IIJmioは端末セットがお得!おすすめ商品はこちら
スポンサーリンク

moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIを徹底比較!おすすめはどっち?両機種所有の筆者が解説

moto g53y 5Gとmoto g52j 5G II Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

moto g53y 5Gmoto g52j 5G IIはどちらもモトローラから発売されているSIMフリースマホです。

一応前者はエントリー機、後者はミドル機と立ち位置が違うものの、スペック面では共通点も多くあります。

吾妻かずき
吾妻かずき

実際に買おうとすると、どちらにするか迷う人もいるでしょう。

本記事ではmoto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIの違いやそれぞれの特徴を、両方所持している筆者が徹底比較しました。

なお、どちらの機種もベースとなるモデルが存在する「派生モデル」です。

moto g53シリーズmoto g52シリーズ
moto g53j:ベースモデル
moto g53y:ワイモバイル専売
moto g53s:ソフトバンク専売
moto g52j:ベースモデル
moto g52j 5G II:メモリ強化
moto g52j 5G SPECIAL:ストレージ強化

いずれも基本的なスペック・特徴は共通しています。

筆者が所有しているのはmoto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIですが、本記事ではmoto g53シリーズおよびmoto g52シリーズ全般を含めて比較します。

moto g53jやmoto g52jを検討している人もぜひ参考にしてください。

なお、moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIは別記事で詳しくレビューしています。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIを7項目で比較

moto g53y 5Gmoto g52j 5G IIのスペックを一覧表にまとめました。

なお、以下の表ではmoto g52j 5G SPECIALをSPと略します。

スペックmoto g53シリーズmoto g52シリーズ
価格(直売)g53j:34,800円
g53y:21,996円
g53s:35,200円
II:40,800円(販売終了)
SP:41,800円
カラーインクブラック
アークティックシルバー
ペールピンク(g53yのみ)
インクブラック
パールホワイト
サイズ幅約74.66mm
高さ約162.7mm
厚さ約8.19mm
幅約76.8mm
高さ約171.0mm
厚さ約9.1mm
重さ約183g約206g
ディスプレイ約6.5インチ, LCD
HD+(1,600×720)
約6.8インチ, LCD
FHD+(2,460×1,080)
リフレッシュレート120Hz120Hz
OSAndroid 13Android 12(要アップデート)
SoCSnapdragon 480+ 5GSnapdragon 695 5G
メモリg53j:8GB
g53y:4GB
g52j:6GB
II/SP:8GB
ストレージ128GBg52j/II:128GB
SP:256GB
外部ストレージmicroSD(最大1TB)microSD(最大1TB)
アウトカメラメイン:5000万画素(f/1.8)
マクロ:200万画素(f/2.4)
メイン:5000万画素(f/1.8)
超広角+深度
800万画素(f/2.2)
マクロ:200万画素(f/2.4)
インカメラ800万画素(f/2.0)1,300万画素(f/2.2)
スピーカーステレオモノラル
バッテリー5,000mAh(18W)5,000mAh(15W)
ワイヤレス充電××
対応SIMnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 5(802.11ac)Wi-Fi 5(802.11ac)
Bluetooth5.15.1
生体認証指紋認証、顔認証指紋認証、顔認証
防水・防塵IP52IP68
おサイフケータイ

この中でも、今回は以下の7項目に着目して比較していきます。

moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIの比較項目
  • 本体サイズ・重量
  • OSサポート
  • 処理性能
  • カメラ性能
  • スピーカー
  • バッテリー容量/充電速度
  • 価格

サイズ・重さ:g53yがやや小さい

moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIの大きな違いの1つがサイズ重量です。

項目moto g53シリーズmoto g52シリーズ
サイズ幅約74.66mm
高さ約162.7mm
厚さ約8.19mm
幅約76.8mm
高さ約171.0mm
厚さ約9.1mm
重量約183g約206g

moto g53y 5Gはmoto g52j 5G IIより一回り小ぶりです。

特別コンパクトなモデルではありませんが、moto g52j 5G IIに比べると小さめなのが分かります。

moto g53y 5G VS moto g52j 5G II
moto g53y 5G、右がmoto g52j 5G II

重量も約23gの差があります。

数字では大した差がないように思えますが、実際に手に取ると結構大きな違いです。

筆者
筆者

moto g53y 5Gのほうが小さくて軽いので、長時間持っていても手が疲れません。

一方で、本体が大きい分だけディスプレイもmoto g52j 5G IIのほうがやや大きめです。

ディスプレイ比較
  • moto g53y 5G
    約6.5インチ, HD+(1,600×720)
  • moto g52j 5G II
    約6.8インチ, FHD+(2,460×1,080)
moto g53y 5G VS moto g52j 5G II
moto g53y 5G、右がmoto g52j 5G II

画面解像度が高いのもmoto g52j 5G IIです。

普段使いではそこまで差を感じませんが、少しでも画質にこだわるならmoto g52j 5G IIを選びましょう。

OSサポート:g53yはAndroid 14対応へ

moto g53y 5GはAndroid 13対応

moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIではOSのバージョンおよびアップデート保証にも違いがあります。

機種名OSバージョンアップデート保証
moto g53j/y 5GAndroid 1326年12月まで
moto g52j 5G II / SPECIALAndroid 12不明
(24年5月まで?)
moto g52j 5GAndroid 1224年5月まで
2024年2月時点

moto g53y 5GはAndroid 13を標準搭載しており、Android 14へのアップデートも確定しています。

アップデート保証も2026年12月まであるため、少なくとも2年以上は安心して使えるでしょう。

一方、moto g52j 5G IIはAndroid 12止まりで、Android 13以降へのアップデート予定はありません。

アップデートの保証期間は不明ですが、moto g52j 5Gと同じなら2024年5月までです。

筆者
筆者

購入して数ヶ月でアップデートを受けられなくなる恐れがあります。

保証期間が終わってももちろん使えますが、最新OSへのアップデートやセキュリティパッチの更新ができなくなります。

少しでも長く使いたいなら、moto g53y 5Gがおすすめです。

処理性能:体感はほぼ同じ

続いては処理性能の比較ですが、どちらを選んでも差はほぼありません。

一応、スペック上はmoto g52j 5G IIのほうが上です。

項目moto g53シリーズmoto g52シリーズ
SoCSnapdragon 480+ 5GSnapdragon 695 5G
メモリg53j:8GB
g53y:4GB
g52j:6GB
II/SP:8GB
ストレージ128GBg52j/II:128GB
SP:256GB
SPはmoto g52j 5G SPECIALの略

moto g52シリーズはミドル向けのSnapdragon 695 5Gを搭載しています。

エントリー向けのSnapdragon 480+ 5Gよりもスペック上は優秀です。

例えばAntutuを比較すると、moto g52j 5G IIのほうがやや高いスコアを記録しています。

とはいえ、ぶっちゃけ誤差レベルの差です。

実際に両者を交互に使っても、処理性能の差はあまり感じられません。

筆者
筆者

どちらもハイエンドのようなヌルヌル感こそありませんが、キビキビ動きます。

GPUのスコアに差があるので、ゲームをプレイする場合は多少moto g52シリーズが有利です。

ただ、どちらも高性能なSoCではないため3Dゲームを満足にプレイできません。

そういった意味でも、処理性能的には差がないと言えます。

スポンサーリンク

カメラ:さほど差はない

moto g53y 5G VS moto g52j 5G II

次はカメラの比較ですが、こちらも大きな差はありません。

スペック上はmoto g52j 5Gシリーズのほうが良いカメラを搭載しています。

項目moto g53シリーズmoto g52jシリーズ
アウトカメラ1広角:5000万画素(f/1.8) 広角:5000万画素(f/1.8)
手ぶれ補正(動画)
アウトカメラ2マクロ:200万画素(f/2.4)超広角+深度800万画素(f/2.2)
アウトカメラ3マクロ:200万画素(f/2.4)
フロントカメラ800万画素(f/2.0)1,300万画素(f/2.2)

超広角カメラがあるのはmoto g52j 5Gシリーズのみです。

どうしても超広角カメラが欲しい場合はmoto g52j 5Gシリーズ一択ですが、そこまで性能は高くありません。

そしてマクロカメラはどちらもおまけ程度です。

というわけで、あとはメインカメラの作例を比較してみます。

どちらもAIによる補正はオフで、リサイズ以外の修正・加工はしていません。

全体的にmoto g53y 5Gのほうが鮮やかで濃い色に仕上がっています。

ただ、moto g52j 5G IIもそこそこキレイに撮れており、どちらも価格の割には頑張っているのではないでしょうか。

ズームはどちらも2~3倍までが実用的

ズームは両機種ともデジタルズームのみで、最大8倍です。

どちらも5倍以上は荒くなります。

実用的なのは最大でも4倍まで、2~3倍なら結構キレイです。

夜景はmoto g52jが少しキレイ

夜景も簡単に比較してみましょう。

いずれも夜景用の「ナイトビジョン」で撮影しました。

moto g52j 5G IIのほうがやや明るく、解像感もありますね。

moto g53y 5Gは若干ぼやけている感じです。

筆者
筆者

どちらも静止画では手振れ補正がないので、g53yが特段ブレやすいわけではないようです。

ただ、moto g53y 5Gもそこまでクオリティが低いわけではなく、価格を考えると十分すぎるレベルです。

カメラ性能に関しては多少の違いはあれど、大きな差はないと感じました。

そもそも、カメラにこだわる人だとmoto g53y 5Gもmoto g52j 5G IIも物足りません。

Pixel 7aやAQUOS sense8など、もう少しカメラ性能が良いスマホがおすすめです。

スピーカー:g53yはステレオ搭載

スピーカーを含めたオーディオ面でも比較してみましょう。

項目moto g53シリーズmoto g52シリーズ
スピーカーステレオ モノラル
イヤホンジャック
Dolby Atmos
対応コーデックSBC、aptX、aptX Adaptive、LDACSBC、aptX、aptX Adaptive、LDAC

moto g53y 5Gはステレオスピーカーを搭載しています。

あくまでもエントリー機なのでそこまで高音質ではないものの、クリアでバランスの良い音です。

moto g53y 5Gのスピーカー
1つは底面、もう1つはディスプレイ上部にあります

一方、moto g52j 5G IIはモノラルスピーカーです。

音はごく普通で、悪くはありませんがやはりステレオには劣ります。

どちらもDolby Atmosに対応していますが、moto g52j 5G IIは内蔵スピーカーだと細かく設定できません。

少しでもスピーカーにこだわるなら、ステレオのmoto g53y 5Gがおすすめです。

吾妻かずき
吾妻かずき

筆者はワイヤレスイヤホンを使うので、モノラルスピーカーでも特に気になりません。

両機種ともイヤホンジャックを搭載、さらにaptX AdaptiveとLDACに対応しています。

イヤホンメインでスピーカーをあまり使わないなら、どちらを選んでも差はないでしょう。

バッテリー:g52j 5G IIがやや長持ち

続いてはバッテリーの比較です。

項目moto g53シリーズmoto g52シリーズ
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
充電速度18W15W
ワイヤレス充電××

まずは電池持ちです。

ベンチアプリ「PCMark for Android」を利用し、バッテリー持ちをテストしました。

PCMark for Android

スマホの性能や電池持ちを計測するアプリ。ブラウジング・動画編集・画像編集などを繰り返し、電池持ちを計測する。

PCMark for Android Benchmark

PCMark for Android Benchmark

UL LLC無料posted withアプリーチ

PCMarkのバッテリーテストの条件
  • 電池100%でスタート
  • 明るさ50%
  • Wi-Fi接続
  • リフレッシュレートは「120Hz」と「自動」の2パターン

バッテリー容量はどちらも5,000mAhですが、実際にはmoto g52j 5G IIのほうが3時間近く長持ちでした。

画面解像度が低いmoto g53y 5Gが有利かな?と思いましたが逆でした。

SoCの省エネ性能やOSバージョンなどもあるのでしょう。

筆者
筆者

moto g53y 5Gも悪くはありませんが、バッテリー重視ならmoto g52j 5G IIがおすすめです。

続いては充電速度のテストです。

さきほどのテストの後、バッテリー20%から100%になるまでの時間を計測しました。

ACアダプタ・USBケーブルは同じもの(30W急速充電対応)を利用しています。

バッテリー残量moto g53y 5Gmoto g52j 5G II
50%26分34分
80%54分1時間1分
90%1時間8分1時間19分
100%1時間36分2時間5分

充電はmoto g53y 5Gのほうが少しだけ速い、という結果でした。

90%まではどちらもほぼ同じペースで充電されています。

しかし、90%→100%は約30分の差がでました。

筆者
筆者

最後に充電速度の差(18Wと15W)の差が出たのかも?

ただ、バッテリー持ちを考えるとどちらも90%まで充電できれば十分です。

そう考えるとバッテリー速度の差はあまり考えなくても良いかもしれません。

価格:moto g53y 5Gが安い

最後に価格です。

項目moto g53シリーズmoto g52シリーズ
定価g53j:34,800円
g53y:21,996円
g53s:35,200円
II:40,800円(販売終了)
SP:41,800円
実売価格g53j:28,000~34,800円
g53y:14,000円前後(白ロム)
20,000~28,800円
格安SIMとのセット4,000~5,000円前後I0,000円前後

価格が安いのはmoto g53シリーズです。

とくにmoto g53y 5Gは定価が21,996円、ワイモバイルへMNPすれば一括3,996円で購入できます。

新品未使用の白ロムも1.4万円前後とお手頃です。

オンラインなら一括3,996円から♪

一方、moto g52j 5G II/SPECIALも格安SIMとセットなら10,000円前後です。

例えばIIJmioにMNPすれば一括9,980円で買えます。

お得な端末セール実施中!

moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIはどっちがおすすめ?

ここまでmoto g53y 5Gmoto g52j 5G IIを徹底比較しました。

その結果をふまえて、moto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIのどちらを買うべきかをまとめます。

筆者的にはmoto g53y 5Gがおすすめ

moto g53y 5G

もしmoto g53y 5Gとmoto g52j 5G IIで迷うなら、筆者的にはmoto g53y 5Gがおすすめです。

moto g53y 5Gがおすすめの理由
  • OSサポートが長い
  • moto g52j 5G IIに比べると軽量
  • 処理性能やカメラはほぼ同じ
  • とにかく安く買える

とくに決め手となるのがOSサポートです。

moto g53y 5Gは26年12月までアップデート保証があり、Android 14へのアップデートも決まっています。

一方、moto g52j 5G IIを含むmoto g52シリーズはAndroid 12止まりです。

アップデート保証も今年までの可能性があります。

筆者
筆者

Android 13へのアップデートもないようです。

moto g53y 5Gもmoto g52j 5G IIも、処理性能やカメラ性能はほぼ同じです。

細かい違いはあるものの、基本的な使い勝手はそんなに変わりません。

それならより安く、そして長く安心して使えるほうが良いでしょう。

オンラインなら一括3,996円から♪

解像度・電池持ち重視ならmoto g52j

moto g52j 5G II

基本的にはmoto g53y 5Gがおすすめですが、次のような人はmoto g52j 5G IIでも良いでしょう。

moto g52j 5G IIでも良い人
  • 画面解像度はFHD+が良い人
  • 少しでもバッテリー持ちを重視する人
  • OSサポートが短くても気にならない人

moto g53y 5Gもmoto g52j 5G IIも決してハイスペックではありません。

1~2年ならともかく、4~5年も使うとスペック的に不満が出るでしょう。

筆者
筆者

OSサポートが長いのも良いことですが、ハイエンドモデルほど恩恵を受けられないかもしれません。

OSサポートが短くても気にならないなら、moto g52j 5G IIも普通に使えます。

今ならストレージが256GBになったmoto g52j 5G SPECIALがほぼ同じ価格で買えるのでそちらがおすすめです。

まとめ

というわけで、moto g53y 5Gmoto g52j 5G IIの徹底比較でした。

moto g53y 5Gがおすすめの人
  • OSサポートは長いほうが良い
  • 少しでも軽くて小さいスマホを使いたい
  • スピーカーで音楽をよく聞く
  • とにかく安く買いたい
moto g52j 5G IIがおすすめの人
  • 画面解像度はFHD+が良い
  • 少しでもバッテリー持ちを重視する
  • OSサポートが短くても気にならない

細かい違いはありますが、どちらもコスパの高い良機種だと思います。

ただし、OSサポートに関してはmoto g53y 5Gが優秀です。

筆者
筆者

価格が安くて長く使えるのは、moto g53y 5Gの大きなメリットでしょう。

逆に言えばOSサポートさえ気にならないならmoto g52j 5G IIも十分おすすめできますね。

本記事が、どちらを買うか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました