【最新】iPhoneをセット購入できるおすすめの格安SIM選!iPhoneをお得に購入しよう

iPhoneとSIMiPhone

国内でもとくに高い人気を誇るスマホであるiPhone

当然、格安SIMでも使うことができます。

以前はiPhoneを購入できる格安SIMはほとんどありませんでしたが、ここ最近はiPhoneを取り扱う格安SIMがぐっと増えてきました。

選択肢が増えるのはいいことですが、逆にどこにすればいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回はiPhoneを購入できる格安SIMの中から、とくにおすすめのものをピックアップして解説しています。

格安SIM選びの際に、ぜひ参考にしてください。

なお、本記事では特別表記がない限りすべて税抜き価格です。

スポンサーリンク

iPhoneをセット購入できるおすすめの格安SIM5選!

iPhoneを取り扱っている格安SIMのうち、とくにおすすめなのが以下の5つです。

  • UQモバイル
  • Yモバイル
  • LINEモバイル
  • IIJmio
  • OCNモバイルONE

それぞれの格安SIMについて、詳しく解説していきます。

通信速度が速い「UQモバイル」

  • 通信速度が速く安定してる
  • データ通信の使い勝手がいい
  • 家族割で2回線目以降は500円割引

UQモバイルはauのサブブランドに当たる格安SIMです。

なんといっても通信速度の速さが売りです。

どの時間帯も常に安定した速度が出ており、他の格安SIMだと速度が低下する平日お昼や夕方もストレスが溜まりません。

以前僕が契約していた際も、UQモバイルだけが異次元の速度を出していて驚きましたね。

ちなみに、後述するYモバイルも通信速度は同じくらい速いですが、データ通信の使い勝手が悪いです。

データ通信機能YモバイルUQモバイル
データ繰り越し×
速度切り替え×
低速時の通信速度128kbps300kbps

Yモバイルはデータ繰り越しも速度切り替えもできません。

しかも低速時の速度は128kbpsとかなり遅い。

UQモバイルはデータ繰り越しも速度切り替えも使えますし、スマホプランなら低速時の速度が300kbpsと速いです。

データ通信重視ならUQモバイルがおすすめです。

詳しくは後述しますが、電話をたくさん使うならYモバイルを検討しましょう。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランは以下の通りです。

プラン名データ通信量月額料金
スマホプランS3GB1,980円
スマホプランM9GB2,980円
スマホプランL14GB3,980円

UQモバイルの料金プランは他社と比べるとやや高め。

例えば3GBプランは他社なら1,600円なので、相場より300円以上高いです。

 

それでも、通信速度が爆速なことを考えると300円多く出す価値はあるでしょう。

複数回線契約した場合は「家族割」が適用され、2回目以降は月額料金が500円割引されます。

スマホプランSなら家族割適用だと1,480円で利用可能です。

 

以前のUQモバイルは2年縛りがありましたが、2019年10月のルール改正により2年縛りも違約金もなくなりました。

月額料金も少し安くなりましたし、個人的には良い感じのプランになった気がしますね。

ただし、以前のプランでは無料だった通話オプションは新プランでは有料です。

  • 10分かけ放題:月額700円
  • 通話パック:月額500円

ある程度電話をする人からすると、以前のプランより安くなったとは言いがたいですね。

(通信速度を考えると相変わらずおすすめであることには変わりませんが)

UQモバイルで購入できるiPhoneの種類と料金

UQモバイルで購入できるiPhoneの種類と料金は以下の通りです。

機種名一括購入24回払い36回払い
iPhone 6s(32GB)36,000円1,500円×24回1,000円×36回
iPhone 6s(128GB)46,800円1,950円×24回1,300円×36回
iPhone 7(32GB)46,800円1,950円×24回1,300円×36回
iPhone 7(128GB)57,600円2,400円×24回1,600円×36回

以前はマンスリー割という割引で、スマホ本体代がめちゃくちゃ安くなっていました。

 

しかし、2019年10月のルール改正で2年縛りとともにマンスリー割も撤廃。

現在は全く割引がないため、お得度はずいぶん下がりました。

 

UQモバイル自体はおすすめできる格安SIMです。

ただ、リテラシーのある人ならメルカリなどで端末を購入し、UQモバイルはSIMカードのみを契約してもいいかも?

 

これまでは一括払いと24回払いだけでしたが、新しく36回払いもスタート。

ずっとUQモバイルを使う予定でなおかつ月々の支払いを安くしたい人にピッタリですね。

音声通話が制限なくかけ放題「Yモバイル」


  • 無制限かけ放題オプションがある
  • 通信速度が速く安定してる(使い勝手は×)
  • LINEのID検索ができる
  • 家族割で2回線目以降は500円の割引

Yモバイルはソフトバンクのサブブランドに当たる格安スマホです。

 

最大の特徴は月額1,000円で無制限に電話がかけ放題になるオプション「スーパーだれとでも定額」でしょう。

格安SIMでも10分かけ放題のようなかけ放題サービスは当たり前になりましたが、大手キャリアのような無制限かけ放題はほとんどありません。

格安SIMでも思う存分電話をしたい人にはYモバイルがおすすめです。

 

サブブランドということもあり、LINEのID検索やキャリアメール、キャリア決済など他の格安SIMでは使えない機能も使えます。

とくにLINEのID検索ができる格安SIMはYモバイルとLINEモバイルしかないため、とても貴重です。

 

YモバイルはUQモバイル同様、通信速度が速く安定しています。

ただし、UQモバイルと比べるとデータ通信の使い勝手は悪いです。

データ通信機能YモバイルUQモバイル
データ繰り越し×
速度切り替え×
低速時の通信速度128kbps300kbps

Y!mobileはデータ繰り越しも速度切り替えもできません。

とくに余ったデータ通信量を翌月に繰り越せないのが痛いですね。

しかも低速時の速度は128kbpsとめちゃくちゃ遅いです。

UQモバイルとYモバイル、どっちにするか迷ったときは、

  • データ通信を重視する:UQモバイル
  • 電話を重視する:Yモバイル

という感じに選べばOKです。

Yモバイルの料金プラン

Yモバイルの料金プランは以下の通りです。

プラン名データ通信量月額料金
スマホベーシックプランS3GB2,680円
スマホベーシックプランM9GB3,680円
スマホベーシックプランR14GB4,680円

契約から半年間は「新規割」によってここから月額料金が700円割引されます。

 

さらにYモバイルも家族割で2回線目以降は500円割引されます。

新規割と合わせると、最初の半年間はプランSなら月額1,480円で利用可能です。

 

また、契約から2年間は1ヶ月のデータ通信量が増える「データ増量オプション」が無料です。

データ増量オプションを含めたデータ通信量は以下の通り。

プラン名データ通信量データ通信量(増量後)
スマホベーシックプランS3GB4GB
スマホベーシックプランM9GB12GB
スマホベーシックプランR14GB17GB

すべてのプランで1回10分までの通話が無料になる「10分かけ放題」が使えます。

他社だと月額800円くらいする10分かけ放題が含まれていると考えると、結構割安かも。

 

UQモバイル同様、2019年10月のルール改正により2年縛り・違約金を撤廃。

月額料金が安くなったかと言われると微妙ですが、以前より気軽に契約できるようになったのは事実です。

Yモバイルで購入できるiPhoneの種類と料金

Yモバイルで購入できるiPhoneの種類と料金は以下の通りです。

機種名一括購入24回払い36回払い
iPhone 6s(32GB)14,858円619円×24回412円×36回
iPhone 6s(128GB)24,349円1,014円×24回676円×36回
iPhone 7(32GB)32,530円1,355円×24回903円×36回
iPhone 7(128GB)42,349円1,764円×24回1,176円×36回

※Yモバイルは税込価格しか掲載していないため、無理やり計算して税抜きにしています

UQモバイル同様、以前ほど派手な割引はなくなりました。

それでもiPhone 6s(32GB)が一括1万円台中ごろなのは結構お買い得ですね。

 

UQモバイルと同じく36回払いも始まっています。

2年縛りがないため、ずっとY!mobileを使う人で月々の負担額を減らしたいならアリですね。

例えばスマホベーシックプランS+iPhone 6s(32GB)の36回払いの場合、月額料金は端末代合計で3,000円ほどで済みます。

SNSが使い放題「LINEモバイル」

  • LINEやSNSが使い放題
  • トリプルキャリア対応
  • LINEのID検索ができる
  • SMSなしでLINEアカウントを作れる

LINEモバイルはメッセージアプリ「LINE」の格安SIMです。

僕も2年くらい使ってます。

 

LINEやSNSがデータ通信量を消費せず使い放題になる「データフリー」が最大の特徴。

データフリー対象はプランによって以下のように決まっています。

  • LINEフリー:LINE
  • コミュニケーションフリー:LINE、Twitter、Instagram、Facebook
  • MUSIC+:LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

対象のサービスはどれだけ使ってもデータ通信量を消費しません。

SNSだけで何GBも使っているというヘビーユーザーなら、LINEモバイルにすることでスマホ代をグッと抑えられます。

 

しかもデータフリー対象は速度制限がかかった状態でも高速通信可能です。

僕はLINEがメインの連絡手段なので制限がかかると困るのですが、LINEモバイルならその心配がないので助かっています。

 

他にもLINEのID検索ができたり、SMS認証なしでLINEアカウントを新規作成できたりと、LINEとの相性も抜群です。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは以下の通りです。

・LINEフリープラン

データ通信量データSIMSMS付きデータSIM音声通話SIM
1GB500円620円1,200円

・コミュニケーションフリープラン

データ通信量データSIMSMS付きデータSIM音声通話SIM
3GBなし1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

・MUSIC+プラン

データ通信量データSIMSMS付きデータSIM音声通話SIM
3GBなし1,810円2,390円
5GB2,140円2,720円
7GB2,700円3,280円
10GB2,940円3,520円

LINEフリープランは1GBの少量プランのみです。

 

それでもLINEやSNSなど軽い用途がメインのライトユーザーなら全く問題なし。

LINEは使い放題ですし。

 

主流となるプランがコミュニケーションフリープランでしょう。

月額料金だけ見ると他社より高いのですが、その代わりSNSが使い放題です。

例えば今までSNSだけで5GB消費し、そのために6GBプランに入っていた人がいるとします。

LINEモバイルならSNSによる5GBの消費が丸々0になるので、3GBプランで済みます。

結果的に月額料金が大幅に安くなるということですね。 

 

MUSIC+プランはほとんどの人は不要です。

LINE MUSICのような音楽サービスは消費量がそこまで多くありません。

よほど長時間音楽を垂れ流しにする人以外はコミュニケーションフリープランで十分でしょう。

LINEモバイルで購入できるiPhoneの種類と料金

LINEモバイルで購入できるiPhoneの種類と料金は以下の通りです。

機種名一括購入24回払い
iPhone 6s(32GB)33,800円1,490円×24回
iPhone 6s(128GB)43,800円1,920円×24回

購入できるのはiPhone 6sのみです。

そろそろiPhone 7も取り扱ってほしいところ。

 

LINEモバイルのiPhoneは「ソフトバンク回線のみセット購入できる」ことに気を付けてください。

LINEモバイルはドコモ、au、ソフトバンク回線のすべてに対応しています。

 

しかし、iPhoneをセット購入できるのはソフトバンク回線を選んだ場合のみです。

ソフトバンク回線が入りにくい地域に住んでいる人はLINEモバイル以外で購入したほうがいいですね。

(よほど田舎や山間部でないと、今時そんなところはないと思いますが)

お得なキャンペーンが豊富な「IIJmio」


  • お得なキャンペーンを多数実施
  • 老舗ならではの信頼性の高さ
  • 最大10枚のSIMカードでシェア可能
  • 端末セットの種類が豊富

IIJmioは老舗のプロバイダとして知られるIIJの格安SIMです。

格安SIMとしても老舗で、長期間に渡って安定した運営を続けています。

 

IIJmioはキャンペーンがお得なのが特徴です。

2019年12月現在はキャンペーンを実施していませんが、定期的に月額料金割引や初期費用1円といったキャンペーンを実施しています。

 

僕もIIJmioを契約していますが、キャンペーンを利用してかなりお得にスタートできました。

そのままでも格安SIMは安いんですけど、こういったキャンペーンを利用できればさらにスマホ代を節約できます。

IIJmioの料金プラン

IIJmioの料金プランは以下の通りです。

プラン名データ量データSIMSMS付きデータSIM音声通話SIM
ミニマムスタート3GBタイプA:なし
タイプD:900円
タイプA:900円
タイプD:1,040円
1,600円
ライトスタート6GBタイプA:なし
タイプD:1,520円
タイプA:1,520円
タイプD:1,660円
2,220円
ファミリーシェア12GBタイプA:なし
タイプD:2,560円
 タイプA:2,560円
タイプD:2,700円
3,260円

データ通信量は3種類とかなり少なめ。

よく言えばシンプルで分かりやすく、悪く言えば選択肢が少ないです。

 

ただ、ほとんどの人は3GBか6GBで足りるので問題ないでしょう。

IIJmioはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAの2種類があります。

タイプAはSMS機能付きデータSIMがタイプDのデータSIMと同じ値段で利用可能です。

それ以外は機能的にはほぼ同じ。

 

iPhoneのセット契約ならタイプAもタイプDも使えるのでお好きなほうを選びましょう。

12GBのファミリーシェアプランは最大10枚のSIMカードで容量をシェアできます。

(音声通話SIMは5枚まで)

 

家族みんなで容量をシェアしたい人におすすめ。

オプションで毎月20GBまたは30GBの容量をプラスすることも可能です。

IIJmioで購入できるiPhoneの種類と料金

IIJmioで購入できるiPhoneの種類と料金は以下の通りです。

機種名一括購入24回払い
iPhone 7(32GB)39,800円1,680円×24回
iPhone 7(128GB)44,800円1,870円×24回
iPhone 7(256GB)54,800円2,300円×24回

IIJmioで扱っているiPhoneはすべて中古品です。

新品は購入できません。

中古なので、在庫が安定しないのがデメリットですね。

本当はiPhone 8やXRなども扱っていますが、7以外はすべて在庫切れ&入荷未定となっています。

入荷され次第、ラインナップも更新します。

中古品なので価格は比較的安めですし、フリマやオークションのようなトラブルの心配もなし。

新品にこだわらず安くiPhoneを買いたい人におすすめです。

中古iPhoneがお得!「OCNモバイルONE」

  • かけ放題オプションが充実
  • 端末代が安くなるセールを頻繁に実施
  • 高品質な低速通信が使い放題
  • データ通信量が日単位で割り振られるプランがある
  • 新プランは月額料金が比較的安い

OCN モバイル ONEは大手プロバイダとして知られるOCNの格安SIMです。

自宅のネット回線のプロバイダがOCNの人も多いと思います。

 

OCNモバイルONEは端末代が安くなるセールを頻繁に実施しており、端末を格安で購入可能です。

もちろんセール中はiPhoneも安くなります。

毎月のようにセールをやっているので、OCNモバイルONEを検討するならまずはセール中かどうかをチェックしてください。

 

その他の特徴としてはかけ放題オプションが充実していることが挙げられます。

一般的な10分かけ放題に加えて、毎月3人までは無料で通話できる「トップ3かけ放題」という変わったかけ放題が用意されています。

家族や友人など、特定の人とだけたくさん電話をする人はYモバイルの「スーパーだれとでも定額」より安上がりですよ。

OCNモバイルONEの料金プラン

OCNモバイルONEの料金プランは以下の通りです。

データ量データSIMSMS付きデータSIM音声通話SIM
110MB/日900円1,020円1,600円
170MB/日1,380円1,500円2,080円
3GB/月1,100円1,220円1,800円
6GB/月1,450円1,570円2,150円
10GB/月2,300円2,420円3,000円
20GB/月4,150円4,270円4,850円
30GB/月6,050円6,170円6,750円

OCNモバイルONEにはデータ通信量が月単位ではなく「日単位」 で割り振られる珍しいプランがあります。

 

例えば110MB/日プランの場合、1日で110MB使うとその日は制限がかかります。

翌日になると制限が解除されて、再び110MBのデータ通信が利用可能です。

なかなか面白いプランで、僕もこれを利用しています。

 

ただ、結構細かくデータ通信量を管理しないといけないので、初心者には不向き。

慣れないうちはとりあえず3GB/月プランでOKですね。

 

追記:11月から新プランがスタート

OCNモバイルONEは11月から新プランをスタートさせました。

データ容量データSIMSMS付きデータSIM音声通話SIM
1GBなしなし1,180円
3GB880円1,000円1,480円
6GB1,380円1,500円1,980円
10GB2,280円2,400円2,880円
20GB3,800円3,920円4,400円
30GB5,380円5,500円5,980円

旧プランに合った日単位のプランがなくなり、1GBプランが追加。

さらに3GBプランが1,480円など、全体的に月額料金が安くなりました。

 

ただし、新プランでは低速通信を契約プランのデータ量の半分ほど使うとさらに制限がかかります。

例えば3GBの場合は1.5GBくらい低速を使うと低速がさらに遅くなります(高速通信はそのまま見たいです)。

 

旧プランは現在も申し込み可能。

基本的には新プランがおすすめですが、日単位のプランや低速通信を使いたい人は旧プランを選びましょう。

OCNモバイルONEで購入できるiPhoneの種類と料金

OCNモバイルONEで購入できるiPhoneの種類と料金は以下の通りです。

機種名価格
海外版iPhone SE(32GB)28,100円
海外版iPhone SE(128GB)33,400円
中古iPhone 7(32GB)27,300円~
中古iPhone 7(128GB)30,800円~
中古iPhone 7(256GB)24,800円~
中古iPhone 7 Plus(32GB)34,300円~
中古iPhone 7 Plus(128GB)46,100円~
中古iPhone 8(64GB)46,800円~
中古iPhone X(64GB)75,100円~
メーカー整備済iPhone XR(64GB)74,400円
メーカー整備済iPhone XR(128GB)81,400円
中古iPhone XR(64GB)70,800円~
中古iPhone XR(128GB)82,200円~
メーカー整備済iPhone XS(64GB)101,300円
メーカー整備済iPhone XS(256GB)116,500円
中古iPhone XS(64GB)103,700円~

OCNモバイルONEでも新品のiPhoneの取り扱いはなし。

 

海外版はアウトレット品ですが、中身は日本版とほぼ同じ。

マニュアルが英語なのと、ACアダプタが同梱してないことに注意。

 

メーカー整備済品は初期不良とかで返品されたやつを整備したやつですね。

あくまでも新品同様品であり、完全な新品ではありません。

 

要するに扱っているiPhone全部中古だと思えばOK。

扱っているラインナップは幅広く、iPhone XRやXSもあります。

価格もそこそこ安く、セール中はさらに安いです。

 

ただし一括購入しかできないので、まとまったお金がない人は別のところを選びましょう。

また、中古については状態によって価格・在庫が異なります。

詳しい価格は公式サイトでチェックしてください。

まとめ

今回はiPhoneを購入できる格安SIMのうち、おすすめのものをまとめてみました。

  • UQモバイル
  • Yモバイル
  • LINEモバイル
  • IIJmio
  • OCNモバイルONE

個人的なおすすめは新品が欲しいならY!mobile、中古でいいならIIJmioかOCNモバイルONEですかね。

ただ、今回紹介した格安SIMはいずれも個性があるし、他社にはない強みもあるのでおすすめです。

 

iPhoneをセット購入する際の格安SIM選びで迷った人は、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました