IIJmioに乗り換えでスマホが一括1円から!おすすめはこちら

「razr 40/40 Ultra」が海外発表!大型サブ画面搭載の縦折り機【日本版も発売!】

razr 40 Ultra Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

モトローラが縦折りスマホの最新モデル「moto razr 40/40 Ultra」を海外で正式発表しました。

  • razr 40 Ultra
    3.6インチの大型サブディスプレイを搭載する上位モデル
  • razr 40
    SD 7 Gen 1搭載、約8万円から買えるミドル縦折りスマホ

価格は日本円でrazr 40が約78,000円から、razr 40 Ultraが約112,000円からで、欧州およびアメリカなどで発売されます。

追記

razr 40/40 Ultraともに、日本版が正式発表されました。
筆者も日本版razr 40sを購入済みです。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

razr 40/40 Ultraのスペック概要

razr 40/40 Ultraのスペックは以下の通りです。

スペックrazr 40razr 40 Ultra
カラーSage Green
Vanilla Cream
Summer Lilac
Viva Magenta
Infinite Black
Glacier Blue
サイズ幅約73.95mm
高さ約170.83mm
厚さ約7.35mm
幅約73.95mm
高さ約170.83mm
厚さ約6.99mm
重さ約188.6g約188.5g
ディスプレイ(メイン)約6.9インチ, OLED
FHD+(2,640×1,080)
約6.9インチ, OLED
FHD+(2,640×1,080)
ディスプレイ(サブ)約1.47インチ, 194×368約3.6インチ,
1,066×1,056
リフレッシュレートメイン:144Hz
サブ:60Hz
メイン:165Hz
サブ:144Hz
OSAndroid 13Android 13
SoCSnapdragon 7 Gen 1Snapdragon 8+ Gen 1
メモリ8GB / 12GB8GB / 12GB
ストレージ128GB / 256GB256GB / 512GB
アウトカメラ64MP(メイン)
13MP(超広角)
12MP(メイン)
13MP(超広角)
インカメラ32MP32MP
バッテリー4,200mAh(30W)3,800mAh(30W)
ワイヤレス充電〇(5W)〇(5W)
対応SIMnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 6(802.11ax)Wi-Fi 6E(802.11ax)
Bluetooth5.35.3
防水・防塵IP52IP52
出典:レノボ中国(1), (2), Motorola News

razr 40 Ultra:3.6インチのサブ画面を搭載

razr 40 Ultra
razr 40 Ultraの特徴
  • 3.6インチの大型サブディスプレイを搭載
  • リフレッシュレートがメインは165Hz、サブも144Hz
  • SoCはSnapdragon 8+ Gen 1採用

razr 40 Ultraは3.6インチの大型サブディスプレイが特徴の上位モデルです。

サブディスプレイも144Hzのリフレッシュレートに対応し、閉じたままでも快適にアプリを操作できます。

音楽アプリや動画視聴、NFC決済など、さまざまなアプリに対応しています。

razr 40 Ultraのサブ画面

他の縦折りスマホ同様、自由な角度で固定可能です。

razr 40 Ultraのカメラ

スタンドなしでも自撮りを撮ったり、ビデオ通話を楽しんだりできます。

razr 40:価格を抑えた廉価モデル

razr 40
razr 40の特徴
  • 価格が約78,000円~と折りたたみ機としてはお手頃
  • シックで落ち着いたデザイン
  • 1.47インチのサブディスプレイを採用
  • Snapdragon 7 Gen 1搭載

razr 40は約78,000円からという価格の安さが特徴です。

価格の高さがネックとなっている折りたたみスマホにおいて、10万円を大きく下回る価格設定は魅力的と言えます。

ミドル機ではあるものの、Snapdragon 7 Gen 1を搭載しており処理性能は申し分ありません。

razr 40 Ultraと異なり、シックで落ち着いた色合いなのも良いですね。

サブディスプレイのサイズは1.47インチで、リフレッシュレートも60Hz止まりです。

razr 40 Ultraに比べると小さいものの、時間や通知の確認、音楽操作などに対応しています。

スポンサーリンク

razr 40 Ultraとrazr 2022の違い

razr 2022

razr 40 Ultraを、先代モデルにあたるrazr 2022と簡単に比較してみました。

スペックrazr 40 Ultrarazr 2022
カラーViva Magenta
Infinite Black
Glacier Blue
Satin Black
サイズ幅約73.95mm
高さ約170.83mm
厚さ約6.99
幅約79.79mm
高さ約166.99mm
厚さ約7.62mm
重さ約188.5g約200g
メイン画面約6.9インチ, OLED,
FHD+(2,640×1,080)
約6.7インチ,AMOLED,
FHD+(2,400×1,080)
サブ画面約3.6インチ,
1,066×1,056
約2.7インチ,
800×573
リフレッシュレートメイン:165Hz
サブ:144Hz
メイン:144Hz
サブ:60Hz
OSAndroid 13Android 12
SoCSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 8+ Gen 1
メモリ8GB / 12GB8GB/ 12GB
ストレージ256GB / 512GB128GB / 256GB / 512GB
アウトカメラ12MP(メイン)
13MP(超広角)
50MP(メイン)
13MP(超広角)
インカメラ32MP32MP
バッテリー3,800mAh(30W)3,500mAh(30W)
ワイヤレス充電〇(5W)×
対応SIMnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 6E(802.11ax)Wi-Fi 6E(802.11ax)
Bluetooth5.35.1
防水・防塵IP52IP52
出典:motorola.com(1), (2)
razr 40 Ultraとrazr 2022の主な違い
  • サブディスプレイが大幅強化
  • メイン画面もリフレッシュレートが165Hzにアップ
  • バッテリー容量が増量
  • ワイヤレス充電にも対応
  • カラーバリエーションが豊富

razr 40 Ultraとrazr 2022の最大の違いはサブディスプレイでしょう。

サイズが2.7インチから3.6インチにアップし、144Hzのリフレッシュレートに対応しました。

画面を閉じたままでも、より多くの用途をこなせるようになっています。

メインディスプレイもリフレッシュレートがアップし、バッテリー容量が増加してワイヤレス充電に対応するなど基本スペックも強化されています。

カラーバリエーションも増えており、razr 2022からより魅力的なモデルになったと言えそうです。

スポンサーリンク

価格は約7.8万円から

razr 40の価格
画像はLenovo中国の公式ストア

razr 40/40 Ultraの販売価格は地域によって異なります。

中国での販売価格はrazr 40が3,999元(約78,000円)から、razr 40 Ultraが5,699元(約112,000円)からです。

どちらも縦折りスマホとしては手が出やすい価格で、とくに約8万円で買えるrazr 40はかなり魅力的と言えます。

razr 40/40 Ultraが日本でも発売へ!

razr 40/40 Ultraの両方が日本でも発売されます。

どちらも格安SIMではIIJmioが独占販売、さらにソフトバンクから専売モデル「40s」も発売されます。

とくにIIJmioではMNPで乗り換えると端末代が大幅に割引され、razr 40は11/30まで一括79,800円でよ。

お得な端末セール実施中!

記事内画像引用元:motorola news, motorola.com, IIJmio