スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

「HUAWEI nova lite 3」レビュー!美しいデザインとAIカメラが売りの高コスパモデル!

f:id:happy-applications-maker:20190211153630j:plain

HUAWEI nova lite 3はHUAWEIから発売されたミドルレンジのスマホです。

 

手頃な価格ながら必要十分以上の処理性能とカメラ性能を備え、コストパフォーマンスはかなりのもの。

 

上級モデルのような美しいデザインにDSDV対応など、2万円台のスマホとは思えないクオリティに仕上がっています。

 

今回は「HUAWEI nova lite 3」を実際に購入し、良かった点やイマイチと感じる点をまとめました。

 

ゲームの動作チェックやカメラの作例も掲載しています。

HUAWEI nova lite 3の購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

2万円台とは思えない美しいデザイン 

さっそくHUAWEI nova lite 3の外観からチェックしていきましょう。

 

まずは背面から。 

f:id:happy-applications-maker:20190209194002j:plain

 

 

今回購入したカラーリングはオーロラブルーです。

グラデーションカラーになっており、薄いブルーから濃いブルー(角度によっては青紫っぽい色)に変化します。

 

光沢があり、どの角度から見てもキラキラと輝いています。

とても2万円台のスマホとは思えない上品なデザインです。

 

光沢ありすぎて撮影しづらいレベル。

f:id:happy-applications-maker:20190209194208j:plain

 

 

撮影ボックスから出して撮影してみました。

こっちのほうが綺麗ですね(;^_^A

f:id:happy-applications-maker:20190210174113j:plain

 

 

左上にはダブルレンズカメラが縦方向に並んでいます。

出っ張りはほとんどありません。

f:id:happy-applications-maker:20190210173917j:plain

 

 

前モデルのnova lite 2、昨年大ヒットしたP20 liteと並べてみました。

左からnova lite 2、nova lite 3、P20 liteです。

f:id:happy-applications-maker:20190209194339j:plain

 

nova lite 2は落ち着いた色合いでしたが、nova lite 3はかなり派手。

好みがあるとは思いますが、nova lite 3のほうが高級感があると思います。

 

やっぱり光沢があると高級感が増しますね。

 

 

しずく型ノッチ採用で前面がほぼディスプレイに

続いてnova lite 3の前面をチェックしてみます。

f:id:happy-applications-maker:20190210173534j:plain

 

ベゼルが非常に狭く、ほとんどがディスプレイになっていますね。

 

画面上部にはしずく型の小さなノッチを採用。

通常のノッチと比べるとかなり小さく、ノッチが嫌いな人でも問題なさそうです。

f:id:happy-applications-maker:20190210173626j:plain

 

 

前モデルである「nova lite 2」と並べて、同じ検索画面を表示してみました。

結構違いますね....w

f:id:happy-applications-maker:20190210173813j:plain

 

 

縦に長いので、一度に閲覧できる情報量がかなり多いです。

Twitterもはかどりますね。

 

 

USB端子は残念ながらmicroUSBのまま

下部にはUSB端子とイヤホンジャック、スピーカーがあります。

f:id:happy-applications-maker:20190210174326j:plain

 

 

個人的にはUSB端子がmicro USBなのが残念。

コスト削減のためにはしょうがないかもしれません。

 

とは言え、昨年出たP20 liteはUSB type-Cを採用していました。

ここはnova lite 3も頑張ってUSB type-cを採用してほしかったです。

 

 

上部にはSIMカードスロットがあります。

今までHUAWEIのスマホは側面にスロットがあったので、上にあるのは珍しいですね。

f:id:happy-applications-maker:20190210174611j:plain

 

付属品

続いて付属品をチェックします。

f:id:happy-applications-maker:20190209194705j:plain

P30 liteの付属品
  • 専用ケース
  • 保護フィルム(貼ってあります)
  • ACアダプター
  • USBケーブル(micro USB)
  • イヤホン
  • SIMピン
  • 取扱説明書

相変わらず付属品も充実してますね。

もはやHUAWEIスマホでは当たり前ですが。

 

専用ケースはソフトタイプのシリコンケースです。

側面もしっかり守ってくれます。

 

保護フィルムも最初から貼ってあります。

最低限の保護が目的なので質はそこまで良くないですが、貼ってくれているだけでありがたいですね。

 

HUAWEI nova lite 3のスペック

続いてHUAWEI nova lite 3のスペックを見てみましょう。

カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
サイズ 幅約73.4mm
高さ約155.2mm
厚さ約7.95mm
重さ 約160g
ディスプレイ 約6.21インチ, FHD+
(2,340×1,080)
OS Android 9.0
CPU Kirin 710
(オクタコアCPU)
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウト:1300万画素+200万画素
イン:1600万画素
バッテリー 3,400mAh
対応バンド FDD-LTE:B1/2/3/8/17/18/19
TD-LTE:B41
WCDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
SIMサイズ nanoSIM×2
DSDS 〇(DSDV)
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 5.0

スペック的にはいわゆるミドルレンジクラスですね。

 

CPU性能やメモリ/ストレージ容量はハイエンドクラスと比べると物足りないです。

ただ、普段使いや軽い2Dゲームであれば十分こなせますね。

 

同価格帯のスマホではZenFone Max M1やR15 Neoなどがありますが、nova lite 3はそれらと比べると比較的スペックは高いです。

 

Twitterやブラウジング、ニュースアプリなどを使ってみましたがサクサク動作してストレスはありません。

 

スペックで1つ欠点を上げるならWi-Fiが2.4GHZ帯しか対応していないことでしょうか。

P liteシリーズは昔から11acに対応していますが、nova liteシリーズはいまだに対応しませんね。

 

普通に使う分には問題ないですが、ゲームアプリのアップデートなどある程度容量の大きいファイルをダウンロードする際に差が出そうです。

 

Antutuベンチマークのスコア

ベンチマークソフト「Antutu」を使ってnova lite 3のスコアを計測してみました。

 

ちなみにスコアの目安はだいたい以下の通りです。

  • ~50000前後:ミドルスペック
  • 80,000~120,000前後:ミドルハイ
  • 150,000以上:ハイスペック

そしてnova lite 3のスコアは以下の通りです。

f:id:happy-applications-maker:20190209200322j:plain

 

 

スコアはなんと「129852」でした。

nova lite 3は2万円台にも関らず、ミドルハイクラスのスペックを持っているということですね。

 

ちなみに約5万円で購入したZenFone 5(2018)のスコアが130,000前後でした。

メモリ容量などに違いはありますが、2倍近い価格のZenFone 5と同じスコアとは驚きですね。

 

やはり、nova lite 3のコスパの高さは恐ろしい.....!

 

ゲームはどれだけできる?いろいろ試してみた

ベンチマークの結果はそこそこ良かったですが、実際にどれくらいゲームがプレイできるのでしょうか?

 

いくつか検証してみました。

 

モンスト:◎全く問題なし

まずは軽い2Dゲームである「モンスト」をプレイ。

f:id:happy-applications-maker:20190210171808j:plain

 

 

非常にサクサク動作し、快適でした。

ショットガンなど、エフェクトが派手な友情コンボでもカクつきは少ないです。

 

読み込みやガチャ演出も問題なし。

さすがにこのレベルのゲームなら全く問題ないですね。

 

FGO:〇おおむね快適だが画面端っこの帯が気になる

続いては「FGO」です。

f:id:happy-applications-maker:20190210174814j:plain

 

 

こちらも比較的サクサク動きますね。

戦闘については全く問題なさそう。

宝具演出もスムーズでした。

f:id:happy-applications-maker:20190210174849j:plain

 

 

ガチャを引くときに少し読み込みに時間がかかりますが、許容範囲内。

nova lite 3でもFGOなら結構快適にできるといってもいいでしょう。

f:id:happy-applications-maker:20190210174946j:plain

 

 

ただ、画面の端っこに黒い帯が表示されるのが気になりました。

しかも片方だけがかなり太い。

 

縦長ディスプレイに最適化されていないのか、全画面表示がうまくいってない感じですね。

 

ゲームプレイに支障はないですが、ちょっと気になります。

 

PUBGモバイル:△密集するとややカクつく

続いてスマホゲームの中では比較的重い「PUBGモバイル」をプレイしてみました。

f:id:happy-applications-maker:20190210170501j:plain

 

 

最初の自動設定では「標準画質」になりました。

f:id:happy-applications-maker:20190210170547j:plain

 

 

設定でHD画質にしてみても、結構ぬるぬる動きました。

2万円台のスマホでPUBGがここまで動くのは驚きです。

 

1マッチプレイしてみましたが、割と普通にこなせました。

f:id:happy-applications-maker:20190210170658j:plain

 

ただ、人が密集すると少しカクカクしますね。

それに発熱も結構あります。

 

やっぱりこのクラスのスマホをガッツリプレイする場合はもう少しスペックが高いスマホのほうが良いでしょう。

 

 

スペック総評:よほど重くなければゲームも問題なし!

いくつかゲームをやってみましたが、よほど重いもの出なければゲームも問題なくプレイできます。

 

軽い2Dゲームはもちろん、3Dゲームも大丈夫そうです。

 

ただ、PUBGモバイルなど動作の重い3Dゲームをガッツリやる人や、上位を目指すガチ勢にとってはnova lite 3では物足りないと思います。

 

3Dゲームを頻繁にプレイするなら最低でもZenFone 5(Snapdragon 636/6GBメモリ)くらいのスマホを使ったほうがいいですね。

 

nova lite 3のカメラ性能をチェック!

 続いて、HUAWEI nova lite 3のカメラ性能をチェックしていきます。

 

nova liteシリーズは低価格ながら高品質なカメラが売りです。

今回のnova lite 3のカメラはソフト面が大きく進化しており2万円台のスマホとしては十分過ぎるクオリティになっています。

 

nova liteシリーズで初めてAIカメラに対応

HUAWEI nova lite 3はAIが被写体を判別して最適な撮影モードにしてくれる「AIカメラ」に対応しています。

 

上位モデルでは当たり前の機能ですが、nova liteシリーズで対応するのは本機が初めてです。

 

カメラアプリを起動し、「AI」ボタンを押すとAIカメラが有効になります。

オン/オフを簡単に切り替えられるのはいいですね。

f:id:happy-applications-maker:20190210164032j:plain

 

 

AIカメラが起動した状態で被写体にカメラを向けると、AIが自動で被写体を識別してくれます。

 

識別してくれるカテゴリは全部で22種類あります。

例えば草や木にカメラを向けると「植物」、花にカメラを向けると「花」と識別されます。

f:id:happy-applications-maker:20190210164404j:plain

 

f:id:happy-applications-maker:20190210164415j:plain

 

 

野良猫を撮ろうとしたら逃げられて後ろ姿しか映っていませんが、それでも猫と認識。

f:id:happy-applications-maker:20190210164550j:plain

 

 

空を撮影するときはその時の天気も識別します。

天気がいい時は「青空」、雨やくもりの時は「曇り」ですね。

f:id:happy-applications-maker:20190210164706j:plain

 

 

f:id:happy-applications-maker:20190210164728j:plain

 

 

AIに任せてシャッターを切るだけで結構いい写真が撮れます。

 

いくつか作例を載せておきます。

f:id:happy-applications-maker:20190210164919j:plain

  

f:id:happy-applications-maker:20190210164945j:plain

 

f:id:happy-applications-maker:20190210170205j:plain

 

f:id:happy-applications-maker:20190215082539j:plain

 

f:id:happy-applications-maker:20190211153954j:plain

 


撮影技術もセンスもない僕が撮影しても、何とか見られる写真が撮れますね。

 

AIによる補正は多少強いですが、そこまで違和感はありません。

ディテールもしっかりしています。

 

適当にシャッターを切っても良い感じなので、写真を撮影するのが楽しくなりました。

 

ちなみにAIカメラで撮った写真はあとからAIによる補正を取り除くことも可能です。

f:id:happy-applications-maker:20190211154609j:plain
f:id:happy-applications-maker:20190211154614j:plain
左:AI補正あり 右:AI補正なし

 

並べてみると結構差があります。

AI補正があるほうが明るく、鮮やかな色合いです。

 

ただ、好みがあると思うのでAI補正が嫌な場合は外してしまいましょう。

 

 

ポートレート&ワイドアパーチャで背景ボケも自由自在

HUAWEI nova lite 3は背景をぼかせる「ポートレート」「ワイドアパーチャ」にも対応しています。

 

背景をぼかせる点では同じですが、

  • ポートレート:ビューティ補正と背景ボケ
  • ワイドアパーチャ:背景ボケのみだが、ボケ具合を後から調整可

という違いがあります。

 

今回はワイドアパーチャを使っていくつか背景をぼかした写真を撮影してみました。

f:id:happy-applications-maker:20190210165418j:plain

 

f:id:happy-applications-maker:20190215082641j:plain

 

f:id:happy-applications-maker:20190210165453j:plain

低価格スマホだと不自然にボケてしまうことがありますが、結構自然にボケていますね。

 

SNS映えする写真も簡単に撮影できそうです。

 

夜景モードも低価格スマホとしては十分なクオリティ

nova lite 3では暗い所での撮影に特化した「夜景モード」も使えます。

 

暗所での撮影はスマホのカメラが苦手とするシチュエーションの1つです。

上位モデルならともかく、2万円台の低価格スマホでは夜景はノイズや白飛びでまともに撮れないことが多いです。

 

nova lite 3の夜景モードは比較的綺麗な夜景が撮影できます。

f:id:happy-applications-maker:20190211154313j:plain

f:id:happy-applications-maker:20190211154331j:plain

 

明るいライト部分が白飛びしていますが、それ以外はノイズも少なくおおむね良い感じです。

 

やっぱり10万円以上するような上位モデルには敵いません。

それでもこの価格でこの夜景が撮れるなら十分でしょう。

 

AI Visionが楽しい(ただし使い道は?)

nova lite 3のカメラでもう1つ面白い機能が「AI Vision」です。

AIが画像を認識し、英語を翻訳してくれたり、類似する商品を検索してくれたりする機能です。

 

例えば、目の前にあった「一味唐辛子」を撮影したところ、ちゃんと認識して楽天市場などのリンクが表示されました。

 

f:id:happy-applications-maker:20190211155048j:plain

 

ぶっちゃけ使い道があるかと言われると「?」ですが...。

面白い機能であることは間違いないですね。

 

nova liteシリーズ初のDSDV対応

HUAWEI nova lite 3は4G+4Gで2つの電話番号を同時に待受けできる「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)」に対応しています。

 

nova liteシリーズでDSDV(というかDSDS)に対応するのは初めてです。

 

実際に以下の組み合わせでDSDVを試してみました。

  • スロット1:OCNモバイルONE(ドコモ回線)
  • スロット2:mineo(ソフトバンク回線)

少し見づらいですが、画像の通り「HD」と表示されているので、両方とも4Gで待ち受けできているのが分かります。

f:id:happy-applications-maker:20190209195345j:plain

 

低価格モデルでDSDV対応だとOPPOのR15 Neoなどがありましたが、nova lite 3もかなりおすすめですね。

 

アップデートでau VoLTEにも対応

HUAWEI nova lite 3は発売後のアップデートでau VoLTEに対応しました。

これも地味にnova liteシリーズでは初ですね。  

f:id:happy-applications-maker:20190209195522j:plain

 

BIGLOBEモバイルおよびLINEモバイルのau回線のSIMを挿してみたら、正常に利用できました。 

 

 

これまでのnova liteシリーズはau回線が使えませんでしたが、nova lite 3ならau系の格安SIMも利用可能です。

 

DSDV中はmicroSDカードが使えないので注意

HUAWEI nova lite 3でDSDVを使う際はmicroSDカードが併用できない点に気を付けましょう。

 

2つあるnano SIMスロットのうち、1つがmicroSDカードスロットも兼ねています。

f:id:happy-applications-maker:20190209200043j:plain

 

 

DSDVを利用している間はmicroSDカードスロットも埋まるため、microSDカードが利用できません。

 

nova lite 3はストレージ容量が32GBと少ないです。

アプリや写真をたくさん保存すると割とすぐに足りなくなります。

 

画像はクラウドストレージに保存するなどの工夫をしましょう。

 

顔認証の精度と速度が良くなった

HUAWEI nova lite 3は指紋認証と顔認証、2つの生体認証に対応しています。

 

これは前モデルのnova lite 2と同じなのですが、認証の精度と速度が向上していると感じました。

 

とくに良くなったのが顔認証です。

nova lite 2の顔認証は指紋認証よりワンテンポ遅く、あまり使いませんでした。

 

nova lite 3の顔認証はかなり改善しており、すぐにロック画面が解除されます。

顔認証メインで利用しても全く問題ありませんね。

 

ジェスチャー操作は慣れが必要だが大画面をフル活用できる

HUAWEI nova lite 3の大画面をフル活用するために欠かせないのが「ジェスチャー操作」です。

 

通常、Androidスマホでは「戻る、ホーム、アプリ履歴」の3つの操作を画面下部の「ナビゲーションキー」で行います。

 

f:id:happy-applications-maker:20190210175813j:plain

 

 

しかし、nova lite 3ではナビゲーションキーの代わりにジェスチャー操作で戻るやアプリ履歴の表示といったことが可能です。

  • 戻る:左右の端から内側に向かってスワイプ
  • ホーム:画面を下から上にスワイプ
  • アプリ履歴:画面を下から上にスワイプして途中で止める

f:id:happy-applications-maker:20190210175832j:plain

 

 

ジェスチャー操作(とくにアプリ履歴)はコツが要りますが、慣れれば割と快適です。

 

しかもナビゲーションキーを非表示にすることで、nova lite 3の大画面を最大限活用することができます。

 

ジェスチャー操作は必須ではないですが、nova lite 3を購入したらぜひ試してほしいですね。

 

購入はOCNモバイルONEがオススメ

HUAWEI nova lite 3はMVNO専売モデルなので、購入方法は基本的に格安SIMとのセット契約のみです。

 

現在は格安SIMとのセットに加えてビックカメラなどの家電量販店でも買えます。

しかし、出来るだけ安く買うならやはり格安SIMとのセットがおすすめです。

 

とくにおすすめなのが「OCNモバイルONE」です。

 

もともと安いnova lite 3ですが、OCNモバイルONEなら14,800円で購入できます。

 

 

 

どうしても単体購入したいならAmazonがおすすめです。

 

HUAWEI nova lite 3 【OCNモバイルONE SIM付】 (音声・SMS・データ共通SIM オーロラブルー)
NTTコミュニケーションズ
売り上げランキング: 75,922
OCNモバイルONEのSIMパッケージがついてきますが、これを使って申し込むと事務手数料3,000円が無料になるだけです。
 
SIM契約はいらない場合は申し込む必要はありません。
 

 

まとめ

以上、HUAWEI nova lite 3のレビューでした。

 

良かったところ
  • オーロラブルーはデザインがめちゃくちゃカッコいい
  • 普段使いなら十分なスペック。ゲームも割とできる
  • カメラは2万円台のスマホとしては十分なクオリティ
  • DSDV対応スマホの中でもトップクラスのコスパ
  • VoLTEは3キャリアとも対応?(要検証)
  • 顔認証の精度が良くなった
イマイチなところ
  • Wi-Fiは2.4GHz帯しか対応していない
  • USB端子がmicroUSBなのが残念
  • 全画面のゲームは端っこの黒い帯が気になる

 

スペックやカメラなど、とても2万円台のスマホとは思えない仕上がりで驚きました。

 

とくにカメラのAI対応と、DSDVが使えるのは大きいですね。

処理性能も普通に使う分には全く問題ありません。

 

コスパの良いミドルレンジスマホをお探しの方は、ぜひ一度検討してみてください。

プライバシーポリシー