「HUAWEI P10 lite」レビュー!実際に使ってみた感想・評価

HUAWEI P10 lite Android

発売されたばかりのSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を本日ゲットしました。

2016年にコスパの高さで大ヒットした「HUAWEI P9 lite」の後継機です。

 

約25,000円というお手頃な価格でありながら、デザイン・性能ともにかなり高いクオリティに仕上がっています。

今回はそんなHUAWEI P10 liteのレビューです!

スポンサーリンク

外観をチェック!

では本体を見ていきましょう。

まずは背面から。

P10 lite 外観

 

カッコいいですねぇ。

単に青いだけでなく、デザインも素晴らしい。

本体両面が2.5D加工(少し角を丸くする)されたガラスで出来ています。

角度によって光の反射が代わり、とてもきれいです。

とても25,000円とは思えないクオリティのデザインですね。

 

ちなみに、真ん中上部にあるのが指紋センサーです。

続いて前面です。

P10 lite 前面

 

前面も2.5D曲面ガラスを使っており、エッジ部分が丸みを帯びています。

左右のベゼル(縁)も意外と狭い。

 

最近流行りのノッチがあるものや18:9の縦長ディスプレイのスマホと比べるとディスプレイは小さいかもしれませんね。

こちらは本体上部。イヤホンジャックがあります。

P10 lite イヤホンジャック

 

こちらは本体下部。

microUSB端子とスピーカーがあります。

P10 lite USB端子

 

本音を言うとUSB type-Cを採用してほしかった。

でも価格の安さを考えるとあまり文句は言えませんね。

付属品も充実

本体の次は付属品を確認しましょう。

P10 lite 付属品

 

付属品は取扱説明書、USBケーブル、ACアダプター、イヤホン、本体ケースです。

標準でケースがついてるってかなり嬉しいですね。

今まではスマホと同時にケースを購入していましたが、その手間とコストが省けます。

 

ケースは透明なプラスチックのケースです。

ただ、完全に透明ではなくドットみたいな模様が付いています。

P10 lite ケース

 

さらに、側面については覆う部分が少なく、4角のみです。

側面全体をガードしないと不安な人は別途ケースを購入したほうが良さそうです。

P10 lite ケース

スペック

続いて、HUAWEI P10 liteの簡単なスペックです。

HUAWEI P10 liteのスペック
OS Android 7.0
CPU Kirin 658
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2インチ、FHD(1920×1080)
カメラ アウト:1200万画素
イン:800万画素
バッテリー 3000mAh
DSDS ×
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×

オクタコアCPUに3GBメモリと32GBストレージを搭載。

いわゆるミドルスペックというやつですね。

 

ハイスペックスマホには敵いませんが、ヘビーな使い方をしないのであれば全く問題ないでしょう。

SNSやLINE、ブラウジング、動画視聴、軽いソシャゲあたりがメインの人なら十分すぎです。

むしろこれだけのスペックで約2万円というのはかなりの高コスパと言えます。

動作はサクサク快適

一通りP10 liteを使ってみましたが、かなりサクサクと動作します。

アプリの起動や切り替えは速いですし、文字入力も素早いフリック動作にちゃんとついてきます。

 

普通に使っていて、全くストレスを感じません。

負荷が大きい3Dゲームなど、よほど重たいアプリでなければ快適に使えそうです。

Antutuスコアは約70,000

続いて、ベンチマークソフト「Antutu」を使って性能を測ってみました。

P10 lite Antutu

 

スコアは72538でした。

スコアの基準はだいたい

  • 50000前後:ミドルスペック
  • 80,000台:ミドルハイ
  • 100,000以上:ハイスペック

って感じなので、P10 liteはミドルスペックのスマホということになります。

これだけあれば普通に使う分には全く問題ないですね。

指紋認証がとにかく快適

HUAWEI P10 liteは指紋認証に対応しています。

スマホで指紋認証は初めてでしたが、かなり快適ですね。

とにかく速いし、精度も高い。

ある程度適当にタッチしても反応してくれます。

 

使うまでは「PINでよくね?」とか思ってましたが、一度使うと病みつきですね。

もう指紋認証がないスマホは使いたくない(真顔)

カメラも普通に使うには十分すぎる性能

HUAWEIと言えばカメラの性能が良いことで知られています。

P10 liteも、下位モデルとは思えないほどカメラの性能が高いです。

P10 lite 作例1

P10 lite 作例2

P10 lite 作例3

 

オートで適当に撮影してみましたが、まずまず綺麗ではないでしょうか。

SNSに投稿したり、旅行先で記念撮影くらいなら十分です。

 

全部で9種類のフィルタが用意されており、ワンタッチで普段とは違う雰囲気の写真が撮影できますよ。

P10 lite モード

 

他にも細かい設定をしながら撮影できる「プロ写真」モードや、スロー撮影モードなんかもあります。

ダブルレンズではないですし、背景をぼかすワイドアパーチャも使えません。

でも2万円台前半のスマホのカメラとしては十分すぎる性能です。

スポンサーリンク

バッテリーはかなり長持ち【追記】

2週間ほど使ってみましたが、バッテリー持ちはかなり良いです。

夜寝る前に充電しておけば翌日の夜でも60%くらいあります。

さらにその次の日の夕方くらいまでは使えます。

ただし、これはゲームをせずなおかつ省エネ設定をしっかりした場合です。

とくにスリープ中はWi-Fiを切断する設定にしておくとかなり長持ちです。

p10 liteの設定についてはこちらをどうぞ。

当たり前ですが、ゲームをプレイすると結構減ります。

なので、ゲームをしない人であれば安心して使えますし、逆にゲームを長時間する人は要注意です。

デュアルSIMだがDSDSは不可能

HUAWEI P10 liteはnanoサイズのSIMを2枚挿せます。

いわゆるデュアルSIMというやつですね。

SIMカードスロット2はmicro SDカードスロットも兼ね備えています。

P10 lite simスロット

 

ただし、2スロは日本では使われていない2G回線のみ対応しています。

したがって、2枚のSIMを同時に待ち受けするDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)やDSDVはできません。

 

2020年現在は2万円台でもDSDVに対応しているモデルが増えているので、そちらを検討しましょう。

2Dゲームならプレイ可能

続いて、HUAWEI P10 liteでいくつかゲームを試してみました。

ゲーム名 動作※ 備考
モンスト 全く問題なし
艦これ 全く問題なし
白猫プロジェクト サクサク動いた
ポケモンGo ややカクつくがプレイ可能

※〇:問題なし △:できなくはないが難あり ×:快適なプレイは難しい

 

いくつかアプリを動かしてみましたが、どれも問題なく動きました。

よほど負荷の大きい3Dゲームなどでなければ、P10 liteでもプレイ可能ですね。

まとめ

というわけで、今回はSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」のレビューでした。

25,000円という価格でありながら高級感あふれるデザインとサクサクと快適な動作性を兼ね備えた、非常にコストパフォーマンスが高い機種です。

 

メインのスマホとしても十分に使うことができますし、これから格安SIMを使ってみたいという初心者の人にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました