ZenFone Max Pro発表!スナドラ636+DSDV+5,000mAhバッテリーで32,780円の高コスパスマホ!

zenfon max proAndroid

(画像はASUS Storeより)

ASUSがSIMフリースマホ「ZenFone Max Pro」を発表しました。

大容量バッテリーが特徴の「ZenFone Max」シリーズの最新モデルですね。

 

「またMaxシリーズのマイナーチェンジ版かぁ…。」

と最初は思いましたが、全然違いました。

 

今回はCPUにSnapdragon 636を搭載し、従来モデルより大幅に処理速度が向上。

さらにDSDV+3キャリアVoLTEにも対応しています。

 

これで価格は32,780円なので、かなりコスパが高いですね!

というわけでMax Proのスペックと特徴をざっくりまとめてみました。

本記事内の価格は特別な表記がない限りすべて税込みです。
スポンサーリンク

スペックと特徴

ZenFone Max Proのスペックをまとめてみました。

カラーディープシーブラック
スペースブルー
メテオシルバー
サイズ幅約76mm
高さ約159mm
厚さ約8.4mm
重さ約180g
ディスプレイ約6インチ,FHD+
(2,160×1,080)
OSAndroid 8.1
CPUQualcomm Snapdragon 636
(オクタコアCPU)
メモリ3GB
ストレージ32GB
カメラアウト:1600万画素+500万画素
イン:800万画素
バッテリー5,000mAh
対応バンドFDD-LTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE:B38/39/41
CDMA:B1/2/3/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
SIMサイズnanoSIM×2
DSDS〇(DSDV)
Wi-FiIEEE 802.11b/g/n
Bluetooth5.0

スペック表から、ZenFone Max Proの特徴をざっくりまとめると、

  • 32,780円という価格でスナドラ636を搭載
  • 貴重なDSDV+3キャリアVoLTE+トリプルスロット
  • バッテリー容量は5,000mAhと最大クラス
  • ピュアAndroid搭載(ZenUIではない)

ってところでしょうか。

Snapdragon 636を搭載し、3Dゲームもプレイ可能

僕が最も驚いたのがCPUに「Snapdragon 636」を採用している点です。

 

これまでのZenFone Maxシリーズはエントリークラスのスマホでした。

そのためCPUも「Snapdragon 430」や「Snapdragon 450」といったエントリー向けのものが採用されていました。

 

それに対して、Max Proはミドルハイクラスのスナドラ636を搭載しています。

スナドラ636は夏に発売されたZenFone 5にも搭載されたCPUです。

比較的性能が高く、よほど重くなければ3Dゲームもプレイできます。

 

実際に同じスナドラ636を搭載したZenFone 5ではPUBGモバイルもプレイ可能です。

従来のMaxシリーズのスペックでは物足りないという人でも、十分満足できると思いますね。

DSDV+3キャリアVoLTE+トリプルスロット

ZenFone Max Proは4G+4Gで同時待受けできるDSDVに対応しています。

 

従来のMaxシリーズは4G+3GのDSDSに対応していましたが、DSDVは本機が初めてです。

しかも3キャリア(ドコモ、au、Y!mobile)のVoLTEに対応しています。

 

au VoLTEに対応しているのはありがたいですね。

さらにトリプルスロット仕様になっており、DSDVを使いながらmicro SDカードが使えます!

トリプルスロット仕様のスマホはかなり少なく、DSDV対応ともなるとOPPOのR15 NeoとAX7くらいしかないです。

バッテリー容量は5,000mAhと最大クラス

ZenFone Max Proのバッテリー容量は5,000mAhとかなり多いです。

一般的なスマホは3,000mAhくらい、Maxシリーズでも4,000mAhくらいが多いので、Max Proは最大クラスのバッテリーを持っていると言えます。

 

これだけ容量が多ければ2,3日は充電せずに使えそうですね。

ゲームをがんがんプレイする場合でも丸1日は持ちそう。

 

もちろん、他のスマホを充電できるリバースチャージも対応しています。

これだけ充実して32,780円というコスパ

スナドラ636にDSDV、そして大容量バッテリー。

これだけ色々詰め込んで価格はなんと32,780円!

かなりのコストパフォーマンスですね。

 

そもそもスナドラ636搭載で29,800円なだけでもかなり安い。

ZenFone 5は50,000円前後しますからね(それ以外で差がありすぎるけど)。

 

最近ではHUAWEIやOPPOなどの中国メーカーが強くてASUSはちょっと負け気味ですが、今回はかなり頑張っている気がしますね。

安い分だけ削られた機能や残念な点も

かなりのコスパを誇るZenFone Max Proですが、価格が安い分だけ削られた機能やイマイチなところもあります。

  • Wi-Fi規格は11b/g/nのみ
  • USB端子はmicro USB
  • メモリ容量が最低限
  • ZenFoneの証でもある「スピン加工」がない

個人的にはUSB端子がUSB type-Cじゃないのが残念。

一度type-Cを使うと、もうmicro USBなんて使いたくないほど快適ですからね。

もともとmicro USBなんて使いたくないけど。

 

あとはCPU性能がいいのにメモリが3GBしかないのが物足りない。

ゲームをするならせめて4GBあった方が安心ですね。

 

とは言え、どれも価格を考えたらしょうがないかなという感じです。

まとめ

というわけでZenFone Max Proについてざっくりまとめました。

 

近々OPPOのR15 NeoやAX7を買おうかなと思っていたのですが、ZenFone Max Proもかなり良さそうです。

この価格でスナドラ636搭載機はあまりありません。

  • 手頃な価格で比較的スペックが高いスマホを使いたい
  • バッテリー容量を重視する
  • DSDV+トリプルスロットのスマホが欲しい

という人は検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
吾妻和希

格安SIM・スマホが好きなライター。学生時代に節約のため格安SIMを使い始めました。格安SIM歴は6年を越え、その経験を生かしてスマホライターとして活動中。

吾妻和希をフォローする
AndroidASUS
スポンサーリンク
吾妻和希をフォローする
スマホメーション
タイトルとURLをコピーしました