OCNモバイルONEで端末セールが実施中!対象製品はこちら

【2022年】iPhone XRはまだ現役?いつまで使える?実際に使って考察

iPhone XRiOS

iPhone XRは2018年に発売されました。

発売から4年経ち、そろそろ最新モデルへの変更を検討する頃合いかもしれません。

ただ、最新のiPhoneはスペックが良い分だけ価格も高めです。

「まだまだiPhone XRを使いたい」「サブ用にiPhone XRを買いたい」という人もいるでしょう。

となると、iPhone XRはいつまで使えるのか気になりますよね。

断言はできませんが、筆者の予想では「あと2年くらいは問題なく使える」と考えています。

本記事ではiPhone XRはまだ現役で使えるのか、そしていつまで使えるのかを解説します。

スポンサーリンク

iPhone XRはいつまで使えるのか?

筆者の予想では、iPhone XR「あと2年くらいは問題なく使える」と考えています。

将来のことは誰にも分かりませんし、断言もできません。

ただ、これまでのiPhoneのOSサポート期間を考えると最低でも1年は確実に使えるでしょう。

iPhone XRはiOS 16に対応

スマホを長く使う上では「最新のOSに対応するか」が重要です。

iPhone XRは2022年9月にリリースされたiOS 16にも対応しています。

iOS 16対応端末

実際に筆者もiPhone XRをiOS 16にアップデート済みです。

これにより、最低でも2023年9月頃までは最新OSを使えることが確定です。

iOS 17(仮)対応であと2年は使えると予想

筆者は、iPhone XRは少なくともあと2年は使えると予想しています。

歴代のiPhoneを見ると基本的に5回はiOSアップデートを受けています。

  • iPhone 5s:iOS 7~iOS 12
  • iPhone 6/6 Plus:iOS 8~12
  • iPhone SE:iOS 9~16
  • iPhone 7/7 Plus:iOS 10~15

iPhone XRはリリース時にiOS 12を搭載していました。

そのため、来年リリースされる(であろう)iOS 17でも引き続きサポートされるはずです。

あくまでも予想なので、実際にサポートされるかは分かりません。

iOSアップデートが打ち切られたからといって、すぐに使えなくなるわけではありません。

ただし、最新のアップデートを受けられない状態で使うのは避けるべきです。

  • 最新のアプリを使えなくなる可能性がある
  • セキュリティ的なリスクが大きい

iOSのサポートが切れた場合は、素直に新しい機種へ買い替えましょう。

繰り返しですが、iPhone XRはiOS 16に対応するため最低でもあと1年は大丈夫です。

iPhone XRは2022年も現役

iPhone XRは型落ちモデルですが、スペック的には2022年現在も現役で使えます。

  • 処理性能は必要十分
  • カメラ性能も及第点
  • FelicaやeSIMなど機能も充実
  • 9,800円でバッテリー交換も可能

処理性能は必要十分

iPhone XRは型落ちですが、普通に使う分には困らないスペックを持っています。

iPhone XRのスペック
カラーレッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー
サイズ幅75.7mm
高さ150.9mm
厚さ8.3mm
重さ約194g
ディスプレイ約6.1インチ,1792×828
OSiOS 16対応
CPUA12 Bionic
メモリ3GB(非公表)
ストレージ64GB/128GB/256GB
カメラアウト:1200MP
イン:7MP
バッテリー2942mAh(非公表)
SIMサイズnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)
Wi-FiWi-Fi 5(11ac)
Bluetooth5.0
防水・防塵IP67
Felica

SoCはA12 Bionicを搭載しています。

最新世代のA16 Bionicより4世代古いものの、性能は比較的高めです。

実際にベンチマークテストしてみました。

Antutuスコアは50万前後、Geekbenchスコアはシングル1107/マルチ2514です。

筆者が持っているmotorola edge 20(約5万円)とほぼ同じスコアです。

iPhone XRは「最新のミドルハイクラスAndroid」並みの性能を持っていると言えます。

iPhone 14や13のような新しい機種には到底、敵いません。

「とにかくスペックを重視!」という人はおとなしく最新機種を買いましょう。

逆に「そこまでスペックを重視しない」「普段使いが快適ならOK」という人ならiPhone XRでも問題ありません。

ウマ娘やFGOなども快適

iPhone XRならゲームもそれなりに快適です。

「ウマ娘」は標準版+高品質化でもサクサク動きました。

固有スキル演出もぬるぬるです。

FGOも快適でした。

2倍速の宝具演出もスムーズに再生されます。

ただし、長時間プレイするとやや発熱を感じました。

SoCやバッテリーが劣化しているので、ある程度の発熱は仕方がありませんね。

原神はやや厳しい

iPhone XRの性能はあくまでもミドルハイ程度です。

ハイエンドのようになんでもこなせるわけではなく、負荷の大きい3Dゲームのプレイには向きません。

試しに原神をプレイしてみました。

デフォルトの設定は「中」で、「高」以上にすると警告が出ます。

高画質でのプレイは厳しめですね。

「中」設定ならそれなりに動きます。

ただ、敵が多い場所などは少しカクつきます。

iPhone XRで原神

そして中設定でも結構な発熱ですね。

空き時間にちょっとプレイするくらいなら問題ありませんが、長時間がっつりプレイするのには向きません。

カメラ性能も及第点

iPhone XRのアウトカメラは12MPのシングルカメラです。

超広角カメラは搭載していませんし、広角カメラの性能も最新機種に劣ります。

それでも明るいところでの撮影なら十分キレイです。

iPhone XRのカメラ作例

iPhone XRのカメラ作例

iPhone XRのカメラ作例

iPhone XRの作例

iPhone XRで物撮り

ここ最近のスマホでは当たり前に搭載しているナイトモードもありません。

その割にはキレイに撮れますが、やはりiPhone 12や13には劣ります。

iPhone XRで夜景撮影 iPhone XRで夜景撮影

とは言え、4年前のスマホでこれだけ撮れれば十分ではないでしょうか。

FelicaやeSIMなど機能も充実

iPhone XRは古いモデルですが、機能面は充実しています。

  • Felica搭載でSuicaやWAONが使える
  • eSIM対応(デュアルeSIMは不可)
  • ワイヤレス充電もOK
  • Face IDも快適

Suicaなどの電子マネーユーザーにとっては必須なFelicaもちゃんと搭載しています。

物理的なSIMカードなしで契約できる「eSIM」も利用可能です。

eSIMとは

2つのeSIMを同時に使うデュアルeSIMはできません。

物理SIMとのDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)はOKです。

ワイヤレス充電も対応しています。

磁石でくっつくMagSafeは使えませんが、やはり置くだけで充電できるのは便利です。

9,800円でバッテリー交換も可能

iPhone XRはAppleに依頼すればバッテリーを交換できます。

価格は9,800円です。

長くXRを使っている場合、バッテリーが劣化しているでしょう。

バッテリーさえ交換すれば、もうしばらく使えますよ。

iPhone XRは古い機種の割にはバッテリー容量が多く、電池持ちも良好です。

最新機種に比べたiPhone XRのデメリット

最新機種に比べると、iPhone XRには次のようなデメリットもあります。

  • マスク着用時の顔認証は不可
  • 5G通信は非対応
  • その他の最新機能も対応しない可能性あり

マスク着用時の顔認証は不可

iPhone XRはマスク着用時の顔認証(Face ID)によるロック解除に非対応です。

iOS 15.4から、マスクをしたまま顔認証できるようになりました。

筆者もiPhone 13 miniで試しましたが、いちいちマスクをずらさなくて良いのは楽ですね。

この機能を使えるのはiPhone 12以降のモデルのみです。

iPhone XRはマスク時の顔認証に対応していません。

マスクをつける機会が多い昨今では、ちょっと不便ですね。

なお、Apple WatchがあればiPhone XRでもマスクを着けたまま顔認証できます。

Apple Watch(Series 3以降)を装着している場合は、マスクを着けているときにApple Watchを使ってiPhone(Face IDを搭載しているモデル)を安全にロック解除できます。

引用元:Apple

Apple Watchとの併用も検討しましょう。

5G通信は非対応

iPhone XRは5G通信に対応していません。

各社の5Gプランを契約しても、利用できるのは4G回線のみです。

ただし、5G通信は対応エリアがまだ広くありません。

それに現在のコンテンツ(動画視聴など)なら4G回線でも速度的には十分です。

5Gに対応していなくても問は題ありません。

iPhone XRを買う方法

2022年現在、iPhone XRを買う方法は大きく3つです。

  • 方法①中古ショップやネット通販
  • 方法②フリマ・ネットオークション
  • 方法③格安SIMとセット

Appleストアや大手キャリアでの取り扱いはとっくに終了済みです。

基本的には中古ショップやネット通販、フリマなどで中古品を購入することになります。

価格は状態やショップによって異なりますが、おおむね以下の通りです。

2022年9月時点の相場
  • 64GB:25,000~30,000円前後
  • 128GB:28,000~38,000円前後
  • 256GB:36,000~47,000円前後

中古ショップで買う際は「SIMロック」と「ネットワーク利用制限」の有無をしっかりチェックしてください。

ネットワーク利用制限が「×」になった際に返金・返品してくれる「赤ロム保証」があるショップなら安心ですね。

メルカリやヤフオクで買う場合は必ず事前にネットワーク利用制限をチェックしてください。

Amazonで整備品を買える

出来る限り状態の良いものが欲しいなら、Amazonで整備品を買うのも手です。

記事執筆時点での販売価格
  • 64GB:37,798円
  • 128GB:54,000円
  • 256GB:53,515円

通常の中古より少し高いですが、状態は良好です。

最安はUQ(ゲオモバ経由)とのセット

以前はいくつかの格安SIMでも中古のiPhone XRを取り扱っていました。

記事執筆時点では取り扱いがほぼ終了しており、筆者が確認した限りでは以下の2つのみです。

iPhone XRを最安で買えるのはUQモバイルです。

といってもUQモバイル公式ではなく、正規代理店であるゲオモバイルを経由する必要があります。

状態Aの64GB版なら、他社からMNPで乗り換えると一括3,300円で購入できます。

ちなみに筆者が購入した時は一括3,900円でした。

iPhone XRをとにかく安く買うならゲオモバイル経由でUQモバイルとセット購入がおすすめです。

中古品なので、在庫がなくなりやすい点には注意しましょう。

ワイモバイルではソフトバンクの認定中古品を取り扱っています。

他社からMNPで128GBモデルが一括9,600円です。

iPhone XRをワイモバイルで

そこそこ安いですが、こちらも在庫がなくなりやすいようです。

気になる人は早めに購入しましょう。

他の型落ちiPhoneとの違い

型落ちのiPhoneを使う場合、iPhone XR以外にもいくつか選択肢があります。

ここではiPhone XRを同世代のiPhone XS、1世代新しいiPhone 11と比較してみました。

iPhone XRiPhone XSiPhone 11
画像
中古相場
(64GB)
2.5~3万円前後3~3.5万円前後4~5万円前後
カラーレッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーゴールド、スペースグレイ、シルバーブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッド、ホワイト
サイズ幅75.7mm
高さ150.9mm
厚さ8.3mm
幅70.9mm
高さ143.6mm
厚さ7.7mm
幅75.7mm
高さ150.9mm
厚さ8.3mm
重さ約194g約177g約194g
ディスプレイ6.1インチ
1792×828
5.8インチ
2436×1125
6.1インチ
1792×828
OSiOS 16対応
CPUA12 BionicA12 BionicA13 Bionic
メモリ3GB(非公表)4GB(非公表)4GB(非公表)
ストレージ64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
カメラアウト:12MP
イン:7MP
アウト:12MP+12MP
イン:7MP
アウト:12MP+12MP
イン:12MP
バッテリー2942mAh(非公表)2658mAh(非公表)3110mAh(非公表)
5G×××
SIMサイズnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)〇(DSDV)〇(DSDV)
Wi-FiWi-Fi 5(11ac)Wi-Fi 5(11ac)Wi-Fi 6(11ax)
Bluetooth5.05.05.0
防水・防塵IP67IP68IP68
Felica

iPhone XSとの違いはカメラ性能

まずは同世代であるiPhone XSとの比較です。

iPhone XRiPhone XS
画像
中古相場
(64GB)
2.5~3万円前後3~3.5万円前後
カラーレッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーゴールド、スペースグレイ、シルバー
サイズ幅75.7mm
高さ150.9mm
厚さ8.3mm
幅70.9mm
高さ143.6mm
厚さ7.7mm
重さ約194g約177g
ディスプレイ6.1インチ
1792×828
5.8インチ
2436×1125
OSiOS 16対応
CPUA12 BionicA12 Bionic
メモリ3GB(非公表)4GB(非公表)
ストレージ64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
カメラアウト:12MP
イン:7MP
アウト:12MP+12MP
イン:7MP
バッテリー2942mAh(非公表)2658mAh(非公表)
5G××
SIMサイズnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)〇(DSDV)
Wi-FiWi-Fi 5(11ac)Wi-Fi 5(11ac)
Bluetooth5.05.0
防水・防塵IP67IP68
Felica

それぞれの強みは以下の通りです。

  • iPhone XRの強み
    XSより少し安い、バッテリー持ちが良い
  • iPhone XSの強み
    XRよりコンパクト、メモリが1GB多い、超広角カメラ搭載

SoCは同じですが、メモリはXRより1GB多い4GBです。

カメラは超広角カメラを備えており、広い範囲を含めた写真を撮影できます。

それでいてXRよりコンパクトかつ軽量です。

スペックや携帯性重視ならiPhone XSを選びましょう。

唯一、バッテリー容量はiPhone XRが優れています。

新品のようにはいきませんが、バッテリー持ち重視ならiPhone XRがおすすめです。

iPhone 11はXRより性能も価格も上

次は1世代新しいiPhone 11と比較してみました。

iPhone XRiPhone 11
画像
中古相場
(64GB)
2.5~3万円前後4~5万円前後
カラーレッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッド、ホワイト
サイズ幅75.7mm
高さ150.9mm
厚さ8.3mm
幅75.7mm
高さ150.9mm
厚さ8.3mm
重さ約194g約194g
ディスプレイ6.1インチ
1792×828
6.1インチ
1792×828
OSiOS 16対応
CPUA12 BionicA13 Bionic
メモリ3GB(非公表)4GB(非公表)
ストレージ64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
カメラアウト:12MP
イン:7MP
アウト:12MP+12MP
イン:12MP
バッテリー2942mAh(非公表)3110mAh(非公表)
5G××
SIMサイズnanoSIM + eSIMnanoSIM + eSIM
DSDS〇(DSDV)〇(DSDV)
Wi-FiWi-Fi 5(11ac)Wi-Fi 6(11ax)
Bluetooth5.05.0
防水・防塵IP67IP68
Felica

それぞれの強みは以下の通りです。

  • iPhone XRの強み
    11より少し安い
  • iPhone 11の強み
    スペックが高い、超広角カメラ搭載、バッテリー容量も多め、Wi-Fi 6

1世代新しいということもあり、スペックで選ぶならiPhone 11ですね。

iPhone 11に搭載されているA13 BionicはXRのA12より20%ほど性能が優れています。

処理性能を重視するならiPhone 11がおすすめです。

その代わりに価格はiPhone XRより1~2万円ほど高くなります。

価格重視ならiPhone XRですね。

まとめ

以上、iPhone XRは「まだ使えるのか」「いつまで使えるのか」について、筆者なりに解説しました。

  • あと2年はiPhone XRを使えると予想
  • iOS 16へのアップデートが可能
  • iOS 17(仮)もサポートされる可能性あり
  • スペックはまだ現役
  • ゲームプレイもOK(高負荷なものは△)
  • 負荷をかけると発熱しやすい点に注意
  • カメラ性能は及第点
  • マスク着用時の顔認証に非対応
  • 中古ショップやネット通販などで購入
  • 最安はゲオモバイル経由のUQモバイル
  • iPhone XS/11もおすすめ

2018年発売のモデルですが、スペック的にはまだまだ使えます。

「3Dゲームをがっつりプレイしたい」「カメラにこだわりたい」というような人でなければ十分ですね。

最新バージョンの「iOS 16」にも対応しています。

筆者の予想が正しければ、少なくともあと2年くらいは使えるでしょう。

サブとしてはもちろん、メインの端末としてもまだまだイケますよ。

タイトルとURLをコピーしました