スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

AQUOS zeroのSIMフリー版が登場!スペック・特徴、購入できるMVNOまとめ

f:id:happy-applications-maker:20190407145400j:plain

(画像はAQUOS zero公式サイトより)
 

シャープのハイエンドスマホ「AQUOS zero」のSIMフリー版が 2019年4月9日に発売されることになりました。

 

アラミド繊維を採用したボディと有機ELにより、ハイスペックながら本体がとっても軽いのが特徴です。

 

これまではソフトバンクでしか買えませんでしたが、SIMフリー版が出ることで多くのユーザーが購入できますね。

 

とくにハイスペックな防水&おサイフケータイ対応のSIMフリースマホが欲しい人にとっては本命中の本命でしょう。

 

スペックが高い分だけ本体価格も高いですが、格安SIMとセット購入すれば定価より2~3万円ほど安く購入できますよ。

 

というわけでAQUOS zeroの特徴・スペックをおさらいし、購入できるMVNOをまとめました。

 

 

 

 

 

AQUOS zeroのスペック&特徴をおさらい

最初に、AQUOS zeroのスペックと特徴をおさらいしておきましょう。 

カラー アドバンスドブラック
サイズ 幅約73mm
高さ約154mm
厚さ約8.8mm
重さ 約146g
ディスプレイ 約6.2インチ, 有機EL
WQHD+(2992×1440)
OS Android 9
CPU Snapdragon 845
(オクタコアCPU)
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
カメラ アウト:2260万画素 F値1.9
イン:800万画素 F値2.2
バッテリー 3130mAh
対応バンド LTE:B1/2/3/4/8/11/12/17/19/
26/28/41/42
3G:B1/2/4/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
SIMサイズ nanoSIM
DSDS ×
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
おサイフケータイ
防水・防塵 IPX5/IPX8 / IP6X
AQUOS zeroの特徴
  • アラミド繊維採用で本体が軽い
  • 有機EL採用で美しい映像を楽しめる
  • 3Dゲームもサクサクこなせる高いスペック
  • 防水&おサイフケータイ対応

 

AQUOS zero最大の特徴は軽さ。

背面に「アラミド繊維」という素材を採用することで、6.2インチという大画面を実現しながら重量は146gに抑えられています。

 

最近のハイスペックスマホは200g前後が多いので、それらと比べるとかなり軽いです。

 

ディスプレイにはシャープ製スマホでは初めて有機ELを採用。

これまではIGZO液晶だったので、有機EL採用は意外でしたね。

IGZOもキレイでしたが、有機ELはさらに鮮やかで美しい映像を楽しめます。

 

フラグシップらしくスペックも高め。

スナドラ845に6GBメモリ、128GBストレージを搭載しており、3Dゲームもサクサク動作します。

 

もちろん防水&おサイフケータイにも対応しています。

防水&おサイフケータイ対応のSIMフリースマホとしては間違いなくトップのスペックです。

 

AQUOS zeroを購入できるMVNO一覧

AQUOSシリーズはSIMフリーでは貴重な防水&おサイフケータイ対応ということで人気が高く、多数のMVNOが取り扱っています。

 

今回のAQUOS zeroも、すでに複数のMVNOが取り扱いを発表しています。

 

AQUOS zeroを購入できるMVNOと価格、発売日は以下の通りです。 

なお、価格はすべて税抜きです。

MVNO 価格
IIJmio 79,800円(3,350円×24回)
mineo 96,000円(4,000円×24回)
OCNモバイルONE 77,800円
楽天モバイル 89,980円(4,049円×24回)
DMMモバイル 89,800円(4,772円×24回)

現時点では大手格安SIM4社から発売予定です。

この中でもおすすめは「OCNモバイルONE」と「IIJmio」ですね。 

OCNモバイルONEなら期間限定で67,800円!

OCNモバイルONEでは期間限定でAQUOS zeroを67,800円で購入できます。

普通に買うより約3万円も安いです。

 

この価格で買えるのは4月26日までです。

AQUOS zeroを安く購入するならOCNモバイルONEが一番おすすめですよ。

 

 

 

ここ最近、OCNモバイルONE(gooSimseller)は端末セットに力を入れています。

とにかく価格が安く設定されており、他社よりも2~3割ほど安くスマホを購入できるのが魅力ですね。

 

分割購入するならギフト券がもらえるIIJmioがおすすめ

分割で買いたいならIIJmioが安いですね。

 

OCNモバイルONE(gooSimseller)の場合は一括でしか購入できません。

一方、IIJmioなら24回の分割払いで購入できます。

 

しかも今なら音声通話SIMとセットで10,000円のAmazonギフト券ももらえます。

 

実質70,000円で購入できると考えると安いですね。

ただし、IIJmioで分割購入するとトータル金額が一括購入より600円高くなる点には気を付けましょう。

 

 Amazonや家電量販店でも購入可能

AQUOS zeroはAmazonや各種家電量販店でも購入可能です。

 

価格はいずれも税込みで107,000円前後です。

 

単体で買うとなると、結構高いですね。

AQUOS zero購入を機に、OCNモバイルONEやIIJmoへ乗り換えるのもいいでしょう。

まとめ

 

AQUOS zeroはスペックの高さと本体の軽さが売りです。

 

これまでSIMフリーのAQUOSではR2 Compactが一番スペックが高かったですが、zeroはR2 Compactよりメモリとストレージが増え、さらに使いやすくなっています。

 

 

SIMフリーでありながら防水とおサイフケータイに対応しているのもうれしいですね。

 

高性能な防水&おサイフケータイ対応SIMフリースマホが欲しい人におすすめです。

プライバシーポリシー