移転したばかりで表記が崩れている箇所が多々あります。 見づらいと思いますが、ご了承ください。

「HUAWEI P30 lite」がau/Y!mobile/UQから発売!スペック・価格まとめ

HUAWEI P30 lite Android

他ブログから移転したばかりで表記が崩れているところが多々あります。

見づらいと思いますが、ご了承ください。

(画像はau公式サイトより)

本日、auとY!mobile(ワイモバイル)から「HUAWEI P30 lite」が発売されることが正式発表されました。

P30シリーズの国内版が正式発表されるのはこれが初めて。

前モデルのHUAWEI P20 liteはau/Y!mobile版のあとにSIMフリー版が発表されました。

今回もau版が発表されたことで、SIMフリー版の国内投入も間近に迫っていると言えます。

スポンサーリンク

au版HUAWEI P30 liteのスペック&特徴

簡単に、HUAWEI P30 liteのスペックと特徴をチェックしましょう。

まずはスペック表から。

ちなみにこれはau版なので、Y!mobile版/SIMフリー版とは仕様が異なる可能性もあります。

カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
サイズ 幅約73mm
高さ約153mm
厚さ約7.5mm
重さ 約159g
ディスプレイ 約6.1インチ,FHD+
(2312×1080)
OS Android 9
CPU Kirin 710
(オクタコアCPU)
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
カメラ アウト:
2400万+800万+200万画素
イン:
2400万画素
バッテリー 3,340mAh
SIMサイズ nanoSIM
DSDS ×
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×

低価格ながら普段使いには十分すぎるスペック

スペック的には今年2月に発売されたHUAWEI nova lite 3に近いですね。

CPUは同じくKirin 710を搭載しています。

nova lite 3はAntutuスコア130000位出ていました。

P30 liteも低価格モデルながらある程度3Dゲームもできる高コスパスマホと言えそうです。 

しかもnova lite 3と違い、メモリは4GBと多め。

さらにau版はストレージが128GBと多くなっています。

Y!mobile版/SIMフリー版は64GBでしょうかね。

ぶっちゃけ、これだけのスペックならヘビーユーザー以外は十分。

今回もP20 liteに次いで結構売れそうです。

ちなみに外見もnova lite 3と結構似ていますね。

ノッチも水滴型になり、ほとんど目立たなくなりました。

下位モデルながらトリプルレンズカメラを搭載

HUAWEI P30 liteの目玉はやっぱりカメラです。

3万円台の低価格モデルながら、ついにトリプルレンズカメラを搭載しました。

2400万画素の標準カメラに800万画素の広角カメラ、そして200万画素の被写界深度測定用カメラという構成です。

もちろんアウト・インともにAIカメラです。

いったいどれほどの写真が撮れるのか、楽しみですね。

しかし、2年前のP10 liteはシングルカメラだったのに、P30 liteでトリプルレンズカメラになるとは….。

日本のメーカーとは、進化のスピードが違いますね。

おサイフケータイはやっぱり非対応

これまでHUAWEIのスマホでおサイフケータイに対応していたのはドコモのP20 Proだけでした。

そのため今回も望み薄でしたが、やっぱり非対応でした。

このスペック・この価格でおサイフケータイ対応ならバカ売れすると思うんだけどなぁ。

と思ったけどP10 liteとかP20 liteはおサイフケータイなしでも爆売れしてたわ

おサイフケータイ対応で低価格なスマホが欲しいならAQUOS sense2にしましょう。

Y!mobile版は実質13,500円~購入可能

Y!mobile版はスペックがまだ分かりませんが、価格はすでに公表されています。

なお価格はすべて税込みです。

f:id:happy-applications-maker:20190513134658j:plain

本体価格は39,420円です。

さらに月額割引が適用され、スマホプランSなら540円/月、スマホプランM/Lなら1,080円/月の割引を受けられます。

月額割引を含めた実質負担額は以下の通りです。

  • スマホプランS:26,460円
  • スマホプランM/L:13,500円

スマホプランM以上になりますが、13,500円で購入できるならかなり安いですね。

Y!mobileの本体価格は月額割引ありきなのでやや高め。

それを考慮するとSIMフリー版は例年通り3万円台前半くらいになりそうです。

Y!mobile版の詳しい価格はこちらも参照してください。

追記:5月24日にUQモバイル版が発売へ

5月24日にauのサブブランド的存在であるUQモバイルからもP30 liteが発売されることになりました。

Y!moible同様、スペックに関する記載はなし。

販売価格は一括で31,644円です。

マンスリー割*1が適用されると実質26,460円で購入できます。

f:id:happy-applications-maker:20190515083320j:plain

(画像はUQモバイル公式より)

プランSならY!mobileと全く同じ額ですね。

プランM以上はY!mobileのほうがお得に買えます。

発売は5月下旬以降。SIMフリー版も6月には登場?

各社のHUAWEI P30 liteの発売日はそれぞれ以下の通り。

  • au:5月下旬以降
  • Y!mobile:5月24日
  • UQモバイル:5月24日

いずれも5月の下旬ですね。

それくらいの時期になれば、おそらくSIMフリー版の情報も出ているでしょう。

過去のP liteシリーズの発売日も、

  • HUAWEI P9 lite:6月17日
  • HUAWEI P10 lite:6月9日
  • HUAWEI P20 lite:6月15日

といった感じですべて6月になっています。

HUAWEI P30 liteのSIMフリー版が出たら多分、購入してレビューすると思います。

待ち遠しいですね。

また、P30 liteが発売すればP20 liteは型落ちモデルとして値下がりされそうです。

ぶっちゃけP20 liteでもまだまだ現役なので、カメラやスペックにこだわりがないなら安くなったP20 liteを購入するのも手です。

*1:おしゃべりプラン/ぴったりプランとセット購入すると24ヶ月に渡って月額料金が割引される仕組み

コメント

  1. xxxnobuxxx より:

    隊長さんはumidigiの端末は購入されていませんか?
    購入されていたらレビューが気になるので(^0^)

  2. happy-applications-maker より:

    買ってないですねぇ。ただ、最近日本の技適を通過したって聞いたので、気になります。

タイトルとURLをコピーしました