スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

【最新版】au回線の格安SIMが使えるSIMフリースマホまとめ!おすすめはどれ?

f:id:happy-applications-maker:20180813215512j:plain

 

これまで格安SIMと言えばドコモ回線がほとんどでしたが、最近ではau回線を利用しているものもあります。

 

例えばCMでもおなじみのUQモバイルなんかもau回線を利用しています。

 

しかし、ドコモ回線と違ってau回線は対応しているSIMフリースマホが少ないです。

ちゃんと選ばないと、

 

「せっかく新しいSIMスマホを買ったのにau回線に対応してなかった....。」

 

なんてことになりかねません。

 

そこで今回はau回線の格安SIMが使えるSIMフリースマホをまとめてみました。

au系の格安SIMを使いたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

au VoLTE対応SIMフリースマホ一覧

au回線の格安SIMを使うためには端末が「au VoLTE」に対応している必要があります。

 

au VoLTEはざっくり言うとauの4G LTE回線を使って音声通話(+データ通信)を利用する技術のことです。

 

以前と比べると対応端末は増えましたが、ドコモ回線・ソフトバンク回線と比べると使える端末が限られることに変わりはありません。

 

まずは、au VoLTE対応のSIMフリースマホをメーカー別にまとめてみました。 

基本的には

  • 2016年以降に発売のもの
  • 技適マークのあるもの

の2つの条件を満たすスマホだけを掲載しています。

 

個人でやっているので間違っていたり、情報が古い可能性もあります。

端末を購入する際は、必ずご自身でもau VoLTEに対応しているかどうかを調べたうえで購入をお願いいたします。

 

万が一間違いがありましたらコメントや問い合わせからお知らせください。

 

Apple
  • iPhone 6 / 6 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone X 
  • iPhone XR
  • iPhone Xs / Xs Max
  • iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
ASUS
  • ZenFone Go
  • ZenFone 3
  • ZenFone 3 deluxe(ZS550KL)
  • ZenFone 3 Laser
  • ZenFone 3 Max(ZC553KL/ZC520TL)
  • ZenFone 3 Ultra
  • ZenFone AR
  • ZenFone Zoom S
  • ZenFone Live
  • ZenFone 4
  • ZenFone 4 Max
  • ZenFone 4 Selfie
  • ZenFone 4 Selfie Pro
  • ZenFone 4 Pro
  • ZenFone 5
  • ZenFone 5Q
  • ZenFone 5Z
  • ZenFone Max (M1)
  • ZenFone Max Pro (M1)
  • ZenFone Live L1
  • ZenFone Max Pro(M2)
  • ZenFone Max (M2)
  • ZenFone 6
HUAWEI
  • nova
  • P10 lite
  • nova 2
  • P20 lite
  • Mate 10 Pro※1
  • P20※1
  • nova 3※1
  • Mate 20 lite※1
  • Mate 20 Pro※1
  • nova lite 3※1
  • P30 lite
  • P30

※1 要アップデート

 

SHARP
  • AQUOS sense lite
  • AQUOS R compact
  • AQUOS sense plus
  • AQUOS sense2
  • AQUOS R2 Compact
  • AQUOS Zero
モトローラ
  • Moto X4
  • Moto G5s Plus
  • Moto G5s Plus
  • Moto E5
  • Moto G6
  • Moto G6 Plus
  • Moto G6 Play
  • Moto Z3 Play
  • Moto G7
  • Moto G7 Plus
OPPO
  • R11s
  • R15 Neo
  • R15 Pro
  • Find X
  • R17 Neo
  • R17 Pro
  • AX7
  • Reno 10x Zoom
その他
  • arrows M03
  • arrows M04
  • NuAns NEO[Reloaded]
  • IDOL 4
  • Blade V8
  • Blade E02
  • SHINE LITE
  • Tommy 3 plus
  • HTC U11
  • HTC U12+ 
  • Google Pixel 3
  • Google Pixel 3a

※HTC U11 lifeも記載していましたが、au VoLTE非対応でした。

申し訳ございません。

問い合わせで質問してくれた方、ありがとうございます。

 

【注意】auの3G回線は使えない

ここまでに紹介した機種はいずれも「au VoLTE」に対応している機種です。

auの3G回線である「CDMA2000」は使えません。

 

というより、CDMA2000に対応しているSIMフリースマホは現状ほとんどありません。

 

ぱっと思いつく限りではg07++かZenFone 3 Deluxe(ZS570K)くらい。

どちらも古い機種ですので、買うとしても中古しかないでしょう。

 

SIMフリースマホでauの3GB回線を使うのは諦めたほうが良さそうです。

(今時そんな人はマレかもしれませんが....)

 

 

 

au回線対応のおすすめSIMフリースマホ!

ここまでau回線対応のSIMフリースマホを紹介しました。

ドコモ回線で使える端末と比べると少ないとは言え、結構多いですね。

 

これだけあるとどれを選べばよいか迷ってしまいます。

 

そこで!

 

5年以上に渡って様々なSIMフリースマホを使ってきた僕が、au VoLTE対応スマホの中からとくにおすすめだと思うものをピックアップしてみました。

 

ZenFone Max Pro (M2)

バッテリー持ちの良さが自慢の「ZenFone Max」シリーズの最新モデル。

これまでのZenFone Maxシリーズはスペックを控えめにして価格を抑えた「エントリークラス」ばかりでした。

 

ZenFone Max Pro(M2)はミドルハイクラスのCPU「Snapdragon 660」と4GBメモリを搭載しており、従来モデルよりスペックは高めです。

 

よほど重くなければ3Dゲームもサクサク動きます。

 

バッテリー容量は5000mAhと大容量で、ゲームや動画視聴を長時間利用しても大丈夫です。

 

3キャリアVoLTEに対応し、2枚のSIMカードを4G+4Gで同時待受け出来るDSDVにも対応。

しかもトリプルスロット仕様なのでDSDVを使いながらmicroSDカードも挿せます。

 

これだけ充実して価格は35,000円ほどと、コスパはかなりのもの。

 バッテリー容量を重視しつつ、ゲームもプレイしたい人におすすめ。

 

ちなみにスペックはそこまで重視しない、という人には8,000円ほど安い「ZenFone Max (M2)」もおすすめです。

 

 

HUAWEI P30 lite

HUAWEI P30 Lite ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 P30 LITE/BLACK/A
HUAWEI(ファーウェイ) (2019-05-24)
売り上げランキング: 2,307

HUAWEIの主力シリーズである「Pシリーズ」の売れ筋モデル。

2018年に最も売れた前モデル「P20 lite」に続き、売れに売れまくっています。

 

手ごろな価格ながら背面にはトリプルレンズカメラを搭載しています。

セカンドレンズは超広角レンズになっており、広い範囲を含めた写真を撮影可能です。

他にも夜景モードやポートレートモードなど、多彩な撮影モードを搭載。

 

さすがに10万円近い上位モデルには敵いませんが、3万円台のスマホではトップのカメラ性能でしょう。

 

 

オクタコアCPUと4GBメモリにより、動作もサクサクでスムーズ。

SNSやLINE、動画視聴など普段使いであれば全く問題ないです。

 

さらにP liteモデルでは初めてDSDVに対応。

複数のSIMを使い分けたい時に便利です。

 

これだけ充実して約3万円ですから、コストパフォーマンスはかなりのもの。

 

au回線うんぬん関係なく、SIMフリースマホを購入予定のすべての人に検討してほしい1台です。

 

ZenFone 5

 

ASUSが2018年に発売したミドルハイクラスのSIMフリースマホです。

 

高性能なCPUと6GBという大容量メモリにより、動作はサクサク。

よほど重いものでなければ3Dゲームもなんなくプレイできます。

 

カメラもそこそこ性能の良いデュアルレンズカメラで、背景ボケもしっかりできます。

 

AIが被写体を識別して自動的に最適な撮影モードにしてくれるので、オートでパシャパシャ撮るだけで結構きれいな写真が撮影可能です。

 

auを含む、国内3キャリアすべてのVoLTEに対応。

もちろんDSDVにも対応しています。

 

後継機のZenFone 6がすでに出ていますが、ハイスペックな分だけ値段は高め。

3Dゲームをプレイしないなら、ZenFone 5で十分過ぎますよ。

 

 

 

AQUOS sense plus

シャープが初めてSIMフリー専用として開発したモデル。 

 

SIMフリーでは珍しい防水&おサイフケータイに対応しています。

とくにおサイフケータイ対応モデルはまだ少ないので貴重です。 

 

CPUはミドルハイクラスのスナドラ630で、比較的サクサクと動作します。

PUBGなど重たい3Dゲームは難しいですが、軽いものなら割と快適です。

 

単純なコスパではzenFone Max Pro(M2)やHUAWEI P30 liteの方が上です。 

そこそこのスペックで防水&おサイフケータイ対応のスマホを使いたい人向けですね。

 

 

 

sense plusより少しスペックを落としたAQUOS sense 2もあります。

 

CPUの性能が少し低いことを除くと、使い勝手はsense plusと同じ。

防水とおサイフケータイさえあれば良い、という人なら十分でしょう。 

 

AQUOS sense2も実際に購入し、レビュー&sense plusとの比較もしているのでぜひ参考にしてください。

AQUOS sense plusとsense2の違いについてはこちらもどうぞ。

 

Google Pixel3/3a

Google Pixel 3 64GB クリアリー ホワイト
pixel 3
売り上げランキング: 4,748

Google謹製スマホの国内向け第一弾。

実際は名前の通り第3世代なのですが、国内向けはこれが初めて。

 

Pixel 3はカメラ性能の良さが売りです。

最近ではデュアルレンズが当たり前、一部のハイエンド機はトリプルレンズを搭載しています。

 

そんな中、Pixel 3のアウトカメラはシングルレンズなのが特徴。

一見するとカメラはしょぼいのでは?と思いますが、AIを駆使することでシングルレンズでも高品質な写真が撮れます。

とくに夜景モードは圧巻です。

 

スペックも高く、さらにおサイフケータイにも対応しています。

おサイフケータイ対応機種は少ないので貴重ですね。

 

Pixel 3aはそんなPixel 3の廉価版です。

スペックを落とした代わりに、価格はPixel 3のほぼ半額の約48,000円です。

 

カメラ性能はほぼ同じですし、おサイフケータイも引き続き対応しています。

 

そこそこの性能と高品質なカメラ、そしておサイフケータイ対応のミドルハイクラスというSIMフリーではかなり珍しい構成でおすすめです。

 

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI製の高コスパモデル「nova lite」シリーズの最新モデル。

 

最新のSoC「Kirin 710」を搭載しており、処理速度がかなり向上しています。

メモリは3GBですが、わりと負荷の大きい3Dゲームもサクサク動きます。

 

カメラもAIに対応し夜景に強くなるなど、前モデルより大幅進化。

とくに夜景は2万円台で買えることを考えると十分過ぎます。

 

そしてnova liteシリーズで初めてau VoLTEに対応しました。

しかもDSDV対応で4G+4Gによる同時待ち受けも可能です。

 

これで価格も2万円台ですから、驚異的なコスパです。

 

nova lite 3は実際に購入してレビューもしています。

 

まとめ

以上、au回線の格安SIMが使えるSIMフリースマホをまとめました。

 

以前と比べ、au VoLTE対応スマホも種類が増えてきて選択肢が多くなってきました。

嬉しい限りですね。

 

今後も、新しくau回線対応のSIMフリースマホが発売されたらどんどん追記していきたいと思います。

 

 

プライバシーポリシー