IIJmioは端末セットがお得!おすすめ商品はこちら
スポンサーリンク

日本版「Xiaomi 12T Pro」正式発表!スペック・価格・取り扱いMVNOまとめ

Xiaomi 12T Pro Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

日本版「Xiaomi 12T Pro」が正式発表されました。

Xiaomi 11T Proの後継モデルです。フラグシップ顔負けの高いスペックを持ちながら、価格が比較的リーズナブルに抑えられています。

発売日は12月16日、SIMフリー版の価格は109,800円です。

本記事ではXiaomi 12T Proのスペック・特徴と価格、さらに取り扱うMVNOについてまとめました。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

国内版「Xiaomi 12T Pro」が正式発表

Xiaomi Japanが国内版「Xiaomi 12T Pro」を正式発表しました。

主なスペックは以下の通りです。

スペックXiaomi 12T Pro
カラーブルー、ブラック
サイズ幅約75.9mm
高さ約163.1mm
厚さ約8.6mm
重さ約205g
ディスプレイ約6.67インチ, AMOLED
FHD+(2712×1220)
リフレッシュレート120Hz
OSMIUI 13(Android 12)
SoCSnapdragon 8+ Gen 1
メモリ8GB
ストレージSIMフリー版:128GB
ソフトバンク版:256GB
アウトカメラ2億画素+800万画素+200万画素
インカメラ2000万画素
バッテリー5000mAh(120W急速充電)
対応SIMnanoSIM + eSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 6(802.11ax)
Bluetooth5.2
防水・防塵IP53
おサイフケータイ

Xiaomi公式サイトの更新に合わせて、一部スペックを修正いたしました。

2億画素カメラ搭載&120W急速充電対応

Xiaomi 12T Proの主な特徴は以下の通りです。

Xiaomi 12T Proの主な特徴
  • Snapdragon 8+ Gen 1搭載
  • 2億画素カメラ採用
  • 120Hzリフレッシュレート対応
  • 高品質なデュアルスピーカー搭載
  • 120Wの急速充電対応
  • eSIM対応
  • 24ヶ月間バッテリーを無料交換

Snapdragon 8+ Gen 1を搭載するハイスペックスマホです。

2億画素カメラを搭載し、夜景も美しく撮影できます。

Xiaomi 12T Proのカメラ

120Wの急速充電に対応し、19分で100%まで充電可能です。

Xiaomi 12T Proは超急速充電対応

SIMフリー版(8GB/128GB)の販売価格は109,800円です。

Amazonなどのネット通販や各種家電量販店で購入できます。

なお、ソフトバンク版はストレージ容量が256GBにアップしています。

Xiaomi 12T Proと11T Proの違い

Xiaomi 12T Proを前モデル「Xiaomi 11T Pro」と比較してみました。

スペックXiaomi 12T ProXiaomi 11T Pro
販売価格109,800円128GB版:69,800円
256GB版:79,800円
カラーブルー、ブラックセレスティアルブルー、ムーンライトホワイト、メテオライトグレー
サイズ幅約75.9mm
高さ約163.1mm
厚さ約8.6mm
幅約76.9mm
高さ約164.1mm
厚さ約8.8mm
重さ約205g約204g
ディスプレイ約6.67インチ, AMOLED
FHD+(2712×1220)
約6.67インチ, AMOLED
FHD+(2400×1220)
リフレッシュレート120Hz120Hz
OSMIUI 13(Android 12)MIUI 12.5(Android 11)
SoCSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888
メモリ8GB8GB
ストレージSIMフリー版:128GB
ソフトバンク版:256GB
128GB/256GB
アウトカメラ2億画素+800万画素+200万画素1億800万画素+800万画素+500万画素
インカメラ2000万画素1600万画素
バッテリー5000mAh(120W急速充電)5000mAh(120W急速充電)
対応SIMnanoSIM + eSIMnanoSIM + nanoSIM
DSDV
5G
Wi-FiWi-Fi 6(802.11ax)Wi-Fi 6(802.11ax)
Bluetooth5.25.2
防水・防塵IP53IP53
おサイフケータイ

大きな違いはSoCとカメラ、eSIMの有無などです。

スペックアップしているのは確かですが、価格も4万円近く高くなっています。

Xiaomi 11T Proも十分ハイスペックですし、120Wの急速充電も対応しています。

よほど処理性能やカメラにこだわる人でなければXiaomi 11T Proでも良いのかもしれません。

まとめ

予想通り、Xiaomi 12T Proが発表されました。

昨今の円安等もあって、価格はXiaomi 11T Proから値上げされています。

IIJmioの端末セールなど、キャンペーンをうまく活用したいところですね。

一方で、Xiaomi 12Tは発表されませんでした。

Xiaomi 12TシリーズはProモデルのみ日本で展開するのかもしれません。

画像引用元:Xiaomi Japan公式Twitter

タイトルとURLをコピーしました