moto g9 playとg8 power lite、おすすめはどっち?スペックや特徴で徹底比較!

moto g9 playとmoto g8 power liteAndroid

moto g9 playmoto g8 power liteはどちらもモトローラから発売されているミドルレンジのSIMフリースマホです。

世代的にはmoto g9 playの方が1つ新しいですが、スペック上の共通点が多く価格もさほど変わりません。

 

そのため、どちらを買えばいいか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで今回はmoto g9 playとmoto g8 power liteの両方を所持している筆者が、この2機種を徹底比較していきます。

 

各機種のレビューについてはこちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

比較①外観・デザイン:どちらも優秀

まずは外観・デザインで比較してみます。

 

カラーはmoto g9 playがサファイアブルー、moto g8 power liteがロイヤルブルーです。

g9p g8pr 外観比較

 

どちらもグラデーションカラーを採用した濃いブルーで、安っぽさは感じません。

moto g8 power liteの方が暗めで落ち着いている印象ですね。

 

カラーやデザインについての好みは人それぞれなので優劣はつけません。

僕が個人的に好きなのはmoto g8 power liteですね。

 

色もそうですし、縦に配置されたカメラも◎

 

前面のデザインはほぼ同じです。

ディスプレイサイズ・解像度は共通で、水滴型ノッチの配置場所も一致しています。

 

言われないと、どっちがどっちなのか分からないかもしれません。

g9p g8pr 外観比較

左がmoto g9 play、右がmoto g8 power lite

 

本体サイズもほぼ同じです。

誤差レベルの違いしかありません。

moto g9 playmoto g8 power lite
約75.73mm約75.76mm
高さ約165.21mm約164.94mm
厚さ約9.18mm約9.2mm

 

厚みも側面のボタン配置もほとんど同じですが、moto g9 playのみGoogleアシスタントをすぐ呼び出せる物理キーがついています。

g9p g8pr 外観比較

下がmoto g9 play。一番上側にあるキーがGoogleアシスタント専用キー

 

普段からGoogleアシスタントを使う人には便利です。

ただ、moto g9 playのレビューでも言いましたがGoogleアシスタントを使わない人にとっては結構邪魔かも。

 

その他に違いはUSB規格です。

g9p g8pr 外観比較

上がmoto g8 power lite、下がmoto g9 play

 

moto g8 power liteはmicro USB、moto g9 playはUSB type-Cを採用しています。

こちらも好き嫌いがあるかもしれませんが、個人的にはUSB type-Cがありがたいです。

比較②スペック:moto g9 playがリード

続いてはmoto g9 playとmoto g8 power liteのスペックを比較してみましょう。

moto g9 playmoto g8 power lite
定価24,800円(税込み)20,800円(税込み)
カラーサファイアブルー
フォレストグリーン
ポーラブルー
ロイヤルブルー
サイズ幅約75.73mm
高さ約165.21mm
厚さ約9.18mm
幅約75.76mm
高さ約164.94mm
厚さ約9.2mm
重さ約200g約200g
ディスプレイ6.5インチ(1600×720)6.5インチ(1600×720)
OSAndroid 10Android 10
(要アップデート)
CPUSnapdragon 662MediaTek Helio P35
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB64GB
カメラアウト:4800万画素+200万画素+200万画素
イン:800万画素
アウト:1600万画素+200万画素+200万画素
イン:800万画素
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
SIMサイズnanoSIM + nanoSIMnanoSIM + nanoSIM
DSDS〇(DSDV)〇(DSDV)
トリプルスロット
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11b/g/n
Bluetooth5.04.2
防水・防塵××
おサイフケータイ××
生体認証顔認証、指紋認証指紋認証

スペック上の主な違いは6つです。

  • 価格
  • CPU
  • カメラ
  • SIMカードスロット
  • Wi-Fi規格
  • Bluetoothのバージョン

moto g9 playが優れているのはCPU、カメラ、Wi-Fi規格、Bluetoothのバージョンです。

 

CPUはどちらもミドルクラスですが、処理性能は結構差があります。

Snapdragon 662を搭載しているmoto g9 playの方がサクサク快適です。

 

それなりにゲームができますし、アプリの起動や切り替えもスムーズ。

 

moto g8 power liteも普段使いならさほど問題ありません。

ただ、moto g9 playと比べるとアプリの起動やスクロールはワンテンポ遅い感じです。

 

カメラはどちらもトリプルレンズカメラを採用しています。

しかし、メインカメラの解像度はmoto g9 playが圧倒的です。

 

あとで作例も掲載していますが、とくに暗所での撮影は大きな差があります。

 

一方、moto g8 power liteの強みはSIMスロットがトリプルスロット仕様であることです。

DSDVを利用しつつ、micro SDカードで容量を増やせます。

Antutuスコアはmoto g9 playが高い

ベンチマークソフト「Antutu」のスコアを比較してみましょう。

 

moto g9 playは約18万、moto g8 power liteは約10万と結構な差がありますね。

価格は近いですが、スペックに関してはmoto g9 playが1ランク上です。

moto g9 playは軽いものならゲームも問題なし

moto g9 playとmoto g8 power liteでゲームの動作チェックもしてみました。

ゲーム名moto g9 playmoto g8 power lite
モンスト
にゃんこ大戦争
ドラクエウォーク×
FGO
アズールレーン
PUBGモバイル

 

モンストやにゃんこ大戦争のような2Dゲームはどちらも快適です。

動作が重くて困ることはありません。

 

一方、負荷の大きい3Dゲームやアクションゲームはmoto g8 power liteでは厳しいです。

moto g9 playなら3Dゲームもそれなりに動きます。

多少ゲームをするなら、moto g9 playを選んだ方が無難でしょう。

 

とは言えどちらもハイスペックスマホではないため、ストレスなくゲームをしたい人には不向きです。

ストレスなく快適にゲームをプレイしたいならゲーミングスマホを購入しましょう。

比較③カメラ:暗所での撮影で大きな差が出る

続いてはmoto g9 playとmoto g8 power liteのカメラ性能を比較していきます。

 

どちらもメイン+マクロ+深度の3つのカメラで構成されるトリプルレンズカメラです。

構成は同じですが、画素数やF値が異なります。

moto g9 playmoto g8 power lite
メインカメラ4800万画素、f/1.71600万画素、f/2.0
マクロカメラ200万画素、f/2.2200万画素、f/2.4
深度カメラ200万画素、f/2.4200万画素、f/2.4

スペック上の数値はmoto g9 playが勝っていますが、実際に撮影するとどのような差があるのでしょうか。

実際にいくつか写真を撮影してみました。

明るい所ではどちらもそこそこキレイ

まずは明るい所で撮影した写真で比較してみます。

 

 

 

moto g8 power lite 作例

moto g8 power lite

moto g9 play 作例

moto g9 play

 

あまり大きな差はありませんね。

どちらも特別キレイというわけではないですが、価格の割にはちゃんと撮れます。

 

強いて言えば、moto g8 power liteの方が色が濃いですね。

空の色なんかを見ると、かなり鮮やかな色に補正されています。

 

moto g9 playの方が少し地味というか淡いですが、moto g8 power liteより実際の色に近い印象です。

この辺は好みもありますね。

夜景はmoto g9 playが圧勝

続いては夜景で比較してみます。

 

いずれも1枚目がmoto g8 power lite、2枚目がmoto g9 playです。

moto g8 power lite 夜景

moto g8 power lite

moto g9 play ナイトビジョン 作例

moto g9 play

 

moto g8 power lite 夜景

moto g8 power lite

moto g9 play

 

 

moto g8 power lite 夜景

moto g8 power lite

moto g9 play ナイトビジョン 作例

moto g9 play

 

 

moto g8 power lite 夜景

moto g8 power lite

moto g9 play ナイトビジョン 作例

moto g9 play

 

 

moto g8 power lite 夜景

moto g8 power lite

moto g9 play ナイトビジョン 作例

moto g9 play

 

暗所だと全然違いますね。

moto g9 playはナイトビジョンというモードが搭載されており、暗所でもそれなりに明るく撮影可能です。

ノイズはありますが、価格を考えると十分でしょう。

 

moto g8 power liteは全体的に明るさが足りません。

夜景の撮影には向かないですね。

 

どちらもカメラ性能はそこそこって感じですが、少しでもいい写真を撮りたいならmoto g9 playがおすすめです。

比較④バッテリー:moto g9 playが長持ち&充電速い

次はバッテリーの比較です。

どちらも5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、電池持ちの良さを売りにしています。

 

実際の電池持ちではどちらが優秀なのでしょうか。

充電速度も合わせて検証します。

電池持ちはどちらも優秀だが、moto g9 playはより長持ち

まずは電池持ちです。

以下の条件下でYouTubeの動画を再生し、電源が落ちるまでの時間を計測してみました。

  • 電池100%
  • 明るさMAX
  • Wi-Fi接続
  • 画面のスリープオフ

結果は以下の通りです。

  • moto g9 play:11時間9分
  • moto g8 power lite:9時間20分

バッテリー容量が同じにもかかわらず、moto g9 playが2時間近く長持ちという結果でした。

 

これはちょっと意外。

ディスプレイの解像度も同じですし、そこまで大きな差はないと思っていました。

SoCのSnapdragon 662の省エネ性能が優秀ということなんですかね?

 

とはいえ、moto g8 power liteの電池持ちも十分です。

スペック的にゲームはしないでしょうから、丸1日は持ちますよ。

充電速度もmoto g9 playが速い

続いて充電速度の比較です。

 

電池残量10%から充電完了までの時間をチェックしました。

充電にはそれぞれのスマホに付属しているUSBケーブル・ACアダプタを利用しています。

バッテリー残量充電にかかった時間
moto g9 playmoto g8 power lite
50%36分54分
80%1時間6分1時間36分
90%1時間23分1時間51分
100%2時間10分2時間29分

充電速度もmoto g9 playが速いという結果でした。

 

moto g9 playは20Wの急速充電器が同梱されており、15Wの急速充電に対応しています。

一方、moto g8 power liteの充電器は10Wで急速充電には非対応です。

この結果は当然と言えますね。

 

ただ、100%までの充電時間はさほど差がありません。

これは過充電しないよう、90%を超えると充電速度が落ちるためです。

 

90%までの充電時間は30分近く差がありますが、毎回100%きっかりまで充電する人にとってはどちらでも同じかも?

比較⑤スロット:moto g8 power liteはトリプルスロット搭載

続いてSIMカードスロットで比較します。

 

「なんでわざわざスロットを取り上げて比較するの?」と思うかもしれませんが、これこそがmoto g8 power liteの魅力の1つだからです。

 

moto g8 power liteのSIMスロットはトリプルスロットを採用しています。

2つのSIMカードスロットとmicroSDカードスロットが独立しており、DSDVを利用しつつmicroSDカードで容量を増やすことが可能です。

g9p g8pr スロット比較

左にmicroSD、右2つにSIMカード

 

一方、moto g9 playは2枚目のSIMカードとmicroSDカードが排他利用となっています。

DSDV利用中はmicroSDカードが使えませんし、microSDカード利用中はDSDVが不可です。

g9p g8pr スロット比較

下がmoto g9 playのスロット。トリプルスロットではない。

 

トリプルスロットの機種は意外に多くありません。

DSDVとmicroSDカードを併用したい人はmoto g8 power liteがおすすめです。

比較⑥価格:moto g8 power liteがやや安い

最後に価格で比較します。

単体購入での価格と、MVNOとのセット販売での価格を比較しました。

単体購入なら約5,000円の差

まずは単体購入時の比較です。

モトローラ公式および主要なネット通販における価格を比較しました。

価格はいずれも税込みで、2020年1月14日現在のものです。

通販サイトmoto g9 playmoto g8 power lite
モトローラ公式サイト24,800円20,800円
Amazon22,545円16,500円
ビックカメラ.com24,800円19,800円
ヨドバシ.com24,800円19,800円
価格.com(最安値)22,000円16,800円

実売価格を見ると、moto g8 power liteが5,000円ほど安いです。

販売から時間が経ったことで、結構値下がりしてますね。

 

スペックはさほど必要ないので、とにかく安く買いたいならmoto g8 power liteもアリですね。

MVNO(格安SIM)とのセットだと約3,000円の差

次はMVNO(格安SIM)とのセット販売の価格を比較してみました。

価格はいずれも2020年1月のもので税抜きです。

格安SIMmoto g9 playmoto g8 power lite
BIGLOBEモバイル取り扱いなし18,000円(750×24回)
IIJmio21,800円取り扱いなし
LINEモバイル14,800円19,800円
mineo21,600円18,000円
NifMo21,800円18,800円
OCNモバイルONE13,800円取り扱いなし
イオンモバイル取り扱いなし18,800円

セット販売の価格差は3,000円ほどです。

通販サイトと比べるとmoto g8 power liteが値下がりされていません。

 

LINEモバイルやOCNモバイルONEなど、moto g8 power liteよりmoto g9 playが安いMVNOもあります。

MVNOとセット購入する場合は価格をしっかり比較したうえで購入してくださいね。

 

moto g9 playを買うならOCNモバイルONEがおすすめです。

定価より大幅に安く買えます。

moto g8 power liteはBIGLOBEモバイルがおすすめです。

キャンペーンによるポイント還元で、実質2,000円で購入できますよ。

まとめ

以上、moto g9 playとmoto g8 power liteをスペックや価格で比較してみました。

  • デザインはどちらも優秀
  • 筆者はmoto g8 power liteのデザインが好き
  • 基本的なスペックはmoto g9 playが優れる
  • 暗所の撮影はmoto g9 playが優秀、明るい所は互角
  • moto g8 power liteはトリプルスロット搭載が魅力
  • どちらも安いが、moto g8 power liteの方が約5,000円安く買える

スペックはmoto g9 playが優秀です。

共通点も多いですが、処理性能や夜景の撮影では差が顕著でした。

急速充電に対応しており、バッテリー周りの快適さも高評価です。

 

一方、moto g8 power liteはトリプルスロットを搭載しているのが売りです。

価格もmoto g9 playより約5,000円安いので、サブ用途でとにかく安く済ませたい人にも向いていますよ。

 

というわけで、一言でまとめると

  • スペック重視:moto g9 play
  • 価格、トリプルスロット重視:moto g8 power lite

といった感じで選べば間違いないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました