iPadをiOS 12にアップデート!ジェスチャー操作が良い感じです

IOS12 iPad

すでにブログでもお伝えした通り、人柱的にiPhone 5sをiOS 12にアップデートしました。

5sではau系SIMでSMSが送信できない不具合はありましたが、それ以外は良い感じ。

その不具合も配信されたばかりのiOS 12.0.1で解消されました。

 

個人的には大きな不具合はもうないと判断し、iPad(2017)もiOS 12にしてみました。

記事にする予定は全くなかったのですが、結構いろいろと変わっていたのでiPadをiOS 12にアップデートした感想をまとめました。

スポンサーリンク

ジャスチャー操作が大幅に変化

iPadをiOS 12にして一番大きく変わったのはジェスチャー操作です。

これまでもジェスチャー操作はありましたが、iOS 12では大幅に変化。

ほぼホームボタンを使わず各種操作ができます。

コントロールセンターは画面右上を下に

まず変わったのはコントロールセンターの表示です。

  • これまで:画面下部を上に向かってスワイプ
  • 画面右上を下にスワイプ

画面右上を下にスワイプすることで、コントロールセンターが表示されます。

iOS12 コントロールセンター

 

iPadはiOS 11からドックが利用できるようになりました。

便利な反面、従来のiOSではコントロールセンターを表示する際に、

  • 画面下を上にスワイプ→ドックが表示
  • さらに上にスワイプ→コントロールセンター表示

って感じで二度手間でした。

それが解消されたので、かなり使い勝手が良くなりましたね。

下から上に「素早くスワイプ」でホーム画面

続いてホーム画面の表示です。

これまで通りホームボタンを押してホーム画面を表示することもできます。

それとは別に、画面を下から上に「素早く」スワイプしてもホーム画面が表示されるようになりました。

iOS 12 ホーム

iOS 12 ホーム

 

このジェスチャーは主に横向きに置く際に便利ですね。

僕はスタンドになるケースに入れて主に横向きでiPadを使っています。

この時ホームボタンが右側に来るので、左手だとホームボタンが非常に押しにくい。

 

でもジェスチャー操作ならホームボタンの位置に関係なくホームをサッと表示可能です。 

下から上に「ゆっくりスワイプ」でドック&Appスイッチャー

続いてドックとAppスイッチャーの表示です。

Appスイッチャーはホームボタン2回連打でも表示されます。

iOS 12では画面を下から上に「ゆっくり」スワイプするとドックが表示されます。

iOS12 ドック

iOS12 ドック

 

さらにその状態から画面中央当たりまでゆっくりスワイプするとAppスイッチャーが表示されます。

iOS12 アプリチェンジ

iOS12 アプリチェンジ

 

このジェスチャーも、iPadを横向きに置いているときだとありがたいです。

ちなみに同じ動作を素早く行うとホーム画面が表示されます。

Appスイッチャーを表示するときは「ゆっくりスワイプ」を心がけましょう。

ホームボタンがないiPad Proの布石?

新iPad ProではiPhone Xのようにホームボタンがなくなるという噂があります。

iOS 12のジェスチャー操作はそのために追加されたのかもしれませんね。

 

僕はiPhone Xを見た時、正直使いづらそうだなと思いました。

でも今回ジェスチャー操作をやってみるととても快適でした。

 

ホームボタンはiPhone/iPadの象徴でもあり、なくなるのはちょっと寂しいです。

ただ「機能的にはもうホームボタンはいらないな」とも感じました。

どちらにせよ、新しいiPad Proが楽しみですね。

ステータスバーに日付が表示

もう画像で気づいている人もいるかもしれませんが、iOS 12ではステータスバーに日付が表示されるようになりました。

ios12 日付

 

すごく地味ですが、どの画面を開いていても日付が分かるのは結構便利ですね。

iPhoneにも欲しいですが、さすがにあの小さな画面でこれだけ文字が表示されたら邪魔かもw

画面が大きいiPadならではですね。

計測アプリは簡易的測定が可能

iOS 12で登場した新機能の1つが「計測アプリ」です。

iPhone 5sは非対応でしたが、iPadではちゃんと使えます。

 

使い方はiPadのカメラで長さを測りたいものを映すだけ。

めちゃくちゃ簡単。

試しに僕が使っているZenFone 5を測定してみました。

iOS12 測定

 

高さ15cm、幅7cmと出ています。

実際のZenFone 5は高さ15.3cm、幅7.56cmなので、誤差は3~5mmほどです。

正確な長さを測るのは無理ですが、大まかにサイズを知りたいときは手軽で良さそうです。

スクリーンタイムも使えます

スマホの使いすぎ防止機能として注目されている「スクリーンタイム」もiPadで使えます。

iOS12 スクリーンタイプ

 

機能はiPhoneと同じですね。

利用時間や持ち上げた回数の確認、アプリや機能ごとに使える時間を制御、など。

ただiPadはiPhoneみたいに持ち歩かないし、ついつい使っちゃうこともない。

スクリーンタイムはそんなに使わないかも?

バッテリー診断は今回も使えず

iOS 11.3から登場したバッテリー診断。

なぜかiPadは対象外だったのですが、今回のiOS 12でもやはり使えませんでした。

iPhone 5sは古いからハブられるのが理解できますが….。

なぜiPadはダメなのだろう。

 

ただ、バッテリー使用状況の画面が変更され、グラフでバッテリーの推移を見られるようになりました。

iOS12 バッテリー

 

これはこれで良いのだけど….。

やっぱり、バッテリー診断を使えるようになってほしいですね。

まとめ

というわけで、iPadをiOS 12にアップデートしてみた感想でした。

ジャスチャー操作や日付追加をはじめ、全体的には良い感じのアップデートでした。 

 

とくにジェスチャー操作は使ってみると結構快適です。

ホームボタンを使うより全然いいかもしれない。

最新のiPhoneでは完全にホームボタンがなくなりましたが、iPadでもなくなる日が近いかもしれませんね。

 

iPadに関しては大きな不具合もないみたいですし、iOS 12にアップデートしても大丈夫そうです。

ただし、あくまでも僕の場合は大丈夫だっただけです。

もしこの記事を見てアップデートして何かあっても僕は責任はとれませんので。

(大丈夫だと思うけど)

ではでは~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました