OCNモバイルONEで端末セールが実施中!対象製品はこちら

「楽天モバイル(UN-LIMIT VII)」レビュー!格安でデータ通信も電話も使い放題

楽天モバイルのイメージ楽天モバイル

2020年4月8日、ついに楽天モバイルのMNOサービスRakuten UN-LIMITが本格始動しました。

月額3,278円でデータ通信も電話も使い放題とてんこ盛りです。

2022年7月には「Rakuten UN-LIMIT VII」へグレードアップしました。

1GB以下月額0円こそなくなりましたが、魅力のあるキャリアであることは間違いありません。

一方で通信品質やRakuten Linkの通話品質が悪いなどデメリットも目立ちます。

本記事では楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)を実際に利用して感じたメリット・デメリットをレビューしたいと思います。

本記事内の価格は特別な表記がない限りすべて税込みです。

スポンサーリンク

注意:「1GB以下無料」は2022年7月に終了

楽天モバイルの魅力であった「1GB以下なら月額料金が無料」は2022年7月に終了しました。

データ通信量6月30日まで7月1日以降
~1GB0円1,078円
1~3GB1,0781,078円
3~20GB2,178円2,178円
20GB~3,278円3,278円

「Rakuten UN-LIMIT VII」では3GB未満のユーザーは1,078円の月額料金がかかります。

以前のように月額0円では使えません。

10月31日まではポイント還元で1GB以下は実質無料ですが、それ以降は必ず月額料金が発生します。

新規契約者はもちろん、既存ユーザーも自動移行です。

Rakuten UN-LIMIT VIIへの自動以降
出典:楽天モバイル公式サイト

本来ならそれが当たり前なわけですが、これまで0円だった分だけ衝撃も大きいでしょう。

データ使い放題で3,278円は割安ですし、音質はイマイチとはいえかけ放題も無料です。

まだまだお得なポイントはありますが、0円で維持したいユーザーにとっては大きな改悪と言えますね。

Rakuten UN-LIMIT VIIの概要

まずは楽天モバイルの料金プランであるRakuten UN-LIMIT VIIの内容を簡単におさらいしておきましょう。

Rakuten UN-LIMIT VIIの概要
データ通信量無制限
月額料金~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB超え:3,278円
事務手数料無料
契約縛り・違約金なし
5G利用可(無料)
国内通話かけ放題無料(要Rakuten Link)
取り扱いオンライン/店舗

2022年7月より、従来のRakuten UN-LIMIT VIからRakuten UN-LIMIT VIIへ変更されました。

特徴の1つだった1GB以下なら完全無料が終了しています。

どうしても無料でサブ回線を保持したい場合はpovo2.0がおすすめです。

1GB以下無料が終わったこと以外はほとんど変わっていません。

月額3,278円でデータ通信は使い放題ですし、専用アプリを使えば通話料も無料です。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)のメリット

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)を実際に使って感じたメリットは以下の通りです。

  • 大手キャリアの格安プランよりもお得
  • 専用アプリ利用で電話もかけ放題
  • 海外でも無料で使える
  • 初期費用や違約金などの手数料は全て無料
  • 通信速度もまずまず安定している
  • iPhoneにも正式対応
  • eSIMなら5分ほどで利用可能になる
  • ほとんどの手続きがWebでサクッとできる
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • LINEのID検索に対応

大手キャリアの格安プランよりもお得

2021年3月より、大手キャリアも月額3,000円ほどで20GBのデータ通信を使える格安プランを発表しています。

従来プランより安くて魅力的ですが、楽天モバイルはさらにお得です。

キャリア月額料金かけ放題
Rakuten UN-LIMIT VI2,178円無料
ahamo(ドコモ)2,970円5分かけ放題:無料
完全かけ放題:1,100円
povo2.0(au)2,163円※5分かけ放題:550円
完全かけ放題:1,650円
LINEMO(ソフトバンク)2,728円5分かけ放題:550円
完全かけ放題:1,650円

※60GBトッピングを3ヶ月で20GBずつ使うと仮定

月20GBの場合、Rakuten UN-LIMIT VIなら2,178円です。

大手キャリアの格安プランより600~800円ほど安く使えます。

しかもかけ放題も無料です。

工夫すればpovo2.0のほうが楽天モバイルよりわずかに安くなります。

それでもかけ放題は有料です。

電話もデータ通信も格安で使うなら、楽天モバイルが最安ですね。

無制限プランとしても最安クラス

Rakuten UN-LIMIT VIIは無制限プランを使いたい人にもおすすめです。

大手キャリア各社は大容量プランの内容も刷新しましたが、料金的には楽天モバイルのほうが圧倒的に安く済みます。

キャリア通信量月額料金かけ放題
Rakuten UN-LIMIT VI無制限3,278円無料
ドコモ(5Gギガホ プレミア)無制限7,315円5分かけ放題:770円
完全かけ放題:1,870円
au(使い放題MAX)無制限7,238円5分かけ放題:880円
完全かけ放題:1,980円
ソフトバンク(メリハリ無制限)無制限7,238円5分かけ放題:880円
完全かけ放題:1,980円

Rakuten UN-LIMIT VIIなら大手キャリアの半額以下で済みます。

もちろんかけ放題も無料です。

詳しくは後述しますが、無制限に使えるのは楽天回線エリアに限られます。

まだまだエリアは狭いですが、楽天回線エリア内に住んでいるのであれば楽天モバイルがもっともおすすめです。

専用アプリ利用で電話もかけ放題

Rakuten Linkイメージ

楽天モバイルでは専用アプリ「Rakuten Link」を利用すると国内通話料が無料になります。

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten Group, Inc.無料posted withアプリーチ

オプション料はかかりません。

毎月のデータ通信量が1GB以下なら月額料金も通話料も無料です。

専用アプリを使わないといけないのは少し面倒ですが、使い勝手は普通の電話とさほど変わりません。

連絡先もスマホ標準のものを自動でインポートしてくれます。

rakuten link

ダイヤルパッドから直接入力したり、履歴から折り返し電話をかけることも可能です。

rakuten link

海外でも無料で使える

楽天モバイルは海外でも無料で2GBのデータ通信を利用できます。

申し込みも不要です。

Rakuten Linkを使えば海外から日本への通話も無料になります。

さらに月額1,078円の国際通話かけ放題も利用可能です。

海外へ頻繁に行く人にはうれしいサービスですね。

現在はコロナでなかなか海外に行けないかもしれませんが、海外用に1回線持っておいても良いでしょう。

1GB以下なら無料で保有できますし。

初期費用や違約金などの手数料は全て無料

楽天モバイルでは以下の手数料がすべて無料です。

  • 契約事務手数料
  • 契約解除料(違約金)
  • MNP転出手数料
  • SIMカード再発行手数料
  • eSIM再設定手数料
  • SIM交換手数料
  • 名義変更手数料(改姓のみ)

契約時も解約時も、一切手数料がかかりません。

契約縛りもないため「契約したけど合わなかった」という場合もすぐ解約できます。

ノーリスクで試せるのはうれしいですね。

通信速度もまずまず安定している

楽天モバイルは通信速度もまずまず安定しています。

実際に通信速度を計測してみました。

測定場所は岡山県岡山市です。

測定にはアプリ「Speedtest.net」を利用しています。

Speedtest - インターネット速度

Speedtest - インターネット速度

Ookla無料posted withアプリーチ

時間帯下り速度上り速度
9:0049.4Mbps19.2Mbps
12:0035.5Mbps13.1Mbps
18:0041.0Mbps17.3Mbps
21:0051.5Mbps20.6Mbps

どの時間帯も安定した速度が出ていますね。

格安SIMだと平日お昼や夕方になると速度が遅くて使い物にならないことも珍しくありません。

楽天モバイルも混雑時は多少速度が落ちますが、普通に使う分には問題ないでしょう。

動画視聴やアプリのダウンロードなども試してみましたが、快適に使えました。

iPhoneにも正式対応

iPhone 13 mini

楽天モバイルはiPhoneでも使えます。

以前はiPhone XR以降のモデルしか使えませんでした。

2021年4月27日からはiOS 14.4以降を搭載する以下のiPhoneでも利用可能です。

  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XR
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s/6s Plus

実際にiPhone SE(第1世代)で試してみたところ、問題なく楽天モバイルを利用できました。

iPhone SE(第1世代) 楽天モバイル

iPhone XR以降のモデルは物理SIMカードだけでなく後述するeSIMも対応しています。

最新モデルであるiPhone 13シリーズももちろんOKです。

なお、楽天モバイルで利用する際はSIMロック解除が必要です。

大手キャリアのiPhoneで利用する場合は忘れずにSIMロック解除してください。

また、楽天モバイルのSIMを挿すと「キャリア設定アップデート」のポップが表示されることがあります。

その場合は[アップデート]をタップしてくださいね。

iPhone SE(第1世代) 楽天モバイル

間違って[今はしない]をタップした場合は[設定]→[一般]→[情報]→[アップデート]の順にタップすればOKです。

当初はiPhoneだとRakuten Linkアプリ、楽天モバイルアプリが使えませんでした。

現在はどちらも使えます。

eSIMなら5分ほどで利用可能になる

eSIMとは

楽天モバイルは物理的なSIMなしで契約できる「eSIM」が利用できます。

音声通話機能付きのeSIMは国内では楽天モバイルが初めてです。

楽天モバイルはスマホで本人確認ができる「eKYC」に対応しています。

eKYCでeSIMを申し込む場合、申し込んでから5分ほどで利用可能です。

筆者も4月に楽天モバイルをeKYCで再申し込みしましたが、申し込んで3分くらいで使えました。

iPhone XR以降やPixel 4以降など、eSIM対応スマホを持っている人はeSIMも検討してみましょう。

ほとんどの手続きがWebでサクッとできる

楽天モバイルでは以下の手続きをWebや専用アプリからサクッとできます。

  • 契約
  • 解約/MNP転出
  • オプション申し込み/解除
  • 支払い方法の変更
  • SIMの再発行/交換
  • データ通信量チャージ
  • 契約情報(メールアドレスや住所など)の変更

いちいちサポートへ連絡したり、ショップへ行ったりしなくていいのは楽ですね。

eSIMの場合、他の端末へ移行する際は再発行しないといけません。

楽天モバイルならウェブから即再発行手続きが可能です。

my 楽天モバイル

僕みたいに利用する端末をころころ変える人間にはありがたいです。

もちろん再発行手数料はかかりません。

楽天ポイントが貯まる・使える

楽天モバイルを契約すると楽天グループの共通ポイント「楽天ポイント」が貯まりやすくなります。

  • 利用料100円につき1ポイントたまる
  • 楽天市場のポイント還元率が+1.0%
  • 楽天モバイルのキャリア決済を月2,000円利用で+0.5%

契約するだけで楽天市場のポイント還元率が+1.0%されます。

毎月のデータ通信量が1GB以下なら月額料金は0円です。

一切費用をかけることなく、楽天市場のポイント還元率を上げられます。

楽天モバイルのキャリア決済を月2,000円以上使うとさらに+0.5%アップです。

毎月ゲームに課金しているような人なら簡単に達成できますね。

ポイントが貯まるだけでなく、貯まったポイントを楽天モバイルの支払いに充てることも可能です。

my 楽天モバイル

期間限定ポイントを使えるので、余ったポイントの消化にも役立ちますね。

LINEのID検索に対応

LINEの年齢確認イメージ

楽天モバイルはLINEのID検索を利用可能です。

これまで大手キャリア以外でLINEのID検索を使えるのはLINEモバイルとY!mobileに限られていました。

2021年3月にリリースされたLINEのバージョン11.4以降では楽天モバイルでも本人確認が可能です。

LINEの友達追加はID検索以外でもできますが、なんだかんだID検索が楽です。

ID検索ができなくて大手キャリア以外を敬遠していた人も、これからは気にせず申し込めますね。

以前はAndroid版のみ年齢確認できましたが、現在はiOS端末でも利用可能です。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)のデメリット

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)のデメリットは以下の通りです。

  • 対応エリアが狭い
  • 低速通信も通信量にカウントされる
  • iPhone版Rakuten Linkは着信履歴が残らない

対応エリアが狭い

楽天モバイル最大のデメリットは対応エリアの狭さです。

実は楽天モバイルの対応エリアには大きく2つの種類があります。

  • 楽天回線エリア
  • パートナー回線(au回線)エリア

このうち、データ通信を無制限に使えるのは楽天回線エリアのみです。

楽天回線エリア外、つまりパートナー回線エリアでは月5GBまでしか高速通信を使えません。

パートナー回線エリアで月5GB以上使うと、通信速度が最大1Mbpsに制限されます。

データ通信の使い放題が目当ての場合は、自宅やその周辺が楽天回線エリアかチェックした上で契約してください。

低速通信も通信量にカウントされる

Rakuten UN-LIMIT VIでは低速通信も利用した通信量にカウントされます。

すでにお伝えした通り、Rakuten UN-LIMIT VIは利用したデータ通信量が多いほど月額料金も高くなる仕組みです。

  • ~3GB:1,078円
  • 3GB~20GB:2,178円
  • 20GB超え:3,278円

5GBのデータ通信を使い切った時点での月額料金は2,178円です。

その状態で低速通信をガンガン使い、通信量が20GBを超えると3,278円になってしまいます。

低速通信しか使えないのに3,278円の料金がかかるのは少しもったいないですね。

データ通信量はMy 楽天モバイルから確認できます。

my 楽天モバイル

月額料金を節約したい人はこまめに確認し、データ通信を使いすぎないように注意してください。

1Mbpsの低速通信自体は快適

楽天モバイルの低速通信は最大1Mbpsと比較的速いです。

実際に測定してみると、確かにおおむね1Mbpsの速度が出ています。

制限モード 夜

1Mbpsでいろいろ試してみたところ、以下のような用途なら快適に使えました。

  • LINE
  • SNS(Twitter)
  • ゲーム(ドラクエウォーク)
  • 音楽ストリーミング(Apple Music)
  • YouTube(480p)

一般的な格安SIMの低速(200kbps)だとLINEとかブラウジングもやっとですが、1Mbpsなら結構いろんなことができますね。

YouTubeも480p(標準画質)なら途中で止まることなくスムーズに再生可能です。

ただし、さきほどお伝えした通り低速通信もデータ通信利用量にカウントされます。

使いすぎると月額料金が高くなるので要注意です。

Rakuten Linkは通話品質があまり良くない

完全無料でかけ放題が魅力のRakuten Linkですが、通話品質はあまり良くありません。

筆者は国内通話は基本的にRakuten Linkを利用しています。

その際、相手の声がブツブツ途切れたり、聞き取りづらくて聞き返したりすることがたまにあります。

「品質が悪すぎて全く会話できない」というレベルではありません。

ただ、ビジネスなど大事な電話での利用は避けた方が良いでしょう。

iPhone版Rakuten Linkは着信履歴が残らない

iPhoneで楽天モバイルを利用する際は「着信履歴が標準アプリに残る」という点に注意が必要です。

楽天モバイルでかけ放題を利用する場合はRakuten Linkアプリから発信します。

iPhoneの標準電話アプリから発信するとかけ放題が適用されません。

少し厄介なのが不在着信への折り返しです。

iPhone版Rakuten Linkは仕様が変更され、着信履歴が標準アプリに残るようになりました。

着信履歴からそのまま折り返すと標準アプリから発信されるため、通話料がかかってしまうのです。

通話料をかけずに折り返す場合は、

  1. 標準アプリの着信履歴から電話番号をコピーする
  2. Rakuten Linkに貼り付けて発信する

という手順を踏まないといけないため、二度手間です。

筆者は電話をあまりしないので困りません。

電話を頻繁に使う人だと、毎回コピー→発信しないと行けないのは面倒ですね。

楽天モバイルのキャンペーン


現在、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)で実施中のキャンペーンは以下の通りです。

  1. 初めての申し込みでだれでも8,000ポイント※終了日未定
  2. iPhoneセット購入で最大24,000ポイント※終了日未定
  3. 初の申し込み&対象のAndroidセットで19,000円相当お得※終了日未定
  4. 対象のAndroidセット購入で最大25,980円相当お得※終了日未定

楽天モバイルを申し込むだけで8,000ポイントもらえます。

さらに対象の端末とセットなら割引込みで最大25,980円相当お得です。

ポイント還元を含めると実質1円で購入できる端末もありますよ。

楽天モバイルのキャンペーンはお得ですが、全体的に条件が複雑です。

必ず、楽天モバイル公式サイトで詳しい条件をチェックしてくださいね。

また、人気の端末は在庫切れで買えないことが良くあります。

目当ての端末がある人は、こまめに公式サイトをチェックしましょう。

楽天モバイルのよくある質問

Q
口座振替できる?
A

できます。ただし、毎月110円の口座振替手数料がかかります。

Q
解約方法は?
A

my 楽天モバイルで解約可能です。「契約プランを表示」→「各種手続き」→「解約」の順に進んでください。

Q
留守番電話は使える?
A

使えます。MVNOと違い、標準で留守番電話が使えます。月額料金も無料です。

まとめ

というわけで楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII)のレビューでした。

  • 大手キャリアの格安プランよりもお得
  • 専用アプリ利用で電話もかけ放題
  • 海外でも無料で使える
  • 初期費用や違約金などの手数料は全て無料
  • 通信速度もまずまず安定している
  • iPhoneにも正式対応
  • eSIMなら5分ほどで利用可能になる
  • ほとんどの手続きがWebでサクッとできる
  • 楽天ポイントが貯まる・使える
  • LINEのID検索に対応
  • 対応エリアが狭い
  • 低速通信も通信量にカウントされる
  • Rakuten Linkは通話品質があまり良くない
  • iPhone版Rakuten Linkは着信履歴が残らない

1GB以下0円はなくなりましたが、格安でデータ通信も電話も使い放題です。

通信品質には問題があるものの、この安さは大きな魅力と言えます。

とにかく安くスマホを使いたい人や楽天市場のヘビーユーザーには楽天モバイルがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました