IIJmioは端末セットがお得!おすすめ商品はこちら
スポンサーリンク

ワイモバイルが新プラン「シンプル2 S/M/L」を発表!現行のシンプルプランと何が違う?

シンプル2 ワイモバイル
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

ワイモバイルが新プラン「シンプル2 S/M/L」を発表しました。

従来のシンプルプランよりデータ容量が増量、PayPayカード割が追加されるなど内容が変化しています。

割引をうまく活用できるなら、使える容量が増えてお得です。

吾妻かずき
吾妻かずき

囲い込みが強化され、正直シンプルと呼べるか怪しい内容ではあります。

本記事ではシンプル2の概要と、現行のシンプルプランとの違いを解説します。

ワイモバイルのレビューはこちらです。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

シンプル2 S/M/Lのプラン概要

まずはワイモバイルの新料金プラン、シンプル2のプラン概要をチェックしましょう。

シンプル2SML
データ容量4GB20GB30GB
月額料金2,365円4,015円5,115円
PayPayカード割-187円
おうち割 光セット(A)※1-1,100円-1,650円
家族割引(2回線目以降)※1-1,100円
月1GB未満の場合-1,100円-2,200円
割引後の月額料金(1GB超)1,078円2,178円3,278円
割引後の月額料金(1GB以下)1,078円
超過時の速度※2300kbps1Mbps
※1 おうち割 光セット(A)と家族割引は併用不可
※2 いずれも容量の半分以上の低速通信を使うと最大128kbpsに制限

データ容量が増量、割引も追加

シンプル2はライトユーザー向けのS(4GB)、中容量のM(20GB)、大容量のL(30GB)の3種類構成です。

現行のシンプルプラン(3~25GB)やライバルのUQモバイル(4~20GB)に比べるとデータ容量が多めになっています。

従来のおうち割 光セット(A)と家族割引に加えて、PayPayカード割が新たに登場しました。

PayPayカードで料金を支払うと、月額料金が187円割引されます。

ネット回線だけでなくクレジットカードでの囲い込みも強化するようですね。

吾妻かずき
吾妻かずき

ドコモの「dカードお支払割」やUQの「au PAYカード お支払い割」と同じです。

プランM/Lのみ「おうち割 光セット(A)」の割引額が増額、データ使用量が月1GB以下ならさらに割引を受けられます。

ソフトバンクのメリハリ無制限などにもある仕組みですね。

低速通信を使いすぎると最大128kbpsに制限

シンプル2では二段階の速度制限が導入されます。

ワイモバイルの速度制限
  • 一段階目
    規定のデータ容量をすべて消費すると制限
  • 二段階目
    低速通信を規定データ容量の半分以上利用で128kbpsに制限

一段階目はよくある速度制限ですね。

Sプランでは最大300kbps、M/Lプランでは最大1Mbpsに制限されます。

従来のシンプルプランでは、超過後も上記の速度で使い放題です。

しかし、シンプル2では低速通信を規定データ容量の半分以上使うと最大128kbpsに制限されます。

プラン二段階目の速度制限の条件二段階目の制限速度
プランS超過後に2GB/月以上利用最大128kbps
プランM超過後に10GB/月以上利用最大128kbps
プランL超過後に15GB/月以上利用最大128kbps

300kbpsや1Mbpsであれば、超過後もLINEや音楽ストリーミング、SNSなど最低限の用途は使えます。

しかし、128kbpsではちょっとした調べものやSNSもストレスです。

規定のデータ容量超過後も、データ通信を使いすぎないよう注意が必要になります。

かけ放題はサービス付帯で値上げ

シンプル2 S/M/Lの通話オプション

シンプル2ではかけ放題オプションも新しくなります。

オプション名内容月額料金
だれとでも定額+1回10分以内の国内通話が何度でも無料880円
スーパーだれとでも定額+国内通話が制限なく無料1,980円

どちらのオプションも以下の4つの通話サービスが無料で付帯します。

シンプル2のかけ放題に付帯するサービス
  • 留守番電話プラス
  • 割込通話
  • グループ通話
  • 一定額ストップ

留守番電話プラスや割込通話などを普段から使っているならお得ですね。

その代わりに、従来のかけ放題から月額料金は110円高くなりました。

オプション名シンプル2シンプル
10分かけ放題880円770円
無制限かけ放題1,9801,870円

「かけ放題だけで良い」人からすると、むしろ若干の値上げです。

スポンサーリンク

シンプル2と現行のシンプルの違いを比較

シンプル2は現行のシンプルプランからどこが変わったのでしょうか。

違いを比較してみましょう。

まずはSプランです。

Sプランシンプル2シンプル
データ容量4GB3GB
月額料金2,365円2,178円
PayPayカード割-187円
おうち割 光セット(A)※-1,100円-1,188円
家族割引(2回線目以降)※-1,100円-1,188円
月1GB未満の場合
割引後の月額料金1,078円990円
超過時の速度300kbps300kbps
低速の2段階制限ありなし
※おうち割 光セット(A)と家族割引は併用不可

Sプランはシンプルから1GB増量し、月額料金が187円高くなりました。

PayPayカード割が使えるなら同額ですし、なくてもそこまで大きな違いはありません。

いつも3GBギリギリ、という人はシンプル2へ移行しても良いでしょう。

続いてMプランとLプランです。

Mプラン比較シンプル2シンプル
データ容量20GB15GB
月額料金4,015円3,278円
PayPayカード割-187円
おうち割 光セット(A)※-1,650円-1,188円
家族割引(2回線目以降)※-1,100円-1,188円
月1GB未満の場合-1,100円
割引後の月額料金(1GB超)2,178円2,090円
割引後の月額料金(1GB以下)1,078円2,090円
超過時の速度1Mbps1Mbps
低速の2段階制限ありなし
※おうち割 光セット(A)と家族割引は併用不可
Lプラン比較シンプル2シンプル
データ容量30GB25GB
月額料金5,115円4,158円
PayPayカード割-187円
おうち割 光セット(A)※-1,650円-1,188円
家族割引(2回線目以降)※-1,100円-1,188円
月1GB未満の場合-2,200円
割引後の月額料金(1GB超)3,278円2,970円
割引後の月額料金(1GB以下)1,078円2,970円
超過時の速度1Mbps1Mbps
低速の2段階制限ありなし
※おうち割 光セット(A)と家族割引は併用不可

どちらも容量が5GBアップし、月額料金は大幅に高くなりました。

割引なしなら、シンプルプランに月額550円のデータ増量オプションを付けた方が割安です。

プランシンプル2シンプル+増量オプション
M4,015円3,828円
L5,115円4,708円

その代わりにシンプル2はおうち割 光セット(A)の割引額が増えました。

PayPayカード割とおうち割 光セット(A)を利用できるなら、月額料金の差は小さくなります。

さらに、シンプル2では月1GB以下だとプランMは1,100円、プランLは2,200円の割引です。

月によって利用するデータ容量にばらつきがあるならシンプル2が無駄なくお得…かもしれません。

「1GB以下の月があれば20~30GB使う月もある」という人がどれだけいるかは分かりませんが。

Sプランと違い、M/Lに移行した方が良い人は限定的だと感じました。

スポンサーリンク

ワイモバイルのシンプル2に関するQ&A

Q
シンプル2はいつからスタート?
A

シンプル2は2023年10月以降にスタートする予定です。

シンプル2のスタートに合わせて、現行のシンプルプランは新規受付を終了します。

Q
シンプル2はデータ繰り越し対応?
A

シンプル2はデータ繰り越しに対応します。

Q
シンプル2でシンプルプランのかけ放題は使えない?
A

使えません。シンプル2に加入すると旧プラン向けのかけ放題は解除されます。

まとめ

シンプル2は現行のシンプルプランよりデータ容量が増量し、併せて月額料金も高くなりました。

新たにPayPayカード割が追加されたほか、プランM/Lは月1GB以下だと1,100円の割引です。

シンプルプランでは容量が足りず、かつ割引をフル活用できるならシンプル2への移行を検討しましょう。

速度制限が二段階になっている点には注意しましょう。

割引を適用できない場合や現行のシンプルプランで足りている人は、無理にシンプル2へ変更する必要はありません。

そのままシンプルプランを継続すればOKです。

「シンプル」という名前ですが、シンプル2はむしろ複雑で分かりにくくなっていると感じました。

シンプルプランやライバルのUQモバイルとじっくり比較・検討したうえで、利用するかどうか判断してください。

記事内画像引用元:ワイモバイル公式

タイトルとURLをコピーしました