IIJmioは端末セットがお得!おすすめスマホはこちら
スポンサーリンク

moto g54が正式発表!Dimensity 7020搭載のミッドレンジ【海外版】

moto g54 Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

モトローラがミッドレンジモデルの最新版「moto g54」を海外で正式発表しました。

Dimensity 7020を採用し、8GBまたは12GBのメモリを搭載するなど、前モデルのmoto g53から大幅にスペックアップしています。

それでいて価格は2万円台からなので、コスパも良好です。

本記事ではmoto g54のスペックを簡単にまとめ、さらに先代のmoto g53とも比較してみました。

追記:

moto g54が技適を取得したことが分かりました。

日本国内でも、近いうちに発売されるかもしれません。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

moto g54のスペック・概要

moto g54のスペック

moto g54のスペックは以下の通りです。

スペックmoto g54(インド版)
カラーMint Green
Midnight Blue
Pearl Blue
サイズ幅約73.82mm
高さ約161.56mm
厚さ約8.89mm
重さ約192g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
FHD+(2,400×1,080)
リフレッシュレート120Hz
OSAndroid 13
SoCDimensity 7020
メモリ8GB / 12GB
ストレージ128GB / 256GB
アウトカメラ50MP(メイン)+8MP(超広角)
インカメラ16MP
バッテリー6,000mAh(33W)
対応SIMnanoSIM + nanoSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.3
スピーカーステレオ(Dolby Atmos)
イヤホンジャック
防水・防塵IP52
おサイフケータイ×
引用元:motorola.in

充実したスペックのミッドレンジ

SoCにMediaTekのDimensity 7020を採用しています。

Dimensity 7020はDimensity 930のリネーム版で、Antutuスコアは50万ほどになる予想です。

メモリ/ストレージは8GB+128GB版に加えて、ハイエンド並みの12GB+256GB版も用意されています。

moto g54のメモリ

普段使いなら十分すぎる性能です。

軽いものなら3Dゲームもプレイできそうです。

バッテリー容量は6,000mAhと大容量で、電池持ちも良さそうです。

33Wの急速充電に対応しており、66分で90%まで充電できるとしています。

moto g54のバッテリー

ステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmosにも対応しています。

イヤホンジャックもあるので、音にこだわりがある人にもピッタリです。

最近のモトローラ機はmoto g13moto g14といったエントリー機でもステレオスピーカーを搭載するなど、オーディオ面が充実していますね。

中国版はやや仕様が異なる

moto g54は中国でも発売されますが、中国版はインド版とやや仕様が異なります。

moto g54の違いインド版中国版
カラーMint Green
Midnight Blue
Perl Blue
Blue
Green
Magenta
外装加工プラスチック風レザー風
厚さ約8.89mm約8.04mm
重さ約192g約179.7g
メモリ8GB / 12GB8GB
ストレージ128GB / 256GB128GB
バッテリー6,000mAh(33W)5,000mAh(15W)
引用元:motorola.in, 中国レノボ

中国版は黒系統であるMidnight Blueの代わりに赤系統のMagentaがラインナップされています。

しかも外装はレザー加工です。

moto g54中国版

どちらが良いかは好みですが、高級感があるのは中国版ですね。

一方で12GB+256GBオプションがある、バッテリー容量が多いなどスペック面はインド版が充実しています。

その代わりに重量は中国版が軽めです。

スポンサーリンク

moto g53とmoto g54の違い

moto g53
画像引用元:motorola.com

moto g54を、前モデルにあたるmoto g53と比較してみました。

スペックmoto g54(インド版)moto g53
カラーMint Green
Midnight Blue
Pearl Blue
Ink Blue
Artic Silver
Pale Pink
サイズ幅約73.82mm
高さ約161.56mm

厚さ約8.89mm
幅約74.66mm
高さ約162.7mm
厚さ約8.19mm
重さ約192g約183g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
FHD+(2,400×1,080)
約6.5インチ, LCD
HD+(1,600×720)
リフレッシュレート120Hz120Hz
OSAndroid 13Android 13
SoCDimensity 7020Snapdragon 480+ 5G
メモリ8GB / 12GB4GB
ストレージ128GB / 256GB128GB
アウトカメラ50MP(メイン)
8MP(超広角)
50MP(メイン)
2MP(超広角)
インカメラ16MP8MP
バッテリー6,000mAh(33W)5,000mAh(10W)
対応SIMnanoSIM + nanoSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)Wi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.35.1
スピーカーステレオ(Dolby Atmos)ステレオ
イヤホンジャック
防水・防塵IP52×(撥水加工)
おサイフケータイ××
引用元:motorola.in, motorola.com

SoCがDimensity 7020にアップグレードされ、メモリも倍以上になりました。

解像度がHD+からFHD+にアップ、バッテリー容量の増量と充電速度の強化など、スペックが大幅にアップしています。

moto g53はエントリー寄りでしたが、moto g54は正真正銘のミッドレンジモデルですね。

厚みと重量が増していますが、それ以外はとくにダウングレードしたポイントも見つかりません。

moto g54は、moto g53から大きく進化していると言えます。

スポンサーリンク

まとめ

気になるmoto g54の価格は以下の通りです。

moto g54の価格
  • 8GB+128GB(インド版)
    15,999ルピー(約2.8万円)
  • 8GB+128GB(中国版)
    1,099元(約2.2万円)
  • 12GB+256GB(インド版)
    18,999ルピー(約3.3万円)

※レートはいずれも2023年9月6日時点のもの

8GB+128GBなら2万円台、12GB+256GBでも3万円台です。

Antutuスコア50万前後(想定)のミッドレンジとしては手ごろな価格と言えます。

このまま日本でも売ってほしいレベルです。

日本国内では、独自仕様の「moto g52j」や「moto g53j」などがリリースされました。

moto g54も、いずれ日本仕様になって登場するかもしれません。

記事内画像引用元およびソース:motorola.in, 中国レノボ

タイトルとURLをコピーしました