一括110円から!IIJmioのお得なスマホセットはこちら

【日本版も?】moto g64がインドで正式発表!Dimensity 7025搭載のミッドレンジ

moto g64 Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

モトローラインドが、gシリーズの最新モデル「moto g64」を正式発表しました。

Dimensity 7025を世界で初めて搭載するミッドレンジモデルです。

Android 14をプリインストールし、さらにAndroid 15へのアップデートも保証されています。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

moto g64のスペック概要

moto g64

moto g64のスペックは以下の通りです。

スペックmoto g64
カラーMint Green
Pearl Blue
Ice Lilac
サイズ幅約73.82mm
高さ約161.56mm
厚さ約8.89mm
重さ約192g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
FHD+(2,400×1080)
リフレッシュレート120Hz
OSAndroid 14
SoCDimensity 7025
メモリ8GB / 12GB
ストレージ128GB / 256GB
アウトカメラ50MP(f/1.8、メイン)
8MP(f/2.2、マクロ/超広角)
インカメラ16MP(f/2.4)
スピーカーステレオ
バッテリー6,000mAh(33W)
ワイヤレス充電×
対応SIMnanoSIM+nanoSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.3
防水・防塵IP52
引用元:motorola.in
moto g64の特徴まとめ
  • Dimensity 7025を世界初搭載
  • Android 15へのアップデート保証あり
  • ステレオスピーカー搭載、Dolby Atmosにも対応
  • 最大33Wの急速充電対応

moto g64はSoCにMediaTekのDimensity 7025を搭載します。

Dimensity 7025を搭載するのはmoto g64が世界初です。

moto g64はDimensity 7025搭載

詳しい性能は分かっていませんが、MediaTekは「Antutuスコアが前世代より7%向上した」と主張しています。

Dimensity 7020のAntutuスコアが40万弱だったので、41~42万くらいでしょうか。

いずれにせよ、普段使いなら問題なさそうです。

参考:Antutuスコアの目安

  • 20万未満:動作はモッサリ
  • 20~30万:最低限の性能、軽いアプリはOK
  • 30~50万:普段使いなら十分
  • 50万~80万:ゲーム以外はヌルヌル動く
  • 80万以上:多くのゲームがサクサク快適

OSはAndroid 14をプリインストールします。

すでにAndroid 15へのアップデートおよび3年間のセキュリティアップデートを保証すると発表済みです。

moto g64はAndroid 15へのアップデートが確約済み

バッテリー容量は6,000mAhと大容量です。

しかも33W(30Wかも?)の急速充電にも対応しています。

moto g64は30W充電対応

イヤホンジャックとステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmosもサポート。

最近のモトローラスマホはオーディオにかなり力を入れていますね。

スポンサーリンク

moto g54とg64の違いはわずか

moto g54

moto g64を、先代モデルにあたるmoto g54と比較してみました。

スペックmoto g64moto g54
カラーMint Green
Pearl Blue
Ice Lilac
Mint Green
Midnight Blue
Pearl Blue
サイズ幅約73.82mm
高さ約161.56mm
厚さ約8.89mm
幅約73.82mm
高さ約161.56mm
厚さ約8.89mm
重さ約192g約192g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
FHD+(2,400×1080)
約6.5インチ, LCD
FHD+(2,400×1080)
リフレッシュレート120Hz120Hz
OSAndroid 14Android 13
SoCDimensity 7025Dimensity 7020
メモリ8GB / 12GB8GB / 12GB
ストレージ128GB / 256GB128GB / 256GB
アウトカメラ50MP(f/1.8、メイン)
8MP(f/2.2、マクロ/超広角)
50MP(f/1.8、メイン)
8MP(f/2.2、マクロ/超広角)
インカメラ16MP(f/2.4)16MP(f/2.4)
スピーカーステレオステレオ
バッテリー6,000mAh(33W)6,000mAh(33W)
ワイヤレス充電××
対応SIMnanoSIM+nanoSIMnanoSIM + nanoSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)Wi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.35.3
防水・防塵IP52IP52
引用元:motorola.in(moto g64), (moto g54)

moto g64はmoto g54からスペックがほとんど変わっていないのが分かります。

主な違いはAndroid 14をプリインストールしているのと、SoCがDimensity 7025に変わったくらいですかね。

実際に使うとカメラやスピーカーの音質などで多少の差があるかもしれませんが、大きな違いはなさそうです。

価格は約2.8万円から、いずれは日本版も?

moto g64はインドで4月23日から発売開始されます。

価格は8GB/128GB版が14,999ルピー(約2.8万円)、12GB/256GB版が16,999ルピー(約3万円)です。

現時点では、moto g64がインド以外で発売されるかはわかっていません。

ただ、総務省の高周波利用設備の型式指定・型式確認の公示を見ると、moto g64と噂されているモデル(XT2431-2とXT2431-3)が認証を受けています。

moto g64は日本発売?

そのため、将来的にmoto g64が日本で発売される可能性もあります。

ただ、先代に当たるmoto g54も技適を取得していながら、まだ発売されていません。

あまり期待しすぎず、気長に待ちましょう。

記事内画像引用元:motorola.in(moto g64), (moto g54), Flipkart