一括110円から!IIJmioのお得なスマホセットはこちら

moto g24を購入したらやっておきたい設定8項目

moto g24 Android
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

本記事では、moto g24を購入したら最初にしておきたいおすすめ設定をまとめました。

moto g24はカスタマイズが少ない”ほぼピュアAndroid”を搭載したモデルです。

吾妻かずき
吾妻かずき

シンプルなのでそのままでも使えなくはないですが、より快適に使うためにも最低限の設定はしましょう。

本記事ではmoto g24の設定方法を画像付きで詳しく解説しているので、moto g24を購入したらぜひ参考にしてください。

本記事の設定項目は2024年5月6日時点のAndroid 14におけるものです。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

ディスプレイ関連の設定

まずはディスプレイ関連の設定からです。

リフレッシュレートを90Hzにする

moto g24は最大90Hzのリフレッシュレートに対応しています。

60Hzよりも滑らかに動くので、90Hzに設定するのがおすすめです。

[設定]→[ディスプレイ]→[リフレッシュレート]からリフレッシュレートを変更できます。

moto g24のリフレッシュレートを90Hzにする
moto g24のリフレッシュレートを90Hzにする
moto g24のリフレッシュレートを90Hzにする

[自動]にすると、基本は90Hzですが状況に応じて変動するようです。

なお、自動および90Hzにすると60Hzの時よりバッテリー持ちが少し悪くなります。

リフレッシュレートよりもバッテリー持ちを重視するなら、60Hzのままにしておきましょう。

筆者
筆者

90Hzでもそれなりにバッテリーは持つので、筆者は常に90Hzにしています。

ロック画面の時計を小さくする

最近のAndroidでは、デフォルトだとロック画面の時計が大きく表示されます。

「大きすぎて嫌だ」という人は、設定で小さくしましょう。

[設定]→[ホーム画面とロック画面]→[ロック画面]の順に進み、[時間を2行で表示]をオフにすればOKです。

moto g24の時計を小さくする
moto g24の時計を小さくする
moto g24の時計を小さくする

元のサイズに戻したい場合は、もう一度[時間を2行で表示]をタップしてオンにしてください。

RAMブーストをオフにする

moto g24では、ストレージの一部をメインメモリとして使う「RAMブースト」という機能がデフォルトでオンになっています。

moto g24のRAMブースト

メモリを最大16GBまで拡張できますが、ストレージはメモリよりも速度が遅めです。

それにmoto g24の処理性能を考えると、8GBで足りないような使い方はしないでしょう。

基本的にはRAMブーストをオフにして使うのがおすすめです。

RAMブーストをオフにする手順
  • STEP 1

    [設定]の[システム]をタップします。

    moto g24のRAMブースト
  • STEP 2

    [パフォーマンス]をタップしてください。

    moto g24のRAMブースト
  • STEP 3

    [RAMブースト]をタップします。

    moto g24のRAMブースト
  • STEP 4

    [RAMブースト]をタップしてオフにし、[再起動]をタップしてmoto g24を再起動してください。

    moto g24のRAMブースト
  • STEP 5

    再起動が完了すれば、RAMブーストがオフになっています。

    moto g24のRAMブースト

RAMブーストを使いたい場合は同じ手順でオンにし、割り当てるメモリ量を決めればOKです。

スポンサーリンク

音関連の設定

次は音関連の設定です。

電源ONの音をオフにする

moto g24の電源をオンにすると「Hello Moto(ハロー、モト)」と巨大な音がなります。

筆者
筆者

モトローラ製スマホの特徴ですが、慣れない人はかなりビックリするでしょう(筆者もまだ驚きます笑)。

この音は電源をオンにする度になります。

ならしたくない場合は[設定]→[音とバイブレーション]→[電源ONの音]をオフにしてください。

これで、起動時の音をオフにできます。

Dolby Atmosの設定を変える

moto g24は立体音響技術「Dolby Atmos」に対応しています。

デフォルトで空間オーディオがオンになっており、エントリー機ながら臨場感のある音を楽しめるのが特徴です。

moto g24はDolby Atmos対応

ただこの空間オーディオ、スピーカー利用時は良いのですがイヤホン利用時は微妙でした。

筆者
筆者

レビューでも書きましたが、「無理やり立体的にしている」感が強いのですよね。

これについてはイヤホンとの相性もあると思いますが、不自然だと感じた時は空間オーディオをオフにしましょう。

  • STEP 1

    [設定]→[音とバイブレーション]の順に進みます。

    moto g24の音設定
  • STEP 2

    [Dolby Atmos]をタップしてください。

    moto g24のDolby Atmos設定
  • STEP 3

    左下の[設定]をタップします。

    moto g24のDolby Atmos設定
  • STEP 4

    [ステレオオーディオ]のなかから、好きなものを選択しましょう。

    moto g24のDolby Atmos設定

とくにこだわりがないなら[スマートオーディオ]でOKです。

細かく設定したい場合はスマートオーディオ以外を選んだうえで、右側の[ペンマーク]をタップしましょう。

moto g24のDolby Atmos設定

イコライザなどの細かい設定ができます。

ジェスチャー(操作)関連の設定

次はジェスチャー関連の設定です。

3ボタン ナビゲーションを使う

moto g24では「ジェスチャー」と「3ボタン」、2つのナビゲーションが用意されています。

近年はジェスチャーがデフォルトになりつつありますが、まだ3ボタンで使いたい人も多いでしょう。

その場合は[設定]→[ジェスチャー]→[ナビゲーション モード]の順に進み[3ボタン ナビゲーション]にチェックれを入れればOKです。

moto g24のナビゲーション
moto g24のナビゲーション
moto g24のナビゲーション

ジェスチャーナビゲーションに戻したい場合は、同じ手順で[ジェスチャーナビゲーション]にチェックを入れましょう。

電源長押しで電源メニューを表示する

デフォルト設定の場合、moto g24で電源ボタンを長押しするとGoogleアシスタントが起動します。

moto g24の電源ボタンで電源メニューを表示する

この場合、電源メニュー(再起動など)を起動するには[音量アップ+電源ボタン]の同時押しが必要です。

Googleアシスタントを使わない場合は、電源ボタン長押しで電源メニューを開けるようにしましょう。

[設定]→[ジェスチャー]→[電源ボタンを長押し]の順に進み[電源ボタンメニュー]にチェックを入れましょう。

moto g24のナビゲーション
moto g24の電源ボタンで電源メニューを表示する
moto g24の電源ボタンで電源メニューを表示する

これで、電源ボタン長押しで電源メニューが表示されます。

moto g24の電源ボタンで電源メニューを表示する

高解像度(5,000万画素)で撮影する

moto g24のメインカメラは5,000万画素ですが、普通に撮影すると1,250万画素になります。

5,000万画素で撮影する場合はカメラアプリ右上の[歯車マーク]から設定に入り、[背面カメラの写真の解像度]で[高]を選択しましょう。

moto g24で50MP撮影

これで、5,000万画素の高解像度で撮影できます。

なお、この設定にしている間はズームやナイトビジョンなどは使えません。

画像ファイルの容量もかなり大きくなるので注意しましょう。

筆者
筆者

解説しといてこんなこと言うのもなんですが、基本的には[標準]での撮影でOKです笑

まとめ

以上、moto g24を購入したら最初にしておきたい設定項目を解説しました。

設定項目は他にもたくさんありますが、最低限これだけはしておきましょう。

今後、moto g24を利用するうえで他にも便利な設定などがあれば追記します。