内蔵HDDをケースに入れてPS4の拡張ストレージとして使う方法

ハードディスク装着 ガジェット・パソコン

2017年3月9日のアップデートで外付けハードディスクをPS4の拡張ストレージとして使えるようになりました。

PS4ではディスク版のゲームでもかなりの容量を使うため、すぐにストレージがいっぱいになってしまいます。

かといって、途中から内蔵ストレージを換装するのはバックアップおよび復元に時間がかかり面倒くさい。

なので、外付けハードディスクに対応したのはありがたいですね。

実は以前使っていたノートパソコンに内蔵されていた2.5インチのHDD(500GB)がちょうど余っていたので、外付け用のケースに入れて何かに使おうと思っていました。

というわけで今回は、余った内蔵HDDを外付け用ケースに入れてPS4の拡張ストレージとして使ってみました。

スポンサーリンク

PS4の拡張ストレージとして使うための条件

外付けハードディスクをPS4の拡張ストレージとして使うには以下の条件を満たす必要があります。

- 外付けハードディスクドライブ
- USB 3.0以上
- 250 GB以上、8 TB以下の容量

引用元:SONY公式サイト

特別条件がキツイわけではありませんね。

強いて言うならUSB2.0には対応していないということくらいですかね。

おそらく内蔵の2.5インチハードディスクでもケースに入れて外付け化すれば問題なさそうです。

今回使ったケース

今回使ったケースはこちらです。

条件を満たし、かつ2.5インチのHDD対応で安価かつ高評価のものを買いました。

見た目も透明でちょっとかっこいいです。

設定手順

ここからは実際の設定手順について解説していきます。

ケースにHDDをセットする

まずはさきほどのケースにハードディスクをセットしていきます。

外付けハードディスク

 

本体をスライドさせて開封し、内蔵ハードディスクをセットします。

サイズはぴったり。

中身が見えるのはかっこいいですね。

ハードディスク装着

 

Amazonのレビューにはこのケースの蓋が硬すぎる、開けようとすると壊れそう、みたいなものがいくつかありました。

僕が使った限りでは確かに硬めではありましたがそこまでではなかったです。

値段が安いので当たりハズレがあるのかもしれませんが。

PS4と接続し、初期化する

ケースにセットできたら、付属のUSBケーブルでPS4本体と接続します。

外付けハードディスクは接続してもそのままでは使えません。

PS4で使えるように初期化する必要があります。

PS4と接続したら[設定]→[周辺機器]→[USBストレージ機器]の順に進みます。

さきほど接続したハードディスクが表示されます。

表示されない場合は正常に接続されていないのでもう一度挿し直してください。

 

そのハードディスクを選択すると詳細画面になるので[拡張ストレージとしてフォーマットする]を選択します。

 

確認画面が出るので[次へ]を選択しましょう。

外付けハードディスク設定3

 

ちなみにこの画面にも書かれていますが、拡張ストレージに保存できるのはアプリケーションです。

スクリーンショットやビデオクリップを保存したい時はUSBメモリを利用しましょう。

 

もう一度確認画面になります。

[フォーマット]を選択しましょう。

外付けハードディスク設定4

 

さらに確認画面になります。

これが最後ですね。

[はい]を選ぶとハードディスクの中身が完全に削除されるので、確認したうえで選択しましょう。

 

少し待てばフォーマットが完了し、PS4で拡張ストレージとして使えるようになります。

外付けハードディスク設定6

 

[設定]→[ストレージ]からさきほどフォーマットした拡張ストレージが確認できます。

外付けハードディスク設定7

 

なお、今後はアプリをインストールすると自動で拡張ストレージに保存されます。

もし保存先を変えたい場合はオプションメニューの[アプリケーションのインストール先]から変更しましょう。

ゲームをインストールしてみた

試しにゲーム「Grand Theft Auto V」をインストールしてみました。

やることは普段と同じく、ディスクをPS4に入れるだけ。

すると、無事拡張ストレージにゲームがインストールされました。

外付けハードディスク設定8

 

起動も正常でした。

読み込みも普通に内蔵ストレージにインストールしているときと変わりませんでした。

もともとグラセフはロード遅いけど

 

ただし、実際の読み込み速度はハードディスクの性能によります。

あまりに古いHDDだと、読み込みが遅くなることがあるみたいです。

読み込み速度を重視したい人はSSDを接続してもいいでしょう。

インストール済みアプリの移動

拡張ストレージが使えるようになると、すでにインストールしたアプリケーションの 移動もできるようです。

試しに「MLB 16 the Show」というゲームを本体ストレージから拡張ストレージに移動してみました。

本体ストレージの [アプリケーション]一覧からOPTIONSボタンを押します。

メニューの「拡張ストレージへ移動する」を選びましょう。

複数のアプリケーションを同時に移動することもできます。

外付けハードディスク設定9

 

無事移動できました。

今回移動したゲームの容量は42GBでしたが、かかった時間は7分ほどでした。

移動時間はHDDの性能やゲームの容量で変わるっぽいです。

SSDならもっと早いのかも。

外付けハードディスク設定10

まとめ

今回は2.5インチのHDDをケースに入れて外付けハードディスク化し、PS4の拡張ストレージとして使ってみました。

PS4の内蔵ストレージを換装するよりも手軽に行えるのが良いですね。

 

余裕があるなら1TB以上の大容量ハードディスクや高速なSSDを使ってみるのも良さそうです。

簡単にできるし、容量が増えるとやっぱり快適です。

PS4のストレージ容量が足りなくて困っている人は、外付けハードディスクをお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました