スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

【3月追記】iPhone 5s/6をiOS 12にアップデート!新機能や不具合をまとめました

f:id:happy-applications-maker:20180917222730j:plain

※2019年3月:iOS 12.2にアップデートしました 

 

本日、iOSの最新バージョン「iOS 12」の配信が開始されました。

 

色々な新機能があるiOS 12ですが、個人的に嬉しかったのがiPhone 5sも対応していることです。

 

iPhone 5sはかなり古い端末ですが、コンパクトサイズと普段使いには十分なスペック、そして格安SIMでの利用などでまだまだ人気です。

 

今回のiOS 12では古いiPhoneのパフォーマンスが上がるということで、もし本当にそうなら古いiPhoneを使っている人にとってはかなり嬉しいアップデートになりそう。

 

というわけで、さっそく手持ちのiPhone 5s(au版)をiOS 12にアップデートしてみました。

 

追記:

iPhone 5sに合わせて、同じく旧型のiPhoneである「iPhone 6」も本記事で定期的にアップデートの報告をしたいと思います。

 

 
 

 

 

アップデート前後でパフォーマンスは変わったか?

iPhone 5sユーザーが最も気になるのが「パフォーマンス向上」でしょう。

公式サイトでも、

 

iPhone 5sやiPad Airといった旧モデルに至るまで、より良いパフォーマンスを発揮できるように細部まで改良されています。

 

とパフォーマンスが向上することが堂々と記載されています。

 

実際に、パフォーマンスは向上したのか?

 

検証してみました。

 

※個人が検証しているのであくまでも参考程度にとらえてください。

 

Antutuのスコアを比較してみる

定番ベンチマークアプリ「Antutu」をアップデート前と後で実施し、スコアを比較してみました。

 

まずはアップデート前のスコアです。

 

f:id:happy-applications-maker:20180917220652p:plain

 

 

総合スコアは「65084」でした。

古いスマホだけあって、やはりちょっと低いですね。

 

でもSNSとかブラウジングのような軽い用途ならまだまだ使えます。

 

続いて、アップデート後のスコアを見てみましょう。

 

f:id:happy-applications-maker:20180918113659p:plain

 

 

スコアは「64890」でした。

ほぼ同じですね.....w

 

HUAWEIのP10 liteは新しいAndroidにアップデートしてスコアが10,000近く上昇しました。

 

なのでiPhone 5sも上がるかも?とちょっとだけ期待しましたが。

 

まあスペック自体が向上するわけではないので、これはしょうがないのかもしれません。

 

起動時間を比較してみる

続いて、電源オフから起動までの時間を比較してみました。

 

電源オフ状態から電源ボタンを長押ししてりんごマークが表示されてから、ロック画面が表示されるまで何秒かかるかを計測しました。

 

その結果がこちら。

 

  • アップデート前:31.34秒
  • アップデート後:22.11秒

 

なんと9秒ほど速くなりました。

わずかですが、アップデートによって速くなるのは確かなようです。

 

アプリの起動時間を比較してみる

iOS 12ではアプリの起動時間も短くなると言われています。

そこで、主要なアプリの起動時間を比較してみました。

 

 

  アップデート前 アップデート後
カメラ 2秒 1.65秒
Safari 2秒 1.2秒
Dropbox 3.4秒  4.69秒
AppStore 1.8秒 2.95秒
Smart News 3.2秒  3.03秒

 

うーむ、なんだか微妙ですね....w

 

速くなったものもありますし、逆に遅くなっているものもあります。

 

パフォーマンス向上については、あまり過度な期待はできないかも?

 

ただ、遅くなったとは言っても誤差レベル。

 

実際に使っていて「iOS 12にアップデートして遅くなった」とは全く感じませんね。

 

今までだとiOSをアップデートするたびに重くなってたので、重くならないだけかなりいいアップデートだと思います。

 

その他の新機能について 

iOS 12ではパフォーマンス向上以外にも新機能が追加されています。

 

そちらについても軽く触れておきましょう。

 

スクリーンタイムが便利

iOS 12の目玉機能の1つが「スクリーンタイム」です。

簡単に言えば、iPhoneを使いすぎないようにするためのアプリですね。

 

このように、どのアプリをどれくらい使ったか?を細かくチェックできます。

 

f:id:happy-applications-maker:20180918115036p:plain

 

 

 

持ち上げた回数や通知回数もわかります。

 

f:id:happy-applications-maker:20180918115101p:plain

 

 

 

決められたアプリと電話だけが使える「休止時間」を設定したり、アプリごとに使用時間を制限したりもできます。

 

f:id:happy-applications-maker:20180918115214p:plain

 

 

パスコードを打たないとスクリーンタイムの設定を変更できないようにすることも可能です。

 

子供にiPhoneを持たせる際に、スマホ中毒になるのを防げますね。

 

バッテリー診断は使えないが細かいデータが見られるように

iOS 11.3でバッテリーの状況を診断する機能が追加されましたが、iPhone 5sでは使えませんでした。

 

iOS 12で対応しないか期待しましたが、残念ながらiOS 12でもiPhone 5sではバッテリー診断は使えないようです。

 

バッテリー画面の表示が変わり、グラフで24時間以内のバッテリーの推移を見られるようになりました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180918115545p:plain

 

 

以前はアプリごとに何%使っているかを表示するだけでした。

 

こっちのほうがより細かく分析できそうですね。

 

通知のグループ化は解除が可能

iOS 12では「通知のグループ化」が実装されました。

たくさん通知が来た際にアプリごとにまとめてくれる機能です。

 

通知が多すぎて見づらい状況を避けられる機能ですね。

 

僕の5sはサブ用途でメールやLINEも使わないのでまだこの機能は試せていませんが、とりあえず設定から解除をできることが確認できました。

 

[設定]→[通知]→[任意のアプリ]→[通知のグループ化]

 

の順にタップします。

 

f:id:happy-applications-maker:20180919072838j:plain

 

 

 

 

ここで「オフ」を選択すればグループ化をオフにできます。

 

f:id:happy-applications-maker:20180919072929p:plain

 

 

不要なデフォルトアプリをほぼ削除可能に

iOS 12ではほぼすべてのデフォルトアプリの削除が可能になりました。

 

iOSのデフォルトアプリは便利なものも多いですが、「正直いらないなぁ」と思うアプリもあります。

 

でも、これまでiOSではデフォルトアプリの削除ができませんでした。

 

対して、iOS 12以降は多くのアプリを削除できるようになっています。

 

f:id:happy-applications-maker:20180927171432p:plain

 

僕が確認した限りでは、削除できるのは以下のアプリです。

 

  • メール
  • 計算機
  • メモ
  • カレンダー
  • 連絡先
  • コンパス
  • ボイスメモ
  • FaceTime
  • 株価
  • マップ
  • iTunes Store
  • 天気
  • ミュージック

 

結構いろんなアプリが消せますね。

 

Androidに比べて不要なアプリを消せないのがiOSの不満点だったので、個人的にはかなりうれしいです。

(Androidも消せない時があるけど)

 

ちなみに削除したアプリはApp Storeから再インストールできるのでご安心ください。

 

f:id:happy-applications-maker:20180927171913p:plain

 

計測アプリやミー文字は使えず

バッテリー診断以外にも、ARkitを使う計測アプリやミー文字といった新機能は対象ではないので使えませんでした。

(ミー文字はそもそもXだけですが) 

 

このほかにも、iPhone 5sでは使えない機能がいくつかありますね。

 

5sはハード的にかなり古いのでこれはしょうがいないです。

こんな古い機種で最新OSが使えるだけでも感謝です。 

 

不具合について

iOSアップデートにつきものなのがバグや不具合です。

 

今回もいくつかあるようなので、iPhone 5s+iOS 12に関連したものだけ紹介します。

 

au系格安SIMで通信ができない

本家auおよびmineo(Aプラン)のようなau系格安SIMにて、iOS 12にアップデートしたiPhone 5sで通信ができなくなる不具合が発生しています。

 

僕はiPhone 5sでmineoのAプランを利用しています。

アップデートする前は正常に通信できていましたが、アップデート後は通信ができなくなりました。

 

f:id:happy-applications-maker:20180918120450p:plain

 

 

 

mineoの公式ページを見てみると、iOS 12にした5sでデータ通信とSMSができない不具合が出ているようです。

 


mineoの場合は別のプロファイルをインストールすればOKなようです。

 

f:id:happy-applications-maker:20180927171943p:plain

 

ただ、僕の場合はプロファイルを変更してもうまくいきませんでした。

繋がる時もあるのですが、急に使えなくなったりします。

 

安定感がなすぎて使い物になりません。

 

それでも素早く障害情報を出してくれることには感謝ですね。

 

格安SIMによっては動作確認に時間がかかることもあります。

 

まずは格安SIMによる動作確認が終了するまで待ってからアップデートしましょう。

 

僕は人柱になるつもり満々だったので待ちませんでした。

 

追記:

au公式も不具合について案内を出していました。

 


どうやら4Gではなく3G通信にすればとりあえず使える模様。

ただ、3Gだとやはり速度的に不便です。

 

早く改善してほしいですね。

 

バッテリー消費が激しくなる?

もはやバッテリー消費が激しくなるのはiOSアップデートあるあるですが、今回もあるようです。

 

参考:

 

こちらの記事によると、iPhone 7以前の記事でバッテリー消費が激しくなるとのこと。

 

僕の場合、iPhone 5sはバッテリーが劣化しててもともと持ちが悪いので正直分かりません.....w

 

サブ用途ならともかく、該当のiPhoneをメインで使っている人は要注意ですね。

 

10/9追記:iOS 12.0.1にアップデート

早くもiOS 12.0.1が配信されました。

 

f:id:happy-applications-maker:20181009130109p:plain

 

主にiPhone Xsに関するバグ修正ですが、5sのSMSの不具合の修正も入っていました。

 

早速アップデートしてみたところ、無事SMSが送信できました。

 

f:id:happy-applications-maker:20181009130337p:plain

 

 

先週金曜日の時点では送信に失敗して「未配信」になっていました。

アップデート後は3回送信し、3回とも無事受け取れました。

 

データ通信も問題なさそうです。

 

素早く修正してくれたのはありがたいですね。

 

11/13追記:iOS 12.1にアップデート

iOS 12.1が配信されたのでアップデートしました。

 

f:id:happy-applications-maker:20181115130816p:plain

 

5s向けの新機能等はあまりありませんが、とくに問題なくアップデートできました。

 

2019/3/27追記:iOS 12.2にアップデート

 少し間が空きましたが、iPhone 5sとiPhone 6をiOS 12.2にアップデートしました。

 

f:id:happy-applications-maker:20190328132855p:plain

 

Apple News+への対応(日本には関係ないですが)やアニ文字追加のほか、脆弱性の修正も含まれているようです。

 

今のところ、iPhone 5s/iPhone 6ともに、大きな不具合等はありません。

 

なるべく早めにアップデートしましょう。

 

まとめ

というわけで、iPhone 5s/iPhone 6をiOS 12にアップデートしてみました。

  

パフォーマンスの向上は、個人的にはちょっと期待外れでした。

ただ、重くならず普通に使えているので満足です。

 

むしろこんなに古いiPhone 5sまで最新OSに対応させてくれたことに感謝です。

 

今後も不具合とかあれば随時この記事を更新していきたいと思います。

 

ではでは~。

プライバシーポリシー