移転したばかりで表記が崩れている箇所が多々あります。 見づらいと思いますが、ご了承ください。

ZenFone 5にAndroid 9へのアップデートが配信!さっそくアップデートしてみました。

Android9 Android

他ブログから移転したばかりで表記が崩れているところが多々あります。

見づらいと思いますが、ご了承ください。

(画像はAndroid 9公式サイトより)

2019年3月28日より、ZenFone 5のAndroid 9へのアップデートが開始されました。

ようやく、最新OSが使えるようになりますね。

今回は僕が使っているZenFone 5をさっそく Android 9にアップデートし、変更点などをまとめてみました。

スポンサーリンク

Android 9へのアップデート方法

ZenFone 5のAndroid 9へのアップデートは[設定]→[システム]→[システムアップデート]から行います。

人によっては更新通知が来るかもしれません(僕は来ませんでしたが…)。

その場合は通知をタップすればアップデートが開始されます。

更新ファイルの容量は1.3GBとなかなか大きいです。

なるべくLTEではなくWi-Fiを利用し、ダウンロードされるまで気長に待ちましょう。

ダウンロードが終わり、「今すぐ更新」をタップすればインストールが始まります。

f:id:happy-applications-maker:20190404155054j:plain

インストールが完了するとZenFone 5が自動で再起動します。

再起動後、[設定]→[システム]→[端末情報→[ソフトウェア情報]の最新ビルド番号が「JP_16_0615_1903_92」となっていればアップデート成功です。

f:id:happy-applications-maker:20190404155141j:plain

Android 9にして何が変わった?

Android 9からは新しい機能が続々登場しています。

具体的には以下の通りです。

  • ナビゲーションバーの変更
  • アプリ履歴の機能追加
  • 画面の回転方法の変更
  • 音量調節の方法の変更
  • 通知内容の調節
  • アダプティブバッテリー機能の追加

ナビゲーションバーが大幅に変化

まず大きく変わったのがナビゲーションバーです。

ナビゲーションバーを従来のものを含めた3種類から選べるようになりました。

[設定]→[ディスプレイ]→[ナビゲーションバー]→[ナビゲーションバーのタイプ]の順にタップしていきます。

初期設定では一番上の「ナビゲーションバー」にチェックが入っています。

従来通りのナビゲーションバーですね。

f:id:happy-applications-maker:20190404160006j:plain

真ん中の「ナビゲーションジャスチャー」にチェックを入れると、ナビゲーションバーが非表示になります。

f:id:happy-applications-maker:20190404160057j:plain

この状態で画面下を上方向にスワイプするとナビゲーションバーが表示されるようになります。

基本的な使い勝手は変わりませんが、普段はナビゲーションバーを隠すことで画面を広く使えます。

f:id:happy-applications-maker:20190404160243j:plain

そしてもっとも変わったのが一番下の「ホームボタンを上にスワイプ」です。

Android 9.0の目玉機能の1つですね。

これを選択すると、画面下を上方向にスワイプした際にナビゲーションバーではなく「ホームボタン」が表示されます。

f:id:happy-applications-maker:20190404160823j:plain

ホームボタン(―)をタップでホームに戻り、その横の「<」を押すと1つ前に戻ります。

さらに、ホームボタンをゆっくり上にスワイプするとアプリ履歴が表示されます。

f:id:happy-applications-maker:20190404160914j:plain

ホームボタンを利用する方法はiPhone Xなどのジェスチャー操作に近いですね。

多少慣れは必要ですが、画面がスッキリするしアプリ履歴へのアクセスも楽です。

アプリ履歴からアプリ情報の表示やマルチウィンドウが可能に

アプリ履歴自体も少し機能が変わっています。

まず、アプリ履歴から直接アプリ情報へ飛べるようになりました。

アプリ下の「i」マークをタップすると、アプリ情報に飛べます。

f:id:happy-applications-maker:20190404161617j:plain

f:id:happy-applications-maker:20190404161735j:plain

さらにその左にあるマークを押すとマルチウィンドウが起動します。

f:id:happy-applications-maker:20190404161822j:plain

f:id:happy-applications-maker:20190404161856j:plain

この状態でアプリ履歴からもう1つアプリを選ぶと、マルチウィンドウになります。

f:id:happy-applications-maker:20190404161941j:plain

マルチウィンドウがやりやすくなりましたね。

画面の回転が楽になった

個人的にもっともうれしかったのが画面の縦・横方向の回転がしやすくなったことです。

僕は普段、画面方向を縦に固定しています。

横長の写真などを見るときは一時的に横向きにしたいのですが、その場合は縦方向固定を解除して「自動回転」をオンにしないといけません。

これがすごく面倒でした。

しかし、Android 9から縦方向に固定している状態で本体を横向きにすると、画面の向きを変えるボタンが表示されます。

f:id:happy-applications-maker:20190404162311j:plain

このボタンをタップするだけで、自動回転をオフにしたまま横画面にすることができます。

f:id:happy-applications-maker:20190404162358j:plain

元に戻す場合は逆の手順をするだけ。

毎回通知領域を開いて自動回転のオンオフを切り替えるより、はるかに楽ですね。

音量調節は面倒になった

ここまではAndroid 9にして良かったことばかりでしたが、1つだけ個人的にはマイナスな点があります。

それが音量調節です。

今までは音量ボタンを押すと画面上に音量を調節するバーが表示されていました。

Android 9ではその場所が音量ボタンのすぐそば(画面中央右端)に移動しました。

f:id:happy-applications-maker:20190404163612j:plain

これ自体は別に良いのですが、問題はアラーム音を設定するときです。

この状態で音量ボタンを押しても、変化するのはメディア(動画やゲーム)の音量です。

アラームの音量を調節する際は「設定ボタン(歯車マーク)」を押すのですが、そうするといちいち[設定]アプリの音量調節画面に飛びます。

f:id:happy-applications-maker:20190404163953j:plain

以前は「着信音」「メディア」「アラーム」の3つの音量バーが画面に表示されて、その場で調節できたのですが、Android 9では少し面倒くさくなりました。

通知で表示する内容を細かく調節できるようになった

これまでの通知はアプリ単位でオン/オフが切り替えられました。

Android 9ではアプリの機能ごとに通知の設定ができるようになりました。

例えば、Twitterの場合だと「ダイレクトメッセージと緊急アラートだけ通知して後はしない」といったことが可能です。

f:id:happy-applications-maker:20190404164923j:plain

特定の時だけ通知が欲しいときに便利ですね。

使用頻度の低いアプリを制限してバッテリーを調節する

バッテリー面では、使用頻度の低いアプリを制限してバッテリーを節電する「アダプティブバッテリー」という機能が追加されました。

[設定]→[電池]→[アダプティブバッテリー]からオン/オフを切り替えられます。

f:id:happy-applications-maker:20190404165046j:plain

この機能についてはまだ意味があるのか分かりません…w

少し様子を見てみますね。

まとめ

予定より少し遅れましたが、ようやくZenFone 5もAndroid 9.0になりました。

個人的にはAndroid 9.0のホームボタンは快適ですし、見た目も好きです。

画面の縦・横方向をすぐに変えられるようになったのも便利。

今のところ特に不具合はなさそうなので、ZenFone 5ユーザーのみなさんはアップデート推奨です。

Androidスマートフォン完全マニュアル2019 (Android 9.0対応の最新版)
standards (2019-02-21)
売り上げランキング: 22,558

コメント

タイトルとURLをコピーしました