IIJmioは端末セットがお得!おすすめスマホはこちら
スポンサーリンク

日本版「moto g24」正式発表!約2万円のエントリー機【moto g13との違いは?】

moto g24 Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

モトローラが日本向けの「moto g24」を正式発表しました。

Helio G85、8GBメモリ、128GBストレージなどを備えたエントリー機で、直売価格は20,800円です。

スペックはmoto g13とさほど変わりませんが、メモリが倍増されカメラ周りのデザインも変更されています。

吾妻かずき
吾妻かずき

筆者もmoto g24を購入しました。詳しくレビューしているのでぜひそちらも見てください♪

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

moto g24のスペック概要

Helio G85

moto g24のスペック概要は以下の通りです(参考:モトローラ公式)。

スペックmoto g24
販売価格(直売)20,800円
カラーマットチャコール
アイスグリーン
サイズ幅約74.53mm
高さ約163.49mm
厚さ約7.99mm
重さ約181g
ディスプレイ約6.6インチ, LCD
HD+(1,612×720)
リフレッシュレート90Hz
OSAndroid 14
SoCMediaTek Helio G85
メモリ8GB
ストレージ128GB
アウトカメラ①5000万画素(f/1.8、メイン)
②200万画素(f/2.4、マクロ)
インカメラ800万画素(f/2.0)
スピーカーステレオ
バッテリー5,000mAh(15W)
対応SIMnanoSIM + nanoSIM
DSDV
5G×
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.0
防水・防塵IP52(防滴)
おサイフケータイ×

SoCにはMediaTek製のHelio G85を採用しています。

エントリー向けのSoCで、Antutuスコアは27万ほどです。

お世辞にも快適とは言えませんが、メモリが8GBなので最低限の動作はするでしょう。

moto g13のAntutu
同じくHelio G85を採用するmoto g13のAntutuスコア
吾妻かずき
吾妻かずき

SNSやブラウジングくらいなら大丈夫ですが、ゲームは満足にプレイできません。

ディスプレイは解像度こそHD+ですが、90Hzのリフレッシュレートに対応します。

さらにステレオスピーカー搭載、ドルビーアトモス対応、イヤホンジャック搭載と、相変わらずオーディオ面はエントリー機とは思えない充実っぷりです。

moto g24のオーディオ面

昨年までのエントリー~ミドル機からデザインも刷新され、カメラが本体と一体化しています。

moto g24のカメラ

すでに海外では同デザインのカメラを採用するモトローラ機が複数リリースされています。

moto g13との大きな違いはメモリとOS

moto g13の外観
筆者が所有するmoto g13

モトローラが国内でリリースしているエントリー機としてmoto g13があります。

moto g24はmoto g13の後継にあたると思いますが、スペックはほとんど変わりません。

スペックmoto g24moto g13
販売価格(直売)20,800円22,800円
カラーマットチャコール
アイスグリーン
マットチャコール
ラベンダーブルー
サイズ幅約74.53mm
高さ約163.49mm
厚さ約7.99mm
幅約74.66mm
高さ約162.7mm
厚さ約8.19mm
重さ約181g約184g
ディスプレイ約6.6インチ, LCD
HD+(1,612×720)
約6.5インチ, LCD
HD+(1,600×720)
リフレッシュレート90Hz90Hz
OSAndroid 14Android 13
SoCMediaTek Helio G85MediaTek Helio G85
メモリ8GB4GB
ストレージ128GB128GB
アウトカメラ①5000万画素(f/1.8、メイン)
②200万画素(f/2.4、マクロ)
①5000万画素(f/1.8、メイン)
②200万画素(f/2.4、マクロ)
③200万画素(F/2.4、深度)
インカメラ800万画素(f/2.0)800万画素(f/2.0)
スピーカーステレオステレオ
バッテリー5,000mAh(15W)5,000mAh(20W)
対応SIMnanoSIM + nanoSIMnanoSIM + nanoSIM
DSDV
5G××
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)Wi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.05.1
防水・防塵IP52(防滴)IP52(防滴)
おサイフケータイ××

細かい違いはあるものの、大きな変更点はメモリとOSのバージョンだけです。

ディスプレイの仕様はほぼ同じ、カメラもスペック上はほぼ変化がありません。

SoCがHelio G85のままなのが残念ですね。

筆者
筆者

8GBメモリになったので多少はマシになっていそうですが、スペックが低いことに変わりはありません。

一方で、moto g24はOSのバージョンがAndroid 14です。

モトローラのエントリー機はOSサポートがあまり長くない傾向にあります。

これから買うなら、最初からAndroid 14対応のmoto g24がおすすめです。

moto g13は実際に購入・レビューしているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

価格は約2万円、MVNOでは一括110円も

moto g24は2024年3月22日に発売される予定です。

定価は20,800円で、直売サイトのほかAmazonなどでも購入できます。

MVNO各社でも取り扱われる予定で、例えばIIJmioならMNP乗り換えで一括110円です。

普通に買っても安いですが、とにかく安く買いたいならIIJmioが狙い目と言えます。

記事内画像引用元:モトローラ

タイトルとURLをコピーしました