Amazonタイムセール祭り開催中!対象商品はこちら

【2023年】ヨドバシ福袋(スマホ)の中身を勝手に予想・ネタバレ

ヨドバシ福袋Android

追記:ヨドバシ福袋のネタバレも少しずつ追加しています。

ヨドバシ.comにて、毎年恒例の「夢のお年玉箱(ヨドバシ福袋)」の抽選がスタートしました。

筆者も応募済みです。

例年、中身予想やネタバレで盛り上がっていますね。

スマホを専門に取り扱う当サイトでも、スマホ福袋の中身を勝手に予想・ネタバレしてみました。

本記事の内容は筆者の勝手な予想です。外れても責任は取れませんので、あくまでも参考程度にしてください。

ちなみにビックカメラのスマホ福袋の中身も予想しています。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻かずきをフォローする

ヨドバシ「スマホ福袋」のネタバレ

2022年も終わりを迎え、チラホラ福袋が届いたという情報が出てきました。

というわけで、答え合わせも兼ねて簡単にネタバレしていきます。

SIMフリースマホ福袋のネタバレ
  • iPhoneの夢:iPhone 13 Pro Max(128GB)
  • OPPOの夢:OPPO Reno5A
  • Xiaomiの夢:Redmi Note 10T
  • モトローラの夢:motorola edge 20

なお、筆者は普通に外れたので、Twitterの口コミを引用させてもらいます。

当選したみなさん、おめでとうございます!

iPhoneの夢:iPhone 13 Pro Max

iPhoneの夢は「iPhone 13 Pro Max」でした。

通常のiPhone 13 Proと予想していたのですが、Maxモデルだったようです。

容量は一番少ない128GBで、可もなく不可もなくという反応が見られました。

ちなみに、AmazonにおけるiPhone 13 Pro Max(128GB)の価格は159,800円です。

大当たりではありませんが、外れでもないと思いました。

OPPOの夢:Reno5 A

OPPOの夢は「Reno5 A」でした。

OPPO A55s 5Gかな?という予想を良い意味で裏切ってくれましたね。

19,000円で買えるなら当たりでしょう。

後継モデルのReno7 Aも登場していますが、デザインを除くとコスパが良いのはReno5 Aですね。

Xiaomiの夢:Redmi Note 10T

Xiaomiの夢は「Redmin Note 10T」でした。

定価を考えると悪くない…と思ったのですが、現在は未使用品も1.5~2万円くらいで買えるみたいですね。

今回の福袋では一番微妙だったかも?

モトローラの夢:motorola edge 20

モトローラの夢は「motorola edge 20」でした。

本命はmotorola edge 20 fusion、良ければmotorola edge 20という予想でした。

motorola edge 20の相場は40,000円前後です。

35,000円なら結構当たりではないでしょうか?

motorola edge 20は筆者も愛用しています。

大画面なのに薄くて軽く、カメラもそれなりに良くてお気に入りです。

スポンサーリンク

以下は抽選が開始した直後に筆者が勝手に実施した予想です。

ヨドバシ「スマホ福袋」の中身を勝手に予想

ヨドバシSIMフリースマホ福袋の中身を勝手に予想してみました。

SIMフリースマホ福袋の中身予想
  • iPhoneの夢:iPhone 13 Pro
  • OPPOの夢:OPPO A55s 5G
  • Xiaomiの夢:Redmi Note 11
  • モトローラの夢:motorola edge 20 fusion

改めて言いますが、こちらは筆者の勝手な予想です。

中身の保証はできませんので、ネタだと思ってご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの夢の予想:iPhone 13 Pro

まずは「iPhoneの夢(14万円)」ですが、こちらは「iPhone 13 Pro」と予想します。

予想の根拠
  • 最新モデルが対象になる可能性は低い
  • 2022年はiPhone 12 Proだった
  • 価格的にiPhone SEやiPhone 13/13 miniはなし
  • 逆にiPhone 13 Pro Maxちょっと安いかも

過去の例を見ると、最新モデルのiPhone 14シリーズが対象になる可能性は低いでしょう。

かといって、2022年がiPhone 12 Proだったのでそれより古いとも思えません。

さらに14万円という価格を考えると、ちょうど良いのがiPhone 13 Proです。

ヨドバシ.comでのiPhone 13 Pro(128GB)の価格は144,800円です(発売終了済み)。

容量は128GBか256GBのどちらかだと思います。

恐らく128GBですが、256GBだったらうれしいですね。

OPPOの夢の予想:OPPO A55s 5G

続いて「OPPOの夢(19,000円)」ですが、こちらは「OPPO A55s 5G」と予想します。

予想の根拠
  • 価格的にちょうど良い
  • 発売から1年ほど経過

価格を考えるとReno7 A(44,800円)はなさそうです。

となると、執筆時点でヨドバシドットコムの取り扱いがあるのは「OPPO A55s 5G」と「OPPO A77」の2つに絞られます。

価格的にはどちらもありそうですが、A77は発売したのが今年10月です。

そう考えるとOPPO A55s 5Gが妥当かなと思います。

90Hz対応のエントリークラス

OPPO A55s 5Gの主な特徴は以下の通りです。

OPPO A55s 5Gの主な特徴
  • Snapdragon 480 5G搭載のエントリーモデル
  • 大画面の割には軽い
  • 90Hzのリフレッシュレート対応
  • DSDV/eSIM対応
  • IP68の防水・防塵対応

いわゆるエントリークラスですが、6.5インチの大画面を搭載し90Hzのリフレッシュレートに対応しています。

その割には重量が軽いので、動画視聴や電子書籍の閲覧にピッタリです。

あまり旨味はないかも?

OPPO A55s 5Gは格安でばらまかれていたこともあり、未使用品でも15,000円くらいで買えます。

そう考えると、この福袋はあまり旨味がないかもしれません。

予想が外れて、OPPO Reno5 Aあたりが来てくれるとうれしいですね。

スポンサーリンク

Xiaomiの夢の予想:Redmi Note 11

続いて「Xiaomiの夢(15,000円)」ですが、こちらは「Redmi Note 11」と予想します。

予想の根拠
  • 価格的にちょうど良い

ヨドバシドットコムで取り扱っているXiaomiスマホで最安なのがRedmi Note 11です。

執筆時点では24,800円で発売されています。

その次に安いのがRedmi Note 10Tですが、こちらは34,800円です。

さすがに半額以下にはならなそうなので、Redmi Note 11が入っていると予想します。

格安で有機EL搭載の高コスパ機

Redmi Note 11の主な特徴は以下の通りです。

Redmi Note 11の主な特徴
  • Snapdragon 680搭載のエントリーモデル
  • 90Hzリフレッシュレート対応の有機ELディスプレイ
  • 薄くて軽いボディ
  • トリプルスロット搭載

90Hzリフレッシュレート対応の有機ELディスプレイを搭載しています。

2万円台のスマホで有機ELを搭載する機種はそう多くありません。

コンセプトはOPPO A55s 5Gに似ていますが、eSIMや防水・防塵が不要ならRedmi Note 11がおすすめです。

Redmi Note 11は筆者も愛用していますよ。

一番当たりの福袋かも?

筆者的に、Xiaomiの夢は一番当たりの福袋だと思います。

Redmi Note 11は20,000円くらいするので、15,000円で買えればお得です。

外れてRedmi Note 10Tだったとしても、十分元は取れると思います。

スポンサーリンク

モトローラの夢の予想:motorola edge 20 fusion

最後に「モトローラの夢(35,000円)」ですが、こちらは「motorola edge 20 fusion」と予想します。

予想の根拠
  • 価格的にちょうど良い
  • 発売から1年ほど経過

モトローラに関しては候補が複数あります。

  • motorola edge 20:54,800円
  • motorola edge 20 fusion:43,800円
  • moto g52j:39,800円

悩みましたがmoto g52jは発売から半年しか経っていませんし、edge 20だと安すぎる気がします。

と言うわけで「motorola edge 20 fusion」という予想です。

1億画素カメラ搭載のミドル機

motorola edge 20 fusionの主な特徴は以下の通りです。

motorola edge 20 fusionの主な特徴
  • Dimensity 800U+6GBメモリ搭載のミドル機
  • HDR10+対応の有機ELディスプレイを搭載
  • 144Hzのリフレッシュレート対応
  • 1億800万画素の3眼カメラ搭載
  • 電池持ち良好&急速充電対応で素早く充電

今回の福袋候補になっているAndroid機ではもっとも高いスペックを持ちます。

Dimensity 800UはSnapdragon 765Gくらいの性能で、普段使いなら全く問題ない処理性能です。

1億800万画素のメインカメラを含む3眼カメラを搭載しています。

ミドル機ですが、夜景の撮影もそこそこきれいですよ。

価格的には可もなく不可もなく

仮にmotorola edge 20 fusionだった場合、「モトローラの夢」は可もなく不可もなくって感じです。

定価は43,800円なのですが、Amazonなどでは35,000円で購入できます。

福袋の価格とほぼ同じですね。

損はしないと思いますが、ものすごくお得ってわけでもありません。

もし予想が外れて、上位モデルのmotorola edge 20だったら結構お得です。

motorola edge 20 外観
筆者が使っているmotorola edge 20

Snapdragon 778G搭載で処理性能は十分ですし、望遠レンズを含む3眼カメラも便利です。

こちらはAmazonでも40,000円くらいするので、35,000円で買えたら元を取れますね。

筆者も使っていますが、薄くて軽く、スペックもそこそこ良いのでお気に入りです。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、SIMフリースマホ福袋の中身予想でした。

SIMフリースマホ福袋の中身予想
  • iPhoneの夢:iPhone 13 Pro
  • OPPOの夢:OPPO A55s 5G
  • Xiaomiの夢:Redmi Note 11
  • モトローラの夢:motorola edge 20 fusion

何度も言いますが、これは筆者の勝手な予想です。

予想した機種が入っている保証は全くないので、あくまでも参考程度に捉えてくださいね。

ヨドバシドットコムの「2023年 夢のお年玉箱」の申し込みは「12月4日(日)午後11時59分まで」です。

購入予定の方はお早めにどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました