OCNモバイルONEで端末セールが実施中!対象製品はこちら

サブ機としてならアリ?iPhone 5s/SEを快適に使うためのコツ

iPhone SEiPhone

iPhone 5sは2013年に、iPhone SE(第1世代)は2016年に発売されたモデルです。

4インチというサイズ感から、現在でも使い続けている人が少なくありません。

 

とは言え、発売からかなり経過したiPhone 5s/SEは果たして今でも使い物になるのでしょうか?

 

結論から言うとメインのスマホとしては厳しいかもしれません。

でも、工夫すれば多少は動きます。

 

メイン機としては難しくても、サブとしては意外に「アリ」ですよ。

そこで今回はiPhone 5s/SEをサブ用途として使うコツをまとめました。

スポンサーリンク

iPhone 5s/SEを快適に動作させるコツ

iPhone 5s/SEを快適に動作させるにはいくつかコツがあります。

  • 定期的に再起動する
  • Safariのデータを定期的に消す
  • バックグラウンド更新をオフにする
  • 使わないアプリは起動したままにしない

コツといっても、少し設定をいじるだけでそんなに大したことではありません。

どれも設定から簡単にできます。

定期的に再起動する

iPhone 5s/SEを快適に使うなら、定期的に本体を再起動してください。

iPhone 5s/SEを再起動する手順
  1. 電源ボタンを長押しする
  2. スライダを横にドラッグして電源を切る
  3. 電源が切れたら再度、電源ボタンを長押しする

「動作が重い」「調子が悪い」と感じる時は、とりあえず本体を再起動すれば改善される可能性があります。

Safariのデータを定期的に消す

iPhone 5s/SEを長く使っている人は定期的にSafariのデータを消しましょう。

 

SafariはiOS端末に標準で入っているブラウザです。

iPhoneでSafariを使っていると、だんだん不要なデータが貯まります。

 

不要なデータを貯まったままにするのは、SafariだけでなくiPhone全体の動きが遅くなる原因の1つです。

 

Safariの不要なデータは定期的に消すようにしましょう。

[設定]→[safari]→[履歴とWebサイトデータを消去]で全データを消せます。

iPhone safari 消去

 

Safariのデータを定期的に消すことで、動作が重くなるのを防げます。

Safariのデータを消すと閲覧履歴も消えます。

バックグラウンド更新をオフにする

iPhoneではアプリをバックグラウンドで自動更新します。

常に最新の状態になるわけですが、これもiPhoneの動作が重くなる原因の1つです。

 

不要なアプリのバックグラウンド更新をオフにしましょう。

[設定]→[一般]→[Appのバックグラウンド更新]から自動更新のオン/オフが切り替え可能です。

iPhone バックグラウンド

 

ただし、バックグラウンド更新をオフにするとLINEやメールなどの通知も来なくなります。

必要なアプリはバックグラウンド更新をオンにしておきましょう。

使わないアプリは起動したままにしない

たくさんのアプリを同時に起動しておくと重くなります。

使わないアプリは毎回ちゃんと終了するようにしてください。

 

ホームボタンを短く2回タップすると、アプリ切り替え画面になります。

iPhone アプリ消去

 

この状態で終了したアプリを上にスワイプすると終了することが可能です。

スポンサーリンク

iPhone 5s/SEをサブで使う際の注意点

iPhone 5s/SEをサブで使う際の注意点は以下の通りです。

  • 最新のOSに対応していない
  • ゲーム用途には不向き
  • バッテリー持ちも悪い

最新のOSに対応していない

iPhone 5s/SEは最新のiOSであるiOS 16には対応していません。

 

iPhone 5sはiOS 12止まりですし、iPhone SEも2022年にリリースされる「iOS 16」はサポートされないことが判明しています。

iOS 16対応端末

(出典:Apple)

 

アプリとの互換性やセキュリティのことを考えると、iPhone 5s/SEを使い続けるのは厳しいかもしれませんね。

ゲーム用途には不向き

サブなら何とか使えるiPhone 5s/SEですが、ゲーム用途には向きません。

 

2Dの軽いゲームならなんとかプレイできます。

しかし、3Dゲームをプレイするにはスペック不足です。

 

筆者のiPhone SEだとモンストは結構快適に動きました。

iPhone SEでモンスト

 

一方、3DゲームのApexモバイルや原神などは動作がカクカクするなど、スペック不足を感じました。

iPhone SEでAPEX

画面が小さすぎて操作がしにくいという問題点も

 

ゲームをするなら最低でもiPhone 8以降に乗り換えましょう。

 

ゲームを快適にプレイできるスマホについてはこちらの記事も参考にして下さい。

バッテリー持ちも悪い

使い方にもよりますが、今からiPhone 5s/SEを使うとバッテリー持ちが良くありません。

iPhone 5sもSEも古い端末なので、どれだけ状態が良くてもバッテリーは劣化しています。

 

外出先で利用する場合はモバイルバッテリーが必須です。

実際、筆者のiPhone SEもバッテリーは1日持ちません。

 

iPhone SEは7,500円でバッテリー交換できます。

どうしてもSEを使い続けたいならバッテリー交換もありですね。

iPhone SEのバッテリー交換費用

(出典:Apple)

 

iPhone 5sのバッテリー交換は終了しているようです。

バッテリー持ちが気になるなら、別の機種に乗り換えるしかありません。

まとめ

iPhone 5s/SEはとても古い端末なので、メイン機として使うのは厳しいでしょう。

スペックも最近の機種に遠く及びませんし、OSサポートもついに打ち切られます。

 

iPhoneをメインで使うなら最低でもiPhone 8以降がおすすめです。

可能であればiPhone XR以降を選びましょう。

 

ただし、サブ用途に限ればiPhone 5s/SEでもなんとかなります

ぜひ、本記事で紹介した「快適に動作させるコツ」を意識して使ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました