ASUSが5月16日にZenFone 6を発表。現時点でのスペックと噂まとめ

Zenfone6 Android

(画像はZenFone 6ティザーサイト(海外)より)

2019年5月16日(日本時間17日深夜)にASUSが最新フラグシップモデル「ZenFone 6」の発表を行います。

まだまだ謎に包まれた部分が多いZenFone 6ですが、ハイスペック路線であることやトリプルスロット搭載であるなど、少しずつ全容が明らかになってきました。

スポンサーリンク

これまでに分かっているスペックと噂まとめ

ZenFone 6について、これまでに分かっているスペックと噂をまとめました。

  • Snapdragon 855搭載
  • メモリは6~12GB
  • ノッチやパンチホールはなし
  • 上下にスライドしてカメラやスピーカーが出てくる?
  • トリプルスロット搭載
  • スマートキー搭載
  • イヤホンジャックあり

ZenFone 6にはノッチやパンチホールなどはなく、完全なベゼルレスディスプレイな模様。

フロントカメラについてはスライド式を採用するようです。

OPPOのFind Xのような感じでしょうか。

しかも下側にもスライドすることでスピーカーが出てくるんだとか。

上下両方にスライドできるスマホは初ですね。

他にもアウトカメラを180度回転させてフロントに持ってくる仕様という噂もあります。

カメラについてはまだ分からない点も多いですね。

フラグシップモデルながらトリプルスロットを搭載

つい最近、公式ツイートによりスナドラ855にトリプルスロット、スマートキー、イヤホンジャックを搭載することが判明しました。

ZenFone Maxシリーズなどミドルクラスでの採用は多かったですが、 フラグシップモデルでトリプルスロットは珍しいですね。

ストレージ容量がかなり大きくなるから、トリプルスロットはいらないような気がしますが…..。

でも写真を撮りまくるから容量が足りない!という人にはいいかもしれませんね。

価格はZenFone 5から大幅アップ

価格は公式には発表されていませんが、噂によると最も安い6GB+64GBの構成で約70,000円とのこと。

ZenFone 5が52,000円ほどだったことを考えると、けっこう高くなりましたね。

とは言え、スペックを考えるとこれくらいになるのもしょうがないです。

他のSnapdagon 855搭載機種よりは2~3万円安いですし。

むしろSnapdragon 845+6GBのZenFone 5Zとほぼ同じだと考えると妥当かもしれません。

登場するのはZenFone 6のみ?(ZやProはなし?)

これまでZenFoneのメインシリーズは、

  • スタンダードな無印モデル
  • 「Pro」や「Z」などがついた最上位モデル

という構成が多かったです。

ZenFone 4とZenFone 4 Pro、ZenFone 5とZenFone 5Z、といった感じ。

(この辺は他にもモデルがありますが)

しかし、今回のZenFone 6はZやProに当たるものはなく、すべてZenFone 6と言う名前になるようです。

(というか日本では1種類しかでないかも?)

フラグシップの「ZenFone 6」はハイスペック路線。

そこまでスペックが必要ない人はZenFone Maxシリーズで、ということでしょうね。

気になるけど、今回はスルーかも…

僕はASUS製品が大好きです。

ZenFoneも初代ZenFone 5を使って以降いろいろな機種を使っています。

ただ、ZenFone 6についてはスルーかもしれません。

僕はスマホでゲームをあまりしないので、今使っているZenFone 5で十分です。

あと、これまでの傾向を考えるとZenFoneはおサイフケータイには対応しなさそうだし。

とは言え、注目すべきスマホであることは間違いありません。

発表日は5月16日(日本時間17日)です。

楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました