OCNモバイルONEで端末セールが実施中!対象製品はこちら

「iPhone 13 mini」レビュー!完成度の高いコンパクトスマホ

iPhone 13 miniiOS

iPhone 13 mini2021年発売の「iPhone 13シリーズ」のコンパクトモデルです。

先代モデル「iPhone 12 mini」の良い所はそのままに処理速度やカメラ性能が向上し、バッテリー持ちも改善されています。

片手で操作しやすく、それでいて画面が小さすぎない絶妙なサイズ感です。

引き続き指紋認証がないのは残念ですが、コンパクトスマホとしての完成度はかなり高めです。

本記事ではiPhone 13 miniを実際に購入して感じたメリット・デメリットについてレビューしていきます。

スポンサーリンク

デザインは12 miniを踏襲

さっそくiPhone 13 miniの外観からチェックです。

基本的なデザインはiPhone 12 miniを踏襲していますが、カラーラインナップが変わっています。

筆者は新色の「スタートライト」を購入しました。

iPhone 13 mini

変わった名前の色ですが、ぶっちゃけて言うと「白」です。

少しクリーム色っぽい白で、とても可愛らしい色合いに仕上がっています。

背面カメラは12 miniと同じデュアルですが、配置が斜めになりました。

サイズも大きくなり、なかなかの存在感です。

iPhone 13 miniのアウトカメラ

側面はアルミフレームでサラサラとした手触りです。

Proモデルの側面は指紋が目立ちますが、iPhone 13 miniの側面は指紋が全く目立ちません。

iPhone 13 mini
左側面にはサウンドオン/オフボタンと音量ボタン、SIMトレイ

接続端子はLightningコネクタが継続されています。

残念ながらUSB-Cは採用されませんでした。

iPhone 13 mini

iPad(無印除く)もUSB-Cになりましたし、そろそろ統一してほしいところです。

付属品は最小限

iPhone 13 miniの付属品は必要最低限のみです。

iPhone 13 miniの付属品
  • USB-C – Lightningケーブル
  • SIMピン
  • マニュアル
iPhone 13 miniの付属品

iPhone 12シリーズの時と同じですね。

ACアダプタはもちろん、ケースや保護フィルムも付属しません。

必要なものは自分で用意してください。

筆者は日丸素材(Nimaso)のケース保護フィルムを購入しました。

13 mini アクセサリ

ケースはTPU+ハードのハイブリッドケース。

脱着しやすく、サイズ感もピッタリです。

フィルムはガイド枠が付いており、スムーズに貼り付けられました。

しっかり画面の端までカバーしています。

iPhone 13 mini フィルム

セットで買っても約2,000円と安価なのもうれしいですね。

おすすめです。

片手でも余裕なコンパクトボディ

iPhone 13 mini最大の魅力がコンパクトなボディです。

ディスプレイサイズは5.4インチと、6インチ越えが当たり前の昨今では比較的小さめです。

本体も小さく、片手でも楽に持てます。

iPhone 13 miniは片手でも持ちやすいサイズ感
iPhone 13 miniは片手でも持ちやすいサイズ感

重量はたったの140gです。

長時間持っても手が痛くなりません。

筆者が持っているiPhone 12 Proと比較してみました。

iPhone 13 miniのほうが一回り小さいですね。

iPhone 13 mini 12 pro

同じくコンパクトモデルとして人気のiPhone SE(第2世代)と比べても小さいのが分かります。

iPhone 13 mini SE

本体は小さいですが、画面サイズはiPhone 13 miniのほうがわずかに大きいのが分かります。

ノッチ採用&ホームボタンを削った結果ですね。

iPhone 13 miniとiPhone SE
1画面の情報量には結構な違いがあります。

そのノッチですが、従来モデルよりわずかに幅が小さくなりました。

iPhone 13 miniのノッチ

iPhone 12 Proと比較すると、確かに幅が狭くなっています。

iPhone 13 miniのノッチ
上が12 Pro、下が13 mini。わずかにノッチが狭くなっています

とはいえ、誤差レベルの違いです。

ノッチが苦手な人はやはり嫌かもしれません。

逆に言えば、元々ノッチが気にならない人ならOKです。

ゲームもサクサクこなす高いスペック

iPhone 13 miniのスペックをまとめました。

価格
(Appleストア)
128GB:86,800円
256GB:98,800円
512GB:122,800円
カラー(PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
サイズ幅約64.2mm
高さ約131.5mm
厚さ約7.65mm
重さ約140g
ディスプレイ約5.4インチ, 2340×1080
OSiOS 15
CPUA15 Bionic
メモリ4GB(非公表)
ストレージ128GB/256GB/512GB
カメラアウト:1200万画素+1200万画素
イン:1200万画素
バッテリー2406mAh(非公表)
SIMサイズnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)
Bluetooth5.0
防水・防塵IP68
Felica

サイズはiPhone 12 miniから変わっていません。

重量は少し重くなりましたが、それでも140gです。

最近ではスマホがどんどん重くなっており、200gを超えるモデルも少なくありません。

例えばiPhone 13 Proは203gです。

チップセットには最新のA15 Bionicを採用しています。

処理性能は2021年のハイスペックスマホの中でもトップクラスです。

ストレージ容量はiPhone 12 miniから2倍になりました。

  • iPhone 12 mini
    64GB/128GB/256GB
  • iPhone 13 mini
    128GB/256GB/512GB

512GBの追加は、ヘビーユーザーにとってうれしいですね。

Antutuスコアは69万前後

ベンチマークソフト、Antutuを走らせてみました。

スコアは69万前後でした。

iPhone 12が50万後半~60万ほどだったので、14%ほどスコアが向上しています。

このスコアなら、処理性能が足りなくて困ることはほぼありません。

重たい3Dゲームも快適

iPhone 13 miniなら負荷の大きい3Dゲームもサクサク快適です。

いくつか試してみました。

まずは筆者もがっつりプレイしているFGOから(テストプレイはサブ垢ですが)。

iPhone 13 miniでFGO

動作は全く問題なし。

一括DLすればロードも短く、周回もはかどります。

iPhone 13 miniでFGO

オダチェンもスムーズですし、カクつきやすい宝具演出も滑らかに動きます。

iPhone 13 miniでFGO
iPhone 13 miniでFGO
iPad(2017)だとカクつく楊貴妃の宝具演出もぬるぬるです

続いて原神です。

iPhone 13 miniで原神

動作の重いゲームとして知られていますが、iPhone 13 miniならサクサクです。

グラフィック設定を最高にしても問題なく動きます。

iPhone 13 miniで原神
iPhone 13 mini 原神
景色もとってもきれいです
iPhone 13 mini 原神
ガチャもサクサク引けます

Proモデルのような120Hzリフレッシュレートには対応していませんが、60FPSでも十分ぬるぬるですね。

ただ、最高設定で長時間プレイすると発熱が少し気になりました。

本体サイズが小さく、熱がこもりやすいのかもしれません。

発熱やバッテリーが気になる人は設定を少し下げておきましょう。

最後に、人気作のウマ娘もプレイ。

iPhone 13 miniでウマ娘

こちらも動作は全く問題ありません。

レースやライブの演出もばっちりです。

iPhone 13 miniでウマ娘
iPhone 13 miniでウマ娘
iPhone 13 mini ウマ娘

ガチャもサクサク引けます。

☆3が出るとは言ってない。

iPhone 13 mini ウマ娘

他にもいくつかゲームをやりましたが、総じて快適でした。

本体が小さいため発熱が少し気になります。

それでも、よほど長時間ゲームをやる人でなければ気にならないでしょう。

パワーアップしたカメラを試す

続いてはiPhone 13 miniのカメラをチェックします。

iPhone 13 miniのカメラはiPhone 12 miniと同じくメイン(広角)+超広角のデュアルカメラです。

 メイン(広角)超広角
画素数12MP12MP
F値f/1.6f/2.4
レンズ7枚構成5枚構成
センサーシフト手ぶれ補正
ナイトモード

スペック上はiPhone 12 miniとあまり変わっていません。

しかし、メインカメラは大型センサーを採用し、超広角レンズも新設計により暗所での性能が向上しています。

iPhone 12シリーズでは最上位のPro Maxのみだった「センサーシフト手ぶれ補正」にも対応しました。

カメラ性能も着実にアップしています。

まずはメインカメラで撮影した画像をいくつかどうぞ。

ブログ掲載用にサイズを小さくしていますが、それ以外の加工はしていません。

(人や車のナンバーが映っているところはモザイク処理しています)

iPhone 13 miniのメインカメラ
iPhone 13 mini 作例
iPhone 13 mini 作例
iPhone 13 mini 作例
iPhone 13 作例
iPhone 13 作例
iPhone 13 mini 作例
iPhone 13 mini 作例追加
iPhone 13 mini 作例

メインカメラのクオリティは相変わらず高めですね。

過去モデルより少し鮮やかになった気がしますが、ほどほどな感じで不自然さはありません。

サッと取り出してこれだけの写真が撮れるのはさすがです。

ポートレート(背景ボケ)ももちろん撮れます。

ProモデルのLiDARスキャナはありませんが、十分なぼけ具合です。

iPhone 13 mini ポートレート
iPhone 13 mini ポートレート
iPhone 13 miniのポートレート作例
iPhone 13 mini ポートレート

夜景はキレイだがゴースト多め

iPhone 13 miniなら夜景もキレイに撮影できます。

メインカメラはセンサーが大型化し、これまでより明るい写真が撮影可能です。

iPhone 13 mini 夜景
iPhone 13 mini 夜景
iPhone 13 mini
iPhone 13 mini 夜景

ただ他の機種と比べると、光がレンズ内で反射して写真に緑色の斑点が映る「ゴースト」が起きやすいと感じました。

iPhone 13 mini ゴースト
空の部分にゴーストが起きている

ゴーストが起こらないようにうまく撮影する必要がありますね。

iPhone 12シリーズでも報告があったので、改善されていないのはちょっと残念です。

超広角カメラもより明るく

超広角カメラもスペック上の変化はありませんが、新しいセンサーを搭載しています。

明るい所ではかなりきれいに、ダイナミックな写真を撮影可能です。

歪みもあまりありません。

超広角カメラもナイトモードを使えます。

前モデルよりも明るい写真を撮影可能です。

メインカメラには劣るものの、夜景でもそれなりにキレイな写真を撮影できます。

シネマティックモードで映画のような動画撮影

iPhone 13シリーズは全機種で「シネマティックモード」に対応しています。

写真のポートレートのように、動画の撮影中に被写体以外をぼかせる機能です。

撮影中はiPhoneが自動的にフォーカスする被写体を切り替えてくれます。

手動で被写体を選択することも可能です。

2つのフィギュアを位置をずらして並べ、シネマティックモードを試してみました。

撮影開始直後は手前(右側)のフィギュアがフォーカスされ、後ろのフィギュアがぼけています。

iPhone 13 mini シネマティックモード

この状態で後ろ(左側)のフィギュアをタップ。

フォーカスが後ろのフィギュアに移り、右側のフィギュアはぼけていますね。

iPhone 13 mini シネマティックモード

実際の動画はこちらです。

フォーカスする被写体や被写界深度などを撮影後に変更することもできます。

気に入らない時に手直しできるのは便利ですね。

iPhone 13 mini シネマティックモード

Appleはシネマティックモードで「映画のような動画が撮れる」と謡っていますが、確かに映画のような雰囲気の動画が撮れます。

筆者は普段スマホで動画をあまり撮りませんが、シネマティックモードはいろいろなところで試してみたいと思いました。

よりこだわるならProモデルを

iPhone 13 miniのカメラも十分優秀です。

しかし、こだわるならやはりiPhone 13 Pro/13 Pro Maxを選んだほうが良いでしょう。

Proモデルのカメラの特徴
  • 望遠レンズ搭載で光学3倍ズームに対応
  • 超広角レンズでマクロ撮影が可能
  • LiDARスキャナ搭載で夜間でも美しいポートレートが撮れる

とくに望遠レンズを搭載しているのは大きなポイントですね。

マクロ撮影や夜間ポートレートなど、iPhone 13/13 miniでは撮れない写真も撮れます。

価格は高くなりますが、カメラを重視するならProモデル一択ですね。

バッテリー持ち・充電速度チェック

iPhone 13 mini 充電イメージ

続いてiPhone 13 miniのバッテリーをチェックします。

本体サイズが小さいminiはバッテリー容量も他のモデルより少なめです。

iPhone 13シリーズのバッテリー容量
  • iPhone 13 mini:2,046mAh
  • iPhone 13:3,277mAh
  • iPhone 13 Pro:3,095mAh
  • iPhone 13 Pro Max:4,352mAh

※あくまでも非公式

バッテリー容量と本体サイズはトレードオフなので、容量が少ないのはしょうがないですね。

それでも前モデルのiPhone 12 miniよりも容量が増えており、公式では持続時間も1.5時間伸びています。

ビデオ再生は約10時間とまずまず

まずはバッテリー持ちをチェックします。

以下の条件で、電源が切れるまでYouTubeの動画を再生し続けるテストを実施しました。

バッテリーテストの条件
  • 電池100%
  • 明るさMAX
  • Wi-Fi接続
  • 画面のスリープオフ

その結果がこちらです。

経過時間バッテリー残量
1時間96%
2時間86%
3時間76%
4時間66%
5時間56%
6時間45%

YouTubeを6時間再生しても45%の電池が残っていました。

思っていたよりも長持ちですね。

最終的に、電池が0%になるまで10時間21分かかりました。

サイズを考慮すると、十分な電池持ちと言えます。

筆者はSNSや調べもの、ニュースアプリ、写真撮影などがメインです。この使い方なら、充電は2日に1回で済んでいます。

ただし、サイズが小さいためスマホ全体では特別電池持ちが良いとは言えません。

実際、筆者が持っている他のスマホに比べると電池持ちはイマイチでした。

 バッテリー容量再生時間
Pixel 6a4,410mAh14時間54分
Redmi Note 115,000mAh14時間42分
motorola edge 204230mAh12時間49分
iPhone 13 mini3400mAh10時間21分

バッテリーを重視する場合はiPhone 13やProモデルも検討しましょう。

充電速度は公式通り

続いては充電速度のテストです。

iPhone 13 miniは高速充電に対応し、公式では30分で最大50%充電可能としています。

先ほどの実験で電池が0%になった状態から、100%になるまでの時間を計測しました。

ケーブルは純正のLightningケーブル、ACアダプタは付属していないため「Anker PowerPort I PD」を利用しています。

充電速度テストの結果はこちら。

バッテリー残量充電にかかった時間
50%32分
80%56分
90%1時間11分
100%1時間42分

32分で50%まで充電できました。

ほぼ公式通りですね。

90%までは1時間11分、100%までは1時間42分でした。

1時間で80%後半まで充電できるなら十分なスピードです。

iPhone 13 miniはQi規格のワイヤレス充電器および磁力でくっつくMagSafeにも対応しています。

MagSafe充電器は持っていませんが、他のスマホで使っていたワイヤレス充電器を利用しています。

機会があればMagSafeも試してみたいですね。

生体認証は顔認証のみ

iPhone 13 miniの生体認証はiPhone 12シリーズに引き続き顔認証(Face ID)のみです。

今回も指紋認証(Touch ID)は採用されませんでした。

iPhone 13 mini Face ID

理解したうえでの購入ですが、やはりマスクを外すのは少し手間がかかります。

仮にコロナが収まっても、筆者は花粉症なので2月後半~5月初めはマスクが必須です。

指紋認証がないのは不便ですね。

マスクをしていても鼻を出せば認証されます。

Face ID自体には文句がありません。

暗い所でもサクッと認証するのはさすがです。

マスクありでの顔認証に対応!

2022年3月に配信されたiOS 15.4より、ついにマスクを着けたままでの顔認証に対応しました。

iPhone 13 mini iOS 15.4

何度か試しましたが、確かにマスクをつけていても認証しました。

これならコロナ禍や花粉シーズンでもサクッと画面ロックを解除できますね。

むしろ手袋を付けていても解除できる分、指紋認証よりストレスがないかもしれません。

ちなみに、マスク着用時にFace IDを有効にするかどうかは設定から切り替えられます。

マスク着用時のFace IDの設定

セキュリティ重視でマスク着用時の認証をオフにすることも可能です。

シリーズ初のデュアルeSIM対応

iPhone 13 miniシリーズで初めてデュアルeSIMに対応しました。

eSIMは物理的なSIMカードなしで、スマホ本体に直接データを書き込めるSIMです。

eSIMとは

iPhone 12シリーズも対応していますが、一度に利用できるeSIMは1つだけでした。

iPhone 13 miniでは2つのeSIMを同時に使えるようになっています。

筆者も楽天モバイルとUQモバイルを併用中です。

iPhone 13 mini eSIM

他にもY!mobileIIJmio、大手キャリアの格安プラン(ahamo/povo2.0/LINEMO)などのeSIMも利用できます。

もちろん物理SIM+eSIMによるDSDVも可能です。

これまで以上に柔軟で自由度の高いSIM運用ができますね。

iPhone 13 miniを安く買えるのは?

iPhone 13 miniはAppleストアに加えて大手4キャリアでも購入できます。

購入場所128GB256GB512GB
Appleストア92,800円107,800円137,800円
ドコモ116,710円140,300円176,660円
au116,310円133,780円168,720円
ソフトバンク116,640円134,640円169,920円
楽天モバイル99,800円114,800円144,800円

定価はAppleストアが最安です。

単体購入するならAppleストアを利用しましょう。

下取りを利用するとさらに安く買えます。

キャリアは楽天モバイルがおすすめ

大手キャリアで買うなら楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルがおすすめの理由
  • 大手キャリアでは最安
  • キャンペーンがお得

大手キャリアの中では楽天モバイルが最安です。

他社より2万円近く安く買えます。

購入場所128GB256GB512GB
ドコモ116,710円140,300円176,660円
au116,310円133,780円168,720円
ソフトバンク116,640円134,640円169,920円
楽天モバイル99,800円114,800円144,800円

しかも、セット購入で楽天ポイントを大量にもらえるキャンペーンも実施されています。

iPhone 13 miniを安く買うなら、楽天モバイルを検討してみてください。

在庫切れが多い点には注意してください。

Amazonでも購入できる

iPhone 13 miniはAmazonでも購入可能です。

販売価格はやや高いですが、ポイント還元などの特典があります。

容量AppleストアAmazon
128GB92,800円95,480円
※3,608ポイント還元
256GB107,800円109,778円
※1,098ポイント還元
512GB137,800円144,800円
※8,378ポイント還元
Amazonの価格・ポイント還元は記事執筆時点のもの

さらにmineoまたはワイモバイルとセットで契約・購入すると2万ポイント還元されるキャンペーンも実施中です。

特典を活用できるなら、Amazonがもっともお得になりますね。

iPhone SE(第3世代)との違いは?

コンパクトかつ価格の安いiPhoneにはiPhone SE(第3世代)もあります。

iPhone 13 miniとコンセプトが似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

比較してみました。

 iPhone 13 miniiPhone SE(第3世代)
価格
(Appleストア)
128GB:86,800円
256GB:98,800円
512GB:122,800円
64GB:62,800円
128GB:69,800円
256GB:84,800円
カラー(PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
(PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト
サイズ幅約64.2mm
高さ約131.5mm
厚さ約7.65mm
幅約67.3mm
高さ約138.4mm
厚さ約7.3mm
重さ約140g約144g
ディスプレイ約5.4インチ, 2340×1080約4.7インチ, 1334×750
OSiOS 15iOS 15
CPUA15 BionicA15 Bionic
メモリ4GB(非公表)4GB(非公表)
ストレージ128GB/256GB/512GB64GB/128GB/256GB
カメラアウト:1200万画素+1200万画素
イン:1200万画素
アウト:1200万画素
イン:700万画素
バッテリー2406mAh(非公表)2018mAh(非公表)
SIMサイズnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)〇(DSDV)
Wi-FiWi-Fi 6
(802.11a/b/g/n/ac/ax)
Wi-Fi 6
(802.11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth5.05.0
防水・防塵IP68IP67
Felica
生体認証Face IDTouch ID
両者の強み
  • iPhone 13 mini
    本体サイズ、ディスプレイ、ストレージ、カメラ性能、バッテリー
  • iPhone SE(第3世代)
    価格、指紋認証

コストパフォーマンスが高いのはiPhone SE(第3世代)ですね。

iPhone 13 miniと同じSoC・メモリ・容量で10,000円以上安く買えます。

ホームボタン採用で指紋認証が使えるのも、人によっては大きなメリットです。

とにかく安く買いたい、指紋認証が良いという人にはiPhone SE(第3世代)が向いています。

一方、よりコンパクトなのはiPhone 13 miniです。

しかもホームボタンがない分、画面サイズはSE3より大きくなります。

ストレージ容量にカメラ性能、バッテリーなどスペックもiPhone 13 miniがやや高めです。

小さいスマホを使いたい人、カメラ性能を重視する人はiPhone 13 miniを買いましょう。

まとめ

以上、iPhone 13 miniのレビューでした。

iPhone 13 miniの良かったところ
  • 片手でラクラク持てるコンパクトボディ
  • iPhone 13シリーズでは最安価格
  • 高い処理性能で最新ゲームもサクサク快適
  • 夜景や動画も楽しく撮れるカメラ
  • バッテリー持ちは12 miniから改善
  • Face IDの精度は相変わらず良好(マスク対応)
  • デュアルeSIM対応
iPhone 13 miniのイマイチなところ
  • 付属品は最小限
  • Lightning継続(人によっては良かったかも?)
  • 夜景はゴーストが出やすい
  • 指紋認証は非搭載

一番の魅力はコンパクトなボディですね。

筆者もそれだけでProではなくiPhone 13 miniを選びました。

動作もサクサクですし、カメラ性能もアップして写真撮影が楽しくなります。

デュアルeSIM対応も地味に便利ですね。

Lightning端子が継続、指紋認証を非搭載など残念なところもあります。

これらを差し引いても、iPhone 13 miniは最高のコンパクトスマホですね。

タイトルとURLをコピーしました