「GARMIN ForeAthlete 230J」レビュー!実際に使ってみた感想・評価

foreathlete230j ガジェット・パソコン

「GARMIN ForeAthlete 230J」は2万円以下で購入できるエントリークラスのスマートウォッチです。

価格は安いですが、

  • ジョギングのコースやタイムの記録
  • スマホの通知受け取り
  • 睡眠時間の計測

など、スマートウォッチとしての機能は一通り備えています。

プロのアスリートだとやや物足りないかもしれませんが、趣味でジョギング・サイクリングを嗜む程度であれば十分な性能。

 

スマートウォッチの入門用としても最適ですね。

というわけで今回はスマートウォッチ「GARMIN ForeAthlete 230J」のレビューしていきます。

スポンサーリンク

シンプルで普段使いでも問題ない見た目

まずは見た目からチェックしていきましょう。

GARMIN ForeAthlete 230J 外観

 

スマートウォッチはごついイメージがありますが、GARMIN ForeAthlete 230Jは比較的シンプルなデザインです。

 

こちらは横から。

厚さは約1.5cmと、思っていたよりも薄いです。

GARMIN ForeAthlete 230J 外観2

 

薄くて軽いので、着け心地も良いです。

見た目がシンプルなので、ぱっと見ではスマートウォッチと気づかれません。

GARMIN ForeAthlete 230J 外観2

 

ジョギング専用にするつもりでしたが、今では普通に出かける時も身に着けています。

全然違和感ないですね。

 

側面を見ると右側に2つ、左側に3つの物理ボタンがついています。

GARMIN ForeAthlete 230Jはスマートウォッチですが、タッチパネル式ではなく物理ボタンで操作します。

右側には見づらいですがタイマーボタン(上)と戻るボタン(下)。

GARMIN ForeAthlete 230J ボタン

 

左側には上から電源ボタン、上ボタン、下ボタン。

GARMIN ForeAthlete 230J ボタン2

 

最初は「えっ、タッチパネルじゃないのか…」って正直思いました。

買う前に調べろって話ですね。 

でも、実際はむしろボタン式で良かったです。

 

ジョギング中は汗で手が濡れます。

そうするとタッチパネルだと誤動作することが多いですよね。

GARMIN ForeAthlete 230Jはボタン式なので、汗をかいても正確に操作できます。

操作自体も慣れれば簡単ですよ。

 

次に付属品です。

付属品は取扱説明書、保証書、チャージングクリップの3つ。

付属品

 

チャージングクリップってなんや?と思ったらどうやら充電する際に使うようです。

先っぽがこんな感じになっていて、

GARMIN ForeAthlete 230J クリップ

 

こんな感じで本体を挟むことで充電します。

GARMIN ForeAthlete 230J 充電

 

ケーブルを挿すより簡単に充電ができます。

ただ、特殊なケーブルなので紛失したり壊れたりしたら替えが聞かないのが心配です。

GARMIN ForeAthlete 230Jのスペック

GARMIN ForeAthlete 230Jの主なスペックは以下の通りです。

実寸法 45 x 45 x 11.7 mm
ディスプレイサイズ 直径31.1mm
ディスプレイ解像度 215×180
重さ 41g
防水 〇(5 ATM)
GPS
GLONASS
みちびき

ジョギングをする際に必要なGPSと防水にしっかり対応しています。

とくに防水に対応しているのはありがたいですね。

シャワーもOK。

ジョギングをした後にそのままシャワーを浴びることでスマートウォッチについた汗も落とせます。

 

なお、心拍数を計る心拍センサーは搭載されていません。

心拍センサーが必要な人は上位モデルの「GARMIN ForeAthlete 235J」を買いましょう。

また、GARMIN ForeAthlete 230J単体では音楽を聴くことはできません。

スマートウォッチ単体で音楽を聴きたい場合は、Apple Watchなど単体での音楽再生に対応したスマートウォッチを選びましょう。

スマホの音楽をコントロールすることは可能

GARMIN ForeAthlete 230J単体では音楽を聞くことはできませんが、スマホの音楽再生をコントロールすることはできます。

音楽を聞きながら散歩をするときなどに便利です。

 

音楽コントロールをするにはまずGARMIN ForeAthlete 230JをスマホとBluetoothで連携し、Garmin Connectアプリを起動した状態にしてください。

GARMIN ForeAthlete 230J 音楽

 

この状態で[上矢印ボタン]を長押ししてオプション画面に入ると[ミュージックコントロール]が表示されるので、それを選択します。

GARMIN ForeAthlete 230J 音量操作

 

ミュージックコントロールの画面になります。

あとはこの状態で、スマホで音楽を再生すればコントロールが可能です。

GARMIN ForeAthlete 230J 音量操作

 

矢印ボタンで曲戻りおよび曲送り、右上のボタンで再生/停止ができます。

また、この状態で上矢印ボタンを長押しすると「曲戻り/曲送り」が「音量を上げる/音量を下げる」に切り替わります。

GARMIN ForeAthlete 230J 音操作

 

「曲戻り/曲送り」に戻したい場合はもう一度「上矢印ボタン」を長押しすればOK。

散歩しているときにスマホを取り出さずにスキップや音量変更ができるので、とても便利ですね。

ちなみに対応している音楽アプリですが、調べても分かりませんでした。

 

僕が試してみたところ、以下の音楽アプリはコントロールできました。

  • Apple Music
  • Amazon Music
  • YouTube Music

よほどマイナーなアプリでなければコントロールできそうですね。

GARMIN ForeAthlete 230Jの良かったところ

まずはGARMIN ForeAthlete 230Jを実際に使ってみて、良かったと感じたところをまとめてみました。

バッテリー持ちが良い

GARMIN ForeAthlete 230Jを使っていて驚いたのがバッテリー持ちの良さです。

スマートウォッチは普通の時計としても使うので、バッテリー持ちは非常に重要です。

とりあえず24時間、以下のような使い方をして電池がどれくらい減るか試してみました。

  • 常に電源をオン
  • 約1時間、GPSを利用しながらジョギング
  • ジョギング終わりにBluetoothでスマホと連携
  • 連携が終わったらBluetoothをオフ
  • そのあとは翌朝までずっとつけっぱ

実験前に100%だったバッテリーは24時間経ってもなんと86%も残っていました。

つまり、24時間で14%しか消費していません。

GPS機能やBluetoothがオンになっているとバッテリーの減りはもう少し速いです。

 

しかし、Bluetoothをオフにして普通に時計として使っている間はほとんどバッテリーが減りません。

どれくらいGPSやBluetoothを使うかにもよりますが、充電は4,5日に1回で良さそうです。

アプリと連携してデータを管理できる

GARMIN ForeAthlete 230Jは専用のスマホアプリ「Garmin Connect」と連携するができます。

Garmin Connectでは

  •  アクティビティ(ジョギングやウォーキング)
  • 歩数
  • 睡眠時間
  • カロリー

など、さまざまなデータを管理できます。

GARMIN ForeAthlete 230J コネクト

 

歩数やジョギングの距離などはグラフで表示されるので、達成度が分かりやすいですね。

GARMIN ForeAthlete 230J グラフ

スポンサーリンク

スマホと連携して通知も受け取れる

GARMIN ForeAthlete 230Jは他のスマートウォッチと同様、連携中はスマホの通知を受け取れます。

LINEやメール、電話など主要なアプリの通知はほとんどOKでした。

LINEとメールにいたっては内容を全部読むこともできました。

画面が小さいのでさすがに見にくいですが、素早く確認できるのはありがたいですね。

 

バイブはそこまで強くないですが、肌に直接つけるので確実に気づきます。

今までスマホをポケットに入れていて通知に気づくのが遅れることが多々ありました。

 

スマートウォッチと連携していれば通知を見逃さないし、内容確認も素早くできます。

あまりあてにしていませんでしたが、かなり便利ですね。

好きなウォッチフェイスを利用できる

GARMIN ForeAthlete 230Jをスマホアプリと連携すると、ストアからさまざまなウィジェットやウォッチフェイス(盤面)をダウンロードできます。

 

とくに面白いのがウォッチフェイス。

シンプルなものからちょっと笑えるものまでたくさんあります。

フェイスを変えることで自分好みの時計に仕上げることができます。

 

こちらはとてもシンプルなフェイス。

でも時間だけでなくバッテリー容量や日付も一目でわかります。

GARMIN ForeAthlete 230J フェイス1

 

これは最近話題のゲーム「Cuphead」のフェイス。

時折キャラクターが動くのがかわいいです。

許可取ってんのかこれ?

GARMIN ForeAthlete 230J フェイス2

 

マリオのフェイスもあります。

マリオが動くのが面白い。

絶対許可取ってないだろ。

GARMIN ForeAthlete 230J フェイス3

GARMIN ForeAthlete 230Jのイマイチなところ

安価な割には出来がいいGARMIN ForeAthlete 230Jが、使っていていくつかイマイチなところや気になる部分もありました。

GPSを掴むのに時間がかかることも

ForeAthlete 230JはGPSが搭載されており、ジョギングやウォーキングのコースを記録することができます。

GPS自体は結構正確です。

個人情報的にまずいので実際の地図は載せられませんが、走ったコースとぴったりでした。

 

ただ、GPSを掴むのに時間がかかる時がたまにあります。

普段はランニングモードにすると即GPSを掴むのですが、時折4~5分しないと掴んでくれません。

ジョギングをする場合、早めにランニングモードにしておくのが吉です。

睡眠時間の計測は誤検知が多い

GARMIN ForeAthlete 230Jは睡眠時間の計測も可能です。

深い眠りと浅い眠りの割合がグラフで表示され、途中で起きた時間なども分かります。

GARMIN ForeAthlete 230J 睡眠

 

睡眠の質を確認するのに便利なのですが、誤検知も結構多いです。

具体的に言うと、腕から外して机に置いていると「寝ている」と勘違いして睡眠時間が計測されることが何度もあります。

 

夜お風呂に入る際に外してそのまま置きっぱなしにしていると、夜8時から翌朝まで12時間くらい寝ていることになっている、なんてことも….。

 

安価なのでしょうがないかもしれませんが、ここはもう少し頑張ってほしかったところ。

まとめ

以上、GARMIN ForeAthlete 230Jのレビューでした。

  • 見た目はシンプルで普段使いにも〇
  • バッテリー持ちはかなり良い
  • LINEやメールの通知を受け取れる
  • 盤面を自由に変えられる
  • 2万円以下の手頃な価格で買える
  • GPSを掴むのに時間がかかることがある
  • 睡眠時間の誤検知が結構ある
  • 心拍センサーは非搭載
  • 単体で音楽を聴くことはできない。

はじめてスマートウォッチを購入しましたが、買ってよかったです。

もともとジョギング目的でしたが、スマホの通知も非常に便利。

 

価格が安いので上位モデルと比べると機能的には劣ります。

それでも標準的な機能は備わっているし、これで2万以下なら納得。

 

スマートウォッチの入門におすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました