IIJmioは端末セットがお得!おすすめ商品はこちら
スポンサーリンク

moto g play(2024)が海外発表!SD 680搭載のエントリー機【スペック・価格まとめ】

moto g play(2024) Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

モトローラの最新エントリー機、moto g play(2024)が海外で正式発表されました。

スペック的に特筆すべき点はありませんが、従来のモトローラ機にはなかったカメラデザインを採用しています。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

moto g play(2024)のスペック概要

moto g play(2024)

moto g play(2024)のスペックは以下の通りです。

スペックmoto g play(2024)
カラーSapphire Blue
サイズ幅約74.96mm
高さ約163.82mm
厚さ約8.29mm
重さ約185g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
HD+(1,600×720)
リフレッシュレート90Hz
OSAndroid 13
SoCSnapdragon 680
メモリ4GB
ストレージ64GB
アウトカメラ5000万画素
インカメラ800万画素
スピーカーステレオ
バッテリー5,000mAh(15W)
対応SIMnanoSIM
DSDV×
5G×
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.1
防水・防塵IP52
引用元:moto g play – 2024

moto g play(2024)はSoCにSnapdragon 680を採用するエントリー機です。

Snapdragon 680は日本だとRedmi Note 11などが採用しています。

ストレージが64GB、アウトカメラはシングル、対応SIMもnanoSIMだけです。

エントリー機とはいえ、スペックはあまり高くありません。

吾妻かずき
吾妻かずき

ただし、先代モデルに比べるとかなりパワーアップしています。

モトローラのエントリー機らしく、オーディオ面は充実しているようです。

ステレオスピーカーとイヤホンジャックを搭載し、Dolby Atmosにも対応します。

moto g play(2024)のスピーカー

その他に注目すべきなのがアウトカメラのデザインです。

これまでのモトローラ機と違い、カメラが背面ボディと一体化したようなデザインに変更されています。

moto g play(2024)のカメラ

カメラと本体の繋ぎ目がシームレスですね。

なんだかOPPOのFind X3 Proを思い出します。

個人的には従来のデザインが好みですが、ちょっとマンネリ気味なのも事実です。

今後のモトローラ機でもこのデザインが採用されるか、注目しましょう。

スポンサーリンク

moto g paly(2023)から大きく進化

moto g play(2023)

スペックを抑えたエントリー機のmoto g play(2024)ですが、先代のmoto g play(2023)からはかなりパワーアップしています。

スペックmoto g play(2024)moto g play(2023)
カラーSapphire BlueNavy Blue
サイズ幅約74.96mm
高さ約163.82mm
厚さ約8.29mm
幅約76.54mm
高さ約167.24mm
厚さ約9.36mm
重さ約185g約203g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
HD+(1,600×720)
約6.5インチ, LCD
HD+(1,600×720)
リフレッシュレート90Hz90Hz
OSAndroid 13Android 12
SoCSnapdragon 680Helio G37
メモリ4GB3GB
ストレージ64GB32GB
アウトカメラ5000万画素1600万画素
インカメラ800万画素500万画素
スピーカーステレオモノラル
バッテリー5,000mAh(15W)5,000mAh(10W)
対応SIMnanoSIMnanoSIM
DSDV××
5G××
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)Wi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.15.0
防水・防塵IP52IP52
引用元:moto g play – 2024, moto g play

ほぼすべての項目で先代モデルを上回っていますね。

処理性能・カメラ性能が大きく向上していますし、スピーカーもステレオになりました。

それでいて本体は軽量・小型化されています。

吾妻かずき
吾妻かずき

先代はちょっと残念な仕様でしたが、moto g play(2024)はまだ良さそうです。

価格は149.99ドル、日本発売は期待薄

moto g play(2024)は米国では2月8日から、カナダでは1月26日から発売されます。

価格は149.99ドル(約2.2万円)です。

日本ではmoto g9 play以降、名前にplayとつく機種は発売されていません。

moto g9 play
筆者が使っていたmoto g9 play

moto g play(2023)も国内では発売されていませんし、おそらくmoto g play(2024)も日本では発売されないでしょう。

いずれは新デザインのカメラを搭載したモトローラ機も、日本で発売してほしいですね。

記事内画像引用元:moto g play – 2024

タイトルとURLをコピーしました