IIJmioは端末セットがお得!おすすめ商品はこちら
スポンサーリンク

「motorola razr 40/40s」レビュー!10万円以下で買えるミッドレンジの縦折りスマホ

4.5
razr 40s Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

motorola razr 40/40sはモトローラから発売されている縦折り式の折りたたみスマホです。

まだまだ高価な折りたたみスマホですが、motorola razr 40は125,800円と比較的リーズナブルな価格に設定されています。

吾妻かずき
吾妻かずき

回線とのセット契約なら、割引で10万円以下になります。

ヴィーガンレザーを採用した高級感のあるデザインが魅力です。

普段使いなら十分な処理性能や夜景も撮れるカメラを備え、おサイフケータイにも対応します。

機能性も充実しており、折りたたみスマホの入門としてもおすすめです。

motorola razr 40/40sの評価
  • デザイン5.0
  • サイズ感4.0
  • ディスプレイ4.5
  • 処理性能4.0
  • カメラ4.0
  • バッテリー3.5

本記事ではmotorola razr 40を実際に購入した筆者が、良かったところやイマイチなところをレビューしていきます。

なお、razr 40とソフトバンク専売モデル「razr 40s」の違いはカラーリングとプリインストールアプリのみです。

筆者が購入したのはrazr 40sですが、本記事では基本的に「razr 40」で統一しています。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

motorola razr 40の外観チェック

さっそくmotorola razr 40の外観からチェックします。

筆者はソフトバンク専売モデルであるrazr 40sの限定カラー、サマーライラックをチョイスしました。

motorola razr 40sの外観

背面はヴィーガンレザーを採用し、質感は良好です。

メタリックなフレームも相まって、高級感のある上品なボディに仕上がっています。

シックな紫色もかなりおしゃれです。このためだけにソフトバンク版を買いました笑

背面上部にはデュアルカメラと1.5インチのサブディスプレイが配置されています。

存在感はありますが、思っていたほどは出っ張っていません。

motorola razr 40sの外観

右側面には音量ボタンと電源ボタンがあります。

電源ボタンは指紋認証センサー兼用です。

motorola razr 40sの外観

左側面はSIMカードスロットのみです。

motorola razr 40sの外観

本体底部にはスピーカーとUSB type-Cポートがあります。

イヤホンジャックは非搭載です。

motorola razr 40sの外観
本体上部にもイヤホンジャックはなし

本体サイズは大きいものの、厚みが7.35mmと薄く重量も188.6gに抑えられています。

大きさの割には軽いので、重すぎるスマホが苦手な人にもおすすめです。

折りたたむとコンパクト

motorola razr 40最大の特徴は半分に折りたためることです。

motorola razr 40sは折りたたむとコンパクト

感覚的には折りたたみ式のガラケーに近い感じです。

なつかしさを感じて、意味もなくパカパカしてしまいます笑

razr 40sの開閉

スマホとしては大型な部類に入るmotorola razr 40ですが、折りたたむと片手に収まるくらい小さくなります。

motorola razr 40sは折りたたむとコンパクト

隙間なくピッタリ折りたためるので、折りたたんだ状態でも思ったより厚みを感じません。

motorola razr 40sは折りたたむとコンパクト

筆者はスマホをズボンのポケットに入れてよく自転車に乗ります。

最近のスマホはサイズが大きいため、ポケットから落ちないか少し不安です。

でも、razr 40は折りたたむとポケットにすっぽり入るので、その心配がありません。

携帯性の良さは、通常のスマホにはない大きなメリットです。

好きな角度で固定できる

motorola razr 40は開閉するだけでなく、自由な角度で固定できます。

razr 40は自由な角度で固定できる

アプリによっては半開き時に専用UIへ変化します。

例えばYouTubeなら上に動画が表示され、下画面でコントロール(再生、停止など)が可能です。

razr 40でYouTbe

カメラを起動すると、スタンドや三脚なしでも本体を固定して撮影できます。

夜景や、セルフタイマーで集合写真を撮る時などに便利です。

razr 40のフレックスビュー

筆者はニュースアプリを閲覧する時に使っています。

UIは変化しませんが、スタンドなしでも角度をつけて読めるのが地味に便利です。

razr 40は自由な角度で固定できる

工夫次第で、いろいろな使い方できそうですね。

6.9インチの大型ディスプレイ

motorola razr 40は6.9インチの大型ディスプレイを搭載しています。

razr 40の画面

縦長でスマートな印象ですが、思っていたよりデカイです。

持ち運ぶ際は折りたためるので問題ありませんが、片手での操作は難しいでしょう。

razr 40のサイズ感
片手だと上まで手が届かない

有機ELなので発色が良く、輝度も十分です。

同じく有機ELのPixel 7aと比べてみると、razr 40のほうが明るいのが分かります。

Pixel 7aとrazr 40
どちらも輝度50%だが、razr 40(右)はPixel 7a(左)より明るい

斜め下から見るとうっすら折り目が見えるものの、正面から見る分にはほぼ気になりません。

ダークモードにすれば、さらに目立ちにくくなります。

折り目の部分が少しへこんでいるので、最初は操作している時に気になるかもしれません。

筆者の場合は2日くらいで慣れました。今では全く気になりません。

motorola razr 40の付属品は最低限

motorola razr 40の付属品は冊子類とSIMピンのみです。

razr 40sの付属品

ケースやACアダプタ、USBケーブルなどは付属していません。

必要なものは自分で購入してください。

筆者は外部ディスプレイのフィルムとケースを購入しました。

メインディスプレイはすでにフィルムが貼っています。

フィルムをはがしたり、他社製のフィルムを貼ったりすると保証の対象外です。

メインディスプレイのフィルムは買わなくても良いでしょう。

razr 40のフィルムは剝がさない
最初の起動時にも警告画面が表示される

なお、記事執筆時点ではmotorola razr 40向けのまともなサードパーティー製ケースがほとんど発売されていません。

怪しい中華メーカーの製品はありますが、国内メーカーのケースはほぼ0です。

ケースにこだわりがある人は苦労するかもしれません。

筆者はクリアケースを使いたいのですが、まともな製品がなく苦労しました…。

motorola razr 40のスペック

razr 40のスペック

motorola razr 40のスペックは以下の通りです。

スペックrazr 40/razr 40s
カラーセージグリーン
バニラクリーム
サマーライラック※40sのみ
サイズ幅約73.95mm
高さ約170.82mm
厚さ約7.35mm
重さ約188.6g
ディスプレイ(メイン)約6.9インチ, pOLED
FHD+(2,640×1,080)
ディスプレイ(サブ)約1.5インチ, 194×368
リフレッシュレートメイン:144Hz
サブ:60Hz
OSAndroid 13
SoCSnapdragon 7 Gen 1
メモリ8GB
ストレージ256GB
外部ストレージ利用不可
アウトカメラ6400万画素(メイン)
1300万画素(超広角)
インカメラ3200万画素
バッテリー4,200mAh(30W)
ワイヤレス充電〇(5W)
対応SIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 6E(802.11ax)
Bluetooth5.3
生体認証指紋認証、顔認証
防水・防塵IP52
おサイフケータイ

motorola razr 40はミドルハイ向けSoC「Snapdragon 7 Gen 1」を搭載しています。

国内では採用している機種がほぼありませんが、処理性能は必要十分以上です。

詳しくは後述しますが、サクサク快適に動作します。

モトローラの国内向け折りたたみ機では初めておサイフケータイに対応しました。

筆者もおサイフケータイが必須の人間なので、razr 40 Ultraではなくrazr 40を選んだ理由の1つでもあります。

razr 40のFelicaマーク
Felicaチップは本体下部にあります

防水性能は防滴相当のIP52止まりです。

水滴がかかるくらいなら大丈夫ですが、水に浸けたりシャワーをかけたりするのはやめましょう。

razr 40のAntutuスコアは約67万

motorola razr 40でベンチマークソフト「Antutu」を回したところ、スコアは約67万でした。

razr 40のAntutuスコア
razr 40のAntutuスコア
razr 40のAntutuスコア

スコア的にはミドル~ミドルハイクラスに位置付けられます。

ハイエンドには一歩及ばない性能です。

参考:Antutuスコアの目安

  • 20万未満:動作はモッサリ
  • 20~30万:それなりに快適
  • 30~50万:普段使いなら十分
  • 50万~70万:ゲーム以外はヌルヌル動く
  • 70万以上:多くのゲームがサクサク快適

折りたたみ機としては安価とは言え、10万円前後するモデルです。

本音を言えば、80万~90万前後のスコアが欲しかったですね。

とはいえ、このスコアなら普段使いで困ることはまずありません。

スクロールや文字入力でのつっかかりは一切なく、動作はサクサクです。

ゲームもそれなりに動く

motorola razr 40ならゲームも”それなりに”プレイできます。

razr 40のゲームテスト

原神のような負荷の大きいゲームだとかなり発熱します。

2Dゲームがメインの人やカジュアルなゲーマーなら問題ありませんが、長時間がっつり3Dゲームをプレイしたい人には向きません。

モンスト(モンスターストライク)

razr 40でモンスト

まずは2Dゲームのモンストからプレイしてみました。

結論から言うと全く問題なく動作します。

razr 40でモンスト

複数の友情コンボやストライクショットが重なっても処理落ちしません。

2Dゲームであれば、razr 40でも不満なくプレイできるでしょう。

FGO(Fate/Grand Order)

razr 40でFGO

続いてはFGO(Fate/Grand Order)ですが、こちらも問題なくプレイできます。

「標準解像度」+「高品質」の設定でも滑らかに動作します。

宝具演出やオダチェンなどもスムーズです。

razr40でFGO

発熱もそこまで感じないので、イベント周回などもこなせそうです。

PUBGモバイル

razr 40でPUBG

続いてはバトロワのPUBGモバイルをプレイしてみました。

こちらも動作は問題ありません。

razr 40でPUBG
razr 40でPUBG
動作が快適でも1位になるとは限らない

クオリティ「HDR」+フレーム設定「ウルトラ」でサクサク動きます。

razr 40でPUBG

ただし、30分ほどのプレイでも結構発熱しました。

長時間のプレイは要注意です。

原神

razr 40で原神

最後に原神です。

razr 40でもプレイはできますが、かなり発熱します。

デフォルト設定は「低」です。

「中」にするとデバイス負荷が「非常に高い」になります。

razr 40で原神
razr 40で原神
「中」設定

「中」設定なら割と快適に動作しますが、10分ほどプレイしただけで”爆熱状態”になりました。

端末への負荷を考えると、長時間のプレイは推奨できません。

バッテリーもゴリゴリ減っていました。

3Dゲームを高画質かつ快適にプレイしたい人は、もう少し性能が高いスマホを買いましょう。

モトローラの折りたたみ機が良いのであれば、Snapdragon 8+ Gen 1を搭載するrazr 40 Ultraがおすすめです。

razr 40でもゲームが全くできないわけではありません。

2Dゲームがメインの人や、多少画質を下げても良い人ならrazr 40でも十分でしょう。

サブディスプレイでできることは限定的

motorola razr 401.5インチのサブディスプレイを搭載しています。

本体を閉じたままでも、次のような操作が可能です。

razr 40を閉じたままでもできること
  • 時計やバッテリー残量、天気の表示
  • オーディオレコーダー機能
  • カレンダーの表示
  • タイマー開始/停止
  • メディア(音楽)の再生/停止
  • お気に入りに登録した連絡先へ発信
  • 通知の確認
  • クイック設定へのアクセス
  • アウトカメラのプレビューを表示

サブディスプレイには時計やバッテリー容量などの情報を表示できます。

いちいち開かなくても確認できるのは便利です。

motorola razr 40sは折りたたむとコンパクト

サブディスプレイに表示する項目は設定画面から変更できます。

その他にも通知の内容を確認したり、クイック設定へアクセスしてWi-Fiをオフにしたり、といった操作ができます。

razr 40のサブディスプレイで通知を確認
通知の確認
razr 40のサブディスプレイでクイック設定にアクセス
クイック設定

ただ、思ったよりもサブ画面でできること(というか対応しているアプリ)は多くありません。

例えばGalaxy Z Flip 4みたいに「サブ画面にQRコードを表示して支払い」とかできれば良いのですけどね。

ソフトウェア面については、まだまだ改善の余地があると思いました。

スポンサーリンク

国内版はピュアAndroid搭載

motorola razr 40は素のAndroid OSに近い「ピュアAndroid」を搭載しています。

中国版ではMyuiという独自OSを搭載するようですが、国内版ではまだ搭載されていません。

ピュアAndroidはカスタマイズが少なく、シンプルで使いやすいのが特徴です。

中には「痒い所に手が届かなくて使いにくい」と感じる人もいますが、筆者はピュアAndroidが好みです。

プリインストールアプリも最低限で、余計なアプリが入っていません。

ただし、razr 40sはソフトバンク謹製のアプリが複数プリインストールされています。

筆者が試した限りでは、ソフトバンク系のアプリはすべてアンインストール or 無効化できました。

筆者のようにソフトバンク以外のSIMで使う人にとっては、不要なアプリを消せるのはありがたいですね。

消せないアプリが多いド〇モのスマホに比べるとずいぶんマシですね笑

motorola razr 40のカメラ性能

続いてはmotorola razr 40のカメラ性能をチェックします。

motorola razr 40のアウトカメラ構成
  • アウトカメラ①6400万画素
    F1.7、広角、OIS
  • アウトカメラ1300万画素
    F2.2、超広角+マクロ、OIS

メインカメラは6,400万画素の広角カメラ、セカンドカメラは超広角・マクロ兼用です。

色鮮やかでキレイな写真が撮れる

さっそく、motorola razr 40の作例を見ていきます。

いずれもメインカメラのオートモードかつAI補正オンで撮影し、サイズ変更以外の加工・修正はしていません。

razr 40sの作例
razr 40sの作例
razr 40sの作例
razr 40sの作例
razr 40の作例
razr40sの作例

色鮮やかで美しい写真が撮影できます。

ただ、AIによる補正がやや強いため好みが分かれるかもしれません。

AIによる補正が苦手な人は、設定でオフにしましょう。

ズームはデジタルのみ

motorola razr 40は最大8倍のデジタルズームに対応しています。

望遠レンズを搭載しておらず、光学ズームには非対応です。

4倍まではまだマシですが、8倍までズームすると荒くなります。

ズームは2~3倍までにしておきましょう。

razr 40のズーム
2倍
razr 40のズーム
2倍

ズーム性能を重視する場合は望遠レンズを搭載するモデルを購入しましょう。

超広角とマクロも便利

1,300万画素のセカンドカメラは超広角+マクロカメラです。

超広角カメラとして使うと、メインカメラより広い範囲を含めた写真を撮影できます。

若干色味が変わってしまいますが、キレイに撮れています。

歪みも少なめです。

マクロカメラにすると、通常よりも被写体に近づいた状態で撮影できます。

razr 40のマクロ
razr 40のマクロ

エントリー~ミドルのマクロカメラはおまけ程度なことも多いですが、razr 40のマクロカメラはそれなりに高品質です。

被写体に近づくと自動的にマクロカメラになる「オートマクロ」設定もあります。

razr 40sはオートマクロ設定ができる

マクロカメラをよく使うなら、オンにしておくと便利です。

夜景もノイズが少なくキレイ

motorola razr 40は暗所撮影モード「ナイトビジョン」を搭載しています。

通常よりも明るく、ノイズが減っているのが分かりますね。

ナイトビジョンの作例は以下の通りです。

razr 40sの作例(夜景)
razr 40sの作例(夜景)
razr 40sの作例(夜景)
razr 40sの作例(夜景)
razr 40sの作例(夜景)

ノイズや白飛びを抑え、キレイに撮影できています。

ハイエンドモデルに比べると解像感では劣りますが、必要十分以上の出来ではないでしょうか。

ちなみにナイトビジョンでも超広角カメラを使ったり、ズーム撮影したりできます。

razr 40sの作例(夜景)
超広角+ナイトビジョン
razr 40sの作例(夜景)
2倍ズーム+ナイトビジョン

2倍ズーム+ナイトビジョンが思ったよりキレイに撮れました。

10倍とか20倍は無理ですが、2~3倍ならrazr 40でも大丈夫そうです。

アウトカメラで自撮りできる

motorola razr 40を閉じた状態でカメラを起動すると、サブディスプレイにカメラの映像が映ります。

インカメラより高性能なアウトカメラを使って自撮りが撮れるわけですね。

razr 40sはアウトカメラで自撮りを撮れる
razr 40で自撮り
インカメラよりキレイに撮れる(筆者は自撮りを全然撮りませんが)

もちろん、サブディスプレイでもモードやレンズの変更が可能です。

razr 40sは折りたたんでもカメラを操作できる

ただ、画面サイズが小さいため良い感じの角度で撮影するのに苦労しました。

吾妻かずき
吾妻かずき

筆者が普段ほとんど自撮りしないからヘタなだけ、かもしれませんが笑

やはり、サブディスプレイをフル活用するならよりサイズが大きいrazr 40 Ultraのほうが良いでしょう。

motorola razr 40のバッテリー性能

razr 40のバッテリー

motorola razr 40のバッテリー容量は4,200mAh、充電速度は最大30Wです。

ここ最近のAndroidスマホとしてはやや少なめなバッテリー容量ですが、実際の電池持ち・充電速度はどの程度なのでしょうか。

検証してみました。

バッテリー持ちは普通

最初にバッテリー持ちのテストです。

ベンチマークソフト「PCMark for Android」を利用して、バッテリー持ちをテストします。

PCMark for Android

スマホの性能や電池持ちを計測するアプリ。ブラウジング・動画編集・画像編集などを繰り返し、電池持ちを計測する。

PCMark for Android Benchmark

PCMark for Android Benchmark

UL LLC無料posted withアプリーチ

以下の条件でPCMark for Androidを回し、バッテリーが20%になるまでの時間を計測しました。

PCMarkのバッテリーテストの条件
  • 電池100%でスタート
  • 明るさ50%
  • Wi-Fi接続
  • リフレッシュレートは「144Hz」と「60Hz」の2パターン

テスト結果は60Hzで12時間27分、144Hzで11時間59分でした。

電池持ちは可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

バッテリー容量がやや少ないため、電池持ちも他のスマホに比べると少し短い結果でした。

例えば5,000mAhのバッテリーを搭載するmoto g52j 5G IIは15~16時間持ちます。

とはいえ、半日ぶっ続けで使っても20%は残る計算です。

長時間ゲームや動画視聴を利用するような人でなければ、丸1日は普通に持ちますね。

充電速度はかなり速い

razr 40のバッテリー

続いては充電速度のテストです。

先ほどの実験で電池が0%になった状態から、100%になるまでの時間を計測しました。

motorola razr 40は充電ケーブルもアダプタも付属していないので、筆者の私物を使用しています。

テスト結果は以下の通りです。

バッテリー残量充電にかかった時間
50%11分
80%25分
90%32分
100%40分
razr 40のバッテリー充電テスト

わずか40分で100%まで充電できました。

最近話題の”神ジューデン”ほどではありませんが、razr 40の充電速度もかなり高速です。

これなら朝起きて充電がなくても、出かけるまでにしっかり充電できますね。

ワイヤレス充電は遅め

motorola razr 40はワイヤレス充電に対応しています。

充電器に置くだけで簡単に充電でき、ケーブルを抜き差しするわずらわしさがありません。

razr 40のバッテリー

ただし、充電速度は最大5Wとかなり遅めです。

バッテリー残量が20%になった状態から、100%になるまで充電してみました。

ACアダプタとケーブルは有線時と同じものを、ワイヤレス充電器はNIMASOの充電器を利用しています。

100%になるまで2時間47分もかかりました。

バッテリー残量充電にかかった時間
50%1時間1分
80%2時間5分
90%2時間26分
100%2時間47分

40分で満充電できた有線充電に比べると、かなり遅めです。

ケーブルの抜き差しが不要なのは楽ですが、さすがに時間がかかりすぎますね。

基本は有線充電を利用し、時間に余裕があるときはワイヤレス充電を使うのがおすすめです。

motorola razr 40はステレオスピーカー搭載

motorola razr 40ステレオスピーカーを搭載しています。

両方のスピーカーからバランス良く音が出ており、音がこもる感じもありません。

立体音響技術のDolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応しており、自分好みに音をカスタマイズ可能です。

「広がりのあるサウンド」という設定をオンにすると、さらに臨場感のある音を楽しめます。

razr 40はドルビーアトモス対応
razr 40はドルビーアトモス対応
razr 40のオーディオ設定

音楽を聴くときはもちろん、動画視聴やゲームをプレイする際も迫力を感じます。

普段はイヤホンで音を聞く筆者ですが、razr 40にしてからはついついスピーカーで音を聞いてしまいます笑

イヤホンジャックは非搭載

motorola razr 40はイヤホンジャックを搭載していません。

有線イヤホンを使う場合はUSB type-C対応の交換アダプタを利用しましょう。

aptX Adaptiveに対応

motorola razr 40はBluetoothイヤホンも使えます。

対応コーデックは以下の通りです。

razr 40の対応コーデック
  • aptX
  • aptX HD
  • aptX Adaptive(?)
  • AAC
  • LC3
  • LDAC/LHDC
  • SBC

参考:ソフトバンク公式

aptX HDやLDACなど幅広いコーデックをサポートしています。

また、筆者が試した限りではaptX AdaptiveもOKでした(非公式なので注意)。

aptX AdaptiveやLDACに対応するイヤホンを持っていれば、ワイヤレスでも高品質な音を楽しめます。

モトローラ独自の機能を多数搭載

motorola razr 40モトローラ独自の機能を多数搭載しています。

モトローラスマホではお馴染みの「Motoアプリ」から、独自機能の設定が可能です。

razr 40の独自機能
ジェスチャー
razr 40の独自機能
ディスプレイ関連
razr 40の独自機能
ゲームタイム

ジェスチャーは簡単な動きでrazr 40を操作できる機能です。

例えば「クイック撮影」をオンにすると、本体を2回ひねるだけで素早くカメラを起動できます。

razr 40のクイック撮影
閉じたままでもカメラを素早く起動できます

いずれも便利な機能ですが、利用は必須ではありません。

必要な機能だけを使えばOKです。

指紋認証と顔認証に対応

motorola razr 40は生体認証として指紋認証と顔認証に対応しています。

指紋認証は側面の電源ボタン内蔵型です。

精度は良好で、軽く触れるだけで画面ロックが即解除されます。

razr 40の指紋認証

顔認証も良い感じです。

エントリー~ミドル機の顔認証と違い、razr 40はスムーズに解除されます。

razr 40の顔認証
ここでは画面タップでロック画面が点灯する設定を利用

本体を開いてそのまま顔認証でロックを解除できるのが便利ですね。

スポンサーリンク

nanoSIM + eSIMのDSDV対応

razr 40はDSDV対応

motorola razr 40はnanoSIM + eSIMのDSDVに対応しています。

SIMフリー版はもちろん、ソフトバンク専売のrazr 40sも同様です。

razr 40sはDSDV対応
筆者はLINEMOとIIJmioを併用中

以前はキャリア版だとeSIMやDSDVが塞がれることがほとんどでした。

最近ではキャリア版もちゃんとDSDVが使えるのでありがたいですね。

ドコモやau回線もOK

motorola razr 40の対応バンドは以下の通りです。

motorola razr 40の対応バンド
5Gn1 / 3 / 8 / 28 / 40 / 41 / 77 / 78
4GB1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 17 / 18 / 19 / 25 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42
3GB1 / 2 / 4 / 5 / 8

ソフトバンク専売モデルのrazr 40sも対応バンドは変わりません。

ソフトバンク回線はもちろん、ドコモ回線・au回線にもしっかり対応しています。

実際にドコモ回線のLIBMO、au回線のIIJmioを試したところ問題なく利用可能でした。

APNも主要なところはプリインストールされています。

razr 40のAPN一覧
ドコモ回線のAPN(1)
razr 40のAPN一覧
ドコモ回線のAPN(2)
razr 40のAPN一覧
au回線のAPN

ただし、ドコモの5Gで重要なn79には非対応です。

他社SIMが使えるかどうかについては、別記事でも詳しくまとめています。

物理SIM2枚でのDSDVは不可

motorola razr 40で使える物理SIMカードは1枚だけなので、nanoSIM + nanoSIMによるDSDVはできません。

microSDカードも利用不可です。

razr 40は物理SIMカードを1枚しか挿せない

物理SIMカードのみでDSDVを利用したい場合は別の機種を検討しましょう。

最近はeSIM対応の格安SIMが増えてきたので、そこまで困らなくなりましたね。

motorola razr 40 Ultraとの違い

razr 40 Ultra

モトローラはmotorola razr 40の上位モデルにあたるmotorola razr 40 Ultraもリリースしています。

motorola razr 40とrazr 40 Ultraのスペックを比較してみましょう。

スペックrazr 40/40srazr 40 Ultra
価格(直売)125,800円155,800円
カラーセージグリーン
バニラクリーム
サマーライラック※40sのみ
インフィニットブラック
サイズ幅約73.95mm
高さ約170.82mm
厚さ約7.35mm
幅約73.95mm
高さ約170.83mm
厚さ約6.99mm
重さ約188.6g約188g
ディスプレイ(メイン)約6.9インチ, pOLED
FHD+(2,640×1,080)
約6.9インチ, pOLED
FHD+(2,640×1,080)
ディスプレイ(サブ)約1.5インチ, 194×368約3.6インチ,
1,066×1,056
リフレッシュレートメイン:144Hz
サブ:60Hz
メイン:165Hz
サブ:144Hz
OSAndroid 13Android 13
SoCSnapdragon 7 Gen 1Snapdragon 8+ Gen 1
メモリ8GB8GB
ストレージ256GB256GB
アウトカメラ64MP(メイン)
13MP(超広角)
12MP(メイン)
13MP(超広角)
インカメラ32MP32MP
バッテリー4,200mAh(30W)3,800mAh(30W)
ワイヤレス充電〇(5W)〇(5W)
対応SIMnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 6E(802.11ax)Wi-Fi 6E(802.11ax)
Bluetooth5.35.3
生体認証指紋認証、顔認証指紋認証、顔認証
防水・防塵IP52IP52
おサイフケータイ×

もっとも大きな違いはサブディスプレイのサイズです。

motorola razr 40 Ultraは3.6インチの大型サブディスプレイを搭載しており、折りたたんだ状態でも多くのアプリを利用できます。

閉じた状態でもアプリを使いたいなら、razr 40 Ultraのほうが良いでしょう。

スペック面は共通点が多いですが、razr 40 UltraはSoCにSnapdragon 8+ Gen 1を搭載しています。

Snapdragon 7 Gen 1のrazr 40よりも処理性能が優れており、ゲームを快適にプレイしたい人にもrazr 40 Ultraがおすすめです。

一方で、motorola razr 40 Ultraはおサイフケータイに対応していません。

筆者のようにおサイフケータイを利用したいなら、razr 40一択ですね。

motorola razr 40の販売価格

ここではmotorola razr 40の販売価格を見ていきます。

motorola razr 40の販売価格
  • 定価:125,800円
  • 実売価格:11,0000~120,000円
  • ソフトバンク:実質9,912円から
  • IIJmio:一括79,800円から

定価は125,800円です。

これでも折りたたみスマホとしては割安ですが、ネットショップでは11万ほどで販売されています。

例えばAmazonなら109,000円ほどです。

通信事業者ではソフトバンクまたはIIJmioが取り扱っています。

どちらも条件を満たすと10万円を下回る価格で購入可能です。

ソフトバンクなら実質1万円以下

motorola razr 40をとにかく安く買うならソフトバンクがおすすめです。

ソフトバンク専売モデルの「motorola razr 40s」は条件を満たすと実質9,912円で1年間利用できます。

razr 40sの実質価格
  • 販売価格:121,680円
  • 新トクするサポート(バリュー)利用:実質31,896円(2,658円×12回)
  • オンラインショップ割適用:実質9,912円(826円×12回)

「新トクするサポート(バリュー)」を利用すると1~12回目は2,658円/月、13~48回目は2,494円/月の合計48回払いになります。

13ヶ月目に返却すれば13回目以降の支払いが免除されるため、実質価格は31,896円です。

他社からMNPで乗り換えた場合は「オンラインショップ割」でさらに21,984円割引されるため、実質負担額は9,912円になります。

途中で返却する必要はありますが、1年で実質1万円以下なら”かなりアリ”でしょう。

3~4年以上使いたい人、手元に置いておきたい人はIIJmioがおすすめですよ。

注意点

新トクするサポート(バリュー)の特典利用時に査定条件を満たさない(故障しているなど)場合は22,000円(不課税)の支払いが必要なので注意してください。

2024年3月31日まではrazr 40s購入で最大20,000円相当のPayPayポイントがもらえるガチャキャンペーンも開催しています。

razr 40sガチャ
引用元:モト部

razr 40sを購入するなら、こちらのガチャも引いておきましょう。

乗り換え&新トクするサポート(バリュー)で実質1万円以下!

IIJmioは一括79,800円から

motorola razr 40を一括で買うならIIJmioがおすすめです。

2024年1月17日まで限定セールを実施しており、他社からの乗り換えなら一括79,800円で購入できます。

IIJmioにおけるrazr 40の価格
  • 通常価格:112,000円
  • 1月17日まで:95,800円
  • 他社からMNPで乗り換え:79,800円

単体購入でも95,800円と、10万円を下回ります。

サマーライラックのカラーは用意されていませんが、一括で安く買うならソフトバンクよりIIJmioがおすすめです。

お得な端末セール実施中!

まとめ

以上、motorola razr 40の実機レビューでした。

motorola razr 40のメリット
  • レザー仕上げで高級感のある外観
  • サイズが大きい割に軽い
  • 折りたたんでコンパクトに持ち運べる
  • おサイフケータイ対応
  • 普段使いなら全く問題ない処理性能
  • 夜景もキレイに撮れるカメラ
  • 充電がかなり速い
  • ステレオスピーカー搭載
  • nano SIM + eSIMによるDSDV対応
  • 回線とセットなら10万円以下で買える
motorola razr 40のデメリット
  • イヤホンジャック非搭載
  • 閉じたままできることが少ない
  • 負荷をかけると発熱しやすい
  • 防水・防塵はIP52止まり
  • microSDカードが使えない
  • ケースの種類が少ない

回線とセットなら10万円以下という価格の安さが魅力の折りたたみ機です。

処理性能やカメラは必要十分以上ですし、おサイフケータイや30Wの急速充電に対応するなど機能性も充実しています。

筆者のように、初めての折りたたみスマホとして買うのにピッタリの1台ですよ。

ヴィーガンレザー仕上げの上品なデザインも必見です。

タイトルとURLをコピーしました