Amazonタイムセール祭り開催中!対象商品はこちら

Googleの「Gallery Go」を使ってみた。シンプルで良い感じです

Gallery GoAndroid

(画像はGoogle公式より)

Googleが軽量なギャラリーアプリ「Gallery Go」をリリースしました。

 

特別な機能や特徴はありません。

機能を必要最低限に抑え、シンプルかつ快適な動作を実現しています。

 

標準のギャラリーアプリの代わりにシンプルなものが欲しいと思っていた人にはピッタリなアプリです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻かずきをフォローする

「Gallery Go」はGoogleが新興国向けにリリースしたギャラリーアプリです。

 

これまでもGoogleは新興国向けにYouTube Goなどの軽量版アプリを出しています。

Gallery GoはGoogle フォトの軽量版という位置づけですね。

 

現在はAndroidのみ利用できます。

Gallery Go by Google フォト

Gallery Go by Google フォト

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

軽量版ということもあり、アプリの容量は約34MBしかありません(2022年8月現在)。

Google フォトが214MBであることを考えるとかなり軽いですね。

Gallery Goの容量(22年8月)

機能は必要最低限でとてもシンプル

さっそくGallery Goを起動してみました。

画像が時系列順に並んでいます。

Galary Go トップ

 

UIがすっごくシンプルでスッキリしています。

広告は一切ありません。

動作もかなり軽量です。

 

画面下部の「フォルダ」タブを押すとフォルダごとの表示に切り替わります。

Galary Go フォルダ

 

画像の編集はフィルタ適用に回転、切り抜きという必要最低限のみ可能です。

本格的に編集したい人は別途、画像編集アプリを使いましょう。

Galary Go 編集

 

Gallery Goの機能はこれだけです。

本当にオフラインで画像を閲覧するためだけのアプリで、それ以上でもそれ以下でもありません。

オンラインバックアップはGoogle フォトでする

Gallery Goは軽量かつオフラインでも使えることを売りにしています。

そのため、オンラインに画像をバックアップするような機能はありません。

 

写真をオンラインに保存しておきたい人はGoogle フォトを使いましょう。

スポンサーリンク

Googleフォトとの違い

GoogleフォトとGallery Goの違いを簡単にまとめました。

機能Gallery GoGoogleフォト
オンラインバックアップ×
編集回転
カット
フィルター
補正
カット
回転
調整(明るさ、HDRなど)
フィルタ
マークアップ
フェイスグルーピング
検索×
フォルダ分け
お気に入り
思い出機能×
位置情報管理×
Googleレンズ×
共有
パートナーとの自動共有×
ダークモード設定×

機能面ではやはりGoogleフォトに劣りますね。

シンプルさを取るか、機能性を取るかの2択です。

 

もちろんGallery GoとGoogleフォトを併用しても良いでしょう。

筆者はGallery Goをメインに使っていますが、編集はGoogleフォトを使っています。

まとめ

Gallery Goはとってもシンプルで軽量なギャラリーアプリです。

機能は少なく、オンラインバックアップなど利便性を求める人には向きません。

 

逆に、僕みたいに

  • 写真をオンラインに保存しない
  • 画像をサッと確認できればそれでいい

という人なら、Googleフォトの代わりにピッタリですよ。

タイトルとURLをコピーしました