Redmi Note 11レビュー!2万円台で有機EL搭載の高コスパモデル

Android

Redmi Note 11はXiaomiから発売されているSIMフリースマホです。

2万円台中ごろという手ごろな価格で有機ELディスプレイを搭載し、美しい映像を楽しめます。

 

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、電池持ちも良好です。

33Wの急速充電により、電池がなくなっても1時間あればほぼ満タンまで充電できます。

 

Xiaomiのスマホは高コスパで知られますが、Redmi Note 11もコスパ抜群のエントリーモデルですね。

 

本記事ではRedmi Note 11を実際に購入し、利用している筆者が特徴やメリット・デメリットをレビューします。

スポンサーリンク

ラメが輝く派手なデザイン

さっそく外観からチェックです。

今回はスターブルーのカラーを購入しました。

Redmi Note 11の外観

 

水色から深い青に変わるグラデーションカラーです。

全体にラメがちりばめられており、見る角度によって光り方が異なります。

Redmi Note 11の外観

 

かなり派手なデザインで、好みが分かれそうですね。

筆者はかなり気に入っていますが、落ち着いた色が好きな人だと合わないかもしれません。

可能であれば家電量販店などで実物をチェックしたほうが良いでしょう。

 

左上にはクアッドカメラが配置されています。

かなり存在感がありますが、意外にもあまり出っ張っていません。

Redmi Note 11のアウトカメラ

 

右側面には音量ボタンと電源ボタン。

電源ボタンには指紋認証センサーも備えています。

Redmi Note 11の側面

 

左側にはSIMカードスロット。

Redmi Note 11の側面

 

本体上部にはスピーカーとイヤホンジャックがあります。

有線イヤホンももちろん利用可能です。

Redmi Note 11の上部

 

本体下部にはスピーカーとUSB-Cポート。

エントリークラスでは珍しいステレオスピーカー搭載です。

Redmi Note 11の下部

 

音質は特別良いわけではありませんが、モノラルスピーカーのスマホと比べるとかなりマシですね。

発色の良い有機ELディスプレイ

Redmi Note 11は6.43インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

ハイエンドモデル以外でも採用が増えている有機ELですが、2万円台のエントリーモデルでの搭載は驚きです。

Redmi Note 11のディスプレイ

インカメラはパンチホールに格納

 

液晶ディスプレイと比べると発色が良く、とてもきれいな映像を楽しめます。

ステレオスピーカー搭載や電池持ちの良さ(詳しくは後述)と合わせて、動画視聴にピッタリな1台ですね。

ただし、HDRには対応していません。

 

ディスプレイサイズが大きい分、本体サイズも結構大きめ。

筆者の手は普通のサイズですが、片手での操作は結構キツイです。

Redmi Note 11のサイズ感

 

Redmi Note 11のサイズ感

 

ただ、重量は約179gとサイズの割には軽量です。

筆者は重いスマホが苦手ですが、Redmi Note 11なら普通に使えます。

充実した付属品

Redmi Note 11の付属品は以下の通りです。

  • 専用ケース
  • ACアダプタ
  • USBケーブル
  • SIMピン
  • 取扱説明書
  • 保護フィルム(貼付済み)

Redmi Note 11の付属品

 

付属品が充実しているのは中国メーカーの良いところですね。

専用ケースはやわらかいTPUケースでボディ全体をしっかりガードしてくれます。

 

ただ、Redmi 9TもそうでしたがUSBポートのカバーが個人的に邪魔です。

ケーブルをスムーズに挿せないので、ちょっとしたストレスを感じます。

Redmi Note 11の保護ケース

 

保護フィルムは最初から貼ってあります。

自分で貼らなくて良いのは楽ですが、滑りがあまり良くありません。

 

気になる人は別途、保護フィルムを買いましょう。

SD680搭載で動作はスムーズ

Redmi Note 11のスペックをまとめました。

価格23,000円前後
カラースターブルー
トワイライトブルー
グラファイトグレー
サイズ幅約73.87mm
高さ約159.87mm
厚さ約8.09mm
重さ約179g
ディスプレイ約6.43インチ, 2400×1080, FHD+, 有機EL
リフレッシュレート最大90Hz
OSMIUI 13(Android 11)
CPUSnapdragon 680
メモリ4GB
ストレージ64GB
カメラアウト:5000万画素+800万画素+200万画素+200万画素
イン:1300万画素
バンド4G(FDD)::B1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、26、28、66
4G(TDD):B38、40、41
3G:B1、2、4、5、6、8、19
バッテリー5000mAh、33W急速充電
SIMサイズnanoSIM + nanoSIM
DSDS〇(DSDV)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)
Bluetooth5.0
防水・防塵IP53
Felica×

SoCはSnapdragon 680を採用しています。

ミドルクラスのSoCですが、意外にも動作はサクサクです。

Snapdragon 690 5G搭載のAQUOS sense5Gより軽快に動いている気がしますね。

 

メモリは4GB、ストレージは64GBと最低限です。

メモリはともかく、人によってはストレージ64GBだと厳しいかもしれません。

 

データ通信は3G/4Gのみの対応です。

5G通信は利用できません。

とは言え、5Gは対応エリアが狭いのでそこまで影響はないでしょう。

 

販売価格は23,000円前後です。

例えばAmazonでは24,800円で購入できます。

Antutuスコアは約24万

ベンチマークソフト、Antutuを走らせてみたところスコアは約24万でした。

Geekbenchはマルチコアスコアが1611です。

Redmi Note 11のGeekbenchスコア

 

スコア的にもまさにミドルレンジといった感じですね。

それでも思いのほか軽快に動くので驚いています。

 

体験的には先日レビューしたAQUOS wishよりもスムーズな動作です。

ゲーム用途には向かない

Redmi Note 11でいくつかゲームも試してみました。

ゲーム名動作備考
モンスト全く問題なし
FGOややカクつくこともあるが支障なし、一括DL推奨
アズールレーンカクつきも少なく快適
PUBGモバイル標準/中ならプレイ可、やや発熱あり
ウマ娘簡易版は軽快、標準版もややカクつくがプレイ可
原神低画質なら動作するがカクつく

モンストのような軽い2Dゲームは全く問題ありません。

FGOやアズールレーンもそれなりにプレイできました。

 

PUGBモバイルや原神など、負荷の大きい3Dゲームは厳しいですね。

プレイできなくはありませんが、快適とは言えません。

Redmi Note 11で原神

原神はデフォルトで「低」設定に

Redmi Note 11で原神

プレイできないわけではないが、画質は荒くカクツキもあり快適とは言えない

 

ゲームが快適になる「ゲームモード」やメモリを仮想的に増やす「メモリ増設」などの機能もあります。

ただ、元々のスペックが低いためそこまで大きな効果は期待できません。

 

3Dゲームを快適にプレイしたい場合はSnapdragon 800番台、メモリ6GB以上、ストレージ128GB以上のスマホがおすすめです。

90Hzのリフレッシュレート対応

Redmi Note 11は90Hzのリフレッシュレートに対応しています。

Redmi Note 11は90Hzのリフレッシュレートに対応

 

90Hzに設定すると画面の動きが滑らかになります。

2万円台のエントリーモデルで90Hz対応は珍しいですね。

 

60Hzと比べるとバッテリーの持ちは悪くなります。

ただ、Redmi Note 11は電池持ちがかなり良いのでそこまで気にする必要はないでしょう。

 

筆者は基本的に90Hzのままですが、電池持ちが悪いと感じたことはありません。

おサイフケータイ非対応、防水も△

Redmi Note 11はおサイフケータイに非対応です。

モバイルSuicaやWAON、楽天Edyなどの電子マネーは使えません。

 

防水・防塵は対応していますが、等級はIP53とやや低めです。

ないよりはマシですが、水回りで使う際は不安が残ります。

 

同価格帯でおサイフケータイ・防水対応スマホが欲しい場合はAQUOS wishやRedmi Note 10Tなどがおすすめです。

FMラジオ対応

Redmi Note 11はFMラジオに対応しています。

筆者はあまりラジオを聞きませんが、災害時などにあると便利です。

Redmi Note 11 ラジオ

 

ちなみにラジオを聴く際は有線イヤホンが必要です。

もしもに備えて有線イヤホンも備えておきましょう。

クアッドカメラの実力は?

続いてはRedmi Note 11のカメラ(アウトカメラ)をチェックします。

4つのカメラで構成されるクアッドカメラです。

  • メイン:5000万画素、f/1.8
  • 超広角カメラ:200万画素、f/2.2
  • マクロカメラ:200万画素、f/2.4
  • 深度カメラ:200万画素、f/2.4

 

5000万画素のメインカメラは明るいところでは普通にキレイな写真が撮影できます。

いくつか作例をどうぞ。

Redmi Note 11の作例

Redmi Note 11の作例

Redmi Note 11の作例

Redmi Note 11のカメラ作例

Redmi Note 11 作例

Redmi Note 11の作例

 

ズームは最大10倍です。

光学ズームには対応していません。

2倍はまだ実用的ですが、それ以上は荒くなります。

 

マクロカメラも搭載しています。

画質は荒くなりますが、メインカメラだとピントが合わない至近距離でも撮影が可能です。

 

超広角カメラは便利だが色味が変わる

200万画素の超広角カメラを使うと、広い範囲を含めた写真を撮影可能です。

 

ただ、メインカメラと色味が大きく変わっています。

解像度も落ちるので、画質にこだわるならメインカメラを使った方が良いでしょう。

ポートレートは良い感じ

Redmi Note 11はポートレートモードにも対応。

結構いい感じにボケてくれます。

Redmi Note 11の作例(ポートレート)

 

Redmi Note 11の作例(ポートレート)

 

境界部分のボケがやや曖昧なところもありますが、エントリークラスとしては十分ではないかと思います。

夜景の撮影はイマイチ

Redmi Note 11は夜景モードを搭載しています。

暗い場所でも明るい写真の撮影が可能です。

 

ただし、明るいときに比べると夜景の撮影はイマイチでした。

明るさが足りず、ノイズもかなり乗ります。

Redmi Note 11で夜景撮影(夜景モード)

Redmi Note 11で夜景撮影(夜景モード)

Redmi Note 11で夜景撮影(夜景モード)

Redmi Note 11で夜景撮影(夜景モード)

 

 

価格を考えると頑張っている方ですが、カメラ性能にこだわる人だと物足りませんね。

スポンサーリンク

バッテリー持ち・充電速度をチェック

次はバッテリー性能のチェックです。

 

Redmi Note 11は5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、33Wの急速充電に対応します。

結論から言うと、電池持ちが抜群に良く充電もスピーディです。

14時間以上も動画を再生できる電池持ち

まずは以下の条件で電池持ちのテストを実施しました。

  • 電池100%
  • 明るさMAX
  • Wi-Fi接続
  • 画面のスリープオフ
  • YouTubeを全画面で再生
  • リフレッシュレートは60Hz

その結果がこちらです。

経過時間バッテリー残量
1時間97%
2時間90%
3時間83%
4時間76%
5時間70%
6時間64%

6時間再生しても64%のバッテリーを維持していました。

最終的に0%になるまでにかかった時間は14時間42分です。

 

電池持ちはかなり良好。

筆者がこれまで買ったスマホでは一番かもしれません。

 

動画を長時間見る人でも、電池切れの心配を気にせず使えます。

約55分で90%まで充電できる

続いては充電速度のテストです。

 

さきほどのテストが終わって0%になった状態から100%になるまでの時間を計測しました。

ACアダプタおよびUSBケーブルは付属品を使用しています。

 

Redmi Note 11は付属のアダプタを使うことで33Wの急速充電が可能です。

充電開始時に数秒だけアニメーションが見られるのですが、急速充電中は数値がどんどん増えるのが分かります。

Redmi Note 11の充電アニメーション

 

充電速度テストの結果はこちら。

バッテリー残量充電にかかった時間
50%30分
80%48分
90%55分
100%1時間9分

30分で50%まで充電できました。

めちゃくちゃ速いですね。

 

朝起きて充電がないことに気づいても、出かけるまでに最低限のバッテリーを確保できます。

 

最終的に90%まで55分、100%まで1時間9分で充電できました。

充電はかなりスピーディですね。

ワイヤレス充電は非対応

Redmi Note 11はワイヤレス充電に対応していません。

価格を考えるとしょうがないですね。

 

充電する際はUSBケーブルを接続してください。

DSDVとmicroSDの併用が可能

Redmi Note 112枚のSIMを同時に待ち受けできるDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しています。

しかもmicroSDスロットが独立したトリプルスロット仕様です。

DSDVを利用しつつ、microSDで容量を増やせます。

Redmi Note 11はトリプルスロット仕様

 

ストレージが64GBしかないため、microSDカードを使えるのはありがたいですね。

MIUI 13はクセが強く慣れが必要

Redmi Note 11はAndroidベースのカスタムOS「MIUI 13」を搭載しています。

素のAndroidからかなりカスタマイズされており、クセが強めです。

 

例えばアプリ履歴。

 

一般的なAndroidだとアプリ履歴が横並びで、上にスワイプしてタスクキルを実行します。

しかし、Redmi Note 11では履歴がタイル状に表示され、タスクキルも横にスワイプです。

 

タイル状だと確かに見やすいですが、操作が異なるため使いにくいかもしれません。

アプリ履歴については設定で変更できます。

 

設定画面の項目もかなり違います。

 

筆者が普段使っているPixel 4aやmotorola edge 20に比べると設定画面が全く異なるため、最初は一苦労しました。

 

Xiaomiのスマホを使ったことがない人だと、慣れるまで大変かもしれません。

 

一方でMIUI 13にも使いやすい点や便利機能があります。

 

個人的に好きなのがDSDV利用時のSIM入れ替えです。

デフォルトのSIMを直感的に入れ替えられます。

Redmi Note 11のSIM入れ替え

 

データ通信用のSIMは通知パネルからも変更できます。

手軽に切り替えられて便利ですね。

 

生体認証は指紋認証と顔認証に対応

Redmi Note 11は指紋認証と顔認証、2つの生体認証に対応しています。

 

指紋認証は電源ボタンに内蔵。

精度も良く、スピーディに画面ロックを解除できます。

Redmi Note 11の指紋認証

 

顔認証もいい感じです。

iPhoneと違い、設定すればロック解除後にスワイプする必要もありません。

Redmi Note 11の顔認証

「ロック解除後もロック画面に留まる」をオフにすれば顔認証で即ロックが解除される

 

ただし、顔認証の精度はそこまで高くないようです。

当然マスクありだと認証されません。

 

セキュリティ重視の人は顔認証を使わない方が良いでしょう。

Redmi Note 10Tとの違いは?

Xiaomiは2022年4月にエントリーモデルであるRedmi Note 10Tを発売しました。

Redmi Note 11と似た名前ですが、どのような違いがあり、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

 

両者のスペックを一覧表にまとめました。

スペックRedmi Note 11Redmi Note 10T
価格23,000円前後34,000円前後
カラースターブルー
トワイライトブルー
グラファイトグレー
アジュールブラック
ナイトタイムブルー
レイクブルー
サイズ幅約73.87mm
高さ約159.87mm
厚さ約8.09mm
幅約76mm
高さ約163mm
厚さ約9.0mm
重さ約179g約198g
ディスプレイ約6.43インチ, 2400×1080
FHD+, 有機EL
約6.5インチ, 2400×1080
FHD+
リフレッシュレート最大90Hz最大90Hz
OSMIUI 13(Android 11)MIUI 13(Android 11)
CPUSnapdragon 680Snapdragon 480 5G
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
カメラアウト:5000万画素+800万画素+200万画素+200万画素
イン:1300万画素
アウト:5000万画素+200万画素
イン:800万画素
バンド4G(FDD)::B1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、26、28、66
4G(TDD):B38、40、41
3G:B1、2、4、5、6、8、19
5G: n3、28、77、78
4G(FDD)::B1、2、3、4、8、12、17、18、19、26、28
4G(TDD):B38、39、40、41、42
3G:B1、2、4、5、6、8
バッテリー5000mAh、33W急速充電5000mAh、18W急速充電
SIMサイズnanoSIM + nanoSIMnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)〇(DSDV)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5)
Bluetooth5.05.1
防水・防塵IP53IP68
Felica×

スペック表から両者の特徴・強みをざっくりまとめると以下の通りです。

  • Redmi Note 11の強み
    薄型・軽量ボディ、有機EL、カメラ性能、急速充電
  • Redmi Note 10Tの強み
    おサイフケータイ対応、高い防水等級、eSIM対応

Redmi Note 11は有機ELを採用し、薄型かつ軽量ボディなのが魅力です。

数字で見ると約20gしか違いませんが、持ってみると結構違いますよ。

 

その他にもカメラ性能や急速充電など、スペック面でRedmi Note 11が優れている点も多くあります。

 

一方、おサイフケータイとIP68の防水・防塵対応がRedmi Note 10Tの特徴です。

とくにモバイルSuicaやiD、QUICPayを使いたいならRedmi Note 10T一択でしょう。

 

eSIMに対応しているのもRedmi Note 11にはない特徴と言えます。

格安SIMなら一括980円から購入可能

Redmi Note 11は複数の格安SIMで取り扱いがあります。

2022年5月現在、Redmi Note11を取り扱っている主な格安SIMをまとめました。

格安SIM販売価格
IIJmio21,800円
mineo23,760円
OCNモバイルONE16,634円
イオンモバイル23,980円

通常価格が安いのはOCNモバイルONEです。

唯一1万円台で販売されています。

 

キャンペーンを利用できればさらに割安で購入可能です。

IIJmioでは2022年5月31日までキャンペーンを実施しており、MNP乗り換えなら一括980円で買えます。

 

筆者もIIJmioで一括購入しました。

IIJmioならRedmi Note 11が安い

 

Redmi Note 11を安く買うならIIJmioがおすすめです。

まとめ

以上、Redmi Note 11のレビューでした。

  • サイズの割には軽量
  • 格安ながら有機ELディスプレイ搭載
  • 最大90Hzのリフレッシュレートに対応
  • Snapdragon 680で動作もスムーズ
  • FMラジオ機能搭載
  • 電池持ちは良好
  • 充電速度も速い
  • DSDVとmicroSDを併用可能
  • おサイフケータイ非対応
  • 防水性能はIP53と控えめ
  • 3Dゲームを快適にプレイするには力不足
  • カメラ性能はそれなり(とくに夜景は△)
  • eSIMおよび5Gには非対応

2万円台で有機ELディスプレイを搭載し、電池持ちも◎

動画視聴や電子書籍などのエンタメ用途に最適です。

 

Snapdragon 680はミドルクラス向けのSoCですが、思ったより軽快に動きます。

3Dゲームは厳しいものの、普段使いなら問題ありません。

 

価格相応なところもありますが、コストパフォーマンスは比較的高いと言えます。

ライトユーザーのメイン機としても、サブ機としてもおすすめです。

この記事を書いた人
吾妻和希

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻和希をフォローする
Android
スポンサーリンク
吾妻和希をフォローする
スマホメーション
タイトルとURLをコピーしました