Amazonタイムセール祭り開催中!対象商品はこちら

100均のアイテムでマルチスマホスタンドを作ってみた

スマホアクセサリ

筆者はスマホライターをやっていることもあり、スマホを複数台持っています。

以前は机の上がスマホだらけで、かなりゴチャついていました。

机を整理するため、スマホを複数置けるスタンドを買うことに。

でも、調べてみるとそういうスタンドって意外に高価です。

そこで、複数のスマホを置くことができる「マルチスマホスタンド」を100均のアイテムで作ってみました。

本記事内の価格は特別な表記がない限りすべて税込みです。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻かずきをフォローする

マルチスタンド自体は市販されている

複数台のスマホやタブレットを置けるマルチスタンド自体は市販されています。

例えばAmazonなら2,000円弱でこんなものが買えます。

素直にこれを買っても良かったのですが、せっかくなので自分で作ってみることにしました。

今回作るスタンドもこの製品をイメージしてます。

スポンサーリンク

マルチスタンドの作り方

では、ここからは実際にマルチスタンドを作っていきます。

材料をダイソーで調達

ダイソーで調達した材料は大きく2つです。

  • ウッドボックス
  • 2種類の木材

まずはスタンドの土台になるウッドボックスです。

中に別売りの引き出しを2つ収納できるタイプを使用します。

ウッドボックス

そして2種類の木材です。

スマホスタンドの材料2

薄い板状のものと、110円で4本ついてる角棒です。

工具は木工用ボンド、のこぎり、やすりを用意しましょう。

材料を組み上げていく

作り方はとっても簡単です。

制作手順
  1. 角棒と細長い板状の木材をウッドボックスの長さに合わせて切る
  2. それをボンドでくっつける

まず一番手前のストッパーを作ります。

角棒をウッドボックスの横幅に合わせて切って、ボンドでくっつけます。

切り口はやすりでしっかり削りましょう。

手順1

一番手前のストッパーが出来たら角棒はもう使いません。

次からは細長い板状の木材を使います。

こちらもウッドボックスの横幅に合わせて切ってください。

手順2

あとは木工用ボンドで貼るだけです。

手順3

あとは全く同じ工程を2回繰り返せば完成です。

手順4

うん。

切って張り付けただけだから見た目のクオリティは高くありません。

こだわるなら塗装したり、ニスを塗ったりしても良いでしょう。

スポンサーリンク

早速置いてみた

何はともあれ、完成したので早速我が家のスマホを置いてみました。

こんな感じです。

完成品

スタンドだけ見ると適当感が満載でしたが、スマホを置くと良い感じになりました。

木工用ボンも100均なので強度が心配でしたが、後ろに倒れることなく安定しています。

使いたいスマホをさっとピックアップできるのも良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

プチDIYでスマホを複数台置けるマルチスタンドを作ってみました。

材料費330円で、あっという間に出来てしまいました。

市販されているもののほうが完成度は高いでしょうが、安く済むのと愛着が湧くのがDIYの良いところですね。

いろいろアレンジできると思うので、ぜひお試しあれ。

タイトルとURLをコピーしました