AQUOS sense2 レビュー!防水&おサイフケータイに対応した優秀モデルがさらに進化

AQUOS sense2 アイキャッチ Android

AQUOS sense2はコスパの良さで大ヒットした「AQUOS sense/sense lite」の後継モデルです。

防水やおサイフケータイへの対応はそのままに、CPUのグレードアップやディスプレイの大型化など、スペックが強化されました。

 

前モデルより使いやすくなっており、本機も大ヒットしそうな予感です。

そんなAQUOS sense2(SIMフリー版)を実際に購入したので、レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

外観・付属品チェック

まずはAQUOS sense2の外観や付属品をチェックしていきます。

アルミ素材を採用したシンプルなボディ

AQUOS sense2のボディは前モデル同様にアルミ素材を採用しています。

AQUOS sense2 外観

 

良くも悪くも低価格なAQUOS senseシリーズらしいデザインですね。

HUAWEIやASUSの同価格帯モデルと比べると高級感はなく、ややチープな印象を受けます。

 

でもサラサラとしていて手触りは良い感じです。

シャープのSIMフリースマホはカラーが豊富なのも魅力。

MVNO限定含めて7種類のカラーリングがあり、自分好みの色を選べます。

 

僕自身もターコイズグリーンが選べる、という理由だけでmineoにしました(笑)

 

上半分のアップ。

ちょっと見づらいですが、おサイフケータイ(Felica)のマークがついています。

AQUOS sense2 外観

 

ほんの少しですがアウトカメラが出っ張っています。

気になる人はケースを購入したほうがいいでしょう。

左側面にはSIMカードスロット。

AQUOS sense2 外観

 

SIMトレイはnano SIM×1とmicro SDカード×1といういつもの形状。

日本のメーカーは頑なにデュアルSIMにしませんねぇ。

AQUOS sense2 SIMカード

 

右側面は音量ボタンと電源ボタン。

AQUOS sense2 外観

 

本体底面にはUSB type-Cポート。

AQUOS sense2 外観

 

前モデルはmicro USBだったので、type-Cへの変更はうれしいですね。

低価格モデルはmicro USB採用気がまだまだ多いですが、そろそろ全部type-Cに統一してほしいです。

側面上部にはイヤホンジャックがあります。

AQUOS sense2 外観

5.5インチサイズは片手でも持ちやすい

続いて前面を見ていきましょう。

AQUOS sense2 外観

 

流行りのノッチはなし。

ZenFone 5やnova lite 3のようなノッチ採用のベゼルレススマホに見慣れるとベゼルも太く感じます。

 

でも使っていて窮屈とか、画面が小さいとかは感じません。

正直5.5インチあればゲームや動画も十分楽しめると思います。

 

本体サイズも大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいですね。

片手で持ってみました。

AQUOS sense2 外観

 

ディスプレイは5.5インチで、最近の大型スマホより一回り小さいです。

僕は特別手が大きいわけではないですが、片手でも楽に操作ができます。

大きすぎるスマホは嫌だ、という人でも問題ないでしょう。

付属品は最低限

続いてAQUOS sense2の付属品をチェック。

AQUOS sense2 付属品

  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • クイックスタートガイド

付属品は必要最低限のものだけ。

HUAWEIやASUSのスマホに慣れると物足りなく感じます。

 

ちなみにドコモ・auで販売しているAQUOS sense2はACアダプターがついていないので、事前に準備しましょう。

AQUOS sense2のスペック

ここからはAQUOS sense2のスペックを見ていきます。 まずはスペックを一覧表にまとめました。

カラー ホワイトシルバー
ニュアンスブラック
アッシュイエロー
アーバンブルー
カーディナルレッド
フレンチピンク
ターコイズグリーン
サイズ 幅約71mm
高さ約148mm
厚さ約8.4mm
重さ 約155g
ディスプレイ 約5.5インチ,IGZOディスプレイ
FHD+(2,160×1,080)
OS Android 8.1
CPU Snapdragon 450
(1.8GHzオクタコアCPU)
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウト:1200万画素 F値2.0
イン:800万画素 F値2.2
バッテリー 2,700mAh
対応バンド LTE:B1/3/5/8/12/17/19/26/41
3G:B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
SIMサイズ nanoSIM
DSDS ×
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
おサイフケータイ
防水・防塵 防水:IPX5/IPX8 防塵:IP6X

基本的には前モデルのAQUOS senseと同じ。

大きく異なるのは主に以下の3点。

  • CPUがSnapdragon430から450に
  • ディスプレイサイズが5.0インチから5.5インチに
  • Wi-FIが5GHz帯にも対応

AQUOS sense2はCPUに「Snapdragon 450」を採用しています。

省エネ性能に優れたミドルレンジクラスのCPUですね。

 

Snapdragon 430を搭載していたsense liteと比べ、サクサク感が向上しています。

SNSやブラウジングなど普段使いなら全く問題ありません。

 

もう1つ大きな変化がディスプレイサイズの向上です。

sense liteの5.0インチから5.5インチになりました。

しかもベゼルを削って大型化しているので、本体サイズはほぼ据え置きです。

最近は大きいスマホばっかりなので、sense2のサイズは割と貴重だと思います。

 

相変わらずIGZOディスプレイはきれいですね。

解像度がフルHD+になったこともあり、動画視聴にも最適。

 

あとはWi-Fiですね。

sense liteの対応規格は「IEEE 802.11b/g/n」しかありませんでした。

sense2は11acまで対応し、5GHz帯も使えるようになりました。

低価格モデルは11acに対応していない機種が多いので、これはうれしいですね。

Antutuスコアは約70,000

ベンチマークアプリ「Antutu」を使ってAQUOS sense2のスコアを計測してみました。

AQUOS sense2 Antutu

 

スコアは「72218」でした。

可もなく不可もなくって感じですね。

 

50000以上あれば普通に使う分には全く問題ありません。

実際にAQUOS sense2で、

  • SNS(Twitter)
  • ブラウジング
  • Smart News
  • Googleカレンダー
  • YouTube

などを使っていますが、サクサク快適に動いてくれます。

文字入力の引っ掛かりも少ないですね。

 

ただし、海外メーカーのスマホにはどうしてもコスパで劣ります。

例えばHUAWEI nova lite 3はAQUOS sense2より10,000円くらい安いですが、Antutuのスコアは120,000を超えます。

 

AQUOS sense2は防水やおサイフケータイといった独自機能が売りです。

単純なコスパではどうしてもHUAWEIやASUSに劣りますね。

ゲームをプレイしてみた

AQUOS sense2はゲーム向きではないですが、どのレベルのゲームまでならプレイできるのでしょうか?

実際にAQUOS sense2でゲームをいくつかプレイしてみました。

ゲーム名 動作※ 備考
モンスト 問題なし
PUGBモバイル 画質を下げれば何とか動くがエイムしづらい
FGO ロードがかなり長く、動作もカクつく
キンスレ 最低画質ならなんとかできる

※〇:問題なし △:できなくはないが難あり ×:快適なプレイは難しい

 

やはり3Dゲームのプレイには向きませんね。

出来なくはないですが、読み込みが長かったりカクカクしたりして、快適とは言えませんでした。

 

反対に軽い2Dゲームなら大丈夫ですね。

AQUOS sense2を買う場合、ゲームは2Dの軽いものだけにしたほうが無難です。

 

ゲームをプレイするならもう少しスペックが高いスマホにしましょう。

SIMフリー版は対応バンドが多い

AQUOS sense2は今回のSIMフリー版以外に、販売元によって3つのバリエーションがあります。

  • ドコモ版
  • au版
  • UQモバイル版

 

仕様はほぼ同じですが、SIMフリー版は対応バンドがもっとも多いです。

当たり前と言えば当たり前ですけどね。

SIMフリー版はドコモ、au、ソフトバンク(Y!mobile)の全回線に対応。

試しに、

  • mineo(ドコモ回線)
  • BIGLOBEモバイル(au回線)
  • LINEモバイル(ソフトバンク回線)

を使ってみましたが、全部正常に使えました。

どの回線の格安SIMでも、問題なく使えそうですね。

IGZOと省エネCPUで電池持ちも〇

AQUOS sense2は電池持ちの良さも魅力です。

 

バッテリー容量自体は2,700mAhとそこまで多くありません。

しかし、省エネ性能に優れたIGZO液晶ディスプレイとSnapdragon 450により、電池持ちはなかなか良いです。

 

実際にバッテリーがどれくらい持つかチェックしました。

電池100%かつ最高輝度でYouTubeの動画を再生し、何時間持つかを計測しました。

 

参考までに僕が所持している他の端末の結果も載せています。

バッテリー容量 再生時間
Moto E5 4000mAh 9時間36分
AQUOS sense2 2700mAh 5時間53分
OPPO R15 Neo 4230mAh 8時間1分
HUAWEI nova lite 3 3400mAh 6時間39分
HUAWEI P20 lite 3000mAh 5時間24分

結果は「5時間53分」でした。

上記の表の中では短い方ですが、バッテリー容量が2700mAhということを考えると検討しています。

 

動画視聴やゲームをしない人なら2日くらいは充電せずに使えそうですね。

防水に加えて9つのMIL規格に対応し耐久力アップ

AQUOS sense2もシリーズの特徴でもあるおサイフケータイ&防水・防塵に対応しています。

 

防水・防塵はともに最高等級の性能です。

さらに本機は以下の9つのMIL規格*1をクリアしています。

  • 耐衝撃
  • 防水
  • 温度耐久(高温保管)
  • 高温動作
  • 湿度耐久
  • 防湿
  • 低圧対応
  • 耐振動
  • 温度耐久(低温保管)

単に水回りで使えるだけでなく、より壊れにくくなっています。

これなら故障が心配な人でも安心して使えそうですね。 

AQUOS sense2のカメラをチェック

続いてAQUOS sense2のカメラをチェックします。

シリーズ初のAIオート搭載

AQUOS sense2はシリーズで初めてAI機能に対応しました。

 

AIが自動で被写体を判別し、最適なモードを選んでくれます。

例えば花にカメラを向けると「花」のマークが表示されます。

AQUOS sense2 AI

識別できるのは「人、料理、花、夕景、花火、QRコード、白板・黒板」の7種類。

HUAWEIやASUSに慣れると正直物足りないですが、普通に使う分にはこれだけ識別できれば問題ないでしょう。

実際に、AIオートでいくつか写真を撮ってみました。

AQUOS sense2 作例

AQUOS sense2 作例

AQUOS sense2 作例

AQUOS sense2 作例

AQUOS sense2 作例

AQUOS sense2 作例

 

可もなく不可もなく、って感じです。

メモ程度なら十分ですが、カメラにこだわる人だと物足りませんね。

夜景の撮影はイマイチ

明るいところではまずまずの写真が撮れましたが、夜景はイマイチでした。

AQUOS sense2 作例

AQUOS sense2 作例

AQUOS sense2 作例

 

F値が向上したので、暗所でも思ったよりは明るい写真が撮れました。

ただ、どうしてもノイズや白飛びが出てしまいますね。

 

マニュアルで細かく設定すれば、もう少し良い感じに撮れるかもしれませんが。

オート以外のモードも

AQUOS sense2にはオート以外にも複数のモードが用意されています。

AQUOS sense2 撮影モード

 

例えば「接写」は至近距離の被写体を撮るのに向いています。

背景もそこそこボケてくれます。

AQUOS sense2 作例

 

「モノクロ」を選ぶとモノクロ写真が撮れます。

AQUOS sense2 作例

生体認証は指紋と顔の2つに対応

AQUOS sense2は生体認証として指紋認証と顔認証が使えます。

指紋認証は前面の指紋センサーを利用します。

AQUOS sense2 指紋認証

 

認証精度・速度はまずまず。

HUAWEIやASUSのスマホと違って認識してくれない時もありますが許容範囲。

顔認証は前面のインカメラを利用。

AQUOS sense2  顔認証

 

顔認証は指紋認証と比べるとワンテンポ遅いですね。

低価格モデルですし、そこはしょうがないかもしれません。

基本は指紋認証を使い、手袋をしているときなど手が使えない時は顔認証、といったように使い分けましょう。

 

ちなみに指紋センサーはホームボタンとしても使えます。

AQUOS sense2 指紋センサー

 

ナビゲーションキーを消して、指紋センサーだけで「戻る」や「履歴」を使うようにすると、画面が広くなるのでおすすめです。

AQUOS sense2を購入できるMVNO一覧

AQUOS sense2は人気モデルということもあり、MVNOとのセット購入もできます。

主要な格安SIMのうち、AQUOS sense2を取り扱っているのは以下の通りです(2020年7月現在)。

MVNO名 一括 分割(24回)
BIGLOBEモバイル 1,380円
DMMモバイル 32,800円 1,743円
FiiMo 33,800円
IIJmio 19,800円 830円
LINEモバイル 34,800円 1,540円
LinksMate 34,600円 1,730円
mineo 33,000円 1,375円
NifMo 33,334円 1,389円
OCNモバイルONE 14,900円
QTモバイル 36,000円 1,500円
UQモバイル 33,7000円 1,400円
イオンモバイル 25,800円 1,476円
エキサイトモバイル 29,800円 1,241円
楽天モバイル 29,800円 1,341円

 

この中で一番安いのはOCNモバイルONEですね。

発売から時間が経って型落ちモデルになったとはいえ、14,900円はかなり安い。

 

しかもセール時には一括1円になることもあります。

そろそろ取り扱い終了しそうですし、欲しい方は急いだほうが良いですね。

まとめ

以上、AQUOS sense2のレビューでした。

  • 豊富なカラーバリエーション
  • 普段使いには問題ないスペック
  • 程よい本体サイズを維持しつつ画面が大型化
  • おサイフケータイと防水対応
  • 低価格ながらUSB type-Cを採用
  • バッテリー持ちが良い
  • 価格は前モデルからほぼ据え置き
  • 3Dゲームをプレイするにはスペック不足
  • 単純なコスパは海外メーカー製に劣る
  • カメラの性能は普通

 

低価格や防水・おサイフケータイ対応など、前モデルのいいところはそのまま継承。

それでいてスペックが向上しており、使い勝手がさらに良くなりました。

 

ゲームをプレイする人やカメラにこだわる人には向きません。

これまでのsenseシリーズ同様、防水とおサイフケータイにどれだけ価値を見出せるかで評価が変わる1台ですね。

 

低価格で防水&おサイフケータイ対応スマホが欲しい人にはおすすめです。

*1:米軍が調達する物資の規格。過酷な環境でも使えることを証明している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました