AQUOS wishレビュー!シンプルでコンパクトな格安モデル

AQUOS wish アイキャッチAndroid

AQUOS wishはSHARPから発売されているSIMフリースマホです。

最近はミドルレンジの「AQUOS sense」シリーズが人気ですが、AQUOS wishはそれよりも下位に位置付けられます。

いわゆる「エントリークラス」のスマホです。

 

「エントリースマホは性能が低すぎて使いづらそう」と思うかもしれません。

しかし、AQUOS wishはエントリースマホの中ではそれなりに使いやすいスペックです。

 

「3Dゲームをバリバリプレイしたい」「カメラにこだわりたい」という人でなければ十分おすすめできます。

 

本記事では筆者がY!mobileで実際に購入したAQUOS wishを本音でレビューします。

スポンサーリンク

マットで落ち着いたデザイン

さっそくデザインからです。

今回は「オリーブグリーン」を購入しました。

AQUOS wishの外観

マットな仕上がりのグリーンで落ち着いた印象です。

派手さはありません。

 

少しザラザラとした変わった質感で、手触りは良好です。

他のスマホにはない触り心地で気に入っています。

 

ただ、ガラスボディのスマホと比べると安っぽく見えるかもしれません。

実際に価格.comなどの口コミでは安っぽいという意見がありますね。

一方で筆者の家族からは「カワイイ」と評判です。

 

このあたりは人によって好みが分かれるでしょう。

 

背面左上にはアウトカメラ、さらにその右下にFelicaマークです。

AQUOS wishの外観

 

個人的にちょっと気になったのが側面のボタン配置です。

右側面には音量ボタン、アシスタントキー、電源ボタン、そして指紋認証センサーとボタンが4つも配置されています。

AQUOS wishの外観

上から音量ボタン、アシスタントキー、電源ボタン、指紋センサー

 

せっかくシンプルなデザインなのに、側面がごちゃついているのは残念です。

ボタンが多く距離も近いため、とくにアシスタントキーと電源ボタンを押し間違えることが多々あります。

 

慣れの問題ですが、スマホは日常で頻繁に使うものなのでちょっとしたことがストレスです。

 

アシスタントキーの動作はオフにできます。

不要な場合は[設定]→[AQUOSトリック]→[アシスタントキー]からオフにしておきましょう。

AQUOS wishのアシスタントキーをオフに

 

左側面はSIMカードスロットのみです。

従来モデル同様、SIMピンなしで取り出せます。

AQUOS wishの外観

出来ればアシスタントキーはこちらに配置してほしかった

 

底面にはUSB-Cポート。

AQUOS wishの外観

 

上部にはイヤホンジャックがあります。

筆者はワイヤレスイヤホンしか使いませんが、有線イヤホンを使う人にはうれしいですね。

AQUOS wishの外観

 

本体サイズは比較的コンパクトで、片手でも持てます。

AQUOS wishの外観

AQUOS wishの外観

 

厚みがある分、サイズの割にはズッシリとした重みを感じます。

それでもここ最近のAndroidスマホの中ではかなりマシですね。

 

女性やシニア層でも使いやすいサイズ感・重さと言えます。

分厚いベゼルがやや目立つ

続いてはディスプレイです。

 

AQUOS senseシリーズと異なり、指紋認証センサーが側面に移行しました。

これだけでかなりすっきりした印象です。

AQUOS wishの外観

ノッチは水滴型であまり目立たない

 

ただ、ベゼルはかなり太めです。

とくに下部のベゼルは「実は指紋認証センサーがあるのでは?」と思う太さ。

AQUOS wishの外観

左は筆者がメインで使っているPixel 4a。並べるとAQUOS wishのベゼルの太さが目立つ

 

普段ベゼルが狭いモデルを使っていると気になるかもしれません。

付属品はほとんどなし

AQUOS wishの付属品はデータ移行用のアダプターと取扱説明書のみです。

AQUOS wishの付属品

保護フィルムやケースはおろか、ACアダプタやUSBケーブルもありません。

必要なものは自分で用意してください。

 

筆者も保護フィルムとケースは自分で購入しました。

今回は普段よくお世話になっているラスタバナナさんの製品をチョイスしています。

AQUOS wish用のケースとフィルム

SD480搭載で普段使いなら問題なし

AQUOS wishのスペックをまとめました。

なお、今回はY!mobileで購入したためY!mobile版のスペックを記載しています。

価格Y!mobile:21,960円
SIMフリー版:30,000円前後
カラーオリーブグリーン
アイボリー
チャコール
サイズ幅約71mm
高さ約147mm
厚さ約8.9mm
重さ約162g
ディスプレイ約5.7インチ, 1520×720, HD+
リフレッシュレート60Hz
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 480 5G
メモリ4GB
ストレージ64GB
カメラアウト:1300万画素
イン:800万画素
バンド5G: n3/28/77/78
4G:B1/2/3/5/7/8/12/17/18/19/38/41
3G:B1/5/8
バッテリー3730mAh
SIMサイズnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)
Bluetooth5.1
防水・防塵IPX5, IPX7 / IP6X
Felica

AQUOS wishはスペックを抑えたエントリーモデルです。

SoCにはSnapdragon 480を採用しています。

 

従来の400番台SoCから処理性能が向上しており、Snapdragon 600番台にも負けないパフォーマンスです。

 

筆者はAQUOS wishで以下の用途を主に使いましたが、とくに問題ありませんでした。

  • ブラウジング
  • Twitter
  • YouTube
  • Apple Music
  • Google Map
  • ゲーム(動作が軽い2Dゲーム)

上位モデルに比べるとアプリの起動・切り替えはややモッサリしています。

普段ミドルハイ~ハイエンドクラスを使っている人だと物足りないでしょう。

 

反対にSNSやちょっとした調べものが中心の人なら十分なスペックと言えます。

 

また、国内で需要の高い防水・おサイフケータイにもしっかり対応しています。

防水・おサイフケータイが必須な人にはうれしいですね。

Antutuスコアは約30万とミドル並み

ベンチマークソフト、Antutuを走らせてみたところスコアは約30万でした。

Snapdragon 690 5Gを搭載したAQUOS sense5Gを超えるスコアですね。

エントリークラスでこのスコアは驚きです。

 

Geekbenchはマルチコアスコアが1512です。

AQUOS wishのGeekbenchスコア

 

エントリークラスのスマホですが、スコア的にはミドルクラスと言っても過言ではないでしょう。

3Dゲームのプレイには向かない

AQUOS wishでいくつかゲームも試してみました。

ゲーム名動作備考
モンスト快適に動作
FGO問題なくプレイできる、要一括DL
アズールレーン問題なくプレイできる、やや発熱あり
PUBGモバイルHDでも快適だが数分で発熱する
ウマ娘動きは悪くないが、アプリがよく落ちる
原神低画質でもカクツキあり、発熱も多め

やはり、負荷の大きい3Dゲームのプレイは難しいと感じました。

すぐ発熱しますし、動きもカクカクです。

ウマ娘にいたっては相性が悪いのかスペック不足なのか、しょっちゅうアプリが落ちてしまいます。

 

以下は高負荷で知られる原神をプレイした動画です。

プレイできなくはありませんが、低画質にしてもカクツキがあります。

数分プレイしただけでかなり発熱もありました。

やはり3Dゲームのプレイには向きません。

 

ストレージが64GBなのも問題です。

ゲームを数個入れると容量が一杯になります。

 

例えばモンスト、ウマ娘、FGO、原神を入れると残り約4GBほどになりました。

AQUOS wishはゲーム2,3個で容量が一杯に

 

ゲームをプレイするならSnapdragon 800番台、128GB以上のストレージ搭載のハイスペックモデルを購入するのがおすすめです。

スポンサーリンク

カメラ性能は価格相応

続いてはAQUOS wishのカメラ(アウトカメラ)をチェックします。

 

アウトカメラは1300万画素のシングルカメラです。

最近ではエントリークラスでもデュアル以上が一般的なので、逆に珍しいかもしれません。

 

カメラアプリはGoogle製のCamera Goを採用しています。

Androidの軽量版である「Go Edition」向けに開発されたカメラアプリです。

 

シンプルなUIと軽い動作が特徴で、PixelシリーズのGoogleカメラと使い勝手はさほど変わりません。

 

設定画面も各項目の説明が書かれていて分かりやすいですね。

Camera Goの設定

 

AQUOS sense5Gはシャッターを切ってから実際に保存されるまでタイムラグがあり、使いにくい印象でした。

Camera Goのおかげか、AQUOS wishはシャッターを切ってすぐに保存されます。

 

カメラアプリの使い勝手は悪くありません。

明るい所ならそれなりにキレイ

肝心な写真の出来栄えですが、アプリのおかげか明るい所ならそれなりにキレイに撮れます。

いくつか作例をどうぞ。

 

なお、作例はすべて記事掲載に合わせて画像サイズのみ変更、人が映っている場合はモザイクを入れています。

それ以外の加工・修正は一切していません。

 

AQUOS wishの作例

AQUOS wishの作例

AQUOS wishの作例

AQUOS wishの作例

 

AQUOS wishはポートレートモードを搭載しています。

明るい所ならポートレートも結構キレイですね。

背景もしっかりボケます。

 

AQUOS wishの作例(ポートレート)

 

夜景はイマイチ

明るい所ではそれなりに撮れるAQUOS wishのカメラですが、夜景はイマイチです。

AQUOS wishの夜景撮影

AQUOS wishの夜景撮影

AQUOS wishの夜景撮影

AQUOS wishの夜景撮影

 

夜間モードをオンにすると明るくはなります。

しかし、電灯や看板などは白飛びしていますし、全体的に不鮮明です。

 

カメラにこだわる場合はもっとカメラ性能の良いスマホを購入しましょう。

バッテリー持ち・充電速度をチェック

次はバッテリー性能をチェックします。

AQUOS senseシリーズは大容量バッテリーとIGZOのおかげで電池持ちが優秀です。

 

一方、AQUOS wishのバッテリー容量は3730mAhと特別多くはありません。

果たしてどのような結果になるのでしょうか。

電池持ちはやや物足りない

まずは以下の条件で電池持ちのテストを実施しました。

  • 電池100%
  • 明るさMAX
  • Wi-Fi接続
  • 画面のスリープオフ
  • YouTubeを全画面で再生

その結果がこちらです。

経過時間バッテリー残量
1時間91%
2時間81%
3時間70%
4時間59%
5時間49%
6時間38%

0%になるまでの時間は9時間1分でした。

12時間以上再生し続けたAQUOS sense5Gと比べると物足りませんね。

 

動画視聴やゲームを長時間利用する場合は電池が1日持たないかもしれません。

PD対応で充電速度は良好

続いては充電速度のテストです。

さきほどのテストが終わって0%になった状態から充電にかかる時間を計測しました。

 

AQUOS wishにはUSBケーブルもACアダプタも付属していません。

そのため、今回のテストでは筆者が普段使っている以下のUSBケーブルとACアダプタを利用しました。

 

AQUOS wishは急速充電規格「USB PD」に対応しています。

今回のテストでもUSB PD対応ポートに接続して充電してみました。

 

充電速度テストの結果はこちら。

バッテリー残量充電にかかった時間
50%42分
80%1時間7分
90%1時間21分
100%2時間12分

42分で50%まで充電できました。

90%までは1時間21分とスピーディです。

 

PD対応充電器があればかなり速く充電できます。

 

90%から100%までは約50分かかりました。

恐らく、過充電を防ぐために90%を超えると充電速度を落としているのでしょう。

 

それでも1時間ちょっとで90%前後充電できるなら十分速いと言えます。

nanoSIM + eSIMのDSDV対応

AQUOS wishは物理SIM(nanoSIM) + eSIMで同時に待ち受けできるDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しています。

これまでキャリア版のスマホはDSDVやeSIMが潰されることがありました。

AQUOS wishはY!mobile版でもSIMフリー版同様にDSDV・eSIMが利用可能です。

 

実際にmineoの物理SIM+楽天モバイルのeSIMを試してみたところ、問題なく利用できました。

 

なお、SIMカードスロットは1つだけなので物理SIM2枚によるDSDVはできません。

AQUOS wishのSIMカードトレイ

AQUOS独自機能は健在

AQUOS wishでもAQUOSシリーズならではの独自機能が健在です。

「AQUOSトリック」としてまとめられていますよ。

AQUOSトリック

 

例えば「Payトリガー」は任意のアプリを指紋センサー長押しで起動できる機能です。

Payとついていますが、決済系以外のアプリも指定できます。

 

Clip Nowはスクショをサッと撮れる機能です。

以前は横向きになぞる動作でしたが、今回は少し長押し→斜めという動作に変更されました。

Clip Now

 

以前の操作よりも誤動作が減って使いやすくなりました。

 

他にもゲームに役立つ機能をまとめた「ゲーミングメニュー」やアプリを素早く起動できる「クイック操作」など、便利な機能が満載です。

AQUOS wish クイック操作

SIMフリー版とY!mobile版の違いは?

今回筆者が購入したのはY!mobile版のAQUOS wishですが、SIMフリー版とは以下の違いがあります。

  • 対応周波数帯
  • キャリアアプリ

従来モデルと比べるとSIMフリー版との違いは少なくなっています。

SIMフリー版との違い①:対応周波数帯

Y!mobile版とSIMフリー版では対応周波数帯が異なります。

通信規格Y!mobile版SIMフリー版
5Gn3、28、77、78n3、28、77、78、79
4GB1、2、3、5、7、8、12、17、18、19、38、41B1、2、3、5、7、8、18、19、28、38、39、41
3GB1、5、8B1、2、5、6、8、19

 

SIMフリー版と比べると対応バンドがやや少なめです。

とは言え、大手3キャリア+楽天モバイルの主要なバンドに対応しています。

 

そこまで困ることはないでしょう。

SIMフリー版との違い②:キャリアアプリ

Y!mobile版にはY!メールをはじめとするY!mobileオリジナルアプリがプリインストールされています。

 

数はそこまで多くありませんが、不要なアプリが入っているのはやはり邪魔ですね。

しかも一部のアプリはアンインストール・無効化できません。

AQUOS wish Yメール

 

不要なアプリが入っているのが嫌な人はSIMフリー版を購入しましょう。

OPPO A55sとの違いは?

AQUOS wishと似たスペック・特徴を持つスマホとしてはOPPOのA55sがあります。

OPPO A55sとAQUOS wishにはどのような違いがあり、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

 

両者のスペックを一覧表にまとめました。

スペックAQUOS wishOPPO A55s 5G
価格Y!mobile:21,960円
SIMフリー版:30,000円前後
直営:29,800円
カラーオリーブグリーン
アイボリー
チャコール
ブラック
グリーン
サイズ幅約71mm
高さ約147mm
厚さ約8.9mm
幅約74.7mm
高さ約162.1mm
厚さ約8.2mm
重さ約162g約178g
ディスプレイ約5.7インチ, 1520×720, HD+約6.5インチ, 2400×1080, FHD+
リフレッシュレート60Hz90Hz
OSAndroid 11ColorOS 11(Android 11)
CPUSnapdragon 480 5GSnapdragon 480 5G
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
カメラアウト:1300万画素
イン:800万画素
アウト:1300万画素+200万画素
イン:800万画素
バンド5G: n3/28/77/78
4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/38/39/40/41/42
3G:B1/5/8
5G: n3/28/77/78
4G:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41/42
3G:B1/2/4/5/6/8/19
バッテリー3730mAh4000mAh
SIMサイズnanoSIM + eSIMnanoSIM + nanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)〇(DSDV)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)
Bluetooth5.15.0
防水・防塵IP5, IPX7 / IP6XIP68
Felica×

スペック表から両者の特徴・強みをざっくりまとめると以下の通りです。

  • AQUOS wishの強み
    おサイフケータイ対応、コンパクトサイズ
  • OPPO A55sの強み
    FHD+の大画面、90Hzリフレッシュレート、デュアルSIMスロット

OPPO A55sはディスプレイサイズが6.5インチと大きめです。

解像度はFHD+で、90Hzのリフレッシュレートにも対応しています。

動画をよく見るならOPPO A55sがおすすめです。

 

AQUOS wishと違い、2枚の物理SIMカードによるDSDVにも対応しています。

eSIMではなく物理SIMだけでDSDVが可能です。

 

一方、おサイフケータイに対応しているのがAQUOS wishの強みと言えます。

SuicaやWAONなどを使いたいならAQUOS wish一択ですね。

 

OPPO A55sは本体サイズが大きいため、手が小さい人だと持ちづらいかもしれません。

コンパクトなスマホを使いたい人にもAQUOS wishはおすすめです。

Y!mobileなら一括1円!

AQUOS wishは複数の格安SIMで取り扱いがあります。

2022年5月現在、AQUOS wishを取り扱っている主な格安SIMをまとめました。

格安SIM販売価格
BIGLOBEモバイル25,872円
IIJmio28,480円
LIBMO31,680円
mineo32,736円
OCNモバイルONE22,220円
QTモバイル33,000円
UQモバイル26,180円
Y!mobile21,960円
エキサイトモバイル22,900円
イオンモバイル33,880円

定価が最安なのはY!mobileです。

オンラインストアならさらに割引され、他社から乗り換え+プランM以上なら一括1円で購入できます。

とにかく安く買うならY!mobileがおすすめです。

 

Y!mobile以外ならIIJmioも比較的割安です。

2022年5月31日まではキャンペーンによりMNP乗り換えで一括6,980円です。

まとめ

以上、Y!mobile版AQUOS wishのレビューでした。

  • コンパクトなボディ
  • 普段使いなら問題ないスペック
  • 防水・おサイフケータイ対応
  • 充電速度が速い
  • eSIM・DSDV対応
  • 格安SIMとのセットなら一括1円もあり
  • 人によっては安っぽく感じるデザイン
  • 側面のボタン配置がイマイチ
  • senseシリーズほどは電池が持たない
  • カメラにこだわる人には向かない

コンパクトボディと防水・おサイフケータイへの対応、そして価格の安さが魅力です。

 

エントリークラスなのでスペックは控えめですが、Snapdragon 480により動きは悪くありません。

普段使いがメインのライトユーザーやシニア層ならとくに不満なく使えます。

 

個人的にボタン配置は残念ポイントです。

アシスタントキーをオフにすれば誤動作は防げますが、見た目のごちゃつきはなくなりません。

電池持ちやカメラ性能など、価格相応な部分もあります。

 

そういったマイナス点が気にならないのであれば、AQUOS wishは格安モデルを探している人におすすめできる1台です。

この記事を書いた人
吾妻和希

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻和希をフォローする
AndroidSHARP
スポンサーリンク
吾妻和希をフォローする
スマホメーション
タイトルとURLをコピーしました