スマホメーション

格安SIM・スマホに関する様々な情報(information)を取り扱っています

低スぺノートPCにLinuxをインストールして快適に使おう!

f:id:happy-applications-maker:20170911223150j:plain

 

こんばんは。

久しぶりにLinuxのインストールをしたかずです。 

 

あまり馴染みのない人もいるかもしれませんが、Linuxって結構便利ですよ。

 

動作が軽いので、低スペックのパソコンや古いパソコンを再利用できます。

僕も低スぺッくのパソコンが1台余っていたので、Linuxをインストールして復活させてみました。

 

 

 

 

そもそもLinuxとは?

Linuxを一言で言ってしまえば無料で使えるOSです。

 

OS(オペレーティングシステム)はコンピュータを使う際に必要なソフトウェアのことです。

 

WindowsとかMacとかもOSの1種です。

パソコンを動かす際にはこのOSが必要になります。

 

WindowsやMacはお金を払って購入しないといけませんが、Linuxは基本的に無料で使うことができます。

 

さらにLinuxは動作が軽く、古いパソコンやスペックが低いパソコンでもサクサク動くという特徴があります。

 

Linuxにはたくさんの種類がある 

Linuxにはたくさんの種類があります。

日本でメジャーなLinuxと言えば

  • Ubuntu
  • Debian
  • RedHatEnterpriseLinux
  • CentOS
  • Fedora

などがありますが、今回は「Linux Mint」Linuxをインストールします。

Linux Mintはシンプルで動作も軽いです。

 

ただ、あんまりメジャーではない模様。

こだわりがないならUbuntuを使えばいいでしょう。

 

今回Linuxをインストールするパソコン

今回LinuxをインストールするのはHP製のStream 11-d012TU(以下Stream 11)というパソコンです。

 

スペックはこんな感じ。

  • OS:Windows 8.1
  • CPU:Celeron Dual-Core N2840
  • GPU:Intel HD Graphics
  • メモリ:2GB

CPUは貧弱だしメモリ容量も少ないので、動作がかなり遅いです。

 

持ち運びは楽だしデザインも好きなのですが、モッサリして使い物にならないので最近は全く使っていませんでした。

 

そこで思いついたのがLinuxです。

先述通り、Linuxは古いパソコンや動作が重いパソコンでもサクサク動作します。

 

このパソコンも、Linuxを入れれば使い物になるのでは?と思った次第です。

 

Linuxのインストール手順

では、実際にLinuxをインストールする手順を紹介しますね。

手順①Linux Mintをダウンロード

まずはLinux Mintのインストールファイルをダウンロードしましょう。

ダウンロードはLinux Mint公式サイトからできます。

 

Download - Linux Mint

 

Linux Mintにはいくつか種類がありますが、今回は「MATE」の「64bit」を使います。

 

手順②ダウンロードしたファイルをUSBメモリに書き込む

Linux Mintをダウンロードしたら、次はそのファイルからインストールメディアを作ります。

 

基本的にはDVDなどのディスクに書き込みをしてインストールディスクを作りますが、Stream 11はディスクドライブがありません。

 

なのでインストール用のUSBメモリを作成します。

 

インストール用USBメモリを作成するにはファイルをUSBメモリにコピーするだけではダメです。

専用のソフトウェアを使って書き込む必要があります。

 

インストールメディアを作れるフリーソフトはいくつかありますが、今回は「USBWriter」というソフトを使いました。

 

USBWriter 日本語情報トップページ - OSDN

 

無料で使えますし、しかもインストールする必要もありません。

 

USBWriterをダウンロードしたら解凍して起動し、USBメモリをパソコンに挿します。

「Browse」を押して先ほどダウンロードしたLinux Mintのファイルを選択します。

 

「Target device」は今挿したUSBメモリを指定します。

あとは「Write」を押すだけでイメージファイルの書き込みが完了します。

 

手順③ノートパソコンにUSBメモリを挿してLinux Mintを起動する

USBメモリへの書き込みが終わったらパソコンにUSBメモリを挿し、BIOS設定画面に入ります。

 

BIOS設定画面は電源をつけた直後にF2とかF12とかを押せば入れます。

ちなみにStraem 11はF10を押して入ります。

 

BIOS設定画面に入ったらBIOSの起動順位を変更します。

 

とくに設定をいじっていない場合はパソコンを起動したら最初にハードディスクを読み込む設定になっていると思います。

 

これを変更し、USBメモリを一番最初に読み込むように変更します。

 

BIOS設定画面についてはメーカーによって違いますが、だいたい「Boot Menu」みたいに「Boot」ってついているところを進めていけば順番を変えられます。

 

起動順位を変えたら保存してパソコンを再起動します。

するとUSBメモリが読み込まれ、Linux Mintが起動します。

 

手順④Linux Mintをインストール

Linux Mintが起動するとメニューが表示されます。

 

一番上にある「Start Linux Mint」を選択します。

 

するとLinux Mintのデスクトップが表示されるので、「Install Linux Mint」をダブルクリックします。

 

インストーラが起動するので、あとは画面の指示にしたがっていけばOKです。

 

当然ですがLinux Mintをインストールすればこれまでのデータはすべて消えてしまいます。

大事なデータはバックアップをとっておきましょう。

 

 

 インストールが終わったらパソコンを再起動します。

 

USBメモリを抜くように言われるので、USBメモリを抜いてエンターキーを押します。

 

これでLinux Mintのインストールが完了です。

 

f:id:happy-applications-maker:20170911173010p:plain

 

低スペPCでもサクサク快適

インストール完了してから2,3日いじってみましたが、かなり快適になりました。

 

もともと低スペなので、驚くほど爆速に!とはいきませんが。

それでも以前よりも起動は速いし、Webページや動画の読み込みも実用的なレベルまで速くなりました。

 

試しに艦これもやってみましたが全く問題なし。

 

f:id:happy-applications-maker:20170911173242p:plain

 

その他、オフィスアプリなんかも割と快適でした。

さすがに画像編集ソフトなど重いソフトはカクカクしますね。

 

でも普段使いが快適にできるので満足です。

 

まとめ

今回は低スペPCにLinuxをインストールしました。

 

スペックが低いパソコンや古いパソコンでもLinuxなら快適に動作する可能性が高いです。

 

インストールも結構簡単になっているので、眠っている古いパソコンがある人はLinuxをインストールしてみてはいかがでしょうか。

 

なお、今回は簡単に紹介する記事なので説明をかなり端折りましたが、もし詳しく教えてほしいという場合はコメントなどで教えてください。

 

ではでは~。

 

日経Linux 2019年 11 月号
日経Linux 2019年 11 月号
posted with amazlet at 19.10.15

日経BP (2019-10-08)
プライバシーポリシー