移転したばかりで表記が崩れている箇所が多々あります。 見づらいと思いますが、ご了承ください。

Xperia 8レビュー!実際に使ってみた評価・感想

Android

他ブログから移転したばかりで表記が崩れているところが多々あります。

見づらいと思いますが、ご了承ください。

Xperia 8はソニーから発売されているミドルレンジクラスのスマホです。

 

従来のXperiaは大手キャリア向け、かつ10万円前後の高価なモデルばかりでした。

Xperia 8は価格を実質3~5万円ほどに抑え、一部の格安SIMでも販売されています。

 

価格を抑えながらも、最近のXperiaの特徴である21:9の縦長ボディを採用。

動画やゲームなど、エンタメ要素を楽しめる1台となっています。

 

今回はそんなXperia 8をUQモバイルの「Try UQ mobile」でレンタルしたので、スペックや特徴をレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

特徴的な外観をチェック

さっそくXperia 8の特徴でもある外観を見てみましょう。

f:id:happy-applications-maker:20191031193106j:plain

 

背面はガラスボディ。

シンプルながら光沢があり、高級感ただよう仕上がりです。

Xperia 8最大の特徴は縦横比が21:9、つまりとても縦に長いという事です。

 

例としてAQUOS sense plusと比べてみました。

f:id:happy-applications-maker:20191031201725j:plain

 

かなり縦に長いのが分かります。

逆に横幅は狭いです。

横幅が狭いためサイズの割には片手でも結構楽に持てます。

f:id:happy-applications-maker:20191031200645j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191031200725j:plain

 

写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなり長いです。

持った感じが今までのスマホと結構違うので、できれば家電量販店などで一度実物を手に取って確認しましょう。

気になる使い勝手については「良いところもたくさんあるけどデメリットもある」って感じです。

詳しくはのちほど紹介します。

 

続けて外観をチェックしていきます。

背面上部にはデュアルレンズカメラ。

f:id:happy-applications-maker:20191031193202j:plain

 

結構、出っ張ってます。 

不安な人はカバーをつけましょう。

 

右側側面に電源ボタンがあります。

電源ボタンは指紋認証センサーも兼用。

f:id:happy-applications-maker:20191031193259j:plain

 

側面フレームはアルミです。

ぶっちゃけちょっと安っぽく感じます。

背面のデザインが良いだけにここはちょっと残念。

 

上部にはイヤホンジャックがあります。

最近のXperiaはイヤホンジャック非搭載モデルが多いので、有線イヤホンを使いたい人には嬉しいですね。

f:id:happy-applications-maker:20191031193342j:plain

 

下部にはUSB type-Cポートがあります。

キャップレス防水なので、このまま水回りで利用可能です。

f:id:happy-applications-maker:20191031193345j:plain

Xperia 8のスペック

ここからはXperia 8のスペックを見ていきましょう。

カラー ホワイト
ブラック
オレンジ
ブルー
サイズ 幅約69mm
高さ約158mm
厚さ約8.1mm
重さ 約170g
ディスプレイ 約6.0インチ, FHD+
(2520×1080)
OS Android 9
CPU Snapdragon 630
(オクタコアCPU)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ アウト:
1200万画素+800万画素
イン:
800万画素
バッテリー 2760mAh
SIMサイズ nanoSIM
DSDS ×
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
防水・防塵 IPX5/IPX8、IP6X
おサイフケータイ

CPUにはミドルクラスでの採用が多い「Snapdragon 630」を採用。

メモリ4GB/ストレージ64GBと、ここ最近のミドルレンジスマホとしては標準的なスペックです。

SNSやブラウジング、動画視聴などを一通り試してみましたが全く問題なし。

スワイプや文字入力もスムーズです。

実際にXperia 8でSNSやニュースアプリを使っている動画がこちら。

ただ、防水・防塵とおサイフケータイに対応しているとはいえこのスペックで約5万は割高。

実際は割引によって3万円くらいで買えることが多いですが、本来なら定価で3万円くらいが妥当なところでしょう。

 

これまで高価なモデルばかりだったXperiaですが、本気で2~3万円前後の価格帯で戦うなら、もう少しスペックにインパクトが欲しかったところ。

Antutuベンチマークのスコア

ベンチマークソフト「Antutu」を使ってXperia 8のスコアを計ってみました。

f:id:happy-applications-maker:20191101132333j:plain

総合スコアは「110145」でした。

ミドル~ミドルハイクラスといった感じのスコア。

普段使いなら全く問題ないでしょう。

 

一方、GPUの項目は同クラスのスマホよりやや低めでした。

やはり、3Dゲームをプレイするには力不足に感じます。

軽いゲームならプレイ可能

実際にいくつかゲームをプレイしてみました。

ゲーム名 動作※ 備考
モンスト 全く問題なし
にゃんこ大戦争 全く問題なし(21:9比率に対応)
FGO 比較的快適だがロード長め、発熱多め
PUBG 低画質ならなんとかできるが発熱多め
シャニマス カクカクしてアピールがうまくいかない
キンスレ 動きがもっさり。発熱多め

※〇:問題なし △:できなくはないが難あり ×:快適なプレイは難しい

軽い2Dゲームは問題ないですが、3Dゲームはちょっとモッサリしていますね。

あと思っていたより発熱します。

同じCPUであるAQUOS sense plusはこんなに発熱しなかったんですけどねぇ。

 

3Dゲームをガッツリやりたい人にはやはり力不足。

ゲームをやるなら最低でもSnapdragon 660を搭載しているモデルを買いましょう。

縦長ディスプレイのメリット・デメリット

f:id:happy-applications-maker:20191031194438j:plain

すでにお伝えしている通り、Xperia 8は縦横比21:9という縦長ディスプレイを搭載しているのが最大の特徴です。

縦長になったことで、

  • SNSやブラウジングがはかどる
  • マルチタスクがしやすい
  • 動画やゲームを大画面で楽しめる

といったメリットがあります。

一方で、この比率に対応したコンテンツが少ない、片手で操作しにくいというデメリットもあります。

SNSやブラウジングがはかどる

縦長ディスプレイのXperia 8では、縦にスクロールする回数が多いSNSやブラウジングがかなりはかどりますね。 

ここでは試しに「ZenFone 5」と比較してみます。

まずはTwitterです。

f:id:happy-applications-maker:20191031194025j:plain

 

ZenFone 5は2ツイート目の半分くらいまでしか映っていません。

対して、Xperia 8は3ツイート目の途中まで1画面に映っています。

一気にたくさんのツイートを読めるので、スクロールする回数が結構減りますね。

 

続いてはYahoo!のトップ画面で比較してみました。

f:id:happy-applications-maker:20191031194149j:plain

 

ZenFone 5はニュースが途中までしか表示されません。

Xperia 8はすべてのニュースが表示され、その下の広告まで見えていますね。

1画面で比べるとわずかな差に感じるかもしれませんが、長時間使ってみると結構な差がでます。

マルチタスクがしやすい

縦長ディスプレイのXperia 8ではマルチタスクがしやすいというメリットもあります。

マルチタスクは2つのアプリを同時に利用する機能です。

 

マルチタスク自体は他のAndroidスマホでもできます。

しかし、縦長ディスプレイのXperia 8では他の機種よりもマルチタスクがやりやすいです。

例えば上画面で動画を見つつ、下画面でTwitterに感想を投稿、といったことが可能です。

f:id:happy-applications-maker:20191031200904j:plain

 

マルチタスク、他のスマホだと1画面が小さすぎるので全然使っていませんでした(笑)

Xperia 8は1画面が比較的大きいので、マルチタスクが結構快適です。

動画・ゲームは大迫力だが対応コンテンツがまだ少ない

もう1つ、Xperia 8の縦長ディスプレイのメリットを感じたのが動画を見る時です。

全画面で動画を見た時の迫力が全然違いました。

 

例として、YouTubeで21:9対応動画を再生してみました。

画面全体に動画が広がり、かなりの迫力です。

f:id:happy-applications-maker:20191031200517j:plain

 

動画だけでなく、ゲームも大迫力。

試しにPUBGモバイルをプレイしてみましたが、没入感がすごいです。

f:id:happy-applications-maker:20191031193527j:plain

 

ただ、このディスプレイを活かすにはコンテンツ側が21:9の比率に対応している必要があります。

例えばこちらの動画は縦横比が21:9に対応してないので、左右に黒い帯が目立ちます。

f:id:happy-applications-maker:20191031193826j:plain

 

ゲームに関しても同じです。

例えばFGOをプレイすると右端に黒い帯がかなりありました。

f:id:happy-applications-maker:20191031200608j:plain

現時点では21:9に対応したコンテンツはまだ少ないです。

今後この比率のスマホが増えれば、自然とコンテンツも増えていくでしょう。

片手だと上まで手が届かない

Xperia 8を使っていて困ったのが、片手だと上まで届かないことですね。

(容易に想像がつきましたが)

f:id:happy-applications-maker:20191103204828j:plain

 

2段目はかろうじて届きますが、最上段はなかなか厳しいです。

「なら下に配置すればいいじゃん」ってことなんですが、そこはなんというか「こだわり」があるじゃないですか。

「アプリは上から並べたい」って人もいるかもしれません。

 

そういう人にとっては少し不便ですが、独自機能である「サイドセンス」を活用すればなんとかなります。

サイドセンスを使えば片手でもなんとか操作可能

サイドセンスはディスプレイの端っこにあるバーをタップすると使いたいアプリや機能が表示される機能です。

画面中央、右端にあるバーをダブルタップします。

f:id:happy-applications-maker:20191101133219j:plain

 

すると、登録しておいたアプリや機能にアクセス可能です。

f:id:happy-applications-maker:20191101133346j:plain

 

表示するアプリは自由にカスタマイズできるので、よく使うアプリはここに表示しておくといいでしょう。

ちょっと慣れが必要ですが、サイドセンスを活用すれば片手だけでも十分操作できます。

他にもサイドセンスにはジェスチャー操作(下にスライドでホームに戻る、など)を割り当てることも可能。

自分好みにカスタマイズするのも楽しいですね。

 

以下は実際にサイドセンスを使ってTwitterを起動し、ジェスチャー操作でホームに戻るをやってみた動画です。

最初はサイドセンスがうまく動いてくれなくて苦戦しました。

(こんな短い動画なのに何回も撮り直ししてます笑)

やはり慣れが必要ですね。

カメラ性能はXperiaとしては物足りない

Xperiaと言えばカメラ性能の良さで知られています。

ただ、価格を抑えたXperia 8のカメラ性能はXperiaとしてはやや物足りない仕上がりです。

いくつか写真を撮影してみました。

f:id:happy-applications-maker:20191101133641j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191102194007j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191103201201j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191103201213j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191103201257j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191103201308j:plain

 

可もなく不可もなく、って感じですね。

価格が安い分、上位モデルと比べると明るさが足りなかったり、ディテールが甘かったりします。

日常のスナップ写真くらいなら問題ないですが、こだわる人には物足りないですね。

光学2倍ズームが便利

Xperia 8は光学2倍ズームに対応しています。

倍率はそこまで高くないですが、ワンタッチで画質を落とすことなくズーム可能。

少し離れた被写体を撮るのに便利です。

 

こちらは通常撮影。

f:id:happy-applications-maker:20191102194114j:plain

 

そしてこちらはズーム撮影。

f:id:happy-applications-maker:20191102194118j:plain

 

意外とズームできます。

暗いところでの撮影はイマイチ

明るいところではそこそこ撮影できるXperia 8ですが、暗いところには弱いです。

f:id:happy-applications-maker:20191102193736j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191102193739j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191103201718j:plain

f:id:happy-applications-maker:20191103201903j:plain

全体的に明るさが足りないですね。

明るい部分は白飛びしてますし、ノイズも乗っています。

この価格帯である程度夜景を撮影したいならHUAWEI P30 liteがおすすめですよ。

バッテリーをチェック

スマホを使う際には電池持ちも気になりますよね。

ここからはXperia 8の電池持ちと充電速度をチェックします。

バッテリー持ちはそこそこ

最初はバッテリー持ちのテストです。

以下の状態のHUAWEI P30 liteでYouTubeの動画を再生し、電源が切れるまでの時間を計測してみました。

  • 電池100%
  • 明るさMAX
  • Wi-Fi接続
  • 画面のスリープオフ

その結果がこちら。

参考までに僕が所持している他の端末で同条件の実験をした結果も載せています。

バッテリー容量 再生時間
Xperia 8  2,760mAh  5時間43分
HUAWEI P30 lite 3340mAh 6時間45分
AQUOS sense2 2700mAh 5時間53分
OPPO R15 Neo 4230mAh 8時間1分
HUAWEI nova lite 3 3400mAh 6時間39分

電池持ちは「5時間43分」でした。

バッテリー容量がやや少ないことを考えると妥当でしょうか。

 

P30 liteやR15 Neoなど、バッテリー容量が多いスマホにはやはり勝てません。

電池持ちを重視するなら最低でも3000mAhはあった方がいいですね。

充電速度はあまり速くない

続いては充電速度を計測しました。

先ほどの実験で電池が0%になった状態から、100%になるまでの時間を計測しました。

 

充電ケーブルとアダプタはXperia 8に付属しているものを使用しています。

こちらも参考までに僕が所持している他の端末で同条件の実験をした結果を載せています。

バッテリー容量 充電完了の時間
Xperia 8  2,760mAh  2時間42分
HUAWEI P30 lite 3340mAh 1時間45分
AQUOS sense2 2700mAh 2時間42分
OPPO R15 Neo 4230mAh 1時間45分
HUAWEI nova lite 3 3400mAh 2時間12分

Xperia 8の充電時間は「2時間42分」でした。

特別遅いわけではないですが、急速充電に対応しているP30 liteやR15 Neoと比べると遅いですね。

ちなみに公式の充電時間が約160分なので、公式通りと言えばその通り。

 

バッテリーは容量・充電速度ともに可もなく不可もなく、という感じでした。

悪くはないですが、バッテリー周りを重視する人には向かなそうですね。

顔認証には非対応

Xperia 8では生体認証として指紋認証のみ使えます。

残念ながら顔認証は使えません。

 

顔認証の認証速度・精度が指紋認証に劣るのは事実です。

ただ、手汗をかいているときや手袋をしているときは指紋認証しづらいので顔認証があると助かります。

 

今時2~3万くらいのスマホでも対応しているのだから、5万円するXperia 8も対応してほしかったですね。

Xperia 8はUQモバイル/Yモバイルで購入可能


2019年11月現在、Xperia 8が購入できる格安SIMは「UQモバイル」と「Yモバイル」のみです。

単体購入はできません。

それぞれの販売価格は以下の通りです(すべて税込み)。

一括購入 分割(24回) 分割(36回)
UQモバイル 35,600円 1,485円×24回 990円×36回
Yモバイル 35,784円 1,491円×24回 994円×36回
Yモバイル
(SBから乗り換え)
54,000円 2,250円×24回 1,500円×36回

本体価格はどちらで買ってもほぼ同じ。

ただし、ソフトバンクからYモバイルに乗り換える場合は割引がなく本体価格が高くなるので要注意。

UQモバイルとYモバイルのどちらが良いかは電話を使うかどうかで判断しましょう。

  • 電話をたくさん使う人:完全かけ放題があるYモバイル
  • 電話を使わない人:データ通信の使い勝手が良いUQモバイル

UQモバイルはデータ繰り越しと速度切り替えに対応し、低速時の速度が速いなど、データ通信の使い勝手が良いです。

一方で、Yモバイルでは回数・時間ともに無制限に電話がかけ放題になるオプションが利用できます。

電話メインならYモバイル、データ通信メインならUQモバイルを選ぶといいでしょう。


単純なコスパではライバル機に劣る

Xperia 8は定価こそ約5万ですが、実質価格は3万5千円くらい。

そう考えるとコスパは悪くないように見えます。

ただ、単純なコストパフォーマンスではライバル機に劣ります。 

試しに、価格が近くておサイフケータイ・防水対応である「OPPO Reno A」「AQUOS sense3」と比較してみました。

Xperia 8 Reno A AQUOS sense3
価格 約35,000円 約39,000円 約31,000円
CPU※ スナドラ 630 スナドラ 710 スナドラ630
メモリ 4GB 6GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB 64GB
バッテリー 2,760mAh 3600mAh 4,000mAh
カメラ アウト:1200万
+800万
イン:800万
アウト:1600万
+200万
イン:800万
アウト:1200万
+1200万
イン:800万
防水 IPX5・IPX8/IP6X IP67 IPX5・IPX8/IP6X

※スナドラはSnapdragonの略

Reno Aに関してはスペックは完全に上。

CPUは高性能ですし、メモリの容量も多いです。

AQUOS sense3はスペックが近いですがバッテリーが大容量。

カメラはそこまで差がないと思いますが、超広角レンズを積んでおり広い範囲を含めた写真が撮影できます。

こうしてみると、コスパに関してはReno AやAQUOS sense3のほうが上であることが分かりますね。

 

21:9の縦長ディスプレイと、Xperiaというブランド。

この2つにどれだけ価値を見出せるかで、評価が変わるスマホと言えますね。

使ってみたい人は「Try UQ mobile」でレンタルしよう

ここまで読んだけどまだXperia 8を買うか迷っている人は「Try UQ mobile」でレンタルしてみましょう。

Try UQ mobileではUQモバイルのSIMカードや端末を完全無料で2週間レンタル可能です。

端末やUQモバイルのデータ通信の使い勝手をじっくり試せますよ。

 

Try UQ mobileはUQモバイル公式サイトから簡単に申し込めます。

ただし申し込めるのは18歳以上で、クレジットカードが必要です。

まとめ

以上、Xperia 8のレビューでした。

  • 縦長ディスプレイはSNSやブラウジングに最適
  • 動画やゲームも大迫力で楽しめる
  • 縦長なので大きい割には持ちやすい
  • おサイフケータイと防水・防塵に対応
  • コスパはReno AやAQUOS sense3に劣る
  • 3Dゲームをするには力不足
  • カメラやバッテリーは悪くないがこだわる人には物足りない。

Xperia 8は(Xperiaとしては)手頃な価格で21:9の縦長ディスプレイが使えるのが魅力です。

対応コンテンツはまだ多くないですが、やはり大画面で動画を見たりゲームをしたりするのは楽しい。

防水・防塵とおサイフケータイにしっかり対応しているのも、さすが国内メーカーですね。

 

一方、コスパはイマイチ。

決して悪いスマホではないですが、縦長ディスプレイやXperiaブランドにこだわりがないならReno AかAQUOS sense3のほうが良さそう。

 

近頃はスマホ市場で苦戦しているソニー。

もし3万円くらいの価格帯で勝負したいなら、もう少し思い切った価格設定も必要ではないかと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました