Amazonブラックフライデー/サイバーマンデーがスタート!おすすめ商品はこちら

HUAWEI nova lite 2 レビュー!実際に使ってみた感想・評価

HUAWEI nova lite2 Android

HUAWEIのスマホはコストパフォーマンスの高さで知られています。

今回紹介する「nova lite 2」も2万円台前半という安さでハイスペックスマホのトレンドを取り入れた高コスパモデルとなっています。

というわけで、今回はHUAWEI nova lite 2のレビューです。

実際に使って感じたいいところやイマイチなところをまとめました。

スポンサーリンク

外観をチェック!

早速外観からチェックしていきましょう。

こちらが本体背面。

f:id:happy-applications-maker:20180414171233j:plain

素材はアルミですが、落ち着きのある深いブルーで安っぽさはないですね。

サラサラしていて質感もいいです。

流行の18:9縦長ディスプレイを採用しており、本体も縦長です。

横幅は大きくないため、5.65インチというサイズの割には持ちやすい。

f:id:happy-applications-maker:20180414171406j:plain

特別手が大きくない僕でもわりとしっかり持てます。

僕のメインスマホであるHUAWEI P10 liteと並べてみました。

f:id:happy-applications-maker:20180414172213j:plain

左がnova lite 2、右がP10 liteです。

相変わらずP10 liteはキラッキラしています。

横幅はほぼ同じです。

ただ、nova lite 2のほうが縦に長く、その分ディスプレイもかなり大きいです。

続いては前面。

左右のベゼルがかなり狭く、上下のベゼルも比較的狭くなっています。

f:id:happy-applications-maker:20180414172431j:plain

起動してみると、より画面の大きさが分かります。

f:id:happy-applications-maker:20180531134726j:plain

そして写真では分からないかもしれませんが、最初から保護フィルムが貼ってあります。

質はそこまで良くないので、後からちゃんとした保護フィルムを買うほうがいいでしょう。

とは言え、箱から取り出してそのまま使えるのは助かります。

お次は付属品です。

f:id:happy-applications-maker:20180414172953j:plain

  • 専用ケース
  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • イヤホン
  • クイックスタートガイド

もう専用ケースがつくのが当たり前になっていますね。

専用ケースは薄い紺色のハードケースです。

f:id:happy-applications-maker:20180414173116j:plain

専用ケースなので当たり前ですが、しっかりフィットします。

f:id:happy-applications-maker:20180414173150j:plain

nova lite 2はアウトカメラが少し出っ張っていますが、ケースを付ければ気にならないですね。

f:id:happy-applications-maker:20180414173423j:plain

P10 liteのケースは色もなく、かなり安っぽいケースでした。

しかし、nova lite 2のケースは結構しっかりしたケースですね。

質感も良いです。

ただし側面は守ってくれません。

気になる人は別途ケースを買いましょう。

f:id:happy-applications-maker:20180414173310j:plain

ボタンや端子部分はむき出しです。

スペックについて

HUAWEI nova lite 2のスペックは以下の通り。

サイズ 約幅72.05mm
縦150.1mm
厚さ7.45mm
重さ 約143g
ディスプレイ 5.65インチ
(2160×1080)
OS Android 8.0
CPU Kirin 659 オクタコアCPU
(4×2.36GHz+4×1.7GHz)
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
バッテリー 3,000mAh
カメラ アウト:1300万画素+200万画素
イン:800万画素
Wi-Fi 802.11b/g/n
SIMカードスロット Nano SIM × 2
認証方式 指紋認証、顔認証

nova lite 2は一応エントリーモデルですが、スペック的にはミドルスペックと言っても良いでしょう。

オクタコアCPUに3GBメモリ、32GBストレージはミドルスペックとしては標準的。

ただ、本体価格が20,000円前半であることを考えると、それだけでコスパは高いといえますね。

発売から2年ほど経ちますが、SNSやブラウジングといった軽い用途ならまだまだ大丈夫です。

nova lite 2の良いところ

それでは、nova lite 2を実際に使って良いと思ったところ、イマイチなところを紹介します。

まずは良いところ!

エントリーモデルだが動作はサクサク!

nova lite 2は20,000円台前半で購入できるエントリーモデルのスマホです。

しかし、価格の割にはスペックが高く、動作は非常にサクサクしています。

試しに、ベンチマークソフト「Antutu」でスコアを測ってみました。

f:id:happy-applications-maker:20180414175227j:plain

スコアは88623でした。

このスコアなら動作の重い3Dゲームとかでなければ問題ないですね。

実際に使ってみても動作はサクサクしており、スクロールやスワイプでつっかかることもありません。

極端に重い3Dゲームを除けば、たいていのゲームも快適にプレイできそうです。

試しにいくつかゲームをやってみました。

まずはモンスト。

動作が軽いゲームなので、全く問題ないです。

f:id:happy-applications-maker:20180415140906j:plain

続いて、モンストより少し重いアズールレーンをやってみました。

こちらも処理落ち等なく、サクサクと動作しました。

f:id:happy-applications-maker:20180415141000j:plain

アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載

nova lite 2のディスプレイはアスペクト比が18:9の縦長ディスプレイを採用しています。

縦長ディスプレイはハイスペックスマホでトレンドになっていますが、エントリーモデルにも採用するとはさすがですね。

18:9のディスプレイには、従来の16:9のディスプレイよりもより多くの情報を表示できるというメリットがあります。

少し見づらいですが、全く同じ画面を16:9のP10 liteと、18:9のnova lite 2で表示してみました。

左がnova lite 2、右がP10 liteです。

f:id:happy-applications-maker:20180415141935j:plain

わずかですが、nova lite 2のほうがより下のページまで表示されていますね。

本当にわずかです。

でも縦に長いページをスクロールするスマホでは、このわずかな差が結構大きいです。

ブラウジングとかブログ読んだりするのがとてもスムーズになります。

あと、横画面にするとワイドディスプレイになり、大画面で動画を視聴できます。

動画をよく見るという人にもうれしいですね。

縦長なので、画面が大きいのに持ちやすいというメリットも生まれています。

大画面が良いけど、携帯性も重視したいという人にも向いていますね。

カメラは値段を考えると十分すぎるクオリティ

HUAWEIと言えばカメラの性能が高いことで知られています。

今回のnova lite 2もエントリーモデルとは思えないクオリティのカメラです。

本体背面のアウトカメラは1300万画素+200万画素のダブルレンズカメラになっています。

上位機種では標準になりつつあるダブルレンズカメラですが、20,000円台のスマホに搭載されるとはすごい時代ですね。

実際にnova lite 2のカメラでいくつか写真を撮影してみました。

f:id:happy-applications-maker:20180531112410j:plain

f:id:happy-applications-maker:20180531112428j:plain

f:id:happy-applications-maker:20180531112555j:plain

約2万円のエントリースマホのカメラ、ということを考えると十分すぎますね。

ちょっと明るすぎるときもありますが、HUAWEIらしい色鮮やかな写真が撮影できます。

背景を自由にぼかす「ワイドアパーチャ」もしっかり使えます。

こちらはワイドアパーチャを利用して撮影した作例です。

f:id:happy-applications-maker:20180414175918j:plain

f:id:happy-applications-maker:20180415133323j:plain

f:id:happy-applications-maker:20180531112749j:plain

結構しっかりボケていますね。

しかもそんなに不自然じゃない。

Mate 10 ProやP10など、上位機種にはどうしても敵いません。

でも、20,000円台のスマホなら十分すぎますね。

旅行や趣味でサクッと撮影するくらいなら十分満足できると思います。

顔認証と指紋認証の両方に対応

nova lite 2は背面に指紋センサーがあり、指紋認証によるロック解除ができます。

P10 liteの指紋認証も爆速でしたが、nova lite 2もめちゃくちゃ速くて精度が高い。

恐るべし。

そしてさらに驚きなのが、なんとアップデートで顔認証にも対応しました。

同じく顔認証ができるiPhone Xなんて10万円以上するのに、その5分の1くらいの価格で顔認証を搭載するとは驚き。

もちろん、精度に関してはiPhone Xのほうが圧倒的に上でしょう。

でも、nova lite 2の顔認証も普段使うにはとくに問題ないレベルで速いです。

顔認証はSurface Laptopで利用していますが、本当に楽ですね。

パスコードの入力なんて二度としたくない(真顔

nova lite 2のイマイチなところ

続いてnova lite 2のイマイチなところや注意点についてです。

Wi-Fiの最新規格「11ac」には非対応

nova lite 2が対応しているWi-Fi規格は「802.11b/g/n」です。

最新規格の「11ac」には対応していません。 

20,000円くらいで買えるし、普通に考えたら対応していないのが当然。

って言いたいところですが、同じくらいの値段のP10 liteは11ac対応なんですよね。

なので、どうせならnova lite 2も対応してほしかったです。

au VoLTEも非対応

nova lite 2はau VoLTEに非対応です。

なので、au系の格安SIMでは使えません。

一応、データ通信はできるみたいですが電話はできませんし、公式サイトにも「KDDIの電波には対応していない」とはっきり明記されています。

au系の格安SIMを使いたい場合はau VoLTE対応のSIMフリースマホを選んだほうが無難です。

まとめ

というわけで今回はnova lite 2のレビューでした。

2万円台前半という価格ながら、

  • ミドルハイクラスの性能
  • アスペクト比18:9の縦長ディスプレイ
  • 背景をぼかせるダブルレンズカメラ
  • 高速の指紋認証と顔認証

などなど、充実したスペックを持っています。

発売からやや時間が経ちましたが、今でも十分現役で使えます。

コスパの良いSIMフリースマホをお探しの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, Blue)
NTTコミュニケーションズ
売り上げランキング: 6,542

コメント

タイトルとURLをコピーしました