者も同意です。

「平日12~13時はほぼ使えない」と思っておきましょう。

パケット放題 Plusとの違いは?

mineo(マイネオ)

パケット放題 Plusはマイピタで1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になるオプションです。

マイそくのスタンダードと似ていますが、次のような違いもあります。

比較項目マイそく スタンダードパケット放題 Plus
月額料金990円シングル:1,265円~
デュアル:1,683円~
高速通信使い放題オプション時のみ利用可利用可
平日お昼の速度制限あり(32kbps)なし
直近3日の速度制限あり(32kbps)あり(200kbps)
24時間データ使い放題利用可利用不可
ゆずるね。利用不可利用可

月額料金はマイそくが割安です。

とくにデュアルタイプの場合はマイピタ1GB+パケット放題 Plusより約700円安くなります。

 

一方、パケット放題 Plusは平日お昼の制限がありません。

直近3日で10GBの制限さえ気を付ければいつでも1.5Mbpsの速度で使い放題です。

パケット放題 Plusは制限時でも200kbpsの通信が使えるので、まだ実用的です。

 

また、パケット放題 Plusはいつでも高速通信に切り替えられます。

マイそくで高速通信を使う場合は330円の24時間データ使い放題が必須です。

 

「基本は1.5Mbpsで良いけど定期的に高速通信も使いたい」という人ならパケット放題 Plusが向いています。

  • マイそくがおすすめの人
    なるべく安く使いたい、平日お昼はスマホを使わない
  • パケット放題 Plusがおすすめの人
    平日お昼もスマホを使う、高速通信もそれなりに使う

キャンペーンで月額料金が6ヶ月間330円割引!

mineo ホーダイホーダイ割
mineoでは期間限定でマイそくの月額料金が6ヶ月間330円割引されるキャンペーンを実施しています。

  • キャンペーン期間
    2022年6月3日(金)~2022年8月31日(水)
  • キャンペーン内容
    マイそくの月額料金が6ヶ月間330円割引
  • 適用条件
    期間中にマイそくを申し込むか、マイそくへ契約変更すること
  • 注意点
    ライトおよびシングルタイプは対象外、割引は原則翌月から

契約から半年間はライトと同じ月額料金でスタンダードコースを使えます。

月額660円で1.5Mbpsのデータ通信が使い放題です。

コース通常の月額料金キャンペーン料金
ライト660円対象外
スタンダード990円660円
プレミアム2,200円1,870円

最低利用期間はないため、合わなければキャンペーン期間中に解約してもOKです。

マイそくを申し込むなら、今がチャンスです。

まとめ

以上、mineoの料金プラン「マイそく」のレビューでした。

  • スタンダードコースは月額990円で1.5Mbps
  • プレミアムコースは月額2,200円で3Mbps
  • 22年8月より月額660円で300kbpsのライトも開始
  • 料金はデュアルもシングルも同じ
  • 1回330円で24時間データ使い放題オプションが使える
  • 1.5Mbpsの通信はSNSや動画視聴(標準画質)も快適
  • 高画質な動画の視聴や容量の大きいアプリのDLは厳しい
  • 平日お昼は32kbpsに制限される
  • 直近3日で10GB以上使っても一時的に制限
  • 高速通信もそれなりに使うならパケット放題 Plusも検討

マイそくは最大通信速度が制限される代わりに、格安でデータ通信が使い放題になります。

筆者が契約したスタンダードコースは1.5Mbpsの通信が使えて月額990円とリーズナブルです。

 

平日お昼は最大32kbpsに制限されますし、直近3日の速度制限もあります。

完全に無制限でない点には注意が必要です。

 

それでも月額1,000円以下でデータ通信がほぼ使い放題なのは魅力的と言えます。

お昼はスマホを使わない人、速度は多少遅くても通信量を気にしたくない人にはマイそくがピッタリですよ。

 

現在は月額料金が半年間割引されるキャンペーンも実施されています。

契約縛り等はないので、気になる人はこの機会にマイそくを試してみてくださいね。

mineo(マイネオ)

この記事を書いた人
吾妻和希

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻和希をフォローする
mineo格安SIM
スポンサーリンク
吾妻和希をフォローする
スマホメーション
タイトルとURLをコピーしました