HUAWEI P30 lite レビュー。スペックやカメラを実際に使ってチェック!

P30 lite 背面 Android

HUAWEI P30 liteはHUAWEIから発売されているミドルクラスのSIMフリースマホです。

 

約3万円と手ごろな価格ながら高品質なカメラを搭載し、上位機種顔負けの写真が撮影できます。

CPU性能もそこそこよく、よほど重くなければゲームも可能です。

 

今回はHUAWEI P30 liteを実際に購入し、スぺックやカメラについてレビューしていきます。

スポンサーリンク

HUAWEI P30 liteの外観をチェック

さっそくHUAWEI P30 liteの外観をチェックしていきます。

まずは背面から。

P30 lite 背面

 

カラーはパールホワイトを購入。

シンプルながら安っぽさを感じさせない、安定の仕上がりです。 

 

側面の金属加工もアクセントになっていてカッコいいですね。

光が反射して画像は撮影しにくいですが…..(笑

 

背面上部には売りであるトリプルレンズカメラと指紋センサーがあります。

P30 lite 背面カメラ

 

カメラはやや出っ張っています。

気になる人はケースをつけましょう。

 

前モデルのHUAWEI P20 liteと並べてみました。

P30 liteとP20 lite

 

ほぼ同じですね。

P30 ltieのほうがやや縦長ですが誤差レベル。

カメラはデュアルレンズがトリプルレンズになっているだけで配置も同じ。

P20 liteの時点でかなり完成されたデザインだったからかもしれませんが、あまり新鮮さはありませんね。

 

続いて前面も比較してみました。

左がP20 lite、右がP30 liteです。

P30 liteとP20 lite

 

P30 liteは画面上部のノッチ(切り欠け)が水滴型になりました。

かなり小さいので、ノッチが嫌いな人も気にならないでしょう。

 

あと画面下のHUAWEIの文字がなくなり、その分少しだけ画面が広くなっています。

実際に持ってみるとこんな感じ(画像はケースを付けています)。

ディスプレイサイズは6.15と結構大きいですが、本体サイズは標準的。

よほど手が小さい人でなければ十分片手で使えます。

 

本体上部にはSIMカードスロット。

nova lite 3と同じ配置ですね。

P30 lite 上部

 

画面下部はUSB端子(USB-C)とイヤホンジャック。

この辺はHUAWEI P20 liteと全く同じです。

P30 lite 底部

 

付属品も相変わらず充実

HUAWEI P30 liteの付属品は以下の通り。

P30 lite 付属品

  • 取扱説明書
  • SIMピン
  • イヤホン
  • USBケーブル
  • ACアダプタ
  • ケース
  • 保護フィルム(画面に貼り付け済み)

相変わらずHUAWEIのスマホは付属品が充実しています。

ケースや保護フィルムまでついているのはさすがですね。

 

簡易的なものとはいえ、保護フィルムが最初からついているのは助かります。

HUAWEI P30 liteのスペック

ここからはHUAWEI P30 liteのスペックや性能面を見ていきます。

スペックは以下の通り。

カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
サイズ 幅約72.7mm
高さ約152.9mm
厚さ約7.4mm
重さ 約159g
ディスプレイ 約6.15インチ, FHD+
(2312×1080)
OS Android 9(EMUI 9.0)
CPU Kirin 710
(オクタコアCPU)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ アウト:2400万+800万+200万画素
イン:2400万画素
バッテリー 3340mAh
対応バンド 4G:B1/3/5/7/8/18/19/26/28/41
3G:B1/2/5/6/8/19
2G:850/900/1800/1900MHz
対応回線 ドコモ/au/ソフトバンク
SIMサイズ nanoSIM×2
DSDS 〇(DSDV)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×

オクタコアCPUのKirin 710と4GBメモリを搭載しており、動作は比較的サクサクです。

スワイプをしてもつっかかりはありませんし、文字入力もスムーズ。

 

P30 liteで以下のような用途をメインに使っていますが、普段使いなら全く問題ないですね。

  • ブラウジング
  • SNS(Twitter)
  • ニュースアプリ(スマートニュース)
  • YouTubeで動画視聴

ストレージも64GBあるので、よほどたくさんアプリを入れたり、写真を撮ったりしなければ大丈夫です。

また、詳しくは後述しますがDSDVにもしっかり対応しています。

 

スペック面が充実している一方、防水・防塵やおサイフケータイは今回も非対応。

そろそろおサイフケータイにも対応してほしいですね。

Antutuスコアは約11万

ベンチマークアプリ「Antutu」でスコアを測ってみました。

P30 lite Antutu

 

総合スコアは「116191」でした。

まさにミドルクラスというか、約3万円のスマホのど真ん中という感じ。

 

10万超えているので、よほど重い3Dゲームでなければ大丈夫そうです。

軽いものなら3Dゲームもプレイ可能

HUAWEI P30 liteでいくつかゲームを試してみました。

ゲーム名 動作※ 備考
モンスト 場面によってはややカクカクする
にゃんこ大戦争 問題なし
FGO 戦闘中にややカクカクする
PUBG 標準画質なら問題ないがかなり発熱
シャニマス 読み込み長め、発熱もややあり
キンスレ 画質を落とせばなんとかプレイ可

※〇:問題なし △:できなくはないが難あり ×:快適なプレイは難しい

2Dゲームであるモンストやにゃんこ大戦争は普通にプレイできました。

全く問題ありません。

 

3Dゲームも思ってたよりもプレイできました。

しかしPUBGなど負荷の大きいゲームはプレイできるものの、カクカクしたり発熱したりとやや難ありという感じ。

 

試しにFGOを少しプレイした時の動画をあげておきます。

 

HUAWEI P30 liteでもそれなりにゲームはできます。

ただ、負荷の大きい3Dゲームもサクサク快適にプレイしたいならもう少しランクが上のスマホを選びましょう。

スポンサーリンク

HUAWEI P30 liteのカメラ性能をチェック

HUAWEIのスマホと言えばカメラですよね。

 

ミドルクラスである「P lite」シリーズも、毎回価格以上のカメラを搭載して話題です。

今回のP30 liteは3万円台ながら、

  • 約2400万画素の広角レンズ
  • 約800万画素の超広角レンズ
  • 約200万画素の被写界深度レンズ

の3つで構成されるトリプルレンズカメラを背面に搭載しています。

果たして、どのような写真が撮れるのでしょうか?

約3万円のスマホとしては十分すぎる写真が撮れる

さっそく、作例を見ていきます。

まずは通常レンズ(オートモード)で写真をいくつか撮影しました。

P30 lite 作例

P30 lite 作例

P30 lite 作例

P30 lite 作例

P30 lite 作例

P30 lite 作例

P30 lite 作例

P30 lite 作例

P30 lite 作例

 

3万円のスマホとしてはこれだけ撮れれば十分ですね。

ディテールもしっかりしています。

背景をぼかして人物を際立たせる「ポートレート」や、ぼけを調節できる「アパーチャ」も使えます。

P30 lite 作例

 

ポートレートやアパーチャは前モデルのP20 liteにありました。

ただ、P20 liteと比べると被写体とボカす背景の境界がクッキリしている印象です。

今まで以上に、キレイにぼかした写真を撮影できますね。

超広角レンズで広い範囲を含めた写真を撮影可能

HUAWEI P30 liteの特徴の1つが「超広角レンズ」です。

 

画角120°のレンズにより、通常よりも広い範囲を含めた写真を撮影できます。

実際に通常レンズと超広角レンズで取り比べてみました。

 

上が通常レンズ、下が超広角レンズです。

P30 lite 広角レンズ

通常レンズ

P30 lite 広角レンズ

超広角レンズ

 

P30 lite 広角レンズ

通常レンズ

P30 lite 広角レンズ

超広角レンズ

 

P30 lite 広角レンズ

通常レンズ

P30 lite 広角レンズ

超広角レンズ

 

全く同じ場所で撮影しましたが、超広角レンズのほうが広い範囲が写っていますね。

風景写真やグループ写真を撮影する際に便利です。

 

画面端が少し歪むのと、通常レンズより画質が悪くなるのがやや気になります。

この辺はどうしても上位モデル(P30やP30 Pro)の超広角レンズには劣ります。

それでも3万円台のスマホで広角写真を撮れるのは魅力です。

「夜景モード」で薄暗い場所でもそこそこキレイに撮れる

HUAWEI P30 liteは薄暗い場所での撮影用の「夜景モード」も搭載しています。

こちらもいくつか試しに撮影してみました。

P30 lite 夜景

P30 lite 夜景

P30 lite 夜景

 

ちょっと白飛びやノイズは入りますが、3万円のスマホとしては許容範囲。

むしろ、スマホのカメラが苦手な夜景をこれだけ取れたら十分でしょう。

 

夜景モードは4~5秒かけて撮影します。

手ブレしやすいので、スタンドなどで固定したほうがいいかもしれません。

つまり上の写真は僕の取り方が下手でぶれているということ。

HUAWEI P30 liteのバッテリーをチェック

続いてHUAWEI P30 liteのバッテリー性能をチェックしてみます。

今回もバッテリー持ち充電速度の両方をテストしてみました。

バッテリー持ちは結構良い

最初はバッテリー持ちのテストです。

以下の状態のHUAWEI P30 liteでYouTubeの動画を再生し、電源が切れるまでの時間を計測してみました。

  • 電池100%
  • 明るさMAX
  • Wi-Fi接続
  • 画面のスリープオフ

その結果がこちら。

参考までに僕が所持している他の端末で同条件の実験をした結果も載せています。

バッテリー容量 再生時間
HUAWEI P30 lite 3340mAh 6時間45分
AQUOS sense2 2700mAh 5時間53分
OPPO R15 Neo 4230mAh 8時間1分
HUAWEI nova lite 3 3400mAh 6時間39分
HUAWEI P20 lite 3000mAh 5時間24分

バッテリー持ちは「6時間45分」でした。

容量が増えたということもあり、P20 liteより1時間以上伸びています。 

 

僕はSNSやニュースアプリがメインですが、こういった使い方だと充電は3日に1回くらいで済んでいます。

電池持ちは結構良いですね。

充電速度も速い

続いてHUAWEI P30 liteの充電速度も計測してみました。

先ほどの実験で電池が0%になった状態から、100%になるまでの時間を計測しました。

 

充電ケーブルとアダプタはHUAWEI P30 liteに付属しているものを使用しています。

こちらも参考までに僕が所持している他の端末で同条件の実験をした結果を載せています。

バッテリー容量 充電完了の時間
HUAWEI P30 lite 3340mAh 1時間45分
OPPO R15 Neo 4230mAh 2時間42分
HUAWEI nova lite 3 3400mAh 1時間45分
HUAWEI P20 lite 3000mAh 2時間12分

HUAWEI P30 liteの充電時間は「1時間45分」でした。

前モデルのP20 liteよりバッテリー容量が増えているにも関わらず、充電速度は速くなっています。

 

朝起きて充電し忘れていることに気づいても、 30分くらい充電すればとりあえず1日使えるバッテリーを確保可能です。

(もちろんゲームや動画視聴はしない前提)

DSDV対応&au VoLTE SIMもOK

HUAWEI P30 liteは2枚のSIMカードで同時に4G+4Gで待受け出来る「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)」に対応しています。

 

P liteシリーズでDSDVに対応するのは今回が初めてです。

(P20 liteはデュアルSIMですがDSDVは非対応でした)

 

ドコモとソフトバンク、そしてau VoLTEにもしっかり対応しています。

au VoLTE SIM2枚挿しやソフトバンク系SIMとau VoLTE SIMなど、柔軟な組み合わせが可能です。

実際にSIMカードを2枚挿してみました。

  • SIM1:OCNモバイルONE(ドコモ回線)
  • SIM2:LINEモバイル(au回線)

どちらもちゃんと電波が立ち、正常に通信ができました。

P30 lite DSDV

 

次は以下の構成を試してみました。

  • SIM1:LINEモバイル(ソフトバンク回線)
  • SIM2:LINEモバイル(au回線)

こちらもSIM1、SIM2ともに正常に電波が立っていますね。

P30 lite DSDV

 

注意点としては、P30 liteでDSDVを使うとmicroSDカードが使えなくなります。

以下はP30 liteのSIMスロットの画像です。

P30 lite DSDV

 

右側がSIMスロット1、左側がSIMスロット2なのですが、SIMスロット2はmicroSDカードスロットも兼ねています。

SIMを2枚挿すとmicroSDカードを挿せなくなる、ということですね。

 

DSDVとmicroSDを併用する場合はSIMカードスロットが独立している「トリプルスロット」構成のスマホを選ぶ必要があります。

今のところ、HUAWEI製のスマホでトリプルスロットの機種は国内では出ていないと思います。

トリプルスロットのスマホが欲しい人はASUSかOPPOのスマホを検討しましょう。

HUAWEI P30 liteを購入できる格安SIM一覧

HUAWEI P30 liteは大人気のスマホということもあり、数多くの格安SIMでセット販売を取り扱っています。

2019年12月現在、主要な格安SIMのうちHUAWEI P30 liteを購入できるところをまとめました。

価格はすべて税抜きです。

格安SIM 販売価格(一括) 販売価格(分割)
FiiMo 32,800円
IIJmio 29,800円 1,250円×24回
LINEモバイル 32,880円 1,470円×24回
LinksMate 29,800円 1,490円×24回
mineo 32,400円 1,350円×24回
NifMo 31,112円 1,273円×23回
(初回は1,840円)
OCNモバイルONE 12,800円
UQモバイル 28,800円 1,200円×24回
800円×36回
QTモバイル 31,200円 1,300円×24回
イオンモバイル 32,800円 1,366円×24回
エキサイトモバイル 29,800円 1,241円×24回
楽天モバイル 32,880円 1,370円×24回

価格は格安SIMによってバラバラですが、とくに安いのがOCNモバイルONEです。

一括のみ、かつ音声通話SIMとのセットですが12,800円という安さで購入できます。

 

3万で買ってもお得なP30 liteが1万円台で買えるなんて安すぎますね。

OCNモバイルONEでは頻繁にセールを実施しており、これ以上に安く買える可能性もあります。

とにかく安く購入したいなら、OCNモバイルONEがおすすめです。

まとめ

以上、HUAWEI P30 liteのレビューでした。

  • 普段使いには問題ないスペック
  • 夜景や広角写真もそこそこキレイなカメラ
  • 電池持ちも〇
  • DSDV&au VoLTE対応
  • これだけ充実して価格は約3万円
  • DSDV利用中はmicroSD利用不可
  • 防水やおサイフケータイには非対応

米国の制裁は気になるところですが、製品自体は問題なし。

3万円と手頃ですが、普通に使う分にはまず困らない性能です。

 

3Dゲームをバリバリプレイしたいとか、超高品質な写真を撮りたい、といった人でなければほとんどの人はP30 liteを選べば間違いありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました