格安SIM「NifMo」のメリット・デメリットまとめ!

NifMo 格安SIM

NifMoは大手プロバイダである「@nifty」の格安SIMです。

シンプルな料金プランと、@niftyの各種サービスと組み合わせるとお得になるのが特徴です。

 

今回はNifMoを実際に利用し、メリットやデメリットをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

NifMoの料金プラン

まずはNifMoの料金プランから見ていきましょう。

データ通信量 音声通話SIM SMS付きデータSIM データ通信専用SIM
 3GB  1,600円/月  1,050円/月  900円/月
 7GB  2,300円/月  1,750円/月  1,600円/月
 13GB  3,500円/月  2,950円/月  2,800円/月

NifMoはプラン数が3つだけとやや少なめ。

迷わなくていいと言えばそうですが、僕みたいに1GBで十分な人や、逆に30GBくらい使いたい!という人には物足りないかも。

実は1.1GBのプランもあるんですけど、公式サイトには一切記載がなく、一部のキャンペーンサイトからしか申し込めません。

とくにお得なわけでもないので、NifMoの1.1GBプランはあまりおすすめできないです。

逆に7GBと13GBの容量は結構安くてお得です。

とくに7GBは料金が安いと言われているDMMモバイルやnuroモバイルよりも安くておすすめです。

3GBプランは他社とほぼ同じで、ごくごく標準的な価格。

ちなみに僕は3GBのデータ通信専用SIMを契約しました。

NifMoの特徴・メリット

では、NifMoの特徴やメリットを紹介していきます。

通信速度がドコモ系の格安SIMの中では比較的速い

個人的にNifMoの一番のメリットが「通信速度が速いこと」です。

厳密に言うと、「ドコモ回線の格安SIMの中では通信速度が速い」ですかね。

本当に速度を重視するならUQモバイルかワイモバイルが一番だと思います。

でもこの2つは大手キャリアのサブブランドで2年縛りとかあるし、回線もドコモじゃないので、嫌だという人も多いでしょう。

この2つを除いて、あくまでも「ドコモ回線」に限ると、NifMoはとくに速い格安SIMと言われています。

実際にNifMoの通信速度を測ってみました。

測定にはいつも通りSpeedtest.netを使用。

まずは朝。

f:id:happy-applications-maker:20180409181229j:plain

だいたい15Mbps前後でした。

十分速いですね。

でも朝の時間帯はどの格安SIMも速いんですよね。

鬼門となるのは通信が混雑しやすい平日の「お昼」と「夕方」です。

果たして、NifMoはこの時間帯に耐えられるのでしょうか?

まずはお昼です。

f:id:happy-applications-maker:20180409181350j:plain

やはり朝よりは遅いですね。

でも、他の格安SIMだと1Mbpsを下回ることも多いこの時間帯で4~5Mbpsを維持しているのは優秀と言えます。

実際に使ってみると動画は厳しめでしたが、

・SNS

・ブラウジング

・Google Map

・Amazon Music

くらいは快適に使えました。

十分ではないでしょうか。

続いてお昼の次につながりにくい夕方です。

f:id:happy-applications-maker:20180409181828j:plain

若干バラつきはありますが、8~11Mbpsくらい出ます。

こちらも他の格安SIMと比べると速い。

前にレンタルしたUQモバイルと比べると、やはり速度は劣ります。

でも、ドコモ系格安SIMの中では今までで一番安定している気がしますね。

出来るだけ速度を重視したいけど、ドコモ回線を使いたいという人には持って来いです。

公式アプリあり

NifMoは公式アプリがちゃんと用意されています。

f:id:happy-applications-maker:20180409182006j:plain

アプリを開いてすぐにデータ通信量が分かるので便利ですね。

アプリは必須ではないのですが、やはりあった方が良いです。

大手が運営している人気の格安SIMはいずれもアプリを用意している気がするし。(楽天、OCN、mineo、IIJなど)

NifMoもプロバイダとして知られる@niftyが運営しているので、この辺はさすがですね。

バリュープログラムで月額料金を安くできる

NifMo独自のサービスともいえるのがこの「バリュープログラム」です。

f:id:happy-applications-maker:20180409182340j:plain

専用アプリからさまざまな「案件」をこなすと、その報酬としてNifMoの月額料金が割引されるというサービスです。

案件には、

・アンケート

・指定アプリのダウンロード

・指定されたショッピングサイトから商品を購入

など、いろいろあるようです。

口コミの中には「3GBのプランが完全無料になった」という人もいたので、上手く活用すればかなり安くなりそうです。

僕もこまめに利用してみて、実際に割引されたらまた報告したいと思います。

ツイッターが面白い

今では企業がTwitterアカウントを開設しているのも当たり前になりました。

NifMoも公式Twitterがあるのですが、これがとにかく面白い。

中の人、通称「ニフ姉」のツイートが企業アカウントとは思えないほどふざけててゆるくてノリも良くて見ていて飽きないですw

ちなみに餃子がお好きなようです。

面白いだけでなく、スマホやグッズがもらえるキャンペーンを頻繁に行っています。

ちなみに僕もグッズがあったことがあります。

初期費用3,000円が無料のコードもその時もらいました。

NifMoを利用している人もそうでない人も、ぜひ一度フォローしてみましょう。

NifMoのデメリット・いまいちな点

続いてはNifMoのデメリットや、個人的にいまいちだと思った点です。

高速通信のオン/オフができない

NifMoの最大のデメリットと言ってもいいのが「高速通信のオン/オフ」ができないことですね。

僕が契約しているmineo、IIJmio、DMMモバイルなんかはアプリまたはマイページから任意のタイミングで高速通信をオンにしたり、オフにしたりできます。

こちらは以前紹介したDMMモバイルのアプリ。

「高速データ通信」のオン/オフをワンタッチで切り替えられます。

f:id:happy-applications-maker:20180324172630j:plain

高速通信をオフにすると低速、つまり最大200kbpsの速度に制限されます。

とても遅いので動画視聴とかは難しいですが、データ通信量を一切消費しなくなります。

低速中でもLINEやTwitter、音楽ストリーミングなんかは割と快適に使えます。

実際に僕はmineoは常時低速にしてAmazon Musicを利用しています。

でも、NifMoには高速通信のオン/オフを切り替える機能はないんですよね。

公式アプリがあり、低速時にはバースト転送※もあるのに、速度の切り替えだけができないのでとても惜しい。

速度切り替えなんてしない!という人も多いでしょうが、僕のように頻繁に速度を切り替えるユーザーからするとないのはかなり不便です。

※バースト転送:低速時でも最初の読み込みだけ高速通信が使える機能。

料金プランは3種類だけ

f:id:happy-applications-maker:20180410173119j:plain

料金プランのところでも話しましたが、プラン数が3種類しかないのはやはり少ない気がしますね。

3GB、7GB、13GBとバランスは悪くないですが、あと1GB、20GB、30GBくらいあればより多くのニーズに答えられそう。

ただ、あんまり多すぎてもわかりにくくなるし、難しいところですね。

まとめ

というわけで、今回はNifMoについてざっくり解説しました。

契約以降、ちょびちょび速度を測っていますが、今のところ極端に遅くなることがなく、快適に利用できています。

現在LINEモバイルをメインにしていますが、最低利用期間超えたらメインにしてもいいな~、なんて思っています。

UQモバイルやY!mobileには敵いませんが、そこそこ速い速度が出るNifMo。

格安SIMでもできるだけ通信速度を重視したい人におすすめですよ~!

格安SIMのおトクなクーポン付きガイド ([実用品])
富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版)
富士通エフ・オー・エム FOM出版 (2017-02-15)
売り上げランキング: 171,759

コメント

タイトルとURLをコピーしました