一括110円から!IIJmioのお得なスマホセットはこちら

Motorola Edge 50 Ultra/Pro/Fusionが海外で正式発表。AI機能が売りの新フラグシップシリーズ

edge 50 ultra Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

モトローラが新フラグシップ「Motorola Edge 50」シリーズを海外で正式発表しました。

Edge 50 Proはすでにインドで正式発表済みですが、新たにUltraとFusionも加わりました。

3機種とも、AI機能を全面的にアピールしています。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

Motorola Edge 50 Ultraのスペック概要

Motorola Edge 50 Ultra

Motorola Edge 50 Ultraのスペックは以下の通りです。

スペックMotorola Edge 50 Ultra
カラーPeach Fuzz
Nordic Wood
Forest Grey
サイズ幅約72.38mm
高さ約161.09mm
厚さ約8.59mm
重さ約197g
ディスプレイ約6.7インチ, pOLED
1.5K(2,712×1220)
リフレッシュレート144Hz
OSAndroid 14
SoCSnapdragon 8s Gen 3
メモリ12GB / 16GB
ストレージ512GB / 1TB
アウトカメラ50MP(f/1.6、メイン)
50MP(f/2.0、超広角/マクロ)
64MP(f/2.4、望遠、光学3倍)
インカメラ50MP(f/1.9)
スピーカーステレオ
バッテリー4,500mAh(125W)
ワイヤレス充電〇(50W)
対応SIMnanoSIM+eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 7(802.11ax)
Bluetooth5.4
防水・防塵IP68
引用元:motorola.uk, motorolanews

Motorola Edge 50 Ultraはシリーズ最上位モデルです。

ハイエンド向けSoCの廉価版であるSnapdragon 8s Gen 3を搭載します。

Snapdragon 8s Gen 3

廉価版と言いつつスペックはハイエンドそのもの。

Antutuスコアは175万前後なので、スペック不足で困ることはまずないでしょう。

参考:Antutuスコアの目安

  • 20万未満:動作はモッサリ
  • 20~30万:最低限の性能、軽いアプリはOK
  • 30~50万:普段使いなら十分
  • 50万~80万:ゲーム以外はヌルヌル動く
  • 80万以上:多くのゲームがサクサク快適

リアカメラは50MP(メイン)+50MP(超広角/マクロ)+64MP(望遠)の3眼構成です。

64MPの望遠レンズは光学3倍ズームに加え、最大100倍のスーパーズームにも対応します。

Edge 50 Ultraのズーム

Edge 50 Ultraは“AI”を最大の売りにしています。

シャッタースピードを自動調整する「Action Shot」やAI手ブレ補正など、カメラにもAI機能が盛り込まれているようです。

バッテリー容量は4,500mAh、有線は125W、ワイヤレスは50Wの急速充電が可能です。

edge 50 ultraのバッテリー

スピーカーはステレオで、Dolby AtmosやSnapdragon Soundもサポートします。

edge 50 ultraのサウンド

ただし、イヤホンジャックは搭載しません。

スポンサーリンク

Motorola Edge 50 Proのスペック概要

Motorola Edge 50 Pro

Motorola Edge 50 Proのスペックは以下の通りです。

スペックMotorola Edge 50 Pro
カラーLuxe Lavender
Moonlight Pearl
Black Beauty
サイズ幅約72.4mm
高さ約161.23mm
厚さ約8.19mm
重さ約186g
ディスプレイ約6.7インチ, pOLED
1.5K(2,712×1220)
リフレッシュレート144Hz
OSAndroid 14
SoCSnapdragon 7 Gen 3
メモリ12GB
ストレージ512GB
アウトカメラ50MP(f/1.4、メイン)
13MP(f/2.2、超広角/マクロ)
10MP(f/2.0、望遠、光学3倍)
インカメラ50MP(f/1.9)
スピーカーステレオ
バッテリー4,500mAh(125W)
ワイヤレス充電〇(50W)
対応SIMnanoSIM+eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 6E(802.11ax)
Bluetooth5.4
防水・防塵IP68
引用元:motorola.uk

基本的なスペックはすでに発表されているインド版とほぼ同じです。

SoCにSnapdragon 7 Gen 3を採用します。

“Pro”という名前はハイエンドっぽいですが、中身はミドルハイですね。

Snapdragon 7 Gen 3

Snapdragon 7 Gen 3はAntutuスコアが90万前後なので、普段使いなら困らないでしょう。

リアカメラは50MP(メイン)+13MP(超広角)+10MP(望遠)の3眼構成。

Ultra同様にAI機能を全面的にアピールしており、カメラにもAIが活用されています。

バッテリー容量や充電速度はUltraと同じです。

有線は125W、ワイヤレスは50Wの急速充電をサポートします。

motorola edge 50 proは125W充電に対応

インド版は付属のACアダプタが68Wでしたが、グローバル版は125WのACアダプタが付属するようです。

Motorola Edge 50 Fusionのスペック概要

Motorola Edge 50 Fusion

Motorola Edge 50 Fusionのスペックは以下の通りです。

スペックMotorola Edge 50 Fusion
カラーForest Blue
Hot Pink
Marshmallow Blue
サイズ幅約73.1mm
高さ約161.9mm
厚さ約7.9mm
重さ約174.9g
ディスプレイ約6.7インチ, pOLED
FHD+(2,400×1080)
リフレッシュレート144Hz
OSAndroid 14
SoCSnapdragon 7s Gen 2
メモリ12GB
ストレージ256GB
アウトカメラ50MP(f/1.88、メイン)
13MP(f/2.2、超広角/マクロ)
インカメラ32MP(f/2.45)
スピーカーステレオ
バッテリー5,000mAh(68W)
ワイヤレス充電
対応SIMnanoSIM+eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.2
防水・防塵IP68
引用元:motorola.uk, motorolanews

今回発表されたEdge 50シリーズの中では最廉価モデルにあたります。

SoCはSnapdragon 7s Gen 2を採用しており、Antutuスコアは60万前後のようです。

edge 50 fusionは7s Gen 2搭載

アウトカメラは50MP(メイン)+13MP(超広角/マクロ)で、望遠レンズは搭載しません。

その他にも解像度はFHD+、充電速度が68WなどUltra/Proに比べるとスペックは控えめです。

一方で厚みは約7.9mmと薄く、重量も約174.9gと、シリーズ最薄・最軽量に仕上がっています。

それでいてバッテリー容量は5,000mAhと、上位2機種より多めです。

筆者
筆者

筆者的には、edge 20の後継としてEdge 40 Fuisonを使いたいですね。

価格は約6.6万円から

Motorola Edge 50シリーズの販売価格(希望小売価格)は以下の通りです。

Motorola Edge 50シリーズの販売価格
  • Edge 50 Ultra:999ユーロ(約16.4万円)~
  • Edge 50 Pro:699ユーロ(約11.4万円)~
  • Edge 50 Fusion:399ユーロ(約6.6万円)~

Proは今週中にも発売され、UltraとFusionも今後数週間のうちに発売予定です。

Edge 50シリーズはヨーロッパ、南米、アジア、オセアニア向けに展開されます。

現時点では、日本でもEdge 50シリーズが発売されるかは分かっていません。

筆者
筆者

Proのみ発売の可能性がありますが、できれば3モデルすべての日本発売に期待したいですね。

記事内画像引用元:motorola.uk(Ultra), (Pro), (Fusion), motorolanews