IIJmioは端末セットがお得!おすすめスマホはこちら
スポンサーリンク

DMMモバイルを解約する方法と注意点まとめ

DMMモバイルの解約 その他の格安SIM
本記事はアフィリエイト広告を含みます。

DMMモバイルは月額料金の安さで人気の格安SIMでした。

しかし、楽天モバイルに買収されて現在は新規契約が終了しています。

これを機にDMMモバイルを解約したい人も多いでしょう。

本記事では、DMMモバイルの解約方法と注意点をまとめました。

この記事を書いた人
吾妻かずき

格安SIM・スマホ(とくにモトローラ)が好きなライターです。格安SIM歴は9年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動しています。

吾妻かずきをフォローする

DMMモバイルの解約手順

さっそくDMMモバイルの解約手順を見ていきましょう。

手続きのほとんどはオンライン上で済むのでとても簡単です。

①解約手続きを行う

まずはDMMモバイルのマイページから解約手続きを行います。

トップページ左のメニューの[ご契約内容変更]をクリックしてください。

DMMモバイル解約手順1

画面下部の[ご契約プランの解約、SIM解除はこちら>]をクリックします。

DMMモバイル解約手順2

注意事項が表示されます。

ざっと読んだら[注意事項を確認しました]にチェックを入れ[次へ進む]をクリックしてください。

DMMモバイル解約手順3

最終確認画面になるので[選択したプランを解約する]をクリック。

DMMモバイル解約手順4

簡単なアンケートがあるので、回答します。

そのあと[はい]をクリックしたら解約手続きが完了です。

DMMモバイル解約手順5

しつこい引き留めページなどもなく、あっさりしていますね。

②SIMカードを返却する

解約後は利用していたSIMカードを送料自己負担で返却する必要があります。

返却先は以下の通りです。

〒143-0006
東京都大田区平和島3-5-1
B棟2F楽天モバイル SIM返却係 行

出典:DMM mobileで利用していたSIMカードの返却先を教えてください

返却しなかった場合の罰則は詳しく分かりません。

しかし、格安SIMによってはSIMカードを返却しないと3,000円くらいの手数料を取られることがあるので、念のため返却してください。

返却方法はなんでもいいですが、送料が安いミニレターやクリックポストがおすすめです。

おすすめの返送方法
  • ミニレター(郵便書簡):63円
  • 普通郵便:84~94円
  • クリックポスト:198円

ミニレターは名前の通り小さいものしか送れませんが、送料が63円と激安です。

SIMカードなら十分入るサイズなので、とにかく送料を抑えたいなら利用しましょう。

専用封筒が必要なのと、追跡サービスがないのがデメリットです。

クリックポストは申し込みも支払いも全部ネットで済むのが特徴です。

料金はミニレターより高いですが、追跡サービスがあり配送状況を確認できます。

筆者はチキンなので、追跡サービスがあるほうが安心です。

スポンサーリンク

DMMモバイルを解約する際の注意点

DMMモバイルを解約する際は以下の2点に注意してください。

DMMモバイルを解約する際の注意点
  • 解約月の料金は日割りされない
  • 毎月末日は解約できない

解約月の料金は日割りされない

DMMモバイルの解約タイミングは毎月末日です。

月額料金は日割りされず、いつ解約しても1ヶ月分の月額料金がかかります。

その代わりに月の途中で解約を申し込んでも月末までは利用できます。

データ通信量が余ったらもったいないので、全部使っちゃいましょう。

毎月末日は解約できない

DMMモバイルは末日に解約申し込みできません。

当月中に解約したい場合は必ず末日までに解約を申し込みましょう。

例えば8月中に解約したい場合は8月30日までに申し込む必要があります。

8月31日に申し込めません。

まとめ

というわけでDMMモバイルを解約しました。

大手キャリアと違って解約手続きは簡単で、変な引き留めもなし。

この辺は格安SIMのメリットですね。

ただし、解約されるタイミング末日は解約できないことには気を付けてください。

タイトルとURLをコピーしました